1  |  2    次>    

自分のミッションを知る

テーマ:ブログ


リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。



ピョートル・フェリクス・グジバチ氏の心に響く言葉より…「自分のミッションを知る」です。


これからの時代をリードするのは、もっと主体的に動き、学び続け、成長し続ける人です。

ゼロから新しい価値を生み出し、自分にしかできない仕事をつくり出し、「社会にインパクトを与えるような仕事をする」という大きなミッションと情熱を持つ人です。

ここでいうインパクトとは、同じ時間で生み出す価値が大きいことをいいます。


「インパクが大きい仕事をする」ときに大切なのは、あれもこれもこなそうとするのではなく「ムダを捨てること」だとういうことです。

それは作業をがんばることではなく、むしろがんばらないことです。

がんばって手を動かす前に、落ち着いて頭を整理しましょう。

頭に余裕がなければ、新しいアイデアや深い思考はできません。

求めるインパクトを得るために、不要なものを「捨てる」決断が必要になるのです。


ときには、思い切ってパソコンから離れてボーッと空を眺めるほうがいいこともあります。

新しい価値というものは、いつでも「余裕のある頭」から生まれます。



僕が以前働いていたグーグルは、常に「10X(テンエックス)」、つまり「今の10倍の成果をあげよう」としている企業でした。

1割、2割の生産性アップではなく、いきなり10倍なのです。

それが絵に描いた餅に終わらなかったのは、グーグルの社員たちが、誰よりも効率的に、つまり「楽に」働けるよう、工夫をこらしていたからです。

それも、作業を1分1秒短縮するといったレベルの工夫ではありません。

10倍の飛躍を目指すからには、過去の延長線上の発想では全く足りません。

仕事の仕方そのものを見直す必要があるのです。

その結果としてグーグルの急成長と、世界にもたらしているインパクトの大きさは、まさに劇的なものです。


グーグルは、1998年にラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの手によって創業されました。

それからわずか20年足らずのうちに、企業価値は15兆円を超えました。

年間の生産性は、従業員ひとりあたり1259万円。

ちなみに同じ計算をすると、日本の大手企業であるパナソニックの生産性は300万円、日立製作所は311万円です。


がんばらず、不要なものは捨てて効率よく働いて、4倍もの生産性。

「捨てる」は、これほどの生産性を実現するための、カギとなるものにほかなりません。

不要な仕事を捨て、やるべき仕事にフォーカスできれば、誰でもグーグルのように「世界にインパクトを与える」仕事ができるのです。


そもそも、ただ楽になっただけでは「つまらない」上に、仕事に集中できず、したがって、生産性も発揮できません。

先ほど、グーグルで働く人たちはがんばらないのに生産性が高いと言いました。

どうしたらそんなことができるのでしょうか。

1つの答えは、ごくシンプルに「集中しているから」です。

心理学でいう「フロー状態」をご存知でしょうか。

趣味でも仕事でも、時間を忘れてしまうほど何かに没頭しているときに、しばしば生じる精神状態のことです。


フローの状態に入ると、最高のパフォーマンスを発揮できると同時に、心にも余裕ができ、充実を感じられます。

どんな難しい課題も解決できるという自信が生まれます。

同じことはビジネスパーソンにも起こります。

職場に「あの人はいつでもエネルギッシュに動き回っていて、まるで疲れ知らずだ」と感心してしまうような人がいませんか?

その人は、フロー状態に入っている可能性が高いといえます。


フローにどれほどの効果があるかというと、フローの研究をしているシンギュラリティ・ユニバーシティのFlow Genome Projectは、次のように発表しています。

●創造性・課題解決能力が4倍になる

●新しいスキルの学習スピードが2倍になる

●モチベーションを高める5つの脳内物質(ノルアドレナリン、ドーパミン、エンドルフィン、アナンダミド、オキシトシン)が放出される

●痛みや疲労を感じなくなる


これほどに、フローの威力は絶大です。

しかも、誰でも望めばフロー状態に入ることができのです。

これを仕事に応用できれば、疲れずに短時間で、高いアウトプットを得られるのは間違いありません。

スティーブン・コトラー教授にいると、現実的には、平均的なビジネスパーソンだと8時間労働のうち30分、つまり1日のうち5%しかフロー状態に入れないと言われています。

それ以外の時間は集中できず、なんだかダラダラしてしまうというわけです。


『がんばらない働き方』青春出版社




ピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、捨てることで頭の余裕が生まれたら、次にどんな仕事にフォーカスするかについてこう語る。


1. インパクトが大きく、学びも多い仕事

2. インパクトは大きいが、学びは少ない仕事

3. インパクトは小さいが、学びは多い仕事

4. インパクトが小さく、学びも少ない仕事

このうち、(4)は極力捨てて、そこで節約できた時間を利用して(1)を増やしていく、というイメージです。

結果として、僕の生産性はどのぐらい変わったかというと、おおよそ「60倍」です。

これは、僕が2015年にグーグルから独立して間もない頃の1時間分の報酬と、これまで頂いた報酬の最高額を比べた数字です。


命じられたことをただがんばるのではなく、まずミッションがあり、だからやりたい仕事があり、そのために会社という環境を使う。

こういう働き方をする人が、もっと増えることを僕は願っています。

会社に命じられるままに仕事をがんばるだけでは、生産性アップには限界があるからです。


いま経産省は、働き方改革や、「プレミアムフライデー」などの施策を通じて、従業員の退社時間を早めるよう企業に呼びかけています。

しかし「早く家に帰っても何をしたらいいかわからない」と嘆く人が多いといいます。

これは、ほんとうに皮肉なことです。

誰もが時間的なゆとりのある生活を望んでいながら「残業ゼロでも趣味ゼロ」では、空いた時間の使い道がないというわけです。

はては「フラリーマン」という言葉まで登場しました。

早く帰れば家族にもっと働いて、稼いできて」といわれるからと、まっすぐ帰宅せず、新橋あたりをフラフラしているサラリーマンのことです。

「早く帰ると妻に家事をやらされる」と、山手線をグルグル回っている人の話を聞いたこともあります。

(以上本書より引用)


なんのために病気を治すのかがわからないと、病気も治らないという話を聞いたことがある。

病気が治ったら何をしたいのか、というその先のミッションだ。

仕事も同じで、自分は何のために仕事をしているのか、という自分のミッションだ。

それは、自分は「何のために生きているのか」、「何のために生まれてきたのか」、という問いかけでもある。


自分のミッションを明らかにし…

フローの状態を増やし、インパクトが大きく、学びも多い仕事に挑戦したい。


江戸の働き方と文化イノベーション

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。




今回は、岐阜聖徳学園大学教授、加納正二氏の心に響く言葉より…「江戸の働き方と文化イノベーション」です。


江戸時代の武士は謹厳な勤務を強いられたようなイメージがあるが形式においてはともかく実態においては必ずしもそうは言えない。

三田村鳶魚によれば、江戸の武士は「三番勤め」といって三日に一日勤めるようになっていた。

仕事量に比して武士の数が多すぎたため、ワーク・シェアリングとしてこの制度が実施された。

建前としては、非番の日は武芸の鍛錬と学問を修めるための時間とされていた。

しかし武士は休日に副業を行うようになった。


江戸時代、下級武士が暇を持て余し、副業として文筆業を始めた現象や遊び・娯楽の文化活動が経済活動に結びついていった現象は「文化イノベーション」とも呼べる現象であろう。

筆者が考える江戸時代の文化イノベーションの時代は二度ある。


元禄時代と田沼意次時代である。

元禄時代は貨幣経済の発達に支えられ幕府の中央市場と諸藩の地方市場との間に、商品の流通が盛んに行われるようになった。

これに伴い全国的な交通網も整備され、文物の交流も盛んに行われるようになった。

経済活動は社会を豊かにし、暮らしに文化をもたらすが、逆に文化が消費を活発にし、経済効果をもたらすとも考えられる。


元禄時代には多くの書籍が版行される「出版イノベーション」が起き、職業文化人として松尾芭蕉、井原西鶴、近松門左衛門などが登場した。

これら三大文人は異常な性格をもつといわれる五代将軍徳川綱吉統治の世であったからこそ輩出できたともいえよう。


一方、田沼時代になると田沼意次は革新的な経済政策を行い、自由な空気を作った。

天明時代の人々は、四民(士農工商)の区別なく狂歌会に参加し、狂歌と浮世絵のコラボでヒット商品を出すなど「文化イノベーション」が起きた。

中心となった人物は下級武士の大田直次郎である。

大田直次郎は大田南畝(おおたなんぽ)、四方赤良(よものあから)あるいは蜀山人(しょくさんじん)の号で知られる武家文人だ。

大田直次郎は七十歳を過ぎるまで役所に勤めながら、副業の文筆活動を行った。


庶民からも支持される天明狂歌の大ブームを起こした武家文人大田南畝や多面的な創造力を発揮して活躍し江戸のレオナルド・ダ・ビンチといえる天才平賀源内を輩出したのは田沼時代だからこそであろう。

残念ながら五代将軍徳川綱吉も田沼意次も悪名高く、マイナスの部分が誇張されて後世には伝わっているようである。


『江戸の働き方と文化イノベーション』三恵社




徳川綱吉は暗君、馬鹿殿のイメージが強く、とりわけ「生類憐みの令」は、すこぶる評判が悪い。

確かに、動物を殺すと死刑になるという極端である意味メチャクチャな法律であったが、この法律以降、「人を殺めるのは大罪である」との意識が日本人の中に定着したと言える。(井沢元彦・「誤解」の日本史)より

綱吉以前は、江戸市中でも喧嘩が絶えず、戦国時代の男伊達のような荒々しい気風が残っていたが、それを綱吉は嫌ったのだという。

だから、文化が発達した。

また、同時に農業改革を行い、以前は五公五民の税の分配だったが、綱吉の時代には三公七民になり、農家はうるおったという。

また、貨幣の中に占める金銀の含有率を少なくし、貨幣の供給量を多くした「貨幣改鋳」も後世、非常に評判が悪いが、実はこのことが経済発展の元になったのだという。

実際、新井白石の発案で金銀の含有量を増やしたら途端にデフレになり、庶民は困窮し、困り果てた。


また、賄賂政治のイメージが定着している老中、田沼意次だが、農家からだけでなく、商人に特権を与えることによりそこからも税金をとったり、各地の干拓を行ったり、新たな鉱山を探し生産量を増やしたという。

そのため幕府の税収が増えたため、その余波が商人や庶民にいきわたり町民文化も発展したという。

つまり、貨幣経済を重視したといわれる。

その悪い面が出たのが賄賂の横行だ。


歴史をみれば、どの時代であっても、経済が豊かにならなければ、文化は発展しない。

そして、豊かになれば同時に、働き方も変わる。


AIやロボットやデジタル革命により、今後ますます、余暇は増えて来る。

江戸時代と同じように、三日に一日という出勤も当たり前の時代がくる。


「江戸の働き方と文化イノベーション」

未来を見通すため、今一度、江戸の時代を研究する必要がある。




これからの働き方「労働2.0」

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。



今回は、オリエンタルラジオ、中田敦彦氏の心に響く言葉より…これからの働き方「労働2.0」です。


今、「働き方」は大きく変わりつつあります。

終身雇用システムに守られ、一つの仕事を続ける時代はもう去りました。

今や大企業も倒産するし、AI(人工知能)やテクノロジーの発達によって職業自体がなくなることも今後増えるでしょう。

そんな中で、働く人々は、ただ「いい会社に雇われる」ことだけを考えるのではなく、もっと広く視野を取り、自分だけの新しい働き方を創出していくべきです。


こんなことをお話するのは、私自身も「雇われ側のサラリーマン」だからです。

私も吉本興業という会社に所属し、給与をもらっている身です。

しかし私は近年、この立場と並行して、人を雇って自分のしたいことをする「雇用側」の顔も持つようになりました。


オリエンタルラジオの活動の延長で始めたグッズ制作、ダンスボーカルグループ「RADIO FISH」の活動など、会社の中で許可を得ながら「やりたいこと」を通す道を、少しずつ切り開いてきたのです。

昨年からは、オンラインサロン(NKT Online Salon)を開設。

現在は、オリエンタルラジオ、RADIO FISHなどのファンクラブ的サロンである「UNITED」と、私と共にビジネスを学び、コラボしていくビジネス塾的サロン「PROGRESS」の2つのサロンを展開しています。


オンラインサロンによって私の「やりたいこと」を伝え、それを一緒に実現できる仲間を募り、さらに多くの可能性を広げることができました。

そして、2018年秋に「幸福洗脳」というブランドを立ち上げ、アパレルの制作・販売という新事業を始動しました。

私の働き方はこうして、一ヵ所にとどまらず、常に変化を続けています。


一つの職種、一つの会社、一つの場所にとらわれないこと。

一つの場に「雇われる」だけでなく、「雇う」視点も取り入れ、随時変化と進化をしながらも「やりたいこと」を実現させて、食べていくこと。

そんな新時代の働き方を、私は「労働2・0」と名付けたいと思います。


「労働」とは本来、皆さんが思っているよりも自由で柔軟性に富んだものです。

複数の人々の才能とアイデアが有機的に離合集散を繰り返す、エキサイティングな営みです。

こうして歴史を紡いできたのが私たち人間です。


働くとは何か、稼ぐとは何か。

自分の可能性はどこにあるか、どのように見つけるか。


『労働2.0』PHP




中田氏は本書の中でこう語る。

『私は、人材には3つの種族がいると思っています。

1. 言われたことをちゃんとできる人

2. 言われたことをできない人

3. 言われてないこともする人』


変化のない平和な時代は、(1)の人がいいと思うが、しかし、乱世や激変の時代には(3)の人材が会社を助ける。

当事者意識があるかどうかだ。


すべてのことを我が事として受け止めることが出来る当事者意識のある人は、起業家精神のある人だ。

起業家精神とは、誰もが起業しろということではない。

自ら創造性を発揮し、ユニークなアイデアを生み出し、リーダーシップを発揮し、行動に移すという、起業家マインドのこと。

この起業家精神教育は北欧では子供の頃から学校のカリキュラムにあるという。


これからの働き方を身につけたい。


ピュアなエネルギーで

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。


今回は、亀岡さんの★今日のフォーカスチェンジ♪より、「ピュアなエネルギーで」です。


私たちは、無意識のうちに、
相手のエネルギーに反応します。

言い換えれば、私たちは、
見えないエネルギーに
影響されるということです。


たとえば、攻撃的なひとと接すると、
私たちは、危険を感じてみがまえます。

見えない対立のエネルギーが
そこに生まれます。

そうなると、平和的な関係は
生まれにくくなります。


けれども、そこに、まったく
敵意を感じさせないひとがあらわれ、

おだやかに対応すると、相手も
次第に軟化してくることが多いです。

(すぐには変わらない場合も
 ありますが)


相手に迎合するのではなく、
まして、へつらうのでもなく、

ピュアなエネルギーで、
ただまっすぐにいること。

簡単ではありませんが、
そのエネルギーもまた、
相手に影響をおよぼすのです。


戦闘状態にあるような、おおきな
エネルギーが動いているときは、

個人のエネルギーでは
太刀打ちできないかもしれませんが、

日常は、このおだやかなエネルギー
を使うことができれば、

相手と良好な関係を、
つくることが可能になります。


これを書きながら、ふたつの
イメージが浮かんできています。

ひとつは、天真爛漫な子どもの
ように生きた、良寛和尚。

もうひとつは、剣術をきわめた
もの同士の真剣勝負です。


真逆のように感じますが、

ブレない、まっすぐで
ピュアなエネルギーという意味
では、たぶん、共通しています。

あとはそれをどう使うかです。


えええ? そんなの無理だよ!
と感じるかもしれませんが、

そこをめざすことはできます。

そして、そのようにあろうと
意識するだけで、エネルギーは、
その方向に向かいます。


目の前のひとの言動に
翻弄されているあいだは、

(もしくは対立しているあいだは)

このおだやかさを
手に入れることはできません。


だからこそ、まずは、自分の
内がわをたいらかにするのです。

傷をいやし、

(自分を傷つけることをやめ)

まるごとの自分を受け止めて、
生きることを選択するのです。


そして、どうありたいか、
どう生きたいかに照らして、

自分自身の中心に立ち、
まっすぐに、自分を生きるのです。

その、ありかたによって、
世界が変わってくるのです。


今日のメッセージは、ちょっと

抽象度の高いものになって
しまったかもしれません。

もしよかったら、何度か
読み返して、坂元さんなりに
咀嚼してみてください。

この深いテーマを、
私も、掘り下げつづけます。

ブスのマーケティング戦略

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。



本日は、税理士、田村麻美氏の心に響く言葉より…「ブスのマーケティング戦略」です。


この本はブスの自虐エッセイではない。

れっきとした実用書である。

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスであるわたくし田村麻美が、これまでの人生で学んだ戦略を、具体的な行動提案として記したものだ。


この戦略の目的はふたつ。

1. ブスの幸せな結婚

2. ブスの経済的な自立


本書を読んで、行動しさえすれば、幸せな結婚と経済的自立がかなう。

書いていくうちに、自分がこれまでやってきた戦略が、マーケティング理論にのっとったものであることに気がついた。


結婚したい。

年収1000万円になりたい。

起業して成功したい。


そんな願いをかなえるためには、自分自身の本質を見きわめ(プロダクト解析)、自分のいまいる場所(市場)と、ライバルの特性(競合)を精査しなければならない。

経営的な視点から、マーケティングの論法を駆使して行動することで、夢のまた夢だと思っていたことが現実になる。

経験的にそうなっているのだ。


小学校時代に、「自分がブスである」と気がついた。

そのときから闘いがはじまった。

明るいブスであったが、度重なるトライ&エラーによる傷つきで、道に倒れた夜もあった。

本書を通じて、とにかく「行動してほしい!」と呼びかけているが、行動に勇気と覚悟がともなうことは重々承知している。

それでも行動してほしい。

行動して失敗しまくって成功してほしいのだ。


本書が、行動できないブスのみなさんと、劣化がはじまって焦っている美人のみなさんの役に立てば、こんなにうれしいことはない。


《足立区・北千住の税理士、田村麻美》


『ブスのマーケティング戦略』文響社




本書の中にこんな話があった。

『ここにふたりの女がいる。

美人のA美。

ブスのB美。

ふたりはともに、45歳である。

ふたりの30年間を早足で振り返ってみる。


【美人のA美】

10代……ハッと目をひくかわいさ。周囲からは「かわいい」「美人」と言われてちやほやされる。いつも彼氏がいた。いつも自分に片想いしている男がいた。髪を切ればほめられた。試着すればほめられた。そこそこの短大に入った。

20代……楽しくて素敵なOLライフ。海外旅行にもたくさん行った。会社の上司はいつもごちそうしてくれた。大企業に勤める彼氏をゲット。結婚&出産。退職して専業主婦に。資格や専門性を身につけようなんて思いもしなかった。

30代……若いころの美貌でゲットした夫。経年劣化する妻に興味が薄れてきたのか、昔に比べてちやほやしてくれない。子どもにお金がかかるので、毎月行っていた美容院が3ヵ月に一度に。デパートで服を買うこともめったになくなった。

40代……いよいよ夫との関係がうまくいかなくなってきた。できれば離婚したい。しかし先立つものがない。専業主婦として15年ほど過ごしてきたのでパソコンが扱えず、就職活動がうまくいかないのだ。面接に行っても「おきれいですね」とは言われなくなった。経済力がないので、不仲の夫と居続けるしかない。


【ブスのB美】

10代……だれもちやほやしてくれない。客観的に評価してもらえる勉強にいそしむ。

20代……資格を取得。合コンにも一生懸命参加し、どんな人が自分を好いてくれるのか、そして自分に合うのかを綿密に分析しデータを集める。

30代……結婚。しかし、ブスであるためいつ離婚されてもいいように、仕事は続ける。

40代……経済力があるので、だれかにしがみつく生き方を選択しなくていい。ブスであるがゆえに傾聴の技術を磨き続けた。そのおかげで、PTAのめんどうな人間関係も、難なくこなせる。顔は相変わらずブスのままではある。』(本書より)


男女に限らず、昔から、親が金持ちで、いい学校も出て、子どもの時から豊かな生活をおくってきたような人は、ハングリーな人に負けるようになっている。

ハングリーな人は、子どもの頃から、貧乏だったり、病気がちだったり、学歴がなかったり、あるいは、モテなかったり、するような人だ。

誰もがハンデと考えるような状況を、「なにくそ」「負けるもんか」と発憤し、そのエネルギーを恨(うら)みではなく、努力に変えることができる。


天から与えられたハンデを、自らの磨き砂とし、グチを言わず、努力に徹し、魂を磨く。

誰にとっても、己のマーケティング戦略は必要だ。




1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/06      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧