1  |  2    次>    

人生のピンチのときに天使があらわれる

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。



今回は、みやざき中央新聞 魂の編集長、水谷もりひと氏の心に響く言葉より…
「人生のピンチのときに天使があらわれる」です。



32歳のその女性は実家に帰省するため、1歳の幼子を連れて新幹線に乗った。

自由席の車両に乗り込んだが、車内は満席だった。

リュックを背負い、スーツケースを持ち、さらに子供を抱いていた。

女性はデッキに座り込んだ。


そんな彼女に「こっちにいらっしゃい」と声をかけた女性がいた。

案内されたのはグリーン車だった。

「ここに座って」と言って、切符を交換し、その人はデッキに立った。


実家に着いて女性は車内での出来事を母親に話した。

その3か月後のことである。

今度はその女性の母親が上京するため、新幹線に乗った。

自由席の車内に乗り込むと、席が一つしか空いてなかった。


後からベビーカーを押す若い女性が乗り込んできた。

彼女はためらうことなく、その若い女性を手招きして、一つしかない席に座らせた。

「娘が受けたご恩を少しお返しできた」と思った。


こんなエピソードもある。

とある病院に入院していた70代の女性の話だ。

ちょうど花見の時期だった。

ある日、嫁に行ったお孫さんがひ孫を連れてお見舞いに来た。

お孫さんの手には桜の枝が挿してある花瓶があった。

自宅の庭に咲いていたのを少し切って持ってきたという。


女性はベッドの上から花見をしながら、孫の優しい気持ちをしみじみと感じた。

次の日、病室に入ってきた若い看護師が、こんな頼みごとをした。

「その桜を貸してくださいませんか?」


訳を聞くと、「ほかの部屋の患者さんにも見せてあげたいと思いまして…」

女性は「そうだ、この病院には私のほかにも桜の花を見られない人がたくさんいるんだ。
それなのに自分だけが喜んで…恥ずかしい」


しばらくして看護師が戻ってきて言った。

「皆さん、喜んでくれましたよ」


同じフロアの病室を訪ねて、お一人お一人に花瓶の桜を見せて回ったそうだ。

忙しさの合間を縫ってこんな気配りをしてくれる看護師がいたことに、女性は胸が熱くなった。




中日新聞の愛知県内版で毎週日曜日に掲載されている人気コラム『ほろほろ通信』には、
こんな心温まる話が掲載されている。

「ほろほろ」とは、花びらや葉っぱ、そして涙が静かに零(こぼ)れ落ちる様のことをいうそうだ。


たくさんの人たちの感動する話に出合ってきて、志賀内さん(執筆者)は「いい話の法則」を見つけた。


人が忘れられない感動の出合いをするとき、人間っていいなぁって思うとき、それは決まってピンチに遭遇したときだ。

人生のピンチのときに天使が現れるというのだ。


40代の男性にはこんな思い出がある。

幼稚園の頃、母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。

それを見かねた隣の奥さんが毎朝弁当を届けてくれるようになった。


大人になって父親からその話を聞いた。

食費の代金を持って行っても「主人と息子の弁当のついでに作っているだけだから」
と絶対に受け取らなかったという。

男性はこの話を投稿した。

「あのときのお礼がしたい。ご健在だったら連絡してください」と書き添えた。


後日、「ほろほろ通信を読みました。

私のことだと思いました。

あの子が立派に成長していること、お弁当のことを忘れないでいてくれたことを知って涙が溢れました」
というお便りが志賀内さんのもとに届き、翌週の紙面に掲載された。


誰の人生にもピンチは訪れる。

そして誰の人生にも天使が舞い降りる。

こんな話が本当の「情」報なんだろうなぁ。


『“すごい”人たち』ごま書房新社




どなに感動するいい話を聞いても、それを知っているだけではダメだ。

それを、感動して、どいういう行動を起こすのかが問われている。

誰かに恩を受けたら、その恩を返していく。

その恩を直接にその人に返せないなら、誰か別の人に恩を送るという「恩送り」をしていくこと。

英語では「ペイ・フォワード」。


「人生のピンチのときに天使があらわれる」

誰かがピンチのとき、黙って助ける人でありたい。


「若い人を先生にする」

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。


今回は、石川洋氏の心に響く言葉より…「若い人を先生にする」です。


新潟の岩船郡に木村霊山という、100歳になる尼さんがいらっしゃいまして、
その尼さんに会いたくて、2,3回お訪ねをしたことがございました。

日本のマザー・テレサと言われた方で、100名以上の孤児をお育てになった方です。

新潟の山奥は、昔は貧しいところで、やはり子どもの育てられない親があります。

そういう人が、木村霊山の名前を聞いて、お世話をしていただけますか、預かってくれますかって、
連れてくるんです。


新潟では尼さんを「あんちゃま」と言います。

「ああ、あんちゃま、100名以上の孤児を育てて大変だったでしょう」って言ったら、

「なんでもないさ」って言いました。

最初、お会いしたときには「なんでもないさ」って言葉が引っかかっていて、
2度目にお会いしたときに同じことを訊いたんです。


「100名以上の孤児をお育てになって、大変だったでしょう」

「なんでもないと思ったら、なんでもないさ」

と、そのときにつけ加えてくださいました。

なんでもないと思ったら、なんでもない。


この人は師匠運の悪い方で、自分がついた師匠がほどなく亡くなってしまいまして、
お師匠さんと早く別れた方です。

お師匠さんの死に水を取ると言いますか、
一所懸命にお世話をなさり、そのお師匠さんが亡くなるときに「ありがとう」と言って
「よう世話をしてくれたな。短いあなたとのつながりだけども。きっとこのご縁は返すよ。
これから、あんたのそばに必ず生まれ変わってくる」と言ってくださったそうです。

だから彼女は、100名の孤児は、お師匠さんの生まれ変わりだと思っている。

そして、一番弟子の尼さんに、お師匠さんの出家名である「霊秀」の名を付けて、「霊秀、霊秀」と言って、若いお弟子さんを、自分のお師匠さんの生まれ変わりとして仕えてらっしゃるんです。


今、私は、もういつ死んでもおかしくない年ではございますけれども、自分にできることは、若い人を先生にするということであります。

自分よりも先に行く人を残そう。

木村霊山が自分の弟子に、自分の先生の名前を付けて、自分の弟子を育て、仕えたように。


『やるなら決めよ 決めたら迷うな』勉誠出版





人は、何千回、何万回と生まれ変わるという、輪廻の考え方がある。

ある時は自分の親だった人が、自分の子どもになったり、親友になったりということもあるという。

そして、その時代、ご縁のあったグループで何度も生まれ変わる。


苦手な人、やっかいな人、面倒をかける人、お世話している人…

その人たちが、過去、自分の師匠だったり、恩人だったり、親だったり、と思うことができるなら、
「その人に仕える」という気持ちが生まれるかもしれない。


「恩送り(おんおくり)」という言葉がある。

誰かに受けた恩を、その人に直接に返すのではなく、別の人に送って(返して)いくことだ。


「若い人を先生にする」

恩送りの気持ちを忘れない人でありたい。

「面倒くさい」の中に運が眠っている

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。


今回は、本田健氏の心に響く言葉より…「面倒くさい」の中に運が眠っている


私がよく行く日本料理店に、徹底的に仕事を究める料理人がいます。

彼は、メインではない付け合わせの野菜一つにも、見事な飾り包丁を入れます。

たとえば、ニンジンで紅葉を、キュウリで青葉を表現したりするのです。


たしかに、それによって美しさが増し、私たちの目を楽しませてくれていますが、それをしなくても彼の料理は充分に美味しいのです。

あまりにも手間がかかりすぎではないか。

連日満員の人気店なのだから、その手間をほかに回したほうが得なのではないか。


そう思った私は、一度聞いてみたことがあります。

「どうして、こんな面倒なことをするんですか?」

すると、「面倒くさいと思ったら、そこから、さらに三手間かけるようにしているんです」という答えが返ってきました。

その手間があるからこそ、お店は流行っているのだと。

彼の答えにしびれました。

だから私も、彼を見ならって、本のゲラをチェックするときなど「もういいだろう」と思ってから、さらに最低三回は見直して、修正、加筆するようにしています。


どんな仕事でも、手を抜こうと思えば抜けるし、さらに手間をかけようと思えばかけることができます。

たとえば、上司に「〇〇について三つの案を金曜日中に出してくれ」と言われたら、三つの案を期限ぎりぎりに出してよしとするでしょう。

その中には、「まだ詰めが甘いな」と感じる案も交ざっているはずです。

「でも、まあ、言われたとおりに出せたから、いいや」

これが、普通の人の働き方です。

でも、運を開いていく人は、ここに「ちょっとプラス」を心がけます。


三本と言われたところを五本出してみる。

期限より一日早く、木曜に出してみる。

あるいは、案を出すだけでなく資料をつけてみる。

こうした小さなひと頑張りによって、この人は、全然違うという印象を与えることができます。

そうやって、ほかの人にはつかめない運をつかんでいくのです。


小さなひと頑張りをプラスしても、すぐに実利につながるとは限りません。

もしかしたら、その頑張りに上司はなかなか気づいてくれないかもしれません。

しかし、「手を抜かずにやった」という気持ちは自分の中に残ります。

それはとても大事なことなのだと思っています。


いつも手を抜くクセをつけていれば、それに見合う結果しか手にできません。

見る人は、ちゃんと見ています。

やがて大きなチャンスが訪れることは、間違いないでしょう。


『強運の法則』PHP研究所





「百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に一歩を進む 」

という「伝灯録」の中の禅語がある。

百尺とは、約30メートルのことだが、長い竿(さお)の先まで達しているのに、その上さらに一歩を進もうとするような努力のこと。

自分として、もうこれ以上ない努力や工夫をしたと思っても、そこからさらにもう一歩努力をしてみること。


「面倒くさいと思ったら、そこから、さらに三手間かける」

「面倒くさい」の中に運が眠っている。



日本人と中国人の生活の質はこんなに違う

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。

今回は、ライブドアニュースより、「日本人と中国人の生活の質はこんなに違う」です。


「生活の質」はクオリティ・オブ・ライフ(QOL)と呼ばれるが、これは物質的な豊かさだけではなく、精神面を含めた生活全体の豊かさを表す概念だ。QOLは決して国内総生産(GDP)の数値だけでは測ることができない概念だと言える。

 日本は長らくGDPで世界第2位の地位を維持してきたが、2010年ごろに中国に逆転されてしまった。
中国経済は今なお成長を続けているため、日本と中国のGDPは大きな差がついているが、日本と中国の国民の「生活の質」にはどれだけの差があるのだろうか。

 中国メディアの捜狐は11日付で、日本人の生活の質は中国人のそれを大きく上回っており、日中には「巨大な差がある」と伝え、その差を認識すると「中国人としては泣きたくなる」と論じる記事を掲載した。

 記事が日中の生活の質に「巨大な差がある」と指摘する分野の1つは「公共サービス」の質の違いだ。

たとえば図書館では「日本では外国人であっても無料で本を借りることができ、たとえ本を規定どおりに返却できなかったとしても罰金などはない」と伝える一方、
中国の場合は本を借りるに当たって「保証金」を支払う必要があると指摘。また、返却が遅れれば罰金が発生すると伝え、こうした違いは公共サービスを利用する人をどれだけ信用しているかという点に尽きると論じた。

 さらに、ホテルに宿泊する際も、「中国はやはり保証金が必要」だが、日本の場合は保証金はなく、チェックアウト時における備品チェックもないと指摘。

中国では宿泊客が毛布や湯沸かし器などの備品を持ち去ることがあるため、チェックアウト時には清掃係のスタッフが備品がなくなっていないかを確認し、問題がなければ部屋代金を清算するという流れが一般的だ。

これも利用客が信用されているかどうかの違いが対応に現れていると言えよう。

 また記事は、日本ではお互いに譲り合い、謝罪し合う文化があると伝える一方、中国ではたとえ自分が悪くても絶対に謝らない文化であることを指摘。

そのほか、日本の国民皆保険制度や無料で利用できる救急車、何でも安心して食べることができる「食の安全」、誰もがルールに則って暮らす秩序ある社会などを挙げ、

日本社会の方が中国より調和がとれていて、日本と中国の社会の違い、さらには生活の質の違いを認識すると「あまりの差の巨大さに泣きたくなってしまう」と伝えている。


AI時代を乗り切る働き方

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。


ピ今回は、ョートル・フェリークス・グジバチ氏の心に響く言葉より…AI時代を乗り切る働き方です。


みなさんは、グーグルというと、どんなイメージを持たれるでしょうか?

検索サイト、最先端の企業、福利厚生がしっかりしている…など。

そのどれもが正解ではあるのですが、中で仕事をしていて印象的だったのは、世界より速く動いて成果を上げなければいけないというグーグルの強い使命感です。

常に今の10倍の成果を上げよう、そのためにはどうしたらいいかと考え、それを実現しているのです。


たとえば、1997年にグーグルの創立者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの二人がGoogle・comをドメインとして登録したときには、そのブランド価値は0円だったかもしれませんが、2016年にはおよそ14兆5000億円を超える価値になっています。

また、年間の生産性は、従業員一人あたり1259万円。

同じ計算で日本の大手企業と比べるとパナソニックは300万円、日立製作所は311万円となりますので、その4倍近い生産性があります。

こうした差は、仕事のしかたや、組織のあり方などから生まれるものだと思います。


僕は仕事がら、日本企業にお邪魔させていただくことが多いのですが、そこで気づくことがあります。

これは、「なぜ、みなさんの仕事が終わらないのか」という問題にも通じることだと思ったので、先に理由をいくつか挙げておきたいと思います。


1.日本で仕事をしていて気づいたのは、「持ち帰って検討します」と言って先延ばしにするケースが多いことです。

僕は大抵の作業は、その場で終わらせるようにしています。

小さくても何かひとつのことが終わると、もうその仕事のことは頭から消え、次の仕事に気持ちを切り替えることができます。

仕事を「持ち帰る」と、いつまでたっても終わりません。

どうしてもその場で解決できないときでも、「今その場でわかること」「今返事できること」を見つけて少しでも進めておくべきです。


2.日本の企業で研修をしていて思うのは、「検討しすぎる」ということです。

筋道を立てて考えることはたしかに大事です。

でも、その場の「直感」にも、実は、大きな意味があります。

「直感」はただの思いつきではありません。

今までのあなたの経験の積み重ねからもたらされるものです。

あらゆることを「検討」してから何かを始めるのではなく、まず「直感」に従ってみる。

論理的に考えた結論が「直感」に反するときは、「直感」を信じてみる。

そのほうが、いい結果が得られることも多いはずです。

新しいアイデアは、様々な材料をテーブルに並べながら、「直感」に従ったときのほうが出るものです。


3.日本の企業を見て思うのは、コミュニケーションツールがうまく使えていないな、ということです。

直接会ったほうが速いのに、メールで何度もやりとりをしていたり、「現物」がないまま言葉だけで議論するから、イメージが食い違ったりして、頻繁にやり直しが発生していたり…。

たとえば、文章をプロジェクターに映して、みんなの前で文章をつくってしまえば合意もとりやすいですし、言葉よりも「プロトタイプ」(試作品)を見ながら意見交換したほうが、イメージが湧きやすく、より建設的に物事を進められます。


そして、最後に、みなさんにお伝えしたいのは、「自分の仕事を壊す」ということです。

自分の仕事を自分でしなくて済むようにすることこそ、究極的な「効率化」であり、今後生き残るために必要なことです。

IT(情報技術)やAI(人工知能)に仕事が奪われると恐れる人がいます。

コンピューターとインターネットによる情報革命(第三次)に続く第四次産業革命で、人間がすべき仕事の内容はどんどん変わっていきます。


こんな時代には、「自分の仕事がなくなる」ことを恐れるのではなく、むしろ「どうしたら自分の仕事をITに置き換えられるか」「どうすればもっと自動化・省力化できるか」を考えてほしいのです。

自動車の「自動運転」が典型的ですが、人がやっていた仕事を機械で置き換えた人が勝つ状況になっています。


動画ストリーミングサービスのネットフリックスも、かつては宅配レンタルDVD業者にすぎませんでした。

DVDという物理的なモノをなくし、人手を介した宅配サービスをネットに置き換えたことで、一気に自動化が進みました。

ほかにもメディアを持たない世界最大のメディアカンパニーのフェイスブックや、ベッドを1台も持たない世界最大のホテル事業者・エアビーアンドビーなど、業界を破壊するような企業が続々と登場しています。

空いた時間に自分の車を使ってタクシー業務ができるライドシェアのウーバーも、そのうち自動運転が主流になり、ドライバー自体不要になるかもしれません。


同じことは、みなさん一人ひとりの仕事でも実現できます。

積極的に自分の仕事をITに置き換えていけば、そこであなたは仕事を奪われる側ではなく、その業界の次の形を創造する側に立てるかもしれません。

毎年同じことをしているだけだと、その仕事はきっと機械に取って代わられてしまはずです。


大事なのは、時代の変化にただ流されてしまうのではなく、その変化より速いスピードで動けたら、時代に取り残される心配はなくなる、ということです。

時代の変化より速く動けたら、時代を先読みして、自分が変化を起こしていけるようになるかもしれない。

自分が変化に踊らされるのではなく、自分が変化をコントロールするようなイメージです。


『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』SBクリエイティブ






ピョートル・フェリークス・グジバチ氏は、16年間日本に住み、モルガンスタンレーを経て、グーグルでアジアパシフィック地域の人材開発や教育戦略に携わってきた。

合気道をはじめ、禅にも興味を持ち勉強するような、とても日本びいきの人だ。


より早く動くための方法として、たとえば…。(同書より)

■《メールせず、全員で同時に作業すれば10分の1の時間で終わる》

グーグルのオフィスには、ミーティング用の部屋に必ず大きなスクリーンが設置してある。

議事録をとるのも、資料を作成するのも、誰かがひとりでパソコンに向かって書き込むのではなく、クラウド上のグーグルドキュメントに全員が同時に書き込めば、その場でほとんどできる。


■《日程調整にメールを使わない》

グーグルカレンダーなどのクラウドサービスを利用すれば、できる範囲はグンと広がる。


また、現代ほどビジネスに速さが要求されるときはない。

それはたとえば、「リーン・スタートアップ」という言葉があるが、そのポイントは、スタート時はコストをかけずに、すばやくたちあげること。

そして、必要最小限の機能だけでリリースして、走りながら考えることだ。

失敗やバグがあっても、それは走りながら修正していけばよい、という考え方。


AI時代を乗り切る働き方を身につけたい。

1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/09      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧