1  |  2    次>    

朝カレーを食べよう!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”朝カレーを食べよう!”です。


日本薬価大学学長の丁 宗鐡(てい むねてつ)氏によると、
日本人の国民食といわれるほど、世代を超えて愛されているカレーライスに含まれているスパイスにこそ、現代人の身体を健康に保つ秘密があるといいます。




丁氏によると、カレーは漢方薬同様、様々なスパイスと組み合わせることによって健康増進につながりますが、なかでも日本の市販されているカレールウには15種類~30種類のスパイスがブレンドされています。

インドの裕福な家庭でもせいぜい5種類程のスパイスしか使われていませんので、日本のカレールウは味だけではなくて健康面からみても優秀な健康食品なんだそうです。



カレーを食べてスパイスを摂ると下記のような効用がありますので、皆さんも今日はカレーにしませんか?

◎ 食欲増進  食欲をコントロールする作用があります

◎ 消火促進作用  唾液の分泌を促進し、胃腸の活動を調える作用があります

◎ 減塩効果  スパイスが舌を刺激するため、塩分の摂取を減らすことができます

◎ 新陳代謝促進   体内の老廃物をスムーズに排泄します

◎ 血液循環を促進  血液をサラサラ状態にしてくれます

◎ 中枢神経を刺激する  うつ病 不安障害 不眠症 認知症等に効果があります

◎ 自律神経を調整する  循環 消化 呼吸 代謝等の働きが調整されます

◎ ホルモンの分泌を活性化する


そして、カレールウに必ず入っているスパイス、ターメリック(このスパイスの影響でカレーは黄色ぽっくなります)にがん予防に効果がある成分として注目されています。
ターメリックに含まれているクルクミンが、有害な活性酸素を抑制する作用があると考えられているからです。

最後にカレーをいつ食べるかというと、それは朝でしょう!(どこかのコマーシャルみたいなフレーズ!?)

朝カレーを食べることで、体が目覚めて体温も新陳代謝も上がってきます。
そして、脳が活発に働き、頭の回転もスムーズになるそうです。


イチローの特集で、”イチローは毎朝カレーを食べている”と言ってましたが、こんな秘密があったんですね!

イチローは、何で毎朝カレーなの?と思っていましたが納得しました。











    

かばん・財布の修理特集

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「かばん・財布の修理特集」です。


「靴修理店 店長ブログ」といいながら、いつ以来かと思うほど当店の宣伝していないので、「かばん・財布の修理特集」を掲載させてもらいました。

カバンや財布が下記写真のような状態になっても、交換や修理できますので、お問い合わせください。
使い慣れた財布やバッグが蘇ります!




ファスナーが壊れた⇒ 新しいファスナーに交換





革が破れた、さけた⇒ 補強&補修します





持ち手がちぎれた⇒ 補修or新しい持ち手に交換





持ち手が劣化して表面が剥がれ⇒新しい持ち手に交換





金具が壊れた⇒ 類似の金具に交換





ホックが閉まらなくなった⇒ 新しいホックに交換





糸がほつれて開いた⇒ ほつれ部分の縫い直し





スライダーが外れた⇒ 新しいスライダーを取り付け





カシメが取れた⇒ 類似のカシメを取り付け





内袋が劣化して表面の剥がれ⇒ 新しい内袋に交換





各種リメイク⇒ ご相談下さい




使い慣れた財布や鞄、壊れても再生できますので、相談ください!
修理費用は、修理箇所や修理の難易度等で大幅に異なりますので、金額を見積って後の修理でもOKです。


下記は、カバン・財布を修理して、また使えると喜んでいる人たちのイメージイラストです。
実際に、再生した財布や鞄を見た瞬間の「お客様の表情・反応」をイラストで表現してみました。






ちょっとした会話のテクニック!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”ちょっとした会話のテクニック”です。


植西 聰氏の「だれとでも、みるみる仲よくなれる共感の法則」よりのエピソードです。

お見合いパーティの席で、ある男性が女性に「今日は蒸し暑いですね」と話しかけました。
そこで彼女は、「夏らしくていいですよ。サウナに入っていると思えばいいんです」と答えたのですが、この一言で男性はむくれてしまいました。

それは、彼が、彼女から共感されることを望んでいたからです。つまり、彼女に「本当にそうですね」という言葉を期待していたのです。




基本的に”ポジティブな言葉は自分に向けて言うべき言葉”で、
他人のネガティブな言葉に向けてやみくもに使うと、相手の気持ちを否定することになります。

否定された方は、それがとるに足らない話題であったとしても、気分がいいものではありません。


誰とでも楽しく話を続けるコツは、相手に ”共感すること” を第一にすることです。
これを共感の法則といいます。

「寒いですね」「最近、不景気ですね」「毎日疲れますね」等々ネガティブな言葉にも「そうですね」「その通りですね」と笑顔でうなずいてあげれば、印象は格段によくなります。





また、会話の聞き役になった時は、「なるほど、それはこういうことですね」「それから、どうなったんですか」「もう少し、詳しく聞かせてください」「つまり、それはこういう意味ですか?」の言葉をたくさん使ってください。

これらの言葉はどれも相手の話を理解していることを伝えるために、相手の言った内容を整理して投げ返す言葉です。
これを返報性のテクニックといいます。

人はこんなふうに尋ねられると「この人は、自分の話をきちんと聞いてくれている。理解していてくれている。」と、話している人はとても満足するそうです。

ちょっとした気遣いとテクニックで、気持ちのいい会話の後は、お互いの距離感がグーンと縮まって、焼酎もすすむのではないでしょうか。

気分良すぎて、二日酔いしないように、くれぐれもご注意くださいね。(笑い)











上司と部下の相性の法則

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”上司と部下の相性の法則”です。


経営コンサルタントの神田昌典氏は、組織の中での「役割演技」をパターン化した”桃太郎の法則”を著書や雑誌なでで発表しています。

桃太郎の法則とは、

①最初に鬼退治のプロジェクトをスタートする桃太郎は、起業家である。抜群の行動力を持つ半面、話がコロコロと変わったりするのか特徴です。

②続いて登場する犬は、起業家の「アイディアを具現化」する実務家です。

③次に登場するサルは、「システム化」が得意な管理者です。

④最後に参加するキジは、根回しやムードメーカーとなって「まとめ役」になる道化師タイプです。

会社の創業期は、起業家タイプが引っ張るが、成長期には起業家と実務家が中心となり、さらに成熟期へ向かう段階では実務者と管理者が中心となって、その役割をはたしていきます。

組織のなかで我々は、「それぞれの役割を演じている」と考えられるので、自分と上司がどのタイプか当てはめて考えてみるだけで、人間関係は驚くほど変わってきます。

例えば、

「起業家タイプ」が上司だったら、とにかく思いついたアイディアが具現化するようにサポートすべきです。
あきらかに無理な注文であっても、「できません」「無理です」と言わずに、「とにかくやってみます」と応じて、その為の資料や人脈を探るなど、動いてみることが肝要です。

逆に無理なことを数字で説得しようとする「管理者タイプ」の対応は、「起業家タイプ」の上司が最も嫌がるので要注意です。


次に、「実務家タイプ」が上司だったら、実務での成果をコンスタントに出していることが最も評価されます。
「管理者タイプ」が上司だったら、サラーリーマン金太郎的な起業家タイプは要注意です。極力、マニュアルや社内規定の通りにコトを進めることがベストです。
「まとめ役タイプ」が上司のだったら、チームワークが重視されるので、和を乱すような独断的な行動は慎むべきです。

各タイプで相性が悪い組み合わせは、「起業家タイプVS管理者タイプ」 : 「実務家タイプVSまとめ役タイプ」とは、お互いに反発しあうようです。

つまり、人が集まり集団となり、それが組織ともなれば誰もが意識的や無意識的にかかわらず、役割を忠実にはたそうとする「役割演技」の心理がはたらきます。


もし、上司とソリが合わないようなことがあれば、上司の役割と自分の役割のタイプが対立していないか、よくよく考える必要があります。

上司と相性が合わないサラーリーマン生活は、上司も部下も不幸です。
毎日が苦痛で楽しくありません。

”桃太郎の法則”を参考に、社内の人間関係や所属している組織を検証してみてはいかがでしょうか。
心当たりがありましたら、桃太郎の法則を試してみて下さい!













 





朝食を食べると、テストの点数が上がる!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、中川 八郎氏(大阪大学名誉教授・医学博士)の ”朝食を食べると、テストの点数が上がる” です。


中川氏のホームページから、朝のジョギングと朝食で体温を上げ、難関志望校に合格した高校生の話です。
朝起きと朝食を食べるだけで、学校の成績もアップしますし、会社での仕事の効率も高くなるようですので、中川氏の話を参考にしてみて下さい。

中川 八郎(大阪大学名誉教授・医学博士)
1931年、大阪市生まれ。1956年、大阪大学医学部卒業後、大学院医学研究科で栄養生理学を専攻。専門は脳のエネルギー代謝。修了後は、大阪大学蛋白質研究所の教授を経たのち、所長に就任。現在は大阪大学名誉教授。国際東洋医療学院 名誉学院長




中川氏の話によると、
「私が大阪大学蛋白質研究所にいたころ、高校生くらいの少年がやってきて「先生のおかげで、この大学に入れました」とお礼を言われ、びっくりしたことがありました。

話を聞くと、私が雑誌に書いたエッセイで、脳の栄養学の見地から「起床後の軽いジョギングと、朝食をしっかりとることが、入試突破の秘訣」と書いたのを、」忠実に実行したということでした。
運動と栄養摂取で朝の体温を上げれば、脳のはたらきが活性化して学習能力が上がることを書いたら、その少年は見事に結果を出して証明してくれたわけです。

少年は、私の指示通りに体温の変化を記録していました。朝の日課をはじめてから1ヵ月半ほどたつと、次第に体がほてってきて、朝食後3時間の体温が37℃を超えるようになりました。
しかし「カゼをひいたときのいやな感じとちがって、“やったるぞ”という気持ちが体の奥底から燃え上がってくる」ような感じだったそうです。
こんな実績もあるので、私は受験生諸君に、この方法を「入試突破の秘訣」としておすすめしたいと思っています」と。






朝食ありと、朝食なしの成績のちがい!

アメリカで行われた実験ですが、20歳代の男女について、朝食を食べた人と、食べていない人の間で、テストの成績を比較しました。
朝食はすべて同じ栄養スープを用い、37.7グラムの糖質、12.2グラムの脂質、18.5グラムの蛋白質を含み、熱量は326キロカロリーでした。テストは「空間記憶」と「単語想起」の2種類でした。

結果は、両方とも朝食を食べたほうが短時間で答えを出し、圧勝しました。空間記憶のテストとは、りんごやイヌなど16種類の図を配置した絵を見せて、あとで位置関係を思い出させるテストです。単語想起のテストは、15個の単語を2秒おきに読み上げ、あとで思い出させるものです。
日本でも朝食とテストの結果に関する報告はありますが、やはり朝食を食べているほうが成績が良くなっています。






朝の脳はガス欠状態。体内時計の命令で、体も朝食を欲しがっている!

ではなぜ朝食を食べないと成績が下がるのでしょうか?

その理由のひとつに、朝食を食べないと、脳はガス欠状態になってしまうことがあります。眠っている間、脳は休んでいるものと思われがちです。
しかし脳は眠っている間も盛んに活動し、起きている時と変わらないくらいエネルギーを消費しているのが実態です。睡眠中に食事をとる人はいませんから、朝起きたときの脳はガス欠状態になっているのです。
したがって、朝起きたら、すぐ脳にエネルギーを補給してやる必要があります。




また、脳の中にある「体内時計」の働きからみても、朝食をとることはきわめて自然であり、重要でもあります。

たとえば、目がさめる前の午前4時ごろには、人体の活動を支配する副腎皮質ホルモンの分泌が急激に上昇します。また朝食の前までに代謝関連の酵素が増加していることも知られています。
朝は、脳も体も食事による栄養補給を心待ちにしている時間なのです。


体温と、テストの点数の関係!

夜型人間は、午前中の体温が低い。

朝食を食べないと成績が下がるもうひとつの理由は、朝食を満足に食べないのは、夜型人間に多いということがあります。
朝型人間と夜型人間の体温変動のグラフを見ますと、朝型人間では起床時の体温も比較的高く、午前中早い時間に急速に体温が上がります。夜型人間は起床時の体温が低く、午前中の体温は低いままで、昼近くになってようやくエンジンがかかり、夜半まで体温は高いままです。







1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧