1  |  2    次>    

子どもは「ママを選んで生まれてきた」

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。


ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。





産科医・池川クリニック院長、池川明氏の心に響く言葉より…子どもは「ママを選んで生まれてきた」です。





生まれる前の記憶を調査するうち、私は不思議な「記憶」と出会うようになりました。



胎内記憶、誕生記憶にとどまらず、「お母さんのおなかに宿る前」について語る子供がいるのです。



幼い子どものファンタジーと思われるかたもいるかもしれません。





ところが、不思議なことに、子どもたちが語る世界は、細かい部分は違っていても、いくつかの共通するイメージがあるのです。



おなかに宿る前は、「雲の上」のような、ふわふわとして安らぎに満ちた世界で、自分と同じような子どもと一緒にいたこと。



天使や神さまのような存在に、優しく見守られていたこと。



そして、自分の意思で生まれることを決め、お母さんを選んで、この世にやって来たということ、などです。





たとえば、子どもたちはこんなことを語っています。



「雲の上には、数えきれないくらい赤ちゃんがいっぱいいて、天使みたいに羽がついているの。リーダーみたいな天使がいて、その人は赤ちゃんにはならない天使で、『お母さんを選んでいい』って教えてくれるの」



「お空から見ていて、あの人がいいなと思ったら、おなかに入るんだよ。ママはベランダにいたから、飛んできて入ったよ」



「優しそうなお母さんを見つけて、おじさんに『あの家がいい』と言った。それで生まれてきたんだよ」



「空の上から、弟と一緒にお母さんを見ていたよ。ぼくが『先に行くね』と言って、生まれてきたの」





もちろん、こういった記憶を証明することはできません。



けれど、私は、それらを科学的に立証するより、もし子どもたちの語る世界を受け入れるなら、子育てや生き方がどんなふうに変わっていくかに関心があります。





お子さんから「ママを選んで生まれてきた」と聞いたお母さんは、



「それまでは、わが子なのだから自分のもの、という思いがどこかにありました。けれど、あの子が自分の意思で生まれてきたと聞いて、子どもは一人前のたましいであり、尊重しなければならないと感じました。子どもが私を信じて来てくれたのだから、それに応えていきたいと思います」



と感想を述べられています。





子どもたちがお母さんを選ぶ理由は、それぞれ異なります。



「優しいお母さん」「かわいいお母さん」が人気ですが、「寂しそうなお母さん」「泣いているお母さん」を選ぶ子どももいます。



そういう子どもたちは、



「ぼくが来たら、ママはさみしくないかなと思ったの」



「ママに笑ってもらいたかったから」



と、語っています。





私は多くのお子さんの話から、子どもはお母さんが大好きで、お母さんの役に立ちたいと願っている、と考えるようになりました。



これは私の仮説なのですが、おそらく、子どもはお母さんに「愛」というプレゼントをもって、雲の上からやってくるのです。



子どもは、お母さんがそれに気づいて、日々をほほえみで満たしてくれると、「お母さんの役に立てた」という自信をつけます。



そして安心して、今度は「もっと広く人の役に立つ」という、次のステップに踏み出すのだと思います。



お子さんは、親子という人生のパートナーを組むにあたり、あなたを最高のお母さんと信じて、宿ってくれたのです。





そんなふうにイメージすると、子どもを授かった喜びを、より深く感じることができます。



子育てに自信を失いそうなときも、気持ちが少し軽くなるのではないでしょうか。



そして、もう一歩踏み込んで、もしかしたら自分も親を選んで生まれてきたのかもしれない、と想像してもらいたいのです。



「とんでもない、あんな親を好んで選ぶはずがない」と、反発するかたもいることは、よくわかっています。





けれど、生まれる前の記憶によると、赤ちゃんは「険悪な家庭に和(やわ)らぎをもたらしたい」という理由でも、お母さんを選ぶことがあるようなのです。



難しい家庭に生まれてきたかたは、そんな勇気あるたましいなのかもしれません。





『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。 (青春文庫)』青春出版社









産婦人科医の池川明氏は、「胎内記憶」の日本の第一人者。



3500人の胎内記憶調査の実績がある。



その調査によると、胎内記憶は33パーセントの子どもが持っているという。



そして、記憶の保有率に最も大きな影響を及ぼしていたのは、「お母さんがおなかの赤ちゃんに話しかけていたかどうか」だった。



お母さんによく話しかけてもらっていたお子さんは、胎内記憶の保有率が高いことが分かった、という。





ドラマや映画などで、親に向かって「頼んで生まれてきたわけじゃない!」と毒づくシーンがある。



しかし、そうではなくて、「(自らが)親を選んでこの世に生まれてきた」とするならば、すべてのことまったく変わってくる。



親のせいにしたり、まわりや環境のせいにすることはできなくなるからだ。



何故なら、自らがその親や環境、を選んできたから。





嫌なことも、つらいことも、面倒なことも、トラブルも、すべて自らが自分の成長のために選んできた。



長い人生のシナリオや脚本を前もって自ら書いてきた、ということ。





子どもは「ママを選んで生まれて来た」。



子どもからの大切なメッセージを大事にしたい。










人にはそれぞれ「お役目」がある

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。


ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。






医師、矢作直樹氏の心に響く言葉より…「人にはそれぞれ「お役目」がある」です。





《人には「お役目」があると気づけば、嫉妬は遠のく》





あの人はいいなあという憧れがいつか、「なぜあいつが」という負のエネルギーに変わることがあります。



これが嫉妬であり、嫉妬は相対感、つまり他者と比べることで生まれます。





お金、容姿、地位・立場、実績、家族、恋人、キャリア、人望など、嫉妬にはさまざまなものがあり、その強さも大きかったり小さかったりします。



いずれにせよ、劣等感を勝手に感じ、自分を信頼していない状態です。





そこで、自分が劣等感を抱く理由、嫉妬する理由を、少し考えてみましょう。



なぜ腹が立つのか?



なぜ執拗(しつよう)に避けるのか?



なぜ陰口を言いたくなるのか?



自分の中にある淀んだ感情に注目し、その感情の構成要素を分解してみるのです。





例えば成功者と言われ、メディアにもしばしば登場する起業家がいるとします。



実家は資産家で容姿も整い、有名大学を卒業し、大手企業を経て独立・企業、会社は上場を果たし、といった人物を目の当たりにして嫉妬する人は多いでしょう。



嫉妬の要素は家庭環境、容姿のコンプレックス、学歴コンプレックス、大手企業への就職、独立起業、上場という絵に描いたような成功者といったあたりでしょうが、人は人、自分は自分です。





私たちがこの世に生れてきたのは「個として学ぶ」ためであり、これが人は人、自分は自分です。



成功者と呼ばれる人にも、それをテレビで見る人にも、違うお役目があります。



自分のお役目に気づき、お役目をまっとうすることが唯一の使命です。





誰かに対して劣等感を感じるのではなく、今の自分をよくチェックしてください。



仕事は楽しいのか、恋愛は楽しいのか、親や子や友人と一緒にいて楽しいのか。



もし楽しいと感じないなら、どうすれば楽しくなるかを想像してみてください。





今の自分が楽しければ、誰かに嫉妬することもなくなり、相対感は自然と消えるのではないでしょうか。



過去を後悔する時間があるなら、これからの生活をイメージしてください。



誰かにSNSで「いいね!」するのと同じように、もっと自分に「いいね!」できるはずです。





『変わる―――心を整え、人生を楽にする73のコツ』ダイヤモンド社









矢作氏は本書の中でこう書いています。



『これまでの著書で私は、この世への輪廻転生について書いてきました。



人間は皆、転生を繰り返すものであり、それはこの世でいろいろと学ぶため、と。



一人ひとりが異なる条件を背負ってお役目を与えられ、日々精進している、というのがこの世の実相と考えています。



そう考えれば、たとえ苦境におちいって一時的に落ち込むことはあっても、その落ち込みを引きずって生きる必要はありません。



落ち込んだ経験は、あの世に戻った時の土産話(みやげばなし)の一つとなるにすぎないのです。



ですから、一つのことに落ち込んだままでいることなく、多様な経験をすべきだと思います。』





「人生とは何ですか」との問いに今東光氏はこう答えたという。



『人生というのは冥土(めいど)までの暇(ひま)つぶしだよ』(五日市剛の「ツキを呼ぶ日めくりカレンダー」)より





人生には、辛いことや、悲しいこと、嫌なことや、猛烈に嫉妬することもある。



しかし、輪廻転生があると思うなら、すべてのことは、この世で学ぶために起きたこと。



だからこそ、「このことがあってよかった」「これがあったから今の自分がある」と感謝することもできる。



そして、そんなこんなを、面白おかしく楽しむことができたら、「冥途までの暇つぶし」の境地に達することができる。





『人にはそれぞれ「お役目」がある』



自分のお役目に気づき、自分の使命をまっとうしたい

弱き者に対する態度

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。





今回は、小林正観さんの心に響く言葉より…「弱き者に対する態度」です。





子どもに向かって腹を立てる、怒る、怒鳴る、声を荒げる、ということをずっとしてきたお母さんがいました。



「確かに怒鳴ったり怒らないほうがいいとは思いますが、子どもが口答えをすると、本当に腹が立ってもっと激しく言い返してしまうのです」





イライラしているのは自分、イライラしなくなるのも自分です。



子どもに対してつい強く言ってしまうというのは、その方の弱い者に対する態度を示しているのかもしれません。



もし子どもが見上げるような大男であるなら、たぶん怒鳴りつけたりしないでしょう。



自分よりも体が小さくて弱い立場だから怒鳴っているのかもしれません。



そういう意味で弱い者に対して刃が向いているのかもしれないのです。





ですから私は、そいうことをやめるように提案しました。



そうすると、そのお母さんは、こう答えました。



「でも、世の中のお母さんってみんなそうですよね」





「でも」と話をかわす方は、みなさん同じようなことをおっしゃいます。



「はい、わかりました。よくわかりました」とはなかなか言いません。





「でも、世の中の人ってそうしてないですよね」



「だって、みんなそういうふうにしていますよね」





などと、同じようなパターンで話をかわそうとします。



自分の問題として受け入れなくてはいけないものがあるというように話が向いてきたときに、必ず「うっちゃり」をくわせようとするのです。



おもしろいと言えばおもしろいのですが、これをひと言で言えば「素直でない」と言います。





「受け入れない」ということを前提に一所懸命考えた結果、出てくるのが、そのうっちゃりの方法です。



受け入れることができたら、たぶん「わかりした」と言うに違いありません。





世の中のこと、世の中の人たちはどうでもいいのです。



実際に世の中の大多数の親が子どもを怒鳴っているのか、感情的に声を荒げているのか、私にはわかりませんが、「世の中はそうなっていますよね」というのは自分の都合のいいように言っていることにほかなりません。



9割方の親は怒鳴っていないのかもしれないのです。





自分に都合の悪いことを言われたときに、「世の中の多くの人がそういうふうにしているじゃないか」とうっちゃりをすることはやめることにしましょう。



「そうか、それをやめたら自分は楽になれるんだよね。それをやめたら子どもと関係がよくなるんだよね」と思ったら、素直にそれをやってみてはどうでしょうか?



自分の問題として「そうじゃないほうがいい」と言われたら、「なるほど、そうですね」と受け入れたほうが自分が楽になると思います。





『運命好転十二条: 「天運」を味方にする方法 (単行本)』三笠書房











「怒る」という行為は、たいてい自分より弱い立場の者に向かって発せられる。



自分より強い立場の人に向かって「怒る」ことはなかなかできない。



たとえば、飲食店やコンビニの従業員は絶対に言い返してこないし、反撃してこないと思っているから、怒ったり怒鳴ったりする。





会津藩に「什の掟(じゅうのおきて)」という、藩の子ども達にたいする重要な戒(いまし)めがある。



その中に、



「卑怯(ひきょう)な振舞(ふるまい)をしてはなりませぬ」



「弱い者をいぢめてはなりませぬ」



という、掟がある。





自分より弱い立場の人に、威張ったり、怒鳴ったり、居丈高(いたけだか)になる人は、人間としてレベルが相当低い。



なぜなら、それは、弱い者いじめであり、卑怯な振舞だからだ。





弱き者に対する態度で、その人の人格のレベルがわかる。


若きリーダー

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。




藤尾秀昭氏の心に響く言葉より…「若きリーダー」です。





明治4(1881)年11月12日、明治新政府の事実上の首班である右大臣岩倉具視(ともみ)(47歳)を団長に、総勢107名(使節46名、随員18名、留学生43名)の使節団が欧米諸国を目指して横浜から出発した。



約300年続いた江戸幕藩体制を実質的に崩壊させた廃藩置県の強行から僅(わず)か4か月後である。



不満をいだく大名や武士が反乱を起こしても不思議はない状況にあった。





その中を大久保利通(42歳)、木戸孝允(たかよし)(39歳)、伊藤博文(31歳)という新政府の中心人物が揃って、予定では10か月にわたり14か国を歴訪する海外視察の旅に出たのである。



使節団の目的は2つ。



江戸幕府時代に締結された不平等条約の改正と欧米諸国の研究。



日本の国家のあり方を定める礎(いしずえ)にしたい、という思いからの旅立ちだった。





留守政府を預かったのは太政大臣三条実美(さねとみ)(35歳)、参議の西郷隆盛(45歳)、板垣退助(35歳)、大隈重信(34歳)。



出発の6日前、三条実美は使節団と留守政府の主要メンバーを自宅に招いて送別の宴を開き、こう激励した。



「いまや体制維新。海外各国と並立(へいりつ)を図るに当たり、使節を絶域万里(ぜついきばんり)に奉ず。外交内治前途の大業その成否、実にこの挙にあり」



送るほうも送られるほうも、新国家建設の使命に燃えていた。



当時の若きリーダーたちの意気込みが溢(あふ)れたスピーチである。





使節団はアメリカを皮切りに行く先々で熱烈な歓迎を受け、旅は延びに延び、結果として632日の世界一周旅行になった。



この旅に「愚挙」「壮挙」と評価は分かれたという。



だが、当時のリーダーが世界の中の日本を知り、日本の針路を誤らずに今日に導いた事実を見れば、「壮挙」であったことは確かである。



当時のリーダーはリーダーたるにふさわしい器量を備えていた、といえるのではないだろうか。





何よりも特筆すべきは、彼らの溢れんばかりのバイタリティであり楽天性である。



そのバイタリティと楽天性が野放図(のほうず)に流れず、「武」と「学」の鍛錬によって陶冶(とうや)されている。



彼らの人間的迫力、人間的器量はそこに起因している。





1にバイタリティ、2に楽天性、3に絶えざる自己修練。



この3つはいつの世もリーダーに欠かせない資質といえる。





国も会社も家庭も、そこにどういうリーダーがいるかで決まる。



どういうリーダーがいるかで、国、会社、家庭の浮沈(ふちん)、盛衰が左右される。



いつの時代も問われるのは、リーダーの器量である。





『小さな人生論5 (小さな人生論シリーズ)』致知出版社











時代が大きく変わろうとする時代の節目は、若者のリーダーが多く輩出する。



明治維新や、今がその時だ。



海外を見渡しても、政治家も、起業家も、若い人が圧倒的に多い。



なぜなら、時代の変化のスピードが早ければ早いほど、年配者はついていけなくなるからだ。



年をとればとるほど、しがらみや、義理や束縛が増え、変えることができなくなる。





若きリーダーに必要なのが…



「1にバイタリティ、2に楽天性、3に絶えざる自己修練 」



若きリーダーが次々と活躍する時代がやってきた。






幸福の法則

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。



今回は、宇野千代氏の心に響く言葉より…「幸福の法則」です。





■人間の顔つきも習慣である。



笑顔が習慣になればしめたものである。





■おかしいことであるが、私はいつでも、自分の都合の好(よ)いことがあると、これは何かのお蔭ではないかと思う。



そう思うことが好きである。



そして、そういうことが続くと、了(しま)いには、自分には都合の好いことが続くものだ、と思い込むである。



不思議なことであるが、何でもそうだと思い込んだことは、その通りになるものである。





■お洒落(しゃれ)をする、或いは気持ちよく身じまいをすることは、生きていく上の、生き甲斐(がい)でもある。



ちょっと大袈裟(おおげさ)に言うと、人としての義務である。



お洒落は自分のためだけにするのではなく、半分以上は、自分に接する人たちの眼に、気持ちよく映るように、と思ってするのだから。





■私は若い人が好きである。



若い人の百パーセントに生きている姿が好きなのである。



若さとは何か。



ひと言で言えば、生きが好(よ)いということがその凡(すべ)てである。





■あなたの倖(しあわ)せは、ほんのすぐ、あなたの身近にあるのです。



人間の欲望を遂げたい気持ちは、限りもないものだと思いますが、あなたはその欲望を、どのくらいの高さまで、遂げたいと思っているのですか。



あなたは、あなたの思っているよりも、ほんの一桁(けた)、ほんのちょっと格下げをしただけで、あなたは倖せになれるのだと思いませんか。





■人間は考え方、心の持ち方で幸せになったり不幸になったりするのです。



絶対の幸福も不幸もありません。



悩みや心配事から解放されるコツはこだわらないこと、これ一つです。





■不幸だとか幸福だとかという言葉くらい、本人の気の持ち方次第のものはない。



不幸が好きな人は不幸だし、幸福が好きな人は幸福だ。



おかしな言い方であるが、不幸になるのも幸福になるのも、本人の望み次第で、私の好き勝手になれるのだという気がしている。





『幸福の法則一日一言』海竜社













自分が幸せだと思う人は、肯定的な人。



反対に、不幸だと思う人は、否定的な人。





同様に、未来に希望を持っている人は、肯定的な人。



そして、若者が好きだ。





否定からは希望は生まれない。



肯定的な人は、冒険心や、挑戦心、好奇心、そして、バイタリティにあふれている。





幸福という現象も、不幸という現象もない。



あるのは、「幸福」あるいは「不幸」、と感じる自分がいるだけだ。





幸福の法則を身につけたい。


1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/04      >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧