1  |  2    次>    

幸せの眼鏡

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、ミシェル・ピクマル氏の心に響く言葉より…「幸せの眼鏡」です。





ある日、島の反対側に住んでいるという青年が、哲学先生を訪ねてやってきた。



その青年は、この世は悲しみと不正に満ちていると考えていた。



為政者といえば汚職だらけだし、友人には裏切られっぱなし。



幸せはつかんだかと思うとすぐ消えさり、悲しみばかりが重くのしかかる…。





こんな世界に生きていていったい何の意味があるのだろう?



そう悩んでいたのだ。





青年からひとしきり話を聞いた哲学先生は、何やらポケットから取りだしてこう言った。



「これがあればだいじょうぶですよ!



さあ、この眼鏡をかけてごらんなさい。



そうすれば(あなたが望みさえすればすべてが変わる)ということがわかるはずです」





青年はなんだか狐につままれたような思いで家に帰った。



それでも、翌日さっそくその眼鏡をかけてみた。



すると、あきれたことに、それはただのガラスをはめた眼鏡にすぎなかったのだ。





青年は腹をたて、哲学先生のところにどなりこんだ。



「ただのガラスじゃないですか!」



「そうですよ」と先生は答えた。





「いいですか、この世がどう見えるかは、ここにはまっているガラスの問題ではなく、あなたしだいなのです。



あなたが変わらなければこの世も変わりません。



たとえば、ワインの入ったグラスひとつとってみても、まだ半分ワインがあると思うか、もう半分しかないと思うか、それはあなたが決めることでしょう。



雨だといってなげくのか、それとも、これで植物が育つぞと喜ぶのか。



日の光を浴びてうれしいと思うか。



それともまぶしいからといやがるのか…。



結局この世界は、あなたが見るようにしか見えないのです。



その眼鏡をどんな眼鏡にするかはあなたしだい!



灰色の陰鬱(いんうつ)な眼鏡をかけていたいのなら、どうぞご自由に。



でも、それをなげきにここへ来るのは、もうご遠慮願いたいものですな」





『人生を変える3分間の物語』PHP研究所









すべて、この世の現象はその人の見方しだい、考え方しだいで決まる。



幸せだと思うなら、幸せだし、不幸だと思えば不幸だ。



幸せという現象があるのではなく、幸せと感じる人がいるだけだ。



病気の最中にあっても、幸せだと思う人はいるし、不幸せを嘆く人もいる。





つまり、その人がかけている眼鏡によってこの世は変わってくる。



バラ色で明るく見えるのか、灰色で薄暗く見えるのか。



眼鏡のガラスの色は自分で決められる。





日々、幸せが見える眼鏡をかけてくらしたい。


番狂わせの起こし方

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。



今回は、野村克也氏の心に響く言葉より…「番狂わせの起こし方」です。





「教えてほしい。今年で83歳になる老いぼれの話を、あんたら、なぜ聞きたがるんだ?」



取材に来た雑誌社の人間に、一度、真剣に尋ねたことがある。





いまのプロ野球事情をどう思うか。



プロフェッショナルとは何と考えるか。



あるいは、生き方や働き方へのアドバイスに至るまで…。



なぜか、一介(いっかい)の年老いた野球評論家である私のところに話を聞きたがる人が、じつに多いからだ。





すると、彼らに即答された。



「いや、他にいないからですよ」



まったくその通り、と笑ったものだ。





別段、私の話に特別な知見が詰まっているわけではない。



他に話してくれそうな年寄りがいないから来るだけなのだ。



裏を返せば、野球界で、ものごとをしっかりと言葉に変えて表現できる人間が、他にはいないということだろう。





番狂わせが起きた、と感じる。





私がプロ入りしたのは半世紀以上も前。



当時、野球の人気は圧倒的だった。



野球選手といえば、世間の誰もがうらやむ職業だった。



それだけに、全国からの野球エリートが集う場でもあった。





一方の私はテスト生として、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)というチームの端っこにぎりぎり引っかかるように入った人間だ。



誰よりも努力しなければすぐにふるい落とされる。



そんな思いでひとり必死に練習を重ねた。



結果として、レギュラーの座を勝ち取ったが、その後も不安が消えることはなかった。



稲尾和久や王貞治、長嶋茂雄など、同時代のスターや天才たちの背中に追いつくためには、誰よりも頭を使うしかなかった。



相手選手のデータを集めて分析し、配球を研究することで、プロのグラウンドにぎりぎりしがみついた。





おかげで長きにわたり現役生活を送れたが、引退後は監督となるには学歴がなく、ゴマすりも苦手だった。



「それなら日本一の野球評論家になろう」と決意し、野球の知見を広げるだけでなく、啓蒙書や哲学書、中国古典などを読み漁(あさ)った。



人間を知ることが野球を知ることにもつながると教えられたからだ。



そして身につけた野球観は唯一無二のものだったようで、新聞やテレビの評論で重宝されるようになった。



その評論が縁で、現役時代は縁もゆかりもなかった3つのチームを監督として率いることになった。





そして、いまだ。



私はいつも「敗者」からのスタートだった。



だから自分を磨かざるをえず、必死にもがき苦しんで、周りに追いつこうとしてきた。



変わることを厭(いと)わず、頭と言葉を武器にしてきた。



こうしてなんとかしがみつくことで身についた“筋力”のおかげで、この年になってもなお、現役のようにいろいろなところから声をかけてもらえているのだと思う。





一方で、学生の頃、プロ野球の現役時代、監督をしていた当時…周囲にいた才能あふれる者たちの姿は、あまり見かけなくなってきた。



才能がない。



運がない。



エリートではない。





そんな人間こそが、番狂わせを起こす。





『番狂わせの起こし方 (青春新書インテリジェンス)』青春出版社









古今世界の歴史をひもとくと、順調に経歴を重ねてきたエリートや才能あふれる人たちが、必ずしも成功してきたわけではない。



逆に、逆境を乗り越えたり、不幸な環境をひっくり返して成功してきた人は多い。



既存のレールに乗らない、番狂わせを起こす人たちだ。





それは、松下幸之助翁のように、「貧乏」、「体が弱い」、「学歴がない」などというハンデがあった人たち。



逆境にあっても、「なにくそ」と発憤する人たち。



逆境にあっても、自己研鑽を怠らない人たち。



逆境にあっても、自分の魂を磨きつづけてきた人たち。



逆境にあっても、「打つ手は無限」と決してあきらめない人たち。





現代は、ITやAIによる何百年に一度の大変革の時だ。



大変革の時は、番狂わせは世界中で起きる。



ありとあらゆるものが、順当に行ったり、予想した通りに動いてくれる時代ではないからだ。





どんなときもあきらめず、自己研鑽を忘れない人…



番狂わせを起こす人には限りない魅力がある

誰もやってないことをやること

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、萩本欽一氏の心に響く言葉より…「誰もやってないことをやること」です。





人生で楽しいのは、誰もやってないことをやることだと思う。



誰かと同じことをやろうという気持ちは、ぼくには100%ない。



誰もやってないことをやることを、ぼくは“発明と初見(しょけん)”と呼んでいます。





誰もやってないことをどうやって見つけるか?



そんなの簡単です。



みんながやっていること、みんなが望んでいることとは逆のことから考え始めればいい。



例えば、みんなが頑張った自分にご褒美をあげているとしたら、ご褒美のタイミングを少し先にするとか、みんながお正月にあったかいハワイに行くなら、寒くてしょうがないロシアに行くとか、みんなが年をとって大事にされたいと思っているなら大事にされたがらないとか、みんなが行列する店には絶対に行かないとか。



なんでもいい。



みんなが当たり前、と思っていることを「本当はそうなの?」と考えてみるのも、誰もやってない新しいことを見つける、いいきっかけになりますね。





ぼくが野球の監督をやったのも、野球の監督ってみんな野球をやった人ばかりだってことに気がついたから。



ちょうど、野球の人気にかげりが出始めていた頃で、「人気が伸びないのは、監督してるのが野球経験者ばかりだからじゃないの?たまには違う才能をお呼びしましたっていうのもいいんじゃないの?」って思ってね。



思いきって野球チームを作って監督をやってみたら、「おもしろそうだ。ちょっと覗いてみよう」って、いろんな人が見に来ました。



世の中って、そういう新しいことにすごく敏感だし、人は殺到する。



だから変化ってすごく大事なんですよ。





どんなことでもいいから、他の人がやってない何かいいこと、おもしろいことを見つけて、やってみるといいと思いますね。



本人は当然おもしろいし、「あの人、誰もやってないことをやってる」って、みんなも憧れの目で見ますよ。



ぼくは“発明と初見”って、人生の一番の楽しみだと思ってます。





『ばんざい またね』ポプラ社











昨今、「デザイン経営」ということがよく言われている。



デザイン的な発想で、イノベーションやブランド力を向上せようという経営手法のことだ。



この世にないものを創り出すという、デザイン的な発想は現代もっとも必要とされている。



特に、日本はこの分野では遅れている。





この対極にあるのが、「みんなと一緒」という発想だ。



長らく、日本ではこの考え方を踏襲し、世界の潮流に遅れてしまった。





まさに、欽ちゃんの言う「誰もやってないことをやる」という姿勢がデザイン経営の根幹にある。



独創性とか、オリジナリティ、クリエイティブ、という考え方は、芸術やデザインの世界では当たり前だ。





「誰もやってないことをやること」を恐れない人でありたい。




人にはそれぞれ「お役目」がある

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。





今回は、医師、矢作直樹氏の心に響く言葉より…「人にはそれぞれ「お役目」がある」です。





《人には「お役目」があると気づけば、嫉妬は遠のく》





あの人はいいなあという憧れがいつか、「なぜあいつが」という負のエネルギーに変わることがあります。



これが嫉妬であり、嫉妬は相対感、つまり他者と比べることで生まれます。





お金、容姿、地位・立場、実績、家族、恋人、キャリア、人望など、嫉妬にはさまざまなものがあり、その強さも大きかったり小さかったりします。



いずれにせよ、劣等感を勝手に感じ、自分を信頼していない状態です。





そこで、自分が劣等感を抱く理由、嫉妬する理由を、少し考えてみましょう。



なぜ腹が立つのか?



なぜ執拗(しつよう)に避けるのか?



なぜ陰口を言いたくなるのか?



自分の中にある淀んだ感情に注目し、その感情の構成要素を分解してみるのです。





例えば成功者と言われ、メディアにもしばしば登場する起業家がいるとします。



実家は資産家で容姿も整い、有名大学を卒業し、大手企業を経て独立・企業、会社は上場を果たし、といった人物を目の当たりにして嫉妬する人は多いでしょう。



嫉妬の要素は家庭環境、容姿のコンプレックス、学歴コンプレックス、大手企業への就職、独立起業、上場という絵に描いたような成功者といったあたりでしょうが、人は人、自分は自分です。





私たちがこの世に生れてきたのは「個として学ぶ」ためであり、これが人は人、自分は自分です。



成功者と呼ばれる人にも、それをテレビで見る人にも、違うお役目があります。



自分のお役目に気づき、お役目をまっとうすることが唯一の使命です。





誰かに対して劣等感を感じるのではなく、今の自分をよくチェックしてください。



仕事は楽しいのか、恋愛は楽しいのか、親や子や友人と一緒にいて楽しいのか。



もし楽しいと感じないなら、どうすれば楽しくなるかを想像してみてください。





今の自分が楽しければ、誰かに嫉妬することもなくなり、相対感は自然と消えるのではないでしょうか。



過去を後悔する時間があるなら、これからの生活をイメージしてください。



誰かにSNSで「いいね!」するのと同じように、もっと自分に「いいね!」できるはずです。





『変わる―――心を整え、人生を楽にする73のコツ』ダイヤモンド社









矢作氏は本書の中でこう書いています。



『これまでの著書で私は、この世への輪廻転生について書いてきました。



人間は皆、転生を繰り返すものであり、それはこの世でいろいろと学ぶため、と。



一人ひとりが異なる条件を背負ってお役目を与えられ、日々精進している、というのがこの世の実相と考えています。



そう考えれば、たとえ苦境におちいって一時的に落ち込むことはあっても、その落ち込みを引きずって生きる必要はありません。



落ち込んだ経験は、あの世に戻った時の土産話(みやげばなし)の一つとなるにすぎないのです。



ですから、一つのことに落ち込んだままでいることなく、多様な経験をすべきだと思います。』





「人生とは何ですか」との問いに今東光氏はこう答えたという。



『人生というのは冥土(めいど)までの暇(ひま)つぶしだよ』(五日市剛の「ツキを呼ぶ日めくりカレンダー」)より





人生には、辛いことや、悲しいこと、嫌なことや、猛烈に嫉妬することもある。



しかし、輪廻転生があると思うなら、すべてのことは、この世で学ぶために起きたこと。



だからこそ、「このことがあってよかった」「これがあったから今の自分がある」と感謝することもできる。



そして、そんなこんなを、面白おかしく楽しむことができたら、「冥途までの暇つぶし」の境地に達することができる。





『人にはそれぞれ「お役目」がある』



自分のお役目に気づき、自分の使命をまっとうしたい。








慎み深い姿勢は、品性を醸す

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、神社本庁総長、田中恆清氏の心に響く言葉より…「慎み深い姿勢は、品性を醸す」です。





結婚式やお祝い事でご祝儀を渡すときには、きれいな祝儀袋に包みますし、たとえお稽古事の月謝でも封筒に入れて差し出すものです。



お札をむき出しのまま手渡すことはありません。



同じように贈答品もきれいな紙で包んでのしをつけ、さらに風呂敷で丁寧に包んで持参します。





日本には「包む」文化があり、中のものが美しく大切なものであることを相手に伝えます。



この大切なものを包む、隠す文化は、己の感情を表に出さない日本人の美徳にも通じ、「つつしみ」という言葉にもつながっています。



慎みとは、決して出しゃばることなく、控えめで、軽はずみな言動をしない姿勢です。



言葉も同じで、目上の人には尊敬語や謙譲語を使うことで、自分を慎み、相手を敬う気持ちをきちんと伝えることができるのです。



そして、目に見えぬ尊いものに対して、敬いの心を持つ、それが本来の慎みの意味です。



宗教は英語で「religion」といいますが、この言葉には慎みという意味が含まれています。



「religion」はラテン語の「religio」から派生したもので、紀元前は超自然的な事物に対する畏怖や不安の感情を表していました。



これは神道の神髄である、神々に畏敬の念を持つことに通じます。



中世になると「religio」は、修道院の生活を意味し、必要最低限のもので心穏やかに神々に祈る生活を指すようになります。



まさに、慎ましい生活です。





さらには、慎みという言葉は、「他人を思う」「愛情を持って大事に扱う」という意味の「いつくしむ」という言葉にも通じています。



心に余裕がないときには自分のことばかり気にしがちですが、慎みの気持ちがあれば周囲を慮ることができます。



まず自分から相手に心を砕くと、やがて、心と心が通じ合うようになるものです。





《慎み深い姿勢は、品性を醸(かも)す》…礼節があり、謙虚で、相手を優先できる人には品性が備わる。





『神様が教えてくれた幸運の習慣』幻冬舎









「女性を美しく、好もしくするものは、昔も今も変わることなく、温かいほほえみ、美しいことば、さり気ない心配り、礼儀正しさ、そして恥じらいを知る慎みと覚えておきたいものである」



渡辺和子さんの言葉だ。



これは、女性だけでなく、男性にも言えること。



「恥じらいを知る慎み」には、気高さや、品性がある。





これは、武士道の中にもある「恥を知る」ということにもつながる。



かつて、日本では子どもの頃から、「人まえで、恥ずかしいまねはしてはいけない」「そんなことをしたら人様から笑われてしまう」と、「恥」について、厳しい教育を受けた。





「慎み深い姿勢は、品性を醸す」



真の意味の「慎み」を身につけたい。
1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧