為合(しあ)わせること

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。






今回は、福聚寺住職、玄侑宗久氏の心に響く言葉より…「為合(しあ)わせること」です。


私が好きな中国の詩人で、陶淵明(とうえんめい)という人がいます。

その陶淵明に「帰去来辞(ききょらいじ)」という詩があります。

彼は41歳で、いまでいう郡の役所の長くらいにまでなりましたが、公務員に嫌気がさし、自分の故郷に帰っていく途中で「帰去来辞」を詠むのです。

その詩の最後に書きつけた言葉が、私は好きです。


「いささか化(け)に乗じて以て尽くるに帰し

かの天命を楽しんでまたなんぞ疑わん」


どんな変化が来てもそれに乗っかり、その変化が尽きるにまかせよう。

そして、これが天命なんだと信じて疑わない。

陶淵明はそう決意を述べるのです。


災害に続けて遭った時などもそうですが、「なんで私らばっかり」と思うものです。

しかし、「なんで私らばっかり」と漠然と感じているときには、どこかでまだ「天命なのではないか」と思っているでしょう。

まだ誰をも恨んでもいない。

誰を恨んでもいない状態はむしろ幸せなのです。

しかし、「仮設トイレはまだできないのか」「役場は何をしているんだ」というように、「災害は誰のせいでもないけれど、いまのこの状況は誰かのせいだ」という主張になってくると、一気に不幸になります。

「事故」というのは、誰のせいで起こったものでもない。

でもそれは、すぐに「事件」になります。

事件というのは、誰かのせいです。

誰かのせいだと思った途端に、人は不幸になるのです。

これは大いなる法則です。

ですから、「天命」という言葉であらかたの変化を受け容れたときに、今を生きる幸せというものは得られると思うのです。


宿命とか運命という云い方があります。

もともと定まっているものとして考えられたのが、「宿命」です。

「宿」というのは「宿場」と使われるように、「とまる」という意味があります。

「運命」の「運」は「うごく」と訓(よ)みます。

これは天と人との関わりが予定もなく変化し続けるという見方です。


同じ境遇に生まれ育ち、似たような人々の間に暮らしたとしても、人はそれぞれじつにさまざまな人生を生きる。

この認識から、おそらく「運命」という言葉が生まれたのでしょう。

皆さんには、是非とも運命のほうの考え方をしていただきたいのです。

その得体のしれない運命の波に、陶淵明は乗るのだと決意しています。

これとほぼ同じことを、孟子は「立命」という言葉で表現したのです。


それと似た態度なのですが、奈良時代には、運命の流れに「為合(しあ)わせる」意味から、「しあわせ(為合)」という和語が生まれました。

運命の流れにうまく為合(しあ)わせることがしあわせであるということです。

室町時代になると、この「しあわせ」に「仕合」の文字が当てられ、相手も天ではなく人を想定するようになりました。

人が刀をもって向き合うことを「仕合」(今は「試合」ですが)と表記したことからもわかるように、「しあわせ」とは相手の出方に対してどう対応するか、というかなり技術的な問題です。


そもそも、運命の波には善意も悪意もなく、要はその波に乗るなり、立つなりできるかどうか、つまりうまく「仕合わせ」られるかどうか。

本人の心構えや技術によるところが極めて大きいはずです。


結局、どっちにでもできるわけです。

最初についていると思ったか、ついていないと思ったか、ただそれだけです。


『流れにまかせて生きる』PHP




「流れにまかせる」について玄侑氏はこう語る。(本書より)

『なりゆきという言葉は、普通は良い意味では使われないですけれども、仏教的な世界の認識の仕方は諸行無常です。

つねに変わり続けている。

これを和語で言うとすれば、「なりゆき」という言葉になるのではないでしょうか。

なりゆきに任せられたら、一番いいと思います。

どこに行き着くのかということもわからない。

わからないのですが、わからないところに向かって生きていくのが人生だと思います』


小林正観さんは、「流れにまかせる」ことをこう表現している。

『頼まれごとがきたら、基本的には全部引き受けます。

頼まれごとは「適当」にやることをお勧めします。

「適当に」というのは、「適度に」ということです。

「引き受けたからには、いい仕事をしなくてはいけない」と気負わずに、そのときの加減で「良い加減」でニコニコと取り組んでいけばいいのです。

頼まれごとを引き受けて行くと、三年くらい経ち、ある方向性でこき使われていることに気がつきます。

「どうもこういうことをするために、この世に生まれてきたみたいだ」というように、自分の“使命”がわかる瞬間があります。

それを「立命」の瞬間といいます。』


頼まれごとを好き嫌いを言わず、ニコニコしながら引き受ける。

そして、運命の波に為合(しあ)わせる。

それが、流れにまかせて生きること。


為合(しあ)わせることは、幸せに通じる。


仕返しをしないこと

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、斎藤一人さんの心に響く言葉より…「仕返しをしないこと」です。


私たちはさまざまな出来事を通して学びを得ます。

その中でもっとも大きいのは“お金”と“人間関係”からの学びです。

人間関係とは、親子や夫婦、会社の上司や部下、同僚とさまざまですが、さらに言えば「自分自身との関係」も含みます。


神は“自己犠牲”を嫌います。

「私はいいから、あなたが幸せになって」じゃなくて、まずは自分が幸せになって、その幸せをできる範囲で周りに配っていけばいいんだよね。

それが神の望みでもあるの。


それと、「自分さえ良ければ」というのも自分を大切にしていないことだよね。

人によっては「自分さえ良ければ、他人に迷惑をかけても関係ない」と思うかもしれないけれど、他人に迷惑をかければ必ずその報いは自分が受けます。

だから結局、それも自分を大切にしていないのと同じことなんです。


また、相手に悪口を言われたり、イヤなことをされたりしたら、その人に「仕返しをしよう」としますが、これもいけません。

誰かがあなたの悪口を言ったら、その報いを受けるのはその言った人なんです。

“報い”とはいいことをすればいいことで報われて、悪いことをすれば悪いことで報われることを言います。

「復讐するのは神の仕事」といって、その報いは神様がちゃんとやってくれることだから、あなたが勝手にその人に報いを与えちゃダメなの。

だいたい、人の悪口って言ったほうが負けだからね。

言い続けている人は大負けなの。

それをあなたまでその人につられて相手の悪口を言ったら、自分の運勢まで悪くなっちゃうんだよ。


だから、私たちができることっていうのはね、「相手を黙らせる」ことではありません。

「相手が悪口を言っても、自分は言わないようにする」ことがほんとうの真理なんだよね。


私たち人間は完璧じゃないから間違えることだってあります。

そこで成長できる人が、「間違ったときに謝れる人」なんだよ。

「謝るとかっこ悪い」と思うかもしれないけれど、謝らない人、または謝れない人のほうが、よっぽどかっこ悪いよね。


謝れない人って我が強いんです。

我が強いっていうことは、それだけ魂に汚れがついてるってことなの。

それで私たちはみんな、その汚れを落とすために生まれてきているからね。


『お金の真理』サンマーク出版




「復讐するのは神の仕事」というのは、聖書の中の言葉で、「復讐は私の仕事、私が報復する、と主は言われた」からきている。

そして、人間による「目には目を、歯には歯を」という報復を戒めている。

報復は報復の連鎖が続く。

いつまでたっても終わりのない無限ループに陥ってしまう。


他人の悪口を言ったら、その報いは言った人が受ける。

同様に、お金の悪口を言ったら、その報いは自分が受ける。

お金持ちの人をうらやんだり、思わぬお金が入った人の悪口を言うようなことだ。


どんなひどい仕打ちを受けても…

仕返しをしようとしてはいけない。


最短距離で真の幸福に辿りつく方法

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、羽賀 ヒカル氏の「最短距離で真の幸福に辿りつく方法」です。



私は、毎月、何百名もの方と
日本各地の神社に団体参拝をしていますが


そこでは、
みなさん例外なく神秘的な体験をされます。

もちろんその中には、
神様を信じていなかった人もいます。

それにも関わらず、
「たった一度の参拝で、人生観が変わった」
というお声は枚挙にいとまがありません。



うつ状態から脱却して、
社会復帰するどころかエリアマネージャーに昇格した人。

再発した乳ガンで死を覚悟していたのに、
わずか1週間で腫瘍が消えた人。

参拝した次の日に、
ずっと夢見ていた仕事の依頼があった人。

崖っぷちの経営難から、
奇跡的なV字回復を果たした人。

心から信頼できる、
理想の男性に出会い結婚した人。

失業し途方に暮れていたところから
生きがいを見つけた人。

家族バラバラで会話もなかったのに、
2週間後、温かい家庭をとりもどした人。


“本当の”神社参拝をすると、
このような奇跡があたり前のように起こります。




ただし、観光気分の参拝では、
神様に動いていただくことはできません。

奇跡が起こるのは、
「神社のおごそかな雰囲気が好きだから」とか、
「自然のパワーをいただくために」とか、
「癒やされたいから」といった物見遊山の気持ちではなく、
本気で神様に会いにいった場合に限ります。



神様との交流は、
神社に行くと決めて、
そこに意識を向けた瞬間から、
すでに始まっています。

ですから、
神社参拝している時だけお祈りしても、
ふだんの心の在り方が、エゴでいっぱいで、
祈りからかけ離れていたら、
本当の神様には、お会いすることができません。



当たり前の日常の中で、
神様に願いを発し、祈り、語りかけ、
変わりゆく日々の中で、その時々の神様のお心を察してこそ、

「あぁ……、ほんとうに守られているんだ」

「導いてくださり、ありがとうございます」

と、まるで神様がそばにいるかのように、
その存在を肌で感じられるものです。




**********************
最短距離で
真の幸福に辿りつく方法
**********************

余談になりますが、

私は代々続く医者の家系に生まれ、
とても裕福な環境で育ちました。

しかし、
お金や地位、名誉があるだけでは幸せにはなれない
ということを子供ながらに感じていたのです。



周りの大人と同じ道は歩みたくないと思いながらも、
結局、自分が何をしたいのか、
将来どうなりたいのか、
幸せがどこにあるのかわからなかったのです。


そんな私に、
人生の転機は突然訪れました。


ある日、勉強をしない私を見かねた母が、
近所に新しくできた大学受験塾への入塾をすすめてきたのす。

面倒くさいなぁ…と思いながら
手渡されてチラシを見たとき、
端に書かれていた塾長のプロフィールが目に飛び込んできました。

“来るだけで頭が良くなり、
運も良くなる塾を目指す。趣味は神社巡り”


…どうして塾で運が良くなるんだろう?

興味が湧いてきて、
居ても立ってもいられなくなり、
すぐに入塾説明をうけに行きました。


塾に到着してドアを開けると、
そこには、「学習塾」のイメージとは、
まるで違う空間が広がっていました。

玄関はピカピカ。
アロマのいい香りが漂い、
綺麗な花のオブジェが出迎えてくれました。

靴を脱いで上がると、
ピアノのメロディがどこからともなく
聞こえてきます。

驚きのあまり棒立ちになっていると、
後ろから、

「こんにちは」という
とてもあたたかく涼やかな声に包まれました。

こうして出迎えてくれたのが、
後に私の師となる、塾長・北極老人でした。

案内されたリビングには、
木目の美しい八角形のテーブルがあり、
その後ろには、左右対称に「月」と「太陽」の写真が飾られていました。

まるで異世界に迷い込んだような清々しさ。
神秘的でそれでいてどこか懐かしい…。

塾に来る前はすごく緊張していたはずなのに、
いつになく深い息をしている自分がそこにいました。


そんな私の様子を見て、
北極老人は優しくおっしゃいました。

「どうやら、
この場所の秘密に興味があるようだね」

その言葉を聞いて目を輝かせた私に、
北極老人はこう続けました。


「日本各地には、
 幾万の寺社仏閣があるだろう。

 それらの聖域は、
 風水的な結界で邪気邪霊から守られている。

 ここは、その古代の技術を応用して、
 神社のような空間を再現する仕掛けを施してある。

 だから自然とカラダが緩んで呼吸が深くなる。
 すると、ただその場にいるだけで、
 理想の人生に近付くようになっているんだよ」

と。

そして
本当の幸せが何かわからないと嘆く私に
こう教えてくださいました。

「自力には限界がある。

 手っ取り早く、幸せになりたいのなら、
 まず幸せの感覚を高めるべきだ。
 遠回りをやめて、先に幸せの感覚をうつせば、
 最短距離で真の幸福にたどり着く。

 もし身近に、お手本になるような、
 憧れの人物がいるなら、その感覚をうつせばいい。

 けれど、
 日本人にはさらなる究極に行き着く方法が、
 誰にでも用意されている。

 それが、神社参拝だ。
 神社参拝とは、神様と信頼関係を結び、
 神様の感覚をインストールする儀式ともいえる。

 感覚が高まると、願望も進化する。

 子どものころ、ノドから手が出るほど欲しかったオモチャが、
 大人になったら、なんの興味もなくなるのと同じで
 低いときに願っていたことが、高くなると、ちっぽけに思えるようになる。

 人がなかなか幸せになれないのは、
 人間的で、世俗的な低い感覚のまま、
 今、目の前にある願望だけを叶えようとするからだ。


 その願望は、御魂が欲する真の願いではなく、
 かりそめの願望だから、たとえ叶ったとしても、
 手に入るのは一時的な幸せにすぎない。

 手に入れてから、
 やっぱりこれも違う、あれも違う……と、
 また次を探すことになる。

 かりそめの願望を叶えるために、
 時間も、お金も、運も、ムダ遣いしてちゃ、
 真の幸福を見つけられないまま、
 あっという間に人生が終わってしまう。

 自分が、なにを望み、
 なんのために生まれてきたのか。
 それを知る最短ルートが、
 神様の感覚をインストールすること。

 神様と感覚が近づくほど、
 神様はあなたの応援をしてくれるようになる。

 すると、有形無形のあらゆる幸福が、
 向こうから舞い込んでくるようになる。

 あとは、ただ感覚に従っているだけで、
 誠によき人生を全(まっと)うすることができるのだ」



最後の北極老人の言葉は、
なんども読み返しておいてください。


たった一度の参拝で、
あなたの人生は変わります。
幸せへの入口は、いつも目の前にあるのです。


明日は、メール講座最終回です。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

羽賀ヒカル

、「共存」の可能性

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




かめおか ゆみこさんの★今日のフォーカスチェンジ♪より、「共存」の可能性をです


「人生は、想いこみとかんちがいと
 妄想と錯覚でできている」

このことばを、
頭のかたすみに置いておくと、

ことなる意見が出てきたときに、
自動反応しないですむようになります。


「かくあるべし」という
固定観念にかたまっていると、

自分とちがう意見にたいして、
ついつい、
自動反応してしまいがちです。


まあ、たいていは、かっとなって、
ことばが過ぎてしまったり、

かたまって、頭から全面拒否に
入ってしまったり。

気質や性格により、
反応はさまざまですが、

いずれにしても、対話の糸口は
見えにくくなりますね。


ところが、大前提として、

「すべては想いこみかかんちがい!」
「でなければ、妄想か錯覚!」

というアタマでいれば、

自動反応の前に、
ワンクッションを置けるわけです。


ちなみに、どちらかが
想いこみをしているのではなく、

双方、想いこみをしているのです。

想いこみと想いこみが衝突するか、
すれちがっているだけなのです。


衝突すれば、痛いだけです。

痛いのが好きな、どMのひとは、
それでもかまわないですが、

相手も、どMでないと、
やっぱり痛い話になっちゃいます。


すれちがっているのなら、

どこがどうすれちがっているのか、
きちんとすりあわせて、

お互いにどうしたいのかを伝え、
折りあえるところは折り合い、

折りあえないところは、どう対応
するかを決めればいいのです。


もちろん、これには、いくぶん、
理想論もふくまれています。

実際には、そうすんなりとは
いかないことも多いでしょう。


でもね。

ここからは、おとぎ話です。

地球上で、唯一、
未来を想像する前頭葉を発達させた
生物である、人類は、

それによって、
何を託されたのでしょう。


同じ類だけで生存するのではなく、
ことなる類を排除するのでもなく、

相手の想いを汲み取り、
自分の想いも大切にしながら、

共存の道をさぐっていける。

そんな「可能性」では
なかったでしょうか?


いまは、まだ道なかばで、

そうはなっていない現実も、
否応なしに目の当たりにするけれど、

なぜ、人類は前頭葉を発達させ、

さまざまな意思を伝えうる、
複雑な言語をもち、

共同体をいとなむのか。


この宇宙の創造主がいるとすれば、
宇宙の進化のプロセスとして、

その「共存」の可能性を、
人類に託したのではないかと。

その壮大な実験をためしている
のが、私たちなのではないかと。


えーと。

最後は、話がちとぶっ飛びましたが、

そのくらいのスケールで考えれば、

自分の尊厳も、相手の尊厳も、
ともに尊重しながら、

この、想いこみの世界で、
共存していけるかもしれません。


坂元さんが幸せでありますように。

幸せな想いこみとかんちがいと
妄想と錯覚を楽しめますように

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2018/10      >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧