尊厳死 宣言書を作ろう!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「尊厳死 宣言書を作ろう!」です。

この”尊厳死 宣言書”とは、万一末期がん等で余命幾ばくも無い場合に、家族・親族・医療関係者等の関係者に本人の死に対する意思を宣言した書類です。

私が、この”尊厳死 宣言書”を作成するきっかけになったのが、ホスピス医の大津秀一著「死学 安らかな終末を、緩和医療のすすめ」を読んだからです。





大津氏は著書の中で、現在の我が国においては、病院によって・医師によって、人の最後は大きく変わると述べています。
具体的には同じ患者・病気であっても、緩和医療を行えば「安らかな死」を迎えることができるのに、そ医療が行われないがために「みじめな死」を迎えることになってしまう。

「人はどうやったらできるだけ苦痛なく死ねるのか?」 「今日の日本ではどのようにしたら理想の最後を迎えられるのか?」その問いに答えるために書いた本だそうです。



緩和医療を私なりに解釈すると、

現行の医療では根治困難な末期がん等の患者の苦痛を緩和することを目的とする医療で、「病気の治癒」ではなく「症状の緩和」が目的です。
そして苦痛を緩和することで、死までの限られた時間に本人が望む最良の人生を実現できるように手助けすることもこの医療の目的で、死を早めることも遅くすることもないのが原則です。
この終末医療を行う場所がホスピスで、その専門医が「緩和医療医」で終末期・死の専門家です。

また、尊厳死とは、患者が延命治療を不必要と意思表示し、死に際しても、その遵守を医師をはじめ医療者・家族等関係者にに求めて死を迎えることです。

※私なりの解釈なので不適切な部分があるとおもいますが、ご容赦ください。







 ホスピスイメージ写真




大津氏は、「緩和医療」を行った場合と行わなかった場合と”全くちがいます”と、さまざまな患者の死を通した体験から断言してます。


私は、そのことがきっかけで”尊厳死 宣言書”を作成(署名・押印)して妻に渡して、
「万一の場合、この書類を担当医師に渡してほしい」と伝えてあります。(妻からは笑われましたが!)
自分では、”この書類はお守りかな”と思っています。


また、ネットで「鹿児島 ホスピス」で検索しましたが、対応できる病院及びベッド数が極端に少ないですね。
書類は作ってみたものの、こんなに少ないと将来不安ですね!



全国的にも少ないようです。






下記が私が妻に渡している”尊厳死 宣言書”です。参考までに!






           尊厳死の宣言書


私は、私の傷病が不治であり、且つ死が迫っている場合に備えて、私の家族、縁 者ならびに私の医療に携わっている方々に次の要望を宣言いたします。
この宣言書は、私の精神が健全な状態にある時に書いたものであります。
従って私の精神が健全な状態にある時に私自身が破棄するか、又は撤回する旨の 文書を作成しない限り有効であります。

(1)私の傷病が、現在の医学では不治の状態であり、既に死期が迫っていると診断された場合には徒に死期を引き延ばすための延命措置は一切おことわりいたします。

(2)但しこの場合、私の苦痛を和らげる処置は最大限に実施して下さい。そのため、たとえば麻薬などの副作用で
死ぬ時期が早まったとしても、一向にかまいません。

(3)私が数カ月以上に渉って、いわゆる植物状態に陥った時は、一切の生命維持措置をとりやめて下さい。

以上、私の宣言による要望を忠実に果たしてくださった方々に深く感謝申し上げる とともに、その方々が私の要望に従って下さった行為一切の責任は私自身にあること及び私の家族においてもその責を無論問わないことを附記いたします。
    


平成    年   月   日

   
   自署    氏 名
 
         住 所   
 
         昭 和    年    月    日生

幸せを呼ぶ、文字アートとは!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は”幸せを呼ぶ、文字アート!!”です。

先日、取引先の店舗で 松本 東氏の”幸せを呼ぶ、文字アートの絵”を見つけて一目で気に入り購入しました。
本当に癒しの絵なんですよ!
そして、不思議なんでしが”幸せな気分”になれちゃうんです。


購入した絵は店舗と自宅に飾って、鑑賞しています。


早速、松本 東の作品をご鑑賞下さい。

  題名 あたたかい桜島

暖かい櫻島は、紺色のマーメイドボードに描かれた文字アートです。
錦江湾と桜島の部分は、「神」「感謝」「愛」「ありがとう」などの文字を白いペンで隙間なく書いた後、カラーペンで、色付けをしています。噴煙の桜の花びらの部分は、ピンクと白のペンで、「愛」の文字を重ねながら描いています。画面全体が、重ね書きな為、文字と判別できる所は、ほとんどありませんが、よく見ると錦江湾の海の部分が文字らしく見えるようです。原画のパワーはとても素晴らしく、鹿児島市内在住の高校の先生の自宅の玄関に飾ってあります。   


  題名 まだかぁな~

文字数:数千~10000字位
主な文字:大天使のまわり→栄、他→愛・神



  題名 お釈迦様の誕生

文字数:10000以上
主な文字:顔→愛・神、まわりの光→ありがとう・すばらしい、白光・黄色光→愛、海→感謝、草原花畑→愛、宇宙→愛・他
購入サイズ:A3、A4、ハガキ、名刺
2008年4月8日(お釈迦様の誕生日)にできました。




作者の松本 東氏のホームページに書かれている”文字アートについて”をご紹介します。


文字アートとは?

文字で綴られた絵です。黄色く塗られたように見える部分も、黄色のペンで下地が見えなくなるまで文字を重ねて描いています。他の色彩も同じです。1枚の文字アートには数百字、多い絵では数万以上の文字が一作品の中に描かれています。

文字アートに使われている文字について愛、感謝、平和、調和、幸福、健康、宇宙、自然、生命、素晴らしい、ありがとう、美しい、希望、ハッピー、ラッキーなどの建設的で健全な言葉や表現のみを用います。



良いこと、いっぱい起こるかも?

数冊の本にもなっていますが、水を入れたコップに「愛、感謝、ありがとう」などの数文字を書いた紙を24時間貼っておくと、コップの中の水の結晶がとても美しく変化する(本来の姿に戻る)と言う実験結果の写真があります。(「水からの伝言」、「いのちからの伝言」波動教育出版社、江本 勝著)数文字で、それほどまでに水の結晶が変化するのです。数百、数千、絵によっては一万以上の文字の集合体の文字アートならその効果は計り知れません。文字アートを部屋に飾られた方々が「なんとなく元気になったようだ。」とか「なんとなく明るくなったようです。」と言われるのも文字アートの働きがあるのかも・・・?




文字アートを描くときの心について

楽しく、一生懸命、描いていきます。

「ありがとう」「素晴らしい」などで色作りをする時などは「ありがとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!」と「ありがとう!」を連発しながら描く事もよくあります。

一つ一つの文字を出来るだけ丁寧に、心を込めて描きます。

例えば、「この一文字一文字が、この絵を見る人に必要な何かを与えられますように。」とかですね。 雑念が出てきたら休憩です。出来るだけ機械的にならないように私自身の心の修練(写経のような感覚)として、一文字一文字にいっぱいの愛情を込めるように心がけて描きます。

幸せ運ぶ文字アート作者  松本 東


関心が有られる方は”松本 東 文字アートギャラリー”と検索して、多数ある作品をご鑑賞下さい。
きっと癒されて、幸せな気分になると思いますよ。




心頭を滅却すれば!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回のテーマは、松原 泰道氏の「心頭を滅却すれば!!」です。





一般的に”心頭を滅却すれば、火もまた涼し”と使っていますが、
松原氏曰く、この表現は間違いで”心頭を滅却すれば、火自(おの)ずから涼し”が正しいとのことです。

「火もまた涼し」ということは、火と風なり水なりとを比べて、風も水も涼しいけれども火もまた涼しいという意味になり、、禅の思想にはものを2つ比べるという考えはありませんので、これは間違いとのことです。

その理由は、2つ並べて物事を比較すると、どうしても自分の選んだ事物に執着して、やがて苦しみや悩みのもとになるとの考え方があるからです。
ですから「比べる」ということは禅ではタブーなのです。

「火自(おの)ずから涼し」の自ずからということは、”火そのまま”なんです。
火が水になったり、火が涼しくなったりするような魔術はありません。
火が熱(暑)いままに涼し、いということです。


表現しづらいので、夏の甲子園球場での応援とスキーに例えますと、

夏の甲子園球場にはもちろん冷房装置はありませんので、暑いのです。
観客は誰も”涼しい涼しい”なんていいません。
”暑い暑い、暑い暑い”と言って観戦していていますが、野球を観ている時は「暑い暑い」といいながら暑さが一向に苦にならないのです。





同じように、雪国のスキー場には暖房装置はないですから、誰もが「寒い寒い、寒い寒い」と言っていますが、寒さが苦にならないのは、スキーが好きだからではないでしょうか?

誰もが体験されているように、好きなことをやっていれば暑さ寒さが苦にならなくなってしまいます。





そこから一歩進んで考えると、暑さ寒さだけではなしに、

「どのような環境にあってもそこから逃げ出さずにその苦悩に同化して溶け込み、その環境の持つ意味と価値を見つける努力をするなら、そこに新しい人生が開ける」

これが ”火自ずから涼し”の本当の意味ではないかと、私は考えます。


だから、悲しいときは”アーん アーん アーん”と思い切り泣けばいいのです。
苦しいときは”ウーンん  ウーンん”と、と苦しんだらいいのだと思います。

”そこからどう考え・どう行動するかがが大切”なんだろうと思います!!










記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2012/05      >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧