1  |  2  |  3    次>    

教育勅語を読んでみよう!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「教育勅語を読もう!!」です。

下記に教育勅語と現代語訳を掲載してありますので、ご唱和ください。
何か『感じるもの』があるかもしれません!!


教育勅語と現代語訳

教 育 勅 語 (教育ニ関スル勅語)

 文語体であり、句読点もなく、仮名字が片仮名で濁点を付けない形で書かれていますので、お読みいただくために、難しい漢字に振り仮名を付け、濁点と句読点を入れて、横書きにしてみました。




朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。我(わ)ガ臣民(しんみん)克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ世世(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此(こ)レ我(わ)ガ國體(こくたい)ノ精華ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存ス。爾(なんじ)臣民(しんみん)父母(ふぼ)ニ孝ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相(あい)和シ、朋友(ほうゆう)相(あい)信ジ、恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ、博愛衆ニ及ボシ、學(がく)ヲ修(おさ)メ、業(ぎょう)ヲ習(なら)ヒ、以(もっ)テ智能ヲ啓發シ、德器(とっき)ヲ成就シ、進(すすん)デ公益ヲ廣(ひろ)メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲(こっけん)ヲ重(おもん)ジ、國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ、一旦(いったん)緩急(かんきゅう)アレバ義勇(ぎゆう)公(こう)ニ奉(ほう)ジ、以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スベシ。是(かく)ノ如(ごと)キハ獨(ひと)リ朕(ちん)ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民(しんみん)タルノミナラズ、又(また)以(もっ)テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン。
斯(こ)ノ道ハ實(じつ)ニ我ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)ノ遺訓ニシテ、子孫臣民(しんみん)ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スベキ所(ところ)、之(これ)ヲ古今(ここん)ニ通(つう)ジテ謬(あやま)ラズ、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラズ。朕(ちん)爾(なんじ)臣民(しんみん)ト倶(とも)ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ、咸(みな)其(その)德ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。
明治二十三年十月三十日
御名御璽(ぎょめいぎょじ)

 <ことば豆辞典> その一
【 朕 】 天子の自称。中国古代では一般人の第一人称だったが、秦(しん)の始皇帝(しこうてい)のときから天子のみの自称となった。
【皇祖皇宗】 天照大神(あまてらすおおみかみ)に始まる天皇歴代の祖先。
【億 兆】 限りなく大きい数。転じて万民を指す。
【恭 儉】 人にはうやうやしく、自分の行いはつつしみ深いこと。
【徳 器】 徳行と器量。道徳にかなった良い行いと、それぞれの地位や役目にふさわしい才能や人柄。
【世 務】 世の中のつとめ。
【緩 急】 緩やかなことときびしいこと。急なこと。危急の場合。
【天壌無窮】 天地と共にきわまりのないこと。「日本書紀」の天照大神の神勅(しんちょく)に由来する言葉。
【拳々服膺】 胸中に銘記して忘れず守ること。中国の古書「中庸」にある言葉。



 教育勅語は、用語や文体が今では大変難しいとされ、多くの人により現代語訳が行なわれています。国民道徳協会の現代語訳がよく知られていますが、かなり意訳されていますので、僭越ですが自分なりに次のように現代語訳をいたしました。

 私が思うには、我が皇室の先祖が国を始められたのは、はるかに遠い昔のことで、代々築かれてきた徳は深く厚いものでした。我が国民は忠義と孝行を尽くし、全国民が心を一つにして、世々にわたって立派な行いをしてきたことは、わが国のすぐれたところであり、教育の根源もまたそこにあります。
 あなたたち国民は、父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は仲むつまじく、友達とは互いに信じあい、行動は慎み深く、他人に博愛の手を差し伸べ、学問を修め、仕事を習い、それによって知能をさらに開き起こし、徳と才能を磨き上げ、進んで公共の利益や世間の務めに尽力し、いつも憲法を重んじ、法律に従いなさい。そしてもし危急の事態が生じたら、正義心から勇気を持って公のために奉仕し、それによって永遠に続く皇室の運命を助けるようにしなさい。これらのことは、単にあなた方が忠義心あつく善良な国民であるということだけではなく、あなた方の祖先が残した良い風習を褒め称えることでもあります。
 このような道は、実にわが皇室の祖先が残された教訓であり、その子孫と国民が共に守っていかねばならぬことで、昔も今も変わらず、国の内外をも問わず、間違いのない道理です。私はあなた方国民と共にこの教えを胸中に銘記して守り、皆一致して立派な行いをしてゆくことを切に願っています。
明治二十三年十月三十日
天皇の署名と印

 教育勅語は、正式には教育ニ関スル勅語といいます。明治天皇の命により、井上毅(いのうえこわし)と元田永孚(もとだながざね)が文章の起案に当りました。起案者の中心となった井上毅は、フランスに留学した経験から、教育勅語が思想や宗教の自由を侵さないようにすることを重視したと伝えられています。当時の大日本帝国憲法(明治憲法)では「凡(すべ)テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅(しょうちょく)ハ国務大臣ノ副署(ふくしょ)ヲ要ス」と定められていましたが、教育勅語は明治天皇ご自身が国民に親しく語られるお言葉であり、国務に関する詔勅に該当しないものとして、国務大臣の副署を付けない勅語として発布されました。
 
 教育勅語は、明治23年(1890年)10月30日に発布されて以来、学校などで50年以上の間、四大節(しだいせつ)の式典に朗読されてきました。また、各学年の修身(しゅうしん)の教科書の最初のページに掲載されていました。

 昭和20年(1945年)8月の敗戦後、日本を占領した連合国軍の最高司令官総司令部(GHQ)は、教育勅語の朗読と神聖的な取りあつかいを禁止しました。ついで占領下の日本の国会では、昭和23年(1948年)6月19日に衆議院が「教育勅語等排除に関する決議」を、参議院が「教育勅語等の失効確認に関する決議」を決議し、それに代わるものとして、教育基本法が制定されました。

 教育基本法の第二条には、次のように日本での教育の目標がうたわれています。しかし、今の教職者や生徒・児童は、この文言を暗誦して常に朗唱し、実行を誓っているのでしょうか ?
教育基本法 第二条
第二条 教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。

一 幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。
二 個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。
三 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。
四 生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。
五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。

 <ことば豆辞典> その二
【井上 毅】 1844~1895。熊本藩士。明治政府の司法省に出仕。フランスに留学。国学にも通じ、伊藤博文と共に大日本帝国憲法や皇室典範、教育勅語の起草に参加し、のちに文部大臣となる。
【元田永孚】 1818~1891。熊本藩士。儒学者。明治政府の宮内省に出仕。宮中顧問官となり、教育勅語の起草に参加。
【詔 勅】 天皇が意思を表示する文書。詔書(しょうしょ)と勅書(ちょくしょ)と勅語がある。
【副 署】 明治憲法下で、天皇の文書的行為の場合、それを助ける任にある者が天皇の名に添えて行う署名。
【四大節】 1945年まで行なわれた四つの祝日。四方拝(しほうはい・一月一日)・紀元節(きげんせつ・今の建国記念の日)・天長節(てんちょうせつ・今の天皇誕生日)・明治節(めいじせつ・明治天皇の誕生日、今の文化の日)。
【修 身】 道徳を実行し徳性をみがくことを目的にした旧制の学校の教科目。第2次大戦後廃止。
________________________________________

 儒教道徳は、古代中国の聖人、孔子(こうし)・孟子(もうし)の言行録に基づいています。また、西欧諸国の倫理道徳は旧・新約聖書に由来しています。洋の東西を問わず、道徳規範というものはただ法律として作ればよいものではなく、何か聖なるものに基づいてこそ意義あるものとなり、さらにこれを繰り返し朗唱することによって、自発的に守る心を持つようになるものと思いますが、あなたはどのように思われるでしょうか。

子供のしつけ 親の勘違い!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は”正すべき親の勘違い”です。

アサヒビール名誉顧問「中条高徳氏からの苦言」を紹介します。




戦後の日本人は叱(しか)ることを忘れてしまった。

叱ることは戦前の戦前の悪い習慣と勘違いしている親が多い。

昔の諺に「子供を叱るな来た路じゃ。年寄りを笑うな行く道じゃ」とあるが、
理に合わぬ叱り方をするな。自分の歩んで来た路だから愛情の裏打ちをしてしかと叱れということなのである。

福沢諭吉の説くとおり、「父母は習慣の教師、家庭は習慣の道場」なのである。

子供の幼児期はしたい放題したいのが当たり前である。

だから外で遊ぶことの多かった戦前の子供たちが悪さをしたり弱い者いじめをすると、必ずどこにでも怖いおじさんがいて大声で怒られたものです。



会津若松藩の「什(じゅう)の教え」には、「嘘言をいってはなりませぬ」とか「卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ」とか列挙してある。
つまり「ならぬことはならぬものなり」としっかり基準を教え、躾け、それが守られない時は強く叱ってこそまともな子供に育つものだと教えています。





※ 会津藩『什の教え』

子どもは毎日、当番の家に集まります。
そして最年長の什長の指示にしたがって「什」の誓ひ(掟)」というのを大声で復唱します。

「什の誓ひ」とは以下のとおりです。

一、年長者の言ふことには背いてはなりませぬ。
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。
一、虚言(ウソ)を言ふ事はなりませぬ。
一、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。
一、弱いものをいぢめてはなりませぬ。
一、戸外でモノを食べてはなりませぬ。
一、戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ。

   ならぬ事はならぬものです。



叱ることが罪悪で、甘く育てることこそが親の愛と錯覚している昨今の親の病は重い。

叱ることを忘れたいまの親たちは逆に褒める基準も分からないし、そのタイミングも、効果的な褒め方も、さっぱり分からなくなっている。

叱るべきをきっちり叱る人から褒められると、褒められる側の喜びは倍加する。





名将、山本 五十六(いそろく)は、
「やってみせて、言って聞かせてさせてみて、褒めてやらねば人は動かじ」と喝破した。



今回は、中条氏からの「耳の痛いご指摘」でした。
私自身も、中条氏が指摘する”親そのものだ”と認識させられました。


味噌汁のある食卓へ!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”味噌汁のある食卓へ”です。


古来、日本人は主食である「ご飯とみそ汁」と野菜・魚を中心とした副菜を摂取してきましたが、
近年はパンを主食とする家庭も増え、それに伴ってみそ汁はスープやミルクに、副菜は肉を中心とした品目が日々の食卓に顔を揃えるようになってきました。








ご存知のように、味噌の原材料の大豆は別名「畑のお肉」と言われるほど良質のタンパク質を豊富に含んでおり、大豆にはタンパク質の原材料であるアミノ酸がバランスよく含まれています。

味噌には、大豆が発酵して味噌へと熟成していく段階で「メラノイジン」という褐色色素成分が生まれます。
この「メラノイジン」が体内に入った場合、腸内で余分なコレステロールを吸着し便として排泄したり、活性酸素という私たちの体に有害な物質を処理してくれる極めて重要な役割が分かってきました。
その他、味噌に限らずすべての大豆食品には「大豆レシチン」というリン脂質が含まれており、
このリン脂質には脳を活性化し認知症を予防する働きがあったり、
「大豆ペプチド」という成分で基礎代謝がアップするとの研究報告も出されています。


みそ汁は、味噌の含まれる塩分が問題視されていましたが、最近の研究ではみそ汁の塩分がそのまま血圧の上昇には結びつかないとの報告も出されています。

味噌に含まれる何らかの成分が血圧上昇を抑えているのではないかと言われています。





このような動きもあり、かつて「医者いらず」とも呼ばれ、日本人の元気の源とされていたみそ汁。

「みそ汁」の存在が見直されてきているようです。








りんご畑に奇跡の花が咲いた!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は「りんご畑に奇跡の花が咲いた」です。


病害虫に弱く、無農薬・無肥料の栽培は不可能とされたリンゴ。生産者として安全な食の提供を願う木村秋則さんは、その常識を覆すことを誓ったが次々と襲いかかる病気や害虫。

リンゴ園全滅の危機を乗り越えた木村さんの苦闘を紹介します。




青森県のリンゴ農家の木村さんは農薬を使うたび炎症や水ぶくれを起こすことに違和感を感じ、少しでも安全な食の生産をと考え、無農薬・無肥料のリンゴ作りに取り組みました。

ところが、2年目からはリンゴの花さえ1個も咲かなくなり5年目には幹自体がグラグラと揺れるようになり、いつ枯れてもおかしくない状態になりました。

その間、収入もないので共済の加入推進・パチンコ店員・キャバレーの呼び込み等のアルバイトをしながら試行錯誤していましたが、家族・親戚・知人等に理解は得られませんでした。


それは当時、「りんごを無農薬・無肥料で栽培することは絶対に不可能」と言われていたからです。




ある日、死を覚悟して首をくくるのに適当な木はないかと岩木山をさまよっていた時、
1本の「どんぐりの木」を見つけて愕然としました。

そのどんぐりの木は、虫はほとんどついていなし、葉の一枚一枚の厚みが違う。

人が手を加えていない山奥でどうしてこんなに元気に育っているんだろうと不思議に思って見ると、どんぐりの木の周辺にはいろんな草が自由に生い茂っていてそれぞれが役割分担をして一つの生態系を形成していたのです。

そのおかげで辺りの土壌はとても豊かになっていて「元気のもとはこの土だ。
これを自分の畑でも再現しよう」とひらめいたのです。


山の土を持ち帰り同じ匂いがするまで土壌改良を進め、その年からリンゴ畑の草取りを止め、大豆を植えて草ぼうぼうにしたら
リンゴの木が少しづつ元気になっていき、10年目にしてリンゴの花が実ったのです。
その時はもったいなくて摘めなくて、試食したリンゴの味は今でも忘れられないそうです。

現在ではインターネットで売り出せば即日完売となるほど、入手困難なリンゴだそうです。




木村さん曰く「私は失敗の期間が長かったから、収穫するときの感謝の気持ちは人一倍強いです。

自分がこのリンゴを実らせたと思ったことはありません。

リンゴの木が実らせてくれているんです。

自分もリンゴも同じ生き物だという位置に立って、愛情が大切だと思うんです」と。








観音様にお任せします!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”観音様にお任せします”です。


日清戦争の講和条約に向かう前、当時の外務大臣である陸奥宗光の愛娘は、当時は死病であった肺結核を患っていました。
その愛娘が「お父さま。私が死んだらどこへ行くのでしょうか。教えてください」と頼みます。
さすがの宗光も答えられずに「お母さまに聞いてみよう」と。


夫人は即答でその質問はね、お父さんもお母さんもお答えできません。
私たち親子3人だけではなくて、誰も知らないことなのです。
人間の知らない、人間ではわからないことを一生懸命に知ろうと悩んでいると、あなたの病気も重くなります。


お父さんやあなたに内緒で、私は毎月、浅草の観音様にお参りをしています。

<


どうぞ娘の命、生きようと死のうとお任せいたしますと。
決してあなたの長生きを無理して頼むのではありません。
人間の力ではどうにもできないことだから、すべてお任せしているのです。

あなたも、自分でも両親でも分からないことに頭を悩ませずに、観音様にお任せしなさい。


母親の真心を込めた教えに、娘さんは初めてにっこり笑って、間もなく安らかに亡くなられていかれたそうです。




1  |  2  |  3    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011/11      >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧