1  |  2    次>    

笑いがわかる人になれ

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。






今回は、櫻木健古氏の心に響く言葉より…「笑いがわかる人になれ」です。





ユーモア精神を身につけよ、とは、必ずしも、ジョークをポンポン飛ばしたり、ユーモア・パフォーマンスをなしたり、といったことだけを指すのではない。



これらはむしろ二義的なこと、あえていえば、どうでもいいことである。



第一義的に大切なのは、「ユーモアに対する感性」を身につけよ、ということである。



「笑いがわかる人間になれ」ということである。





落語についていえば、これを鑑賞できる人間になりましょう、ということ。



それさえできるなら、落語的なユーモアへの感性は身についていることになる。



みずから落語を演じることは、必ずしも必要ではないのである。



ただし、やりたい人、その才のある人は、大いになさるとよいわけであるが…





駄ジャレ一つ飛ばすことができないなら、それはそれでけっこうである。



ただし、ユーモリストたちの言行を、「おもしろいな」と思える人にはなりなさい。



それが、ユーモアへの感性があるということ。





「くだらんこと言ってやがる」としか思えないなら、あなたは笑いがわからず、“あそび”ができない、味もそっけもないクソマジメ人間ということになる。



ある表現を用いれば、「笑わせ屋」になる必要は必ずしもないが、「笑い屋」にはなりなさい、ということ。



双方ともになれるなら、もちろん、それに越したことはないが…。





人が笑わせようとしたのに笑ってやらないのは、ヘソ曲がりに非ずば、笑いの感性に欠けているのであり、どちらにしても欠陥人間なのであって、そのような人の人間関係がうまくゆかないのは当然である。





『「笑い」の力(パワー)が人生をひらく―ちょっと高度な人間関係術 (PHP文庫)』











ユーモアのセンスを磨き、人前で当意即妙にジョークを言って笑わせたりすることは、かなり難度が高い。



しかし、自分を笑い飛ばすとか、自分の欠点をさらけ出したり、失敗をネタにする、というようなことは、比較的難度が低い。



ただし、プライドを捨て、恥をかく覚悟を決めなければならない。





「およそ恥ということを打ち捨てて、世の事は成るべし」(本書より)



と言ったのは坂本竜馬。





一緒にいて楽しい人は、よく笑う人だ。



ちょっとした話に、大げさに驚いたリ、笑い転げたりしたら、また会いたくなってしまう。



笑いの感性が高い人だ。





『「笑わせ屋」になる必要は必ずしもないが、「笑い屋」にはなりなさい 』



笑いがわかる人でありたい。


「身口意」(しんくい)の法則

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。

今回は、空海密教阿闍梨、種市勝覺氏の心に響く言葉より…
「身口意」(しんくい)の法則です。







密教とはなにか?



一言でいえば、仏教の中でも言葉では伝えられない秘密の教えのこと。



その中で最も重要なもののひとつが、「身口意(しんくい)」の法則です。





「身」…やっていること(行動)



「口」…言っていること(言葉・思考)



「意」…思っていること(心・意識・フォーカス)





です。



身口意の3つが揃っていれば、自分がやろうとしたことが成し遂げられる。



逆に、身口意がバラバラになっていれば失敗するというシンプルな法則です。





人生がうまくいかないのは、身口意がバラバラであるためにうまくいかないのです。



● 自分を変えたいと言いながら(口)、心の中で変化を怖がり(意)、新しい行動をしようとしない(身)



● 痩せたいと言いながら(口)、心の中でダイエットは辛いと思い(意)、好きなものを食べて運動もほとんどしない(身)





つまり、やっていること、口にしていること、思っていることがバラバラなのです。



逆に身口意が一致していればどうでしょうか。





● 新しい理想の自分が言う言葉を口にし(口)、心の中で新しい理想の自分をイメージできていて(意)、新しい理想の自分がやるべき行動を続けている(身)



● 痩せることを公言し(口)、心の中で本氣で痩せたいと思いながらダイエット後の自分の姿をイメージし(意)、食事の見直しや運動を重ねている(身)





身口意を一致させることができるだけで、心で望んだこと、頭で考えたことが自然と実現するのです。



あなたの現実は、すべて「身口意」によって形づくられるのです。





身口意を一致させるとなぜ、願いが成就するのか?



今の現実は、あなたが重ねてきた「身口意」の通りになっているからです。



あなたの身口意は、実は多くが自分で意識的に選んだものではありません。



自分で心に思い、言葉を話し、行動しているにもかかわらず、その身口意の選択はほとんどが無意識に動かされています。





実は、無意識の習慣が、今のあなたの現実をつくっているのです。



この無意識の習慣になっている「現在の身口意」を捉え「新しい身口意」を意識的につくっていくことで、あなた自身の心と思考・言葉、行動は変化していきます。



それが新しい無意識の習慣になれば、それが新しい自分と現実をつくることになります。





『自分を変える「身口意」の法則』フォレスト出版











ものごとがうまくいかない人のほとんどは、「言っていること」と、「やっていること」が一致していない人。



その上、「思っていること」まで一致していなかったら、それは絶望的にうまくいかない。



「言行不一致」と呼ばれる人だ。





行動が鈍(にぶ)い人のほとんどが、考えすぎる人だ。



失敗したらどうしよう、まだまだ穴があるからもっと準備しなければ、と考えているうちに行動に移せない。





「草履片々、木履片々(ぞうりかたがた、ぼくりかたがた)」という黒田官兵衛の言葉がある。



人は、危急存亡のとき、駆け出して気がついたら、片足が草履で、片足がゲタの状態のときがある。



そんな準備不足のときでさえ、決して振り返らず、走り出さなければならないことがある、という意味だ。





織田信長が本能寺の変で急死を遂げたとき、秀吉は、岡山県の備中高松城攻めをしていた。



この情報を知り、「本能寺に一番乗りした者が天下を取る」と、黒田官兵衛が秀吉に進言し、発した言葉だ。



とにもかくにも、何が何でも、早く行動するべし、と。



その結果、即座に講和し、全軍を本能寺に向かわせた。



全行程200kmをたったの5日で移動するという、伝説の「中国大返し」を強行し、その後、明智光秀を討ち、天下人へと上りつめた。





「身口意」の法則の実践を重ねたい。

感情の流れをいったん遮断するテクニック

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、福井県霊泉寺住職、南直哉氏の心に響く言葉より…「感情の流れをいったん遮断するテクニック」です。







人は、「他人の海」で生きなければならないのですから、ストレスや葛藤がないわけがありません。



感情に左右されないほうがいいと思っている人は多いかもしれませんが、感情が揺れたり乱れたりするのは当然です。



大事なのは、その波に巻き込まれたり、流されたりしないようにすることです。



つまり、感情が「心」という器からこぼれさえしなければいいのです。





「不動心」という言葉があります。



これは私に言わせれば、何があっても岩のように動かない心のことでも、まったく波立たない水面のように静かな心のことでもありません。



生きているうちは、そんな心を持つのは無理な話です。



喜怒哀楽がなければ、死んでいるのと同じですから。





私が考える不動心とは、揺れてもいいがこぼれない心のこと。



ヤジロベエのようにゆらゆら動いたとしても、軸は一点に定まっている心のことです。



ヤジロベエはどんなに大きく揺れても、決して台から落ちません。



見事なものです。





不測の事態に動揺したり、理不尽な目に遭って怒りがこみ上げたりしても、しなやかに揺れて、またスッと元に戻る。



言い換えればそれは、平均台の上をバランスをとりながら歩くような感覚に近いかもしれません。



自分が決めた道から外れなければいいのですから、その間でなら、揺れてもまったくかまわないわけです。





なぜ人が、感情に翻弄(ほんろう)されるかといえば、根本的に認識を誤っているからです。



感情の問題の十中八九は、ものの考え方と見方の問題です。



事態を正しく認識していれば、いったん感情が乱れてもそれに翻弄されることはありません。



感情の波に飲み込まれているときは、自分の中の何かが判断を誤らせています。



認識を誤らせるのは、自分の立場やプライドを守りたいという気持ちかもしれません。



あるいは、ひとつの観念に執着しているからかもしれません。



それをあらわにするには、いったんテクニカルに感情を止めればいいのです。



感情の流れをいったん遮断(しゃだん)するテクニックを知っていれば、ヤジロベエのように揺れても戻る不動心を培うことが可能なのです。





『禅僧が教える 心がラクになる生き方』アスコム







南氏は、本書の中で「感情の流れをいったん遮断するテクニック」についてこう書いてある。



『頭で渦巻いている感情や思考は、自分の意思で止めようと思って止まるものではありません。



感情や思考の動きを鎮静化させ、意識の方向を切り換えるためには、体のほうから感情をコントロールするテクニックが必要なのです。



僧侶としては、まず座禅をおすすめします。



ただ、日常生活の中で思考や感情をいったん遮断して、クールダウンする気軽なやり方もあります。



感情からいったん降りて、「平場(ひらば)」に戻す方法です。



たとえば、散歩する、昔の愛読書を読む、お茶をじっくり味わう。



食事をひとりで味わって食べる、肌の感覚に意識を向けながらお風呂に入る。



そういったことを行うと、思考や感情の揺れが静まります。



意外かもしれませんが、草むしりや雪かきなどの単純労働も役立ちます。



単純な肉体労働を繰り返すと感情の起伏が収まり、クールダウンしやすいのです』





『陽明学の教えの中に「天下のこと万変といえども、吾がこれに応ずる所以は喜怒哀楽の四者を出でず」とある。



どんなに世の中が激しく移り変わろうとも、喜怒哀楽の四者を大事にしておけば生きていけるということである。



陽明学は学問、政治すら喜怒哀楽が要(かなめ)であると言っている』(行徳哲男)





喜怒哀楽を表に出さないのが出来た人間であり、悟った人間だと思う人がいるが、それではただのロボットと変わない。



蘇東坡(そとうば)が言ったように、「仏もまた一個有血的男児」だからだ。



仏には、ふつふつとたぎるような熱情がある。



逆に言うなら、冷めている人間はサタンだからだ、と行徳師は言う。





感情の流れをいったん遮断(しゃだん)するテクニックを身につけたい。




負けるな、嘘をつくな、弱い者をいじめるな

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、西郷隆文氏の心に響く言葉より…「負けるな、嘘をつくな、弱い者をいじめるな」です。





薩摩は昔から「武の国」として知られながらも、他国のように深い堀や高い石垣、堅牢(けんろう)な城に頼らず、城はあっても、あえて城楼も天守閣もつくりませんでした。



これはもちろん、城の背後を城山という天然の要害が護(まも)っていたこともありますが、人間こそが不落の城であり、人間こそが堅固な石垣であり、人間こそが長大な堀である、という独特の人材登用と育成を大切にする慣わしが、あったからでした。



薩摩の郷中(ごじゅう)制度は、薩摩の歴史とともに受け継がれ、やがてそれが正式な「郷中教育」として完成したのが、江戸時代中期と言われています。





郷とは、方限(ほうぎり)、町内と呼ばれる行政の最小単位で、郷中は郷の仲間を意味します。



武家の青少年による自治組織で、武家の男子が6歳になると郷に入ります。



6歳から10歳ほどを小稚児(こちご)、11歳から15歳ほどを長稚児(おせちご)と言い、そして14、15歳で元服して二才(にせ)となり、25歳くらいまで郷中で学びます。





郷中ではニ才が長稚児を、長稚児が小稚児を指導し、それぞれのリーダーとして、ニ才頭(かしら)と稚児頭が選ばれ、二才頭は郷中の責任を負います。



そして、二才頭自身も、それぞれの郷の二才頭同士で学び、分かち合い、どうしても解決しないことがあれば、25才くらいを超え長老(おせんし)と呼ばれる大先輩のところに行き、教えを請いました。



これこそが郷中教育の特徴で、教師なき教育制度と呼ばれるゆえんです。





郷中教育において最も大切とされる、人として守るべき3つの教えがあります。



「負けるな」 人に負けないというよりも、どんな困難に遭っても決して自分に負けてあきらめないこと。



「嘘をつくな」 過ちを犯したときには決して言い訳せず、素直に非を受け入れること。



「弱い者をいじめるな」 弱い者いじめが最も卑劣で、器の小さい人間のすることだから、慎むこと。





こうした郷中教育の教えには、いつの時代にも通用する普遍の真理が含まれているように思えてなりません。



さて、郷中でも教えを誰よりもかたく守り、年長者を敬い、後輩をかわいがり、文武を鍛えた西郷さん。



やがて実力と人望を備えた若者として成長し、下級武士の子ながら、下加治町の郷中に「西郷あり」と藩内に知られるところとなっていきました。





西郷さんは、ニ才頭として後輩たちを指導していくのですが、大山巌や東郷平八郎らはみな、西郷さんからかわいがられた後輩たちでした。



下加治町の郷中の子供たちが、他の郷中に比べて立派であるとされ、彼らが模範とするリーダーの西郷さんの評判が高まっていったそうです。





また、西郷さんは16歳のとき、その才能を評価され、「郡方書役助(こうりかたかきやくたすく)」として藩に出仕しました。



これもまた、郷中教育で日々才能を磨いた努力の成果でしたが、このことは、あとに続く後輩にとっても大いに励みになったに違いありません。





『西郷隆盛 十の「訓え」: 語り継がれる「激動の時代の生き方」 (単行本)』三笠書房







■「嘘をつくな」



ITやAIが進むと、ますます、「嘘や秘密が露見する」時代となる。



昨今の大手企業の一連の不祥事がこれを物語っている。



誰かがちょっとつぶやいただけで、それが拡散する時代だからだ。



だからこそ、現代は誠実さが求められる。



誠実な人は、「嘘をつかない」「公平無私である」「真面目である」等々の資質がある。





■「弱い者をいじめるな」



また、学校や社会においても「いじめ」の問題があるが、「動物は弱肉強食なのだから、弱い者はいじめられたり、切り捨てられても当然」という意見があり、唖然とした。



「弱い者をいじめるな」とは、卑怯なことを憎む心だ。



武士道においては、卑怯なこと、不正なことをもっとも憎む。



これは、勇気と対になる考えで、勇気がなければ実行できない。



自分だけが安全な高みにいて、弱き者、小さき者を見下したり、いじめたりする態度は人として最低の卑劣な行為だ。



こんなことは、自分がいじめられる立場になってみればすぐにわかることだ。



これは、「惻隠(そくいん)の情」でもある。



小さき者や弱き者を「あわれむ・不憫(ふびん)に思う」、「思いやる」気持ちのことだ。





■「負けるな」



「負けるな」に必要なのは、勇気だ。



真の勇気がなければ、己の弱さに勝てない。



不正に対して憤(いきどお)ることも同じ。





現代において、もっとも必要な訓え…



負けるな、嘘をつくな、弱い者をいじめるなの実践をしたい。


ぼちぼちと、地球人

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。



本日は、かめおか ゆみこさんの★今日のフォーカスチェンジ♪より、
「ぼちぼちと、地球人」です。




自分のことを、

「宇宙服を脱ぎ忘れて、
 地球に降りてきちゃった宇宙人」

と自覚してから、

(証明はできないので、比喩だと
 思ってください)(笑)


長年の生きづらさの理由がわかって、
(わかったことにして)

自分の居場所が見つかりました。


それは、さまざまな理由で、
生きづらさを感じているひとの、

かんちがいや思いこみや妄想や
錯覚に、気づいてもらうこと。

そして、そのひとらしく、
かがやいて生きてもらうこと。


といっても、
私にできることは何もなくて、

ただ、そこに「居る」。それだけ。

だって、ひとは、もともと、
立ち上がるちからをもっているから!


私は、人類は、まだ
進化の途中なのだと思っています。

だから、いろいろ、問題を起こします。

人間関係も、こじらせます。

何より、自分のことがわからなくて、
悩み、苦しみ、モンゼツします。


完全に進化しちゃったら、たぶん、
そんな必要はないのでしょうが、

いまはまだ必要があるので、
あえて体験しているのだと思います。

だから、不完全であるほうが、
ひととして、正常(笑)なのです。


多くのひとがかんちがいしているのは、

うまくやらなくてはならない。
ちゃんとしていなければならない。
問題を起こしちゃいけない。

と、思いこんでいることです。


この世に生まれてきて、
不完全を生きることが当たり前なのに、

そんなかんちがいや思いこみを
していては、きゅうくつですよね。


まあ、そんなかんちがいや思いこみに
気づくことも、ひょっとしたら、

進化のプロセスとして、
予定されているのかもしれませんが、

地球滞在時間は、
思いのほか、みじかいので、

気づけるなら、とっとと気づいたほう
がいい気がしちゃうのです。


とはいえ、
そんなことを書いている私自身が、

ひとの何倍も、まわり道をして生きて
きたので、えらそーには言えません♪


だからこそ、ただ、そこに「居る」
ことを、大切にしたいと思うのです。

たとえ、時間がかかっても、
たとえ、同じことを何度くり返しても、
たとえ、行きつもどりつさまよっても、

ただ、そこに「居て」、そのひとが
気づくタイミングを見守っていたい。

そのひとが、何度でも立ち上がるのを、
見守り、応援していきたい。


メルマガを書きつづけてきた、
15年のプロセスも、

そんな自分でいられるようになるため
の、プロセスだったのかもしれません。

そんなことに気づくまで、
15年もかかったのだとしたら、

やっぱり、私は超スローペース。


たとえ、みじかい滞在時間でも、
あせらず、おそれず、こりずに、

時間をかけて、こころを尽くして、
ぼちぼちと、体験をしていきます。


そう。

宇宙服を脱ぎ忘れて、地球に
降りてきちゃった宇宙人は、

このまま、ぼちぼちと、
地球人をやっていきます。


「そんなのでも生きていけるんだあ」

と、勇気をもらってもらえたら、
私の役割は充分なのだと思います。


いつかまた空を飛ぶ日まで、
とりあえず、ここに着地です。

いただいたご縁を楽しみながら、
生きていきます。

出会ってくれた、坂元さんにも感謝!

1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/01      >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧