1  |  2    次>    

女性必見!男性脳の取説について

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「女性必見!男性脳の取説について」です。


大山真弘の2013年01月08日幸福ニュース第576号で紹介されておりました 『キレる女 懲りない男(男と女の脳科学)』その②から、「女性必見!男性脳の取説について」です。





前回の続きで、今回は男性脳の取り扱い説明です。
この本が読まれることによって、男女間のコミュニケーションが劇的に良くなり、和やかな楽しい社会になる事を著者は期待しています。
女性の皆さん!若者から熟年者まで必読の本です。



  著者


男性脳は愛と思いやりの演算が女性脳とは全く違うので、女性脳にとっては「愛されていない」「理解されていない」ように見えることが多いようです。
しかし、男性脳を女性脳の臨む形に抑圧してしまうと、男性脳本来の力を失ってしまいます。
女性は男性脳を素のままで愛するほうが望ましいのです。

その為にも、女性の皆さん!男性脳をもっと知って、男性という生き物のご理解を切にお願いします。


(1)男性脳は目の前のことに頓着しない。だから、思いやりで愛を測らない。
男性脳は右脳と左脳の連携が悪いので、女性脳から見ると鈍感に感じられる。けれどもブレが少ないので、長期間の大きな仕事を成し遂げられる。思いやりは、男性脳にとってはオプション機能なので、母親が教える方がよい。男性脳は察することを期待するより、目的と任務とルールだけを伝える方が、うまくいく。


(2)不満があったら、素直に言ってみる。
察するのが不得手な男性脳に気持ちをわかってもらおうとしないこと。してもらいたいことを率直に伝えるほうがよい。これは、家庭でも会社でも同じである。


(3)男性脳は公平・フェアである。
男性脳は高い空間認識能力によって、遠くのものほど気になる習性がある。男性脳は私に近いほど頓着せず、公に近いほど、勘案する傾向がある。男性脳には、基本的に自分優先や彼女優先の構造は少ない。


(4)優先順位で愛を測らない。
女性脳は大切な人のことを常に最優先に思う。男性脳の優先順位はそれと逆で、遠くの縁ほど時間を割く。だから、女性脳にとっては腹が立つが、優先順位で愛を測らない事が大事である。


(5)男性脳への提案は複数案を提案すると、うまくいく。
「これしかないベストアイデア」を思いついたとしても、他の案と一緒に複数案の形で提示すると男性脳は納得する。「なんで解ってくれないの」と嘆くより、男性脳に解る手法を取ると良い。


(6)男性脳は空間認識力が高い。
これは、左右の脳の連携が悪いことに由来する。赤ん坊の頃から動き回り、空間認識力を育てる。それと、「ぼーっとしている」のは右脳の空間認知領域を集中して働かせている時が多い。だから、この時、愚痴や指図で追い立てないこと。男の「ぼーっと時間」は無駄ではない。女性はこれを許そう。


(7)男性脳は取り留めのない話に耐性が低い。
男性脳は会話にも空間認識のスキームを使う。話の目的(ゴール)があって、いくつか途中のポイントがあると認識しながら会話する。女性脳は1日6千語はしゃべらないとストレスが溜まりやすい。「さっさとゴールを目指したい」男性脳と、「そう易々とゴールになんか駆け込むわけにはいかない」女性脳の会話は、なかなかスムーズにいかないものである。


(8)結論から言う。数字を使う。
男性脳にデキる女性だと思わせるには、先ず結論から言うことと、次に「理由は3つあります。」「ポイントは4つです。」のように情報の要点数を知らせてから、説明に入ることである。こうすると男性脳との交信がとてもスムーズになる。


(9)男性脳と女性脳の見え方は違う。
男性脳はまばらに空間全体を把握し、空間の遠くから近づいてくるものに素早く気付く。女性脳は見えるものの表面をなめるように見る二次面型認識で、目の前のものなら、わずかな変化でも見逃さない。全く違う視覚センサーを持っていて、違うものを見ている。しかもそれは補完関係にある。男性脳は目の前のものを探しにくい特徴がある。


(10)男性脳は序列を気にする。秩序を安易には乱さない。
空間認識力の高い男性脳は、ものごとの配置と、位置関係に鋭敏である。予想外の位置ずれは男性脳にストレスを与える。だから、男性の机や部屋を勝手に片付けてはいけない。同様に、人間関係の配置や位置関係も繊細に把握して、その秩序が乱されるのを好まない。
職場の改革などをやる時は、男性脳の事も配慮して、男達を立てて用心する方がよい。


(11)兄弟を育てる時は、兄を立ててやる。
女性脳は、誰もがみんなお姫様扱いをした方が、精神的には落ち着く。姉妹に囲まれた男子の場合は、彼が尊重され落ち着ける、彼だけの縄張りを作ってやるとよい。


(12)夫を立てると、息子の成績が上がる。
夫はスーパー長男である。息子達の成長や将来のために、夫を立てておいた方が得策である。離婚した関係なら、ことさら悪口を言わないでいればよい。子供の目標のひとつである父が、「ないがしろにされている父」では、息子の男性脳は頑張れないのである。


(13)男性脳は先が見えない事態に弱い。女性脳は逆である。
男性脳へは、細かいゴール設定とその確認をやるとよい。女性脳は逆である。キックオフミーティングや打ち上げは、男性脳にとっては重要。


(14)男性脳は責務を遂行し続けた相手に愛着がわく。
女性脳は共感してくれる人に愛着がわく。動物は人間も含めて、自分にない免疫抗体を持つ相手に発情する。その方が生存の可能性が高まるからである。しかし、それは、感性が一番かけ離れた相手と恋に落ちることを意味する。


(15)男達を頼りにしよう。男性脳にしかるべき責務をあげよう。
男性脳は頼りにして、都度、感謝する。「感謝」と「さすが」「素晴らしい」「ありがとう」は、機会に注すオイルのように男性脳のモチベーションには欠かせない。女性脳は共感と愛情とを毎日求めている。


最後に、男性脳と女性脳は互いに補完関係にあり、二つでひとつ、協力しあってこそ完璧になるのです。
だから、男女の脳の取説を読んでお互いを理解して、円満な家庭・楽しい職場等づくりに役立てて下さい。





男性必見!女性脳の取説について

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「キレる女懲りない男(男と女の脳科学)」その①です。



大山真弘の2013年01月01日幸福ニュース第575号で紹介してました「男性必見!女性脳の取説について」の内容です。



    著者

今回は男女のコミュニケーションを劇的に良くする本の紹介です。

男と女の脳はハードもソフトも違うのに、同じだと誤解して同じ様に扱い、思うようにならないので、あちこちで悲喜劇が起こり、皆そのストレスに苦しんでいます。

この本は、人工知能(AI)の研究者である著者が、男女脳の違いを25年間研究した成果をまとめた、世界で始めての男脳と女脳の取り扱い説明書です。

この本が読まれることによって、男女間のコミュニケーションが良くなり、楽しい社会になる事を著者は期待しています。


男性脳と女性脳とは本来補完関係にあり、二つで一つ、完璧になるのである。男女は一組で完成体である。その特性は大きく違い、イラつくことも多いが、違うからこそ組む意味があるのです。

例えば、 通常人の目は3種類の色覚細胞を持っているが、女性の一部は4種類の色覚細胞がある。
特殊な紫色でなんです。
ピンクから紫色へのグラデーションは女性が繊細だから、女性は男性より顔色の変化や食べ物の色や匂いに敏感で、子育てや家族の健康を守ってきたのです。

「女性脳は感度がいい、男性脳はぶれが少ない」というような特性が有り、脳の認識範囲が違えば、気持ちいいことも違うのです。

女性脳の最大の特徴は、左右の脳をつなぐ部分(脳梁)が男性より20パーセント太いので、左脳と右脳の連携がいいことである。
だから、よくしゃべるのです。(笑い)

具体的に女性のトリセツを書いてありますので、男性諸君は必読及び熟読してください。


男性諸君が「女性脳の特性を理解し」、これからの人生をハッピーに過ごせるよう検討を祈ります。



(1)女性脳は共感してくれる相手に愛着がわく。
女性脳にとって重要なのはどう感じたかであって、体系だった知識や薀蓄(うんちく)ではない。会話とは共感しあうことを言い、脳の中に客観的な知識体系を作っているのではなく、主観的な情動でつながる知恵の芋づるを作っている。だから、言葉の反復と、自分の類似の体験談を語る体験返しが好感度を上げる。


(2)女性脳は年令と共に大きくなる智慧袋。
女性脳は目の前の問題を解決する為に、過去の関連記憶を一気に引き出してダイナミックな答えを出す臨機応変脳である。女性脳には1秒たりとも無駄話という時間はない。話に感情のタグをつけて記憶し、必要な時に思い出すのが女性脳。だから、女性は50代以上女性のアドバイスでなければ、本当には尊重しない。


(3)「とにかく話を聞く」
女性脳を活かそうと思ったら、「何が言いたいのか分からない長い話」も馬鹿にせずに聞く。これは、女性脳の好感度を上げる方法でもある。コツは、一つ一つの話題の整合性にあまり頓着しないことである。

(4)察する女性脳
女性脳に当たり前に備わっている、察する機能は、男性脳ではオプション機能で、後天的に習得するもの。「言ってくれればやったのに」は女性脳に対して禁句。代わりに「気が付かなくてごめんね。」「察してあげられなくて、ごめんね」が良い。レディ・ファーストをすると大切にされていると女性は思う。

夫のむかつく言葉、
第一位「俺は働いているんだぞ。誰のお陰で食えてるんだ。」
第二位「言ってくれればやったのに」  
第三位「何怒ってんの?」(あなたのせいで怒っているのに)
これらの言葉は、禁句ですよ!


(5)女性脳には過去の浮気を告白してはいけない。
女性脳にとっては終わったことは免責にならない。現在起こっている事と同じ様に臨場感を持って傷ついてしまうのである。熟年になるほど要注意。過去を蒸し返されたら、優しくあやまる。


(6)女性がキレたら、理由を追求せず、ただ真摯に謝る。
女性がキレた時は、今目の前の事のみならず、2人で過ごした人生時間の全てにわたる大きな憤りがそこにある。男性は、自分が正しいことの証明を試みないように。証明すると大変なことになる。


(7)女性脳は結論を言う前に、延々と経緯(プロセス)をしゃべりたがる。会社では、結論から言うように指導するとよい。男性脳は結果が大事だが、女性脳はプロセスが大事。


(8)結果が良かった事については、過去の失敗を指摘しない。
結果が良ければ、途中の失敗を叱られても嬉しい男性脳。結果が良ければ、プロセスで手にした経験も正しいと信じたい女性脳。成功案件の途中のダメ行為はその場で指摘する。失敗案件の駄目行為は女性には指摘してもいいが、男性には気を使って慎重に行う。


(9)過去をねぎらう言葉のダイヤモンド。過去の愛着品を否定しない。
女性脳は過去を反復する癖がある。過去(プロセス)にこだわる女性脳は、過去を否定しないで、過去をねぎらってもらうことに対して、ことのほか感度が高い。


(10)女性脳は少し先の楽しみに照らされて生きていく。
感性のタグを手繰って、関連記憶を臨場感たっぷりに想起する女性脳は未来へもそれを応用する。だから、少し先の楽しみが女性脳にはとても嬉しいのである。ご飯の誘いや、食べたい物のリクエストだけでも嬉しいのが女性脳である。ただし、単にメニューを尋ねるだけの質問は禁忌。


(11)女性脳は即決するが、寄り道もする。
女性脳は意思決定の際に直感で即決する。ただ、直感力を高めるために寄り道の時間が必要で、男性には苦痛。男性はスペックを確かめて遊びすぎると言う癖があり、女性脳には苦痛。男女は買い物の仕方が違う。


(12)ビジネス提案方法
女性脳は「これしかない、一押し」提案になりがちである。男性脳は複数案の並列提案をする。女性もお勧め案に他の案をわざと添えて複数提案すると、男性上司やお客に認められやすい。


(13)基本的に脳には欠点はなく、短所を封じ込めると、長所を発揮できない。
優秀な女性ほど思い込みが激しい。最高の臨機応変なアイデアは、思い込みと無駄話なしには出せない。



「ソニー創業者・井深大氏が語ったリーダー論」

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「ソニー創業者・井深大氏が語ったリーダー論」です。


 『致知』2008年2月号特集 「将の条件」の「人間力メルマガ」より、
ソニー創業者の一人として知られる井深大氏の生前の講演会に参加した 、はとバス元社長の宮端 清次氏が「ソニー創業者・井深大氏が語ったリーダー論」を紹介します。


以下、はとバス元社長の宮端 清次氏が紹介してくれた内容です。


「リーダーシップの勉強を始めようと私が思ったのは、 30年以上前のことです。

都庁で管理職になった頃、 現役を退いたソニーの井深大さんの講演を聴きに行ったんです。そこで井深さんは1時間ほどリーダーシップの話をされましたが、 私にはよく分からなかった。

すると終了後に、ある女性が手を挙げて「失礼ですが、いまのお話はよく分かりませんでした。私のような主婦にでも分かるように話をしてくれませんか」と言ったんです。

司会者は大慌てでしたが、さすがは井深さんですね。ニコッと笑って、こんなお話をされました。


「ソニーの社長時代、最新鋭の設備を備えた厚木工場ができ、世界中から大勢の見学者が来られました。
 しかし一番の問題だったのが便所の落書きです。

 会社の恥だからと工場長にやめさせるよう指示を出し、工場長も徹底して通知を出した。
それでも一向になくならない。
そのうちに『落書きをするな』という落書きまで出て、私もしょうがないかなと諦めていた。

するとしばらくして工場長から電話があり『落書きがなくなりました』と言うんです。 『どうしたんだ?』と尋ねると、 『実はパートで来てもらっている便所掃除のおばさんが、蒲鉾(かまぼこ)の板2、3枚に、“落書きをしないでください  ここは私の神聖な職場です”と書いて便所に張ったんです。 それでピタッとなくなりました』と言いました」


井深さんは続けて「この落書きの件について、私も工場長もリーダーシップをとれなかった。  パートのおばさんに負けました。

その時に、リーダーシップとは上から下への指導力、統率力だと考えていましたが、誤りだと分かったんです。
以来私はリーダーシップを “影響力”と言うようにしました」と言われたんです。

リーダーシップとは上から下への指導力、統率力が基本にある、それは否定しません。

けれども自分を中心として、上司、部下、同僚、関係団体……その矢印の向きは常に上下左右なんです。

だから上司を動かせない人に部下を動かすことはできません。
上司を動かせる人であって、 初めて部下を動かすことができ、 同僚や関係団体を動かせる人であって、 初めて物事を動かすことができるんです。

よきリーダーとはよきコミュニケーターであり、 人を動かす影響力を持った人を言うのではないでしょうか。

リーダーシップとは時と場合によって様々に変化していく。
固定的なものではありません。
戦場においては時に中隊長よりも、 下士官のほうが力を持つことがある。ヘッドシップとリーダーシップは別ものです。

あの便所においては パートのおばさんこそがリーダーだった。
そうやって自分が望む方向へ、相手の態度なり行動なりが変容することによって初めてリーダーシップが成り立つのです」と。

魂の望むままに

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、前回紹介した「かめおか ゆみこ」さんの今日のフォーカスチェンジから ”魂の望むままに” です。

以下、かめおかさんのブログから、「自分らしさと他人の評価」について考えるきっかけにしてみて下さい。



< 魂の望むままに>


ひとまえで話すのが
苦手だというひと。

絵を描くのはきらい
というひと。

歌は下手だから、好き
じゃないというひと。

ダンスなんて自分には
縁がないというひと。

演劇って、特別なひとが
やるものだと思っているひと。


そんなふうに言うひと
は、たくさんいます。

というか、この、
どれにもあてはまらない
ひとのほうが、
少ないくらいです。


でもね。

あなたはもう、忘れて
しまったかもしれませんが、

あなたがおさないころは、

夢中で、覚えたての
ことばを話したがり、

クレヨンがあれば、
画用紙に、自在に
線や図形を描きまくり、

からだいっぱいに
歌声をひびかせ、

とんだりはねたり、
スキップしたり
ころげまわったりして、
からだを動かし、

ごっこ遊びでは、
いろいろな役に興じて
過ごしていたのですよ。


そのとき、あなたは、
誰よりも自由でした。

誰よりもゆたかな感性で、
表現を楽しんでいました。

そう。実際に
子どもたちは、下手な
アーティストよりも、

はるかに芸術的なセンス
をもっているんです。


あなたから、そんな
自由さや、生き生きした
表現をうばったのは、

「評価」です。


子どもたちは、
そのままにしておけば
どこまでも伸びていく
感性を、

「評価」の名のもとに、
こなごなに
打ちくだかれるのです。


こっちは、上手だけど、
こっちは下手だね。

なんで、ここは
はみだしているんだ。

こんな色は、普通は
使わないね。

音程がはずれてるよ。

まるででたらめだね。

ちゃんとお手本どおり
にやらないとだめだよ。

…そんなふうにね。


でもね。

よくよく思い返して
みてください。

あなたにそんな
「評価」をくだして
いたひとたちは、

こころにひびく話を
できるひとたちでしたか?

魂をゆさぶる絵を
描けるひとたちでしたか?

思わず自然に涙が流れる
ような歌を、歌えるひと
たちでしたか?

拍手喝采したくなる
ようなパフォーマンスで、
あなたを楽しませてくれ
るひとたちでしたか?

人生を変えるような舞台
を、堪能させてくれる
ひとたちでしたか?


いいえ。

そのひとたちは
何もできませんでした。

そのひとたちにできた
のは、「評価」だけです。

本当は、何もわかっちゃ
いなかったのです。

何もわからず、
何もできないから、
「評価」することに
よって、自分たちを

優位に立たせて
いただけなのです。


あなたは、まんまと
だまされてきたのです。

それを信じこんで、
ときには、それを
踏襲さえしてきたのです。


もう、そろそろ
気がつきませんか?

あなたに課せられた
評価は不当なのです。

そんなものは、何の
意味もなかったのです。

そもそも、一人ひとり
ことなる表現を
評価することなど、
不可能なのですから。


そしてね。

どうぞ忘れないでください。

生きるということが、
表現することそのもの
なのですよ。

あなたは、あなたのまま、
かがやけばいいのです。

まるごとの表現を
楽しんでいいのです。

生き生きと楽しむことで、
あなたの感性はみがかれ、
どんどん、かがやきを
増していくのです。


…。

そのひとが、そのひと
らしく生き生きと
自分を表現することを
サポートすること。

これが私の
ミッションです。


表現することは、誰か
選ばれた特別のひと
だけのものではなく、

あらゆるひとのもの
なのだと。

誰もが、
おさなごのように、
魂の望むままに、自分を
表現していいのだと。

そのことを
伝えていきたい。

ともに
わかちあいたい。


いま、そんな想いが
あふれてきて、止まら
なくなったのです。

どうしても、
伝えていきたい、
広げていきたい。

そんな想いにかられて
しかたがないのです。


誰もが、
自分にOKをあげて、

まるごとの自分を
生き生きと表現できる
世界のために、

私にできることを
やりつづけていきます。

共感していただけたら、
とてもとても
うれしいです…。

タイミング

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、「タイミング」です。

かめおか ゆみこ さんは、ホームページ「かめわざ快心塾」を立ち上げ、約10年前からメールマガジンの発行を続けています。
現在、「視点を変える」をテーマにした日刊「今日のフォーカスチェンジ」、携帯日刊「フォーカスチェンジ・フラッシュ」、演劇教育をテーマにした週刊「生きるとは表現すること」の、3つのメールマガジンを発行(読者合計6000人)しています。


本日は、5月20日付け、★今日のフォーカスチェンジ【3488】、タイミングを紹介します。





タイミング


最近、つくづく
感じていることが
あります。

それは、ひとには
タイミングがあるなあ
ということです。


どんなに、
「このひと、こうすれば
 いいのになあ」
と思ったとしても、

どうするかは、すべて、
そのひとのタイミング
なのです。

タイミングがきていない
ことは、動かそうとして
も、動きません。

無理に動かそうとすると、
かえって、こじれて
しまうこともあります。


そんなときには、
待つしかありません。

はたから見て、
「間に合わないだろう」
と思うことでも、

その、間に合わないこと
を体験することが、

そのひとにとって
必要なプロセスである
場合もあるのです。

だから、やっぱり待つ
しかないのです。


待つということは、
単に放置することでは
ありません。

「待」という字には、
「道に立ち止まって待つ」
という意味があります。

そこには、見守っている
存在があります。


私は、長いこと、
まわり道の人生を
歩いてきました。

いまもその途上だと
思っています。

けれども、そんな私でも、
待ってくれている存在が
あるとしたら、
一体誰なのだろう…。


そう思ったとき、
特定の個人ではなく、

何か、とてもとても
おおきなイメージが
浮かんだのです。


私の人生まるごとを
最初から最後まで、
見守ってくれる存在。

けっして口出しはしない
し、アドバイスもしない
けれども、ずっと、
そこにいてくれる存在。

私が私として、私の
人生を生きることを、
ただただ、みとめて
くれている存在…。


ふうっと、こころの
なかがゆるみました。

ありがたいなあという
気持ちが、じわっと
こみあげてきました。


人生のときどきで、
私は、ずいぶん、
「困ったちゃん」を
やってきたのです。

どうしようもなく
わからずやだったり、

ひどく自己中心的な
見かたをしていたり…。

そのたびに、周囲を
まきこみ、振り回したり
もしてきたのです。


でも、それらすべてを
含めて、プロセスとして、
見守ってくれている
存在があるとしたら…。

自分の勝手な部分を
見ずに、一方的に相手を
責めてしまったときも、

犠牲者の気分になって、
ひとりよがりに、
落ちこんでいたときも、

その結果、人間関係が
立ち行かなくなって、
孤立してしまった
(と感じた)ときも、


ずっとずっと
見守ってくれていた…。

待ってくれていた…
としたら?


本当に、ありがたくて、
自然に頭が垂れる想い
がしたのです。

自然に、手を合わせたい
気持ちになったのです。


生きるということは、
この、おおきな存在と
ともにあることなのだと、

深くしみいるように
気づいたのです。


そして、この気づきも
また、私の人生における
「タイミング」なのかも
しれません。

このタイミングを
信頼しよう。

そう想いました。

そして、同じように、
すべてのひとのタイミング
も、信頼しよう。

そう想いました。


また、こころがゆらぐ
ことがあるかもしれません。

道をみうしなうことが
あるかもしれません。


でも、そのすべてを
タイミングとして
とらえて、歩いていこう
と想います。

そのプロセスのすべてを、
信じて生きようと想います。

おおきな存在への、
深い感謝とともに。

1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/09      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧