1  |  2    次>    

奴隷から宰相になった男

テーマ:ブログ



ダルマ宰相、高橋是清の心に響く言葉より…奴隷から宰相になった男です。

《子供の頃から自分は幸せ者だ、運のいい者だと深く思い込んでいた。その思いが私を根っからの楽天家にした。》(高橋是清)


■アメリカで奴隷として売られる

幕末の絵師・川村庄右衛門の子として生まれた是清。

彼は2歳のとき、仙台藩の下級武士・高橋是忠の家に養子に出されます。

その後、横浜の英語塾に通いはじめ、14歳のときに藩の命令でアメリカへと渡ります。

すると、ホームステイ先によって奴隷として売られてしまったのです。

やっとのことで帰国すると、明治維新を経て仙台藩はなくなっていました。

仕方なく大学教官の手伝いなどで働くも、酒や遊びが好きだったこともあり、仕事を失ってしまいます。


■日本銀行総裁、大蔵大臣、そして総理大臣へ

それから知り合いの紹介で官僚になるも、先輩の依頼でペルーの銀山経営者になるために辞職。

しかし大失敗に終わり、またつてを頼り、日本銀行に就職しました。

そこで、日露戦争に必要な戦費を調達するため、イギリス系銀行から現在の金額で4兆円を超える資金の借り入れに成功したのです。

やがて1911年に日本銀行総裁、1913年に大蔵大臣、1921年には総理大臣に就任した是清。

丸い顔と立派なひげから、「ダルマ宰相」とも呼ばれた彼のサクセスストーリーは、失敗しても起き上がる根っからの明るさが引き寄せたのかもしれません。


『成功者が残した引き寄せの言葉』パイ インターナショナル




自分は運がいい、と心の底から思っている人は、どんな事態になっても、いつかは運を引き寄せてしまう。

なぜなら、運がいいと思っている人は、どんなに最悪な条件でも、その中から運がいいことを集め、そこだけにスポットライトを当て、運のいいことしか見ていないからだ。

逆に、運が悪いと思っている人は、どんなに最高に良い条件であっても、その中からうまくいかないことや失敗しそうなことを集め、不運にスポットライトを当て、不運や不幸しか見ていないからだ。


日本の歴史の中でも、高橋是清ほど波乱万丈の数奇な運命をたどってきた人はいない。

だまされて奴隷になる契約書にサインをしてしまい奴隷になり、そこから、あまたの失敗や試練を乗り越え、最後は総理大臣にまで登り詰めた男。


高橋是清の生涯を知れば、たいがいの苦労や失敗は、およそ蚊にさされたような瑣事(さじ)に思えてくる。

「子供の頃から自分は幸せ者だ、運のいい者だと深く思い込んでいた」

自分は運がいいと信じ、楽天的に生きていきたい。

笑顔をつくれば幸せになれる

テーマ:ブログ


明治大学教授、堀田秀吾氏の心に響く言葉より…笑顔をつくれば幸せになれる! です。


《別に楽しいことがないときでも「フェイク・スマイル」で笑顔をつくるとストレスが軽減されて気分がよくなる》(クラフト、プレイスマンらの研究)


人生は良いことばかりではありません。

なんだか最近、元気がないなぁ…。

ついてないなぁ…。

腹が立つなぁ…。

悲しいなぁ…。

そんなふうに、気持ちが沈んでしまったときには、ぜひ笑顔をつくってみましょう。


そもそも、人が笑顔になるのは「楽しいから」「幸せだから」ではなく、笑うから楽しくなるし、幸せになるのです。

つまり、「笑顔」=「楽しい」「幸せ」だと脳にインプットされていますから、笑顔をつくることで幸せな気分を呼び起こすことができます。

よく言われる話なので、「眉唾(まゆつば)」に思われる人も多いと思います。

しかし、これは世界中の実験で証明されている事実なのです。


一つご紹介しましょう。

マンハイム大学のストラックらのフェルトペンを使った実験です。

この実験では、被験者を3つのグループに分け、それぞれ


1.ストローを吸うように唇を丸めて、歯がふれない状態でくわえさせられた被験者

2.上下の前歯で挟んで、唇にペンがふれないようにくわえさせられた被験者

3.フェルトペンを普通に手で持った被験者

に分けます。


被験者には、この状態でマンガを読んでもらいます。

その結果はというと、1のグループの被験者たちが読んだマンガをもっともおもしろく感じていた、という結果になりました。

このように、楽しい気分を増幅させるのが笑顔の効果の一つですが、もう一つ、ストレス軽減にも大きな効果があります。


クラフトとプレスマンという心理学者は、口にさまざまな形で箸をくわえさせて、被験者にストレスのかかる作業をさせる実験を行っています。

簡単に言うと、


1.笑顔のようになるくわえ方

2.口角だけがあがるくわえ方

3.笑顔にならないくわえ方

の3つです。


その被験者たちに、星をなぞらせたり、1分間、氷水に手をつからせたり、その心拍数やストレス度合いを計測したというわけです。

結果は、箸を横向きにくわえて、笑顔のようになっている被験者たちの心拍数や感じているストレスが、もっとも低くなりました。

別に、楽しくなくたって良いのです。

笑顔になれる人は、無表情な人よりお得な人生を送れるということです。

事実、「フェイク・スマイル」の習慣がある人とない人とでは、発する雰囲気…俗っぽくいえばオーラが違ってきます(「つくり笑顔」と表現すると、ネガティブな印象がしてしまうので、私はこれを「フェイク・スマイル」と表現させていただきます)。

たとえば、メディアで活躍する女優さんや俳優さん、アイドルたちに表情は、とんでもなくイキイキしていますよね。

「この状況をむしろ楽しもう!」「プロ(大人)として表情は明るく!」と、心に決めた人はイキイキと見えてくるもので、まわりの人も笑顔にする魅力があります。

日常のささいな不満は、フェイク・スマイルを決めて吹き飛ばしましょう!


また、クラフトとプレスマンという心理学者の実験の結果、別のおもしろい事実がわかりました。

それは、より楽しく、よりストレスを減らせるのは、単に口角を上げるだけではなく、口を開いた笑顔だということです。

要するに、微笑み程度の笑顔ではなく、歯が見えるくらいの豪快な、顔全体で表現した笑顔のほうが心理的なストレスを減らせるということです。

「くしゃくしゃの笑顔」と言われるような顔ですね。


この際、押さえておきたいポイントが目元です。

美容整形のお医者さんに言わせると、目尻のシワは「幸せ」をあらわすのだそうです。

思いっきりクシャクシャの笑顔になると、たしかに目尻にシワができます。

つまり、このシワは幸せのシンボルなわけです。


目尻のシワは見ている側も優しさや安心感を覚えます。

笑顔はもともと、相手に自分がその人の敵ではないことを示す合図でもあります。

何より重要なのは、良い笑顔は「伝播する」ということです。

つまり、まわりの人も笑顔にさせます。


『科学的に元気になる方法集めました』文響社






「リベットというアメリカの生理学者が行った実験では、動作を行う準備のために送られる信号が、動作を行う意識の信号よりも350ミリ秒早かったことがわかっています。

つまり、考える・心で念じることより、実際の動作のほうが脳に与える力は強いのです」(同書より)


つまり、心構えや気持ちを切りかえたかったら、先に行動を変えること。

言葉も同じだ。

ゼンゼン楽しくなくても、「楽しいなぁ」「面白いなぁ」「ワクワクするなぁ」などと言えば、後から段々と楽しくなってくるということ。


「笑顔は機関車、心は客車。笑顔は心に先行する」

笑顔をつくれば幸せになれる。

感謝を見出すことができる人

テーマ:ブログ


リペアショップ鹿児島店の坂元です。


今回は、小林正観さんの心に響く言葉より…「感謝を見出すことができる人」です。


松下幸之助さんは、パナソニックがまだ小さい会社だった頃、自らが採用の面接をするときに、「あなたは自分が運のいい人間だと思いますか?」と質問して、「自分は幸運だ」「ラッキーだ」「ツイてる」と答えた人だけを採用したそうです。

徳川家康をはじめ、戦国時代を生き延びた武将たちが、自分のまわりに置いた側近は、どのような人だったでしょうか。

剣の名人だったでしょうか?

あるいは槍(やり)の名手だったでしょうか?

そうではありません。

彼らが選んだのは、これまでの戦を九死に一生を得て生き残ってきた「運のいい」人たちだった。

つまり、戦の技術がすぐれている人ではなく、運が強い人たちを選んだのです。


人生や日常に起きるいろいろな事象を、努力とか競争とか頭のよさといったものではなく、「運」というものからとらえると、とてもおもしろくなります。


いま、この場所ですぐに「運のよい人」になる方法を教えます。

みなさんは自分の人生を「運がよかった」と思いますか?

「運が悪かった」と思いますか?

あるいは「運がよい」と思いますか?

「運が悪い」と思いますか?


「運がよかった」と過去形で言った人は、過去形で「運がよかった人」になります。

「運が悪かった」と言った人は、過去形で「運が悪かった人」になってしまいます。

「運がよい」と思っていたら、現在から未来にかけて「運がよい」人になります。

一方、「運が悪い」と思っていたら、現在から未来にかけて「運が悪い」人になってしまいます。


つまり、運のよしあしは全部、自分が決めている。


運をよくしたければ、「自分は運がいい」と言うこと。

その瞬間から、運がよくなっていくみたいです。

宇宙的にみれば、運がよい現象というのはなく、運が悪い現象というものもありません。


したがって、運のよしあしは宇宙的には決められません。

決められるのは本人だけ。

本人が「運がいい」と言えば、「運がいい」人になってしまうのです。


つまり、いま病気であろうが、けがをしていようが、どんな状況にあろうとそれに感謝し、「自分は運がいい」と言っている人は、神さまにとってもかわいい存在です。

だから味方になってあげようという気にもなります。

自分の思うようになったときだけ、自分にとって都合がよい状況のときだけ感謝するというのでは、どうやら神さまは味方についてくれないらしい。


どんな状況にあろうと、そこに感謝を見出すことができる人を「運がいい」人といいます。

目の前に80点の現象があるとき、「100点満点じゃないじゃないか」と文句を言うのではなく、「80点もあってありがとう」と手を合わせることができる人なのです。


『人生は4つの「おつきあい」』サンマーク出版




「運がいい」と言えば、「運がいい」人になる。

これは、色々なことに言い換えることができる。


たとえば…

「ツイてる」と言えば、「ツイてる」人になる。

「今、とてもしあわせ」と言えば、「しあわせ」な人になる。

「これ、おもしろい」と言えば、「おもしろい」ことになる。


すべては、考え方、見方しだい。

「運がいい」と言えば、今がたとえどんなに厳しい状況であっても、その中から、運がいいことを見つけ出す。


『どんな状況にあろうと、そこに感謝を見出すことができる人を「運がいい」人という』

「運ではなく、自分の実力だ」と思う人は、傲慢(ごうまん)で謙虚さがない。

つまり、感謝の心がたりない。


どんなところにも感謝を見出すことができる人でありたい。

人に好意を持たれる最高の方法

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。


心理カウンセラー、野坂礼子氏の心に響く言葉より…「人に好意を持たれる最高の方法」です。


一般に、人は自分の顔の美醜を気にします。

とりわけ女性はその傾向が強く、自分の顔がどんなふうに見られているかを考えます。

鏡を見ながら、「ああ、私の目はどうして二重まぶたじゃないんだろう」とか、「もっと鼻が高かったらなあ」とため息をついた経験のある人は多いと思います。


しかし、タレントやモデルでないかぎり、あなたの顔が美しくてもそうでなくても、大多数の他人にとってはどうでもいいことなのです。

確かに、あなたが美人ならば、「あら、きれいな人」と人は思うかもしれません。

しかし、それだけの話です。


しょせん他人の顔です。

あなたの顔の美醜をいちばん気にしているのは、あなた自身です。


じつは、まわりの人にとって、あなたの顔の美醜よりももっと気になるものがあります。

それが表情です。

なぜなら、表情はあなたの心を発信しているからです。

そのため、美醜よりも、もっと強い印象を相手に与えます。

相手があなたに好感をもつかどうかは、美醜よりも表情で決まるといっていいでしょう。


たとえば、あなたの学校や職場で、なぜかいつもまわりに人が集まっている人はいませんか。

遊びに行く計画があると、なぜかかならず誘われる人です。

その人はすごい美人でしょうか。

たまたま美人ということもあるかもしれません。

しかし、そういう人を何人か思い浮かべてみると、全員が美人ということはないと思います。

おそらく全員に共通するのは、明るい笑顔ではないでしょうか。


人に好意を持たれ、人と友好な関係を築くことは、しあわせなことですが、容易ではありません。

お金を使えば、多少は人を動かすことはできるかもしれませんが、結局のところ、お金で人の心までは買えません。

ところが、この貴重な「人の好意」を、簡単にもらえる方法があるのです。

笑顔です。


美人で暗い表情の人よりも、容姿はふつうでも明るい表情の人のほうが、人気者になれます。

笑顔には、顔だちの美醜を超えてまわりの人の心をひきつける力があるのです。

逆に、話しかけにくい人というのは、笑顔がない人ではありませんか。

あなたが声をかけようとするのを、ちょっとためらってしまうような人は、気安くない雰囲気をもっていて、笑顔でいることのほうが珍しいはずです。


この笑顔の効用に配慮が足りなかったアメリカの大統領候補がいました。

当然の結果というか、彼は選挙に負けました。

そのあと、自分の出演したテレビのビデオや写真を研究して、「笑顔が少ない」ことに気づき、魅力的な笑顔を研究して、次の選挙ではみごと当選を果たしたのでした。

これが第37代大統領のニクソン氏です。


『笑顔セラピー』ワニ文庫






野坂礼子氏は、「『つくり笑顔』は悪いことではありません」と言う。

最初はつくった笑顔でも、心はあとからついてくるからだ。


「人は悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」という有名な言葉がある。

つまり、笑顔をつくれば、後から、心も楽しく明るくなってくるということ。


人は、自分の顔の美醜や身長、体重といった容姿を一番気にする。

しかし実は、最も人から見られているのは「笑顔」。


最初は心からの笑顔でなくても、「つくった笑顔」でいい。

人に好意をもたれる最高の方法は、「笑顔」。

世界にもし日本がなかったら

テーマ:ブログ
池間哲郎氏の心に響く言葉より…「世界にもし日本がなかったらです。


みなさんに日本が戦争に敗れる昭和20(1945)年以前の世界が、どのような状況だったのかを知ってほしいと願います。

アジアやアフリカの民が、どれほどの苦しみを強いられていたのかを、日本人だからこそ学ぶべきだと強く思うからです。


私は、かなり前から「日本はアジアの人々から嫌われていません」と発信してきましたが、そう言うと、以前は、「何て馬鹿なことを。お前は右翼か?」とよく言われました。

しかし私は、自分の足でアジア各国を廻り、現地の人々から、「日本人が、いかにすごかったか」を自分の耳で聞いてきました。


「原爆を二つも落とされて、二度と立ちあがれないほど傷ついた。それでも努力を重ね、世界で最も豊かな国になった。日本人はすごい」との言葉を幾度も聞きました。

アジアの人々は日本人を高く評価してくれています。

私はアジアの国々(一部を除く)が、「日本を愛している、日本を信頼している」と胸を張って言えます。


20年くらい前のことです。

タイの成功者ともいえるご老人が、「敗戦直後の日本人は惨(みじ)めじゃった。私は彼らを蔑(さげす)んだ目で見ていたほどだ」と正直に語ってくれました。

それがあれよあれよという間に世界に冠たる経済大国になり、驚きと賞賛の思いだったと言っていました。

どの国へ行っても日本製品が溢れ、日本車が走り回る。

アジアの人々の日本製品に対する評価は非常に高く、戦後、日本が誠実にものづくりに励み、いかに頑張ってきたか、日本人の私が感動してしまいます。


マレーシアのマハティール元首相が香港で演説した言葉の中に、こんな一節がありました。


「日本の存在しない世界を想像してみたらいい。

もし“日本なかりせば”ヨーロッパとアメリカが世界の工業を支配していただろう。

欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買うために、世界の国々はその価格を押し付けられていただろう」(欧州・東アジア経済フォーラム、香港、1992年10月14日)


日本人のこまやかさ、誠実さ、追求心の深さは、世界に誇るべき姿です。

「ジャップ、イエローモンキー」と侮蔑(ぶべつ)の言葉を浴びながらも、悔しさを押し殺し、必死になって闘ってきた戦後の先人たちに感謝のみです。

白人たちを凌駕(りょうが)する「ものづくり日本」が世界を変えたのです。


アジアの国々を廻っていると、つくづく、「先人はよくぞ日本を守ってくれた」と感謝の思いが溢れてきます。

なぜかというと、「白人以外は人間ではなかった」「動物のように扱われた」など、アメリカ、イギリス、フランス、オランダなどの植民地だった時代がいかに残虐だったのかを、アジアの人たちから聞いてきたからです。

かつて、日本とタイを除くアジアの国々は、すべて欧米列強の植民地でした。

白人以外の有色人種は人間ではなかった時代。

欧米列強の植民地となったアジアでは、長期間にわたり地獄の惨状が続いていたのです。


『世界にもし日本がなかったら』育鵬社




インドネシアには「ジョヨボヨ神話」という話が古くから伝えられていたという。

「我らが王国はどこからともなくやって来る白い肌の人々に乗っ取られ、長きにわたり苦しむ。

そして空から舞い降りてくる黄色い肌の人が助けてくれるであろう。

黄色い肌の人も我らが王国を支配するが、それはトウモロコシの寿命と同じくらい」(同書より)


池間氏は語る。

「歴史はまさしくジョボヨ神話の通りとなりました。

昭和17(1942)年、「空の神兵」と呼ばれる日本の落下傘部隊が舞い降り、オランダの白き人々と戦い、たった9日間で叩きのめし追い払ったのです。

『自分たちと同じ黄色い人々が、大きな白い人々をやっつけた』とインドネシアの人々は驚き、歓声の声を上げました。

『日本が残虐な白人支配からインドネシアの人々を救った』と言う国民は、今もたくさんいます」


ほとんどの日本人は、さきの戦争に対して、罪悪感を感じている。

しかし、多くのアジアの人々は日本に感謝しているという。

今一度、アジアの歴史を勉強してみたい。
1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/07      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧