1  |  2    次>    

売り言葉に買い言葉

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。


今回は、斎藤一人さんの心に響く言葉より…「売り言葉に買い言葉」です。


「売り言葉に買い言葉」と言いますが、いままで、売られた言葉を買ってもロクなことがなかった。

それでも、つい買ってしまうのが「売り言葉」です。

いわれなきこと、不当なことを言われたとき、その「いわれなきこと」「不当なこと」というのは、反論したくなるようなことと決まっている。

だから、つい買ってしまうのです。


「売り言葉」でも何でもそうなんですけれど、他人が嫌なもの、悪いものをあなたに与えようとしたとき、たいがい、怒ったり、動揺したりしますよね。

そうなると人は、つい、やり返しちゃうんです。

でも、やり返すと“負け”なんです。


いわれなきこと、非難、中傷に目くじらを立てて相手に言い返すのは、相手と同じ土俵に自分がのっかった、ということ。

だから、こちらの“負け”。

相手があなたに悪いものを与えようとしても、あなたがスルーしてしまえばいいのです。

そうすれば、「よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず」。

お釈迦さまの境地です。


簡単に言うと、相手がいくら言っても自分がやらなきゃ勝ち、と決まっているんです。

この世の中は、そういうルールなのです。

ですから、たとえば、自分の親にこんなことを言われたとします。

「おまえは、ホントにわがままだな」

自分では、親の期待に応えようとして真面目に、一生懸命、勉強したり、生きているつもりでいるのに、「わがままだ」と言われたとします。


そのときは、反論しないのです。

たとえば、「ホントにそうだね。ウチの一族でいちばんわがままだね」とか、ワンクッション置いて、「父さんのおかげで東京の大学に通えてるんだよね。ありがとう。感謝してます」とか、相手が喜ぶ言葉を相手に贈ってみる。


ちなみに、東京・新小岩にある、「一人さんファンの集まるお店」に通っている“たくちゃん”という男の子が、この方法をやってみたんです。

修業相手であるお父さんに「そうだね、わがままだね」と言ったんですって。

その後、お父さんは彼にうるさいことを言わなくなったそうですよ。


『絶対、よくなる!』PHP




車でのトラブルも、この「売り言葉に買い言葉」によって起こるケースは多い。

急に割り込んできたりする車に、「なにやってるんだ!バカヤロー!」とか、クラクションを鳴らすなどの「売り言葉」を掛けたりすると、結果、「なにを!このヤロー!」と、車で進路を妨害したり、幅寄せしたりして仕返しをする「買い言葉」が出てくる。


これは、「やられたらやり返す」という心理と同じ。

やられっぱなしじゃ終われない、「仕返しする」「復讐する」ということ。

そして、大事なのは、最初に「売り言葉」を発しなかったら「買い言葉」はない、ということ。

「仕返し」や「復讐」は負の連鎖(れんさ)を生むだけだ。


どうせするなら「負」の仕返しではなく、「お礼」の仕返しを。

「お礼」の仕返しとは…

厳しいこと言ってくれて、「ありがとう」。

注意してくれて、「ありがとう、感謝します」。


「やり返したら負け」を肝に銘じたい。





あなたの選択した世界

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。


今回は、かめおかゆみこさんの ★今日のフォーカスチェンジ♪より、
「あなたの選択した世界」です。




こころのしくみ、第1原則。

こころは、フォーカスでできている。

私たちは、フォーカスしたものを、
こころの受け皿に入っている情報に
したがって、処理している。


はい、とってもシンプルです。

そして、シンプルすぎて、
ひとは、このことに気づきません。


たとえば、坂元さんが
部屋から外に出たいと想うとします。

すると、
ドアにフォーカスしますよね。

天井にはフォーカスしませんよね?
(職業によるかもですが)(爆)


あるいは、坂元さんが、
お茶を飲みたいと想うとします。

すると、湯飲みとかお茶の道具に
フォーカスがいきますよね。

テレビとか掃除機には、
フォーカスしませんよね?


そうです。

私たちの行動とフォーカスは、
セットになっているんです。

こころが向いたところに、
行動が生まれるんです。

フォーカスなしに、
行動は起こせないのです。


さて。

行動にうつすとき、私たちは、

こころの受け皿に入っている
情報にしたがいます。

ドアを開けようとするとき、

そのドアはめっちゃ開けづらいと
想っていると、

ものすごくちからが入ります。

あるいは、自動ドアだと想っていると、
ドアの前に立って待つだけです。


ドアとかお茶の話だと、
たいした問題は起きません。

では、これが、目に見えない領域の
ことになると、どうなるでしょう。


たとえば、誰かと話をすることに
なったとします。

フォーカスは、相手に向きます。

けれども、あなたのこころのなかに、

「このひとはうそつきだ」という情報
が入っていたら、どうなるでしょう。

もしかしたら、用心して
身がまえるかもしれません。

たとえ相手が、本心から話をしても、

うたがいの気持ちが、むくむく、
湧いてくるかもしれません。


実は、これ、
ワークで実験したことがあります。

2人組になって、1人に、
相手のことをほめてもらいます。

そして、30秒くらい話したところで、
聴いているがわに、そっと

「相手のひとはうそつきだ」
と、ニセの「情報」を伝えるのです。

すると、それまでここちよく
聴けていたほめことばが、

その瞬間から、素直に
耳に入ってこなくなるのです。

ワークだとわかっていても、です。


私たちは、ふだん、目の前の事実
に反応していると想っていますが、

実は、自分のこころの
受け皿のなかに入っている情報に
反応しているのです。

ぶっちゃけ、
いやな相手がいるのではなく、

坂元さんがいやだと想っている
相手がいるだけなのです。

(このちがい、わかりますか?)


ですから、その相手が、実は、

坂元さんの知らないところで、
坂元さんのことを本気でほめていた、
と聴くだけで、

相手にたいする印象が
変わってしまうことでしょう。

相手は何も変わっていないのに、ね。


坂元さんは、
坂元さんのフォーカスしたものしか、
見えていません。

まわりに、さまざまな情報があっても、
フォーカスしないかぎり、
それらは、目に入ってきません。

ないものと同じです。


たとえ、空に雲が浮かんでいても、

その雲が気にならなければ、
晴れていると感じるように、

たとえ、空が晴れていても、

一端の雲にフォーカスすれば、
曇りだと感じてしまうのです。


同じように、
どれだけ幸せなことがあふれていても、

不幸にフォーカスすれば、
人生は絶望的だと感じてしまうのです。

どれだけ困難な状況を生きていても、

幸せにフォーカスすれば、
人生はなんとかなると想えるのです。


つまり、坂元さんは、坂元さんの
選択した世界を見ているのです。

ひとの数だけその世界はあって、
そのことに気づかない私たちは、

「同じ世界にいる」という
共同幻想を生きているのです。

早い話が、かんちがいです。

こころにかかわる、多くのトラブルは、
そのかんちがいから生じているのです。

行いは言葉よりも雄弁

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、田中真澄氏の心に響く言葉より…「行いは言葉よりも雄弁」です。


人を評価する場合、まずその人の日常の習慣を見て判断する人が本物の人物です。

本物の人物ほど単なる口先だけの人を信用しないのです。

「行いは言葉よりも雄弁」ということわざがありますが、それは行動が本当の人柄を示すことを示唆しています。

上位20%の人は、そのことわざの真意を理解している人たちです。


残念ながら、残り80%の人は、良き行動を続けている人を積極的に支援しようとはしません。

傍観者で終わる人たちです。

ですから私たちは、新たな行動を起こすときは、上位20%の人たちを味方にできるように、普段からその人たちとの交流を深めておく必要があります。


では具体的にはどうすればいいのでしょうか。

決め手はクイックレスポンスです。

年中無休・24時間対応の行動をとることです。

何か頼まれたら迅速に対応する、問い合わせにはすぐ答えるといった習慣を身につけて、上位20%の人たちとの交流を深めておく必要があります。


これまで私は、3マメの実践を推奨してきました。

口マメ・手マメ・足マメのことです。


口マメとは電話を掛けることです。

これは今の日本人は携帯電話のおかげで得意になりました。


手マメとは筆まめのことで、まめに礼状・祝い状・慰労状などのお便りを出すことです。

これは今の人の多くが苦手ににしています。

だからこそ、筆まめに徹した人は物事を有利に展開していけます。


足マメは訪問のことです。

何かあれば飛んでいく習慣のことで、これまた有力な対人関係の武器になります。

とにかくマメに動くことが大切です。


『小に徹して勝つ』ぱるす出版





脳力開発の創始者、城野宏氏は、「行動」についてこう語る。

「『行動のつながりで、具体的に考える習慣をつくろう』

手と口と足をフルに使った、行動のつながりで考える習慣を つくろう。

概念のつながりだけで抽象的に考える習慣をやめよう。

概念は重要ではあるがただの名札であり、具体的行動を主軸にして考えないと成果はでない。

抽象理論だけで”わかったつもり”にならないようにしよう」


人物を評価する時、上っ面だけを見ているとすぐにだまされてしまう。

それは、地位や肩書、あるいは心地よい言葉などなど。

しかし、本当に見なければならないのはその人の実際行動。


行動と行動のつながりを見ていれば、その人の本質が見えてくる。

行動とは、手と口と足を使うこと。

そして、大事なのは、その行動を長く続けているかどうか。


口先だけではなく、具体的に動く人でありたい。

人は、なぜ生まれてくるのか

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。





今回は、産婦人科医・医学博士、池川明氏の心に響く言葉より…「人は、なぜ生まれてくるのか」です。


人はなぜ、生まれてくるのでしょうか?

これを子どもたちに聞くと、「人の役に立つため」、とりわけ「家族を幸せにするため」という答えが多いです。

臨死体験をされた方々の複数の証言によると、死後、閻魔様(えんまさま)の前で聞かれるのは、次の2つのことだけだとも言います。


1. 陰徳(いんとく)を積んだか?(人知れず、他人の役に立ったか?)

2. 自分の人生を楽しんだか?


であるにも関わらず、私たちが「生きているのがつらい」と感じることが多いのは、なぜでしょうか?

私が、多くの子どもたちから集めたお話から解釈するに、たぶん、「自分がつらい思いをして、それを乗りこえたときに、魂はそれを“楽しい”と喜ぶ。そしてつらい思いをしたからこそ、同じようにつらい思いをしている人の役に立つことができる」からだろう、と思います。

つまり、ずっと幸せかつ平穏に過ごしているだけの人は、他人の心に寄りそえないし、魂も、実は「それで楽しい」とは思わないようなのです。

つらさのただ中にある人は、実は、同じようなつらさを経験したことのある人の助言しか、真剣には聞かないものです。

なので、そのためにもつらい経験をする必要がある、苦労する必要があるのかな、とも思います。


実は、子どもたちに聞いた、空の上で暮らす魂の日常は、すごく穏やかで、平和で、幸せなのだそうです。

着るものにも、食べるものにも困らない世界で、食べようと思えば、いくらでも食べられて、ダイエットの必要もない、すごく良いところなのだそうです。

ですので、この世に生まれてくる魂たちは、“非日常”を求めて…まさにアミューズメントパークに来るような感覚で、この世に生まれてくるようなのです。

楽園から楽園に移動しても“非日常”は感じられないので…それでこの世は、制限が多く、つらいことも多い世界なのでしょう。


また、空の上と、この世とでは、どうも時間の流れも違うようです。

空の上は時間がすごくゆっくり流れていて、地上は速いのです。

私たちの100年と、赤ちゃんとして過ごした数週間とか数日間は、あちらの世界に戻るとそう変わらない、と多くの子が証言しています。

空の上では、時間という概念がないのだけれど、あえて言うと、時間がものすごくゆっくり流れている、と。


だから地上に生まれて来ると、魂の成長が、空の上にいるときよりもはるかに早まるのだそうです。

いわば、この世は、魂レベルの促成栽培地なのです。

空の上では、小学校1年~6年までに千年かかるのに、地上では6年で済むとか、そういった感覚で考えていただけると良さそうです。


ですから、お得なのです。

だから、みんな、地上に来たがるわけです。

ですから、「早く魂を成長させたいな」という人が優先的に生まれて来ているとも言えます(実際は、そうした成長とは無関係に、この地上に、ただただ多くの刺激や体験を求めに来ている魂も少なくないようですが)。


『ぼくが生まれてきたわけ』KADOKAWA





池川氏はこう語る(同書より)。


『子どもが望む愛、注いでほしい愛って、何なのでしょうか?

これがけっこう難しいんですけど、長年調べてきてわかったのは、それはどうも「笑顔」のことのようなのです。

お母さんの笑顔。

妊娠中にニコニコしていて、生まれたとき、赤ちゃんの顔を見てはニコッとして、その後、子どもが大きくなって「ねぇ、ねぇ、お母さん」って言ってきたら、「なあに?」ってニコッと笑う…これが愛情なのです。

愛情イコール、笑顔だったんですね。

でも、たいていのお母さんは、妊娠中からしかめっつらをしています。

病院で、これをやっちゃダメ、あれをやっちゃダメって言われますからね。

食事や行動も制限されて…具合は悪いし、旦那は理解に乏しいし。

そうして苦労して生んだ後は、赤ちゃんは泣きますし…さんざんなんですね。

そういうお母さんを、お子さんから見ると、お母さんは、いつも眉間にしわを寄せていて、つらそうな顔をしているんです。

子どもは、自分が生まれて、お母さんが笑顔になるのを期待しているのに、笑顔にならない。

すると、自分は生まれちゃいけなかったかな、と思うんです。

それで、少し大きくなってくると、今度は怒られるわけです。

「あんたが、こんなことをするから!」「あんたさえいなけりゃ、お母さんは苦労しないのに!」とか。

そうしたら、「もう空に帰ろうかな」と思う子も出てくるのです』


人生はジェットコースターのようなものだという。

山を乗り越えると、次は坂を猛スピードで下(くだ)る。

すると、また次の山がある。

苦しいことも同じで、乗り越えたと思ったら、また次のイヤなことがやってくる。

しかし、何度も何度もその山や坂を越えていくと、だんだんとそのアップダウンの傾斜は緩やかになってくる。


我々は、そのジェットコースターに乗ることを、自ら選んで生まれてきた。

目の前に起こるできごとを、すべてそのように考えると不平や文句は言えなくなる。


陰徳を積み、笑顔で人生を楽しみたい。



自力の後に他力あり

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。





斎藤一人さんの心に響く言葉より…「自力の後に他力あり」です。


《自分で黙々と努力していると、まわりから助けが出る》


「自力(じりき)の後に、他力(たりき)あり」って、私はいつも言っています。

自分の力で一生懸命努力していると、それを見たまわりの人から、助けが出るんです。

そして運も向いてくるんです。


ずいぶん前に、ものすごく荒れ果てた神社があったんです。

そこへ新しい神主(かんぬし)さんがきました。

その神主さんは働き者で、毎日、一生懸命掃除をして、一生懸命草取りをしていました。

そしたら、それを見ていた近所のおじいちゃん、おばあちゃんが、だんだん手伝うようになっていったんです。


一生懸命、自力で神社をきれいにしようとしている神主さんに感動して、応援が出たんです。

これが「自力の後に、他力あり」。


でも、自力で努力しないで、先に他力をお願いするっていうのは、ダメですよ。

自分で一所懸命にやらないで、「人の応援がほしいです」とか、「神の応援がほしいです」とか、ふざけたこと言っちゃいけません(笑)。

たとえ、人の100倍努力していたとしても、

「みなさんのおかげです」

そう言うんですよ。


人生っていうのは、「順調なとき」と「逆境で苦しいとき」の二つの時期があります。

この「逆境のとき」の過ごし方が大切なんです。

苦しいときに腐っちゃう人。

文句も言わないで勉強して、ぐんと成長する人。

この二つに分かれます。


『強運』PHP研究所




自分勝手で自分本位な人は、まず自分のことを考える。

逆境で苦しいときに、それが一気にあらわれる。

人のことは後回しにして、自分のことばかり考える「利己の人」。


だが、そんな逆境のときでも、まわりに気遣いして、人の利益や人の気持ちを先に考える「利他の人」。

文句を言わずに、黙々とやり続ければ、誰かが見ている。


哲学者の 西田幾多郎(にしだきたろう)先生の言葉に、「黙々与天語 黙々与天行」(黙々として天と与《とも》に語り、黙々として天と与に行く)がある。

お天道さまが見ている。


ギブアンドテイク(give and take)も、ギブ(与える)が先。

ただし、テイク(うけとる)という見返りを受け取ることを前提に、与えるのはダメ。

あくまでも、見返りをもとめない無償の行為、いわば、ギブアンドギブかどうかをお天道さまは見ている。


すべてのことは…

自力の後に他力あり。


1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2018/03      >>
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧