1  |  2    次>    

…【「昭和と平成の常識」をぶち壊し、生き延びる】

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。




今回は、橘玲氏の心に響く言葉より…【「昭和と平成の常識」をぶち壊し、生き延びる】です。


最初に、「働き方」を定義しておきましょう。


働き方1.0  年功序列・終身雇用の日本的慣行

働き方2.0  成果主義に基づいたグローバルスタンダード

働き方3.0  プロジェクト単位でスペシャリストが離合集散するシリコンバレー型

働き方4.0  フリーエージェント(ギグエコノミー)

働き方5.0  機械がすべての仕事を行うユートピア/ディストピア


安倍政権が進める「働き方改革」とは、働き方1.0を強引に2.0にヴァージョンアップしようとするものです。

これまでの日本の「知識人」は、日本型雇用こそが日本人を幸福にしてきたとして、「働き方改革」を推進する「ネオリベ(新自由主義者)」に呪詛の言葉を投げつけてきました。


グローバル化、知識社会化・リベラル化する世界のなかで、働き方1.0は目を覆わんばかりの機能不全を起こしています。

政権が保守であれリベラルであれ、官民挙げて「改革」しなければどうにもならなくなっているのです。

しかし問題は、働き方2.0を実現したとしても、それではぜんぜん世界の潮流に追いつけないことです。

最先端の働き方は、3.0から4.0に向けて大きく変わりつつあるからです。


その背景にあるのは、中国やインドなど新興国を中心とする急速な経済発展(グローバル化)と、テクノロジーの驚異的な性能向上です。

私たち日本人が抱える困難は、働き方が「未来世界」へと向かうなかで、いまだに「前近代世界」のタコツボに押し込められていることにあるのです。

もちろん、いきなりこんな話をしても「そんなわけない」と反発されるだけでしょう。

そこで最初に、いくつか事実(ファクト)を示しておきます。


NTTの澤田純社長によると、「(NTT持ち株会社の研究開発の人材は)35歳になるまでに3割がGAFAなどに引き抜かれてしまう」とのことです。

GAFAとは、グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の頭文字で、「プラットフォーマー」と呼ばれています。

検索、スマートフォン、SNS、EC(電子商取引)で圧倒的なシェアを持ち、市場の土台(プラットフォーム)を支配しているグローバルIT企業が、日本企業から若くて優秀な人材を次々と引き抜いているのです。


記事によると、NTTの研究開発の初任給は大卒が21万5060円、修士課程が23万7870円ですが、世界的に人材の獲得競争が激しくなっており、GAFAなどは新卒でも優秀なら年収数千万円で採用するとのことです。

日本企業から人材が流出する先はシリコンバレーのIT企業だけではありません。

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が2017年に、日本国内の新卒採用で初任給40万円を提示したことが報じられて衝撃がひろがりました。

ソニーなど日本の電機大手の2倍ちかい水準ですが、経済誌の取材に対してファーウェイの日本法人は「世界的には珍しくはない。優秀な人を採るためのグローバルスタンダード」と答えています。


エンゲージメント指数は、会社への関与の度合いや仕事との感情的なつながりを評価する基準です。

エンゲージメントの強い社員は仕事に対してポジティブで、会社に忠誠心を持っています。

エンゲージメントが低いと、仕事にネガティブで会社を憎んでいるということになります。

当然、社員のエンゲージメントが高い会社ほど生産性は高くなります。


近年になってエンゲージメントの重要性が認識されるようになって、コンサルタント会社を中心にさまざまな機関による国際比較が公表されるようになりました。

ロッシェル・カップさんはシリコンバレー在住の経営コンサルタントで、「職場における異文化コミュニケーションと人事管理」を専門とし、トヨタや東レなど多くの日本企業にもコンサルティングを行っています。

そのカップさんが、以下のような驚くべきデータを紹介しています。


エーオンヒューイットによる「2014年アジア太平洋地域の社員エンゲージメントの動向」では、日本でエンゲージメントレベルが非常に高い社員は8%(22%)、ある程度高い社員は26%(39%)、低い社員は32%(23%)、非常に低い社員は34%(16%)となっています。

ちなみにカッコ内は世界平均で、日本のエンゲージメントレベルの高い社員がものすごく少なく、低い社員がものすごく多いことがわかります。

エクスペディアジャパンが24ヵ国の社員を対象に実施した2013年の調査では、雇用状況に満足している日本の社員は60%にとどまり、調査対象国中最低を記録しました。

トップは90%のノルウェー、インドが2位、マレーシアが3位です。


「日本型雇用が日本人を幸福にした」というのは幻想であり、真っ赤なウソだったのです。

また、日本経済のいちばんの問題は労働生産性が低いことで、OECD36ヵ国中21位、先進7ヵ国のなかではずっと最下位です。

日本の労働者が生み出す1人当たりの利益(付加価値)は8万4027ドル(約924万円)で、アメリカの労働者(12万7075ドル)の66%しかないのです。


『働き方2.0Vs4.0』ダイヤモンド社





橘玲氏は本書の中でこう語る。

『テクノロジーが人間の能力を超えつつある時代には、私たちの働き方も大きく変わらざるを得ません。

そのことを「働き方改革」の最先端であるシリコンバレーでなにが起きているかを教えてくれる本で見ておきましょう。

まずは映像配信会社ネットフリックス。

「カルチャーデック」はネットフリックスの人事方針を説明した社内資料で、経営陣が創業当初から学んできたことを若い起業家に向けて公開したものです。

フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが「シリコンバレーで書かれたなかでもっとも重要な文書」と称賛したことで一躍注目を集め、爆発的に拡散しました。

そこには「すべてのポストにもっとも優秀な人材をあてる」「業界最高水準の報酬を支払う」「将来の業務に適さない人にはお金を払って辞めてもらう」「有給休暇を廃止する(従業員の裁量で休む)」「人事考課制度は時間と労力のムダ」など、シリコンバレーの企業ですら腰が引けるような言葉が並んでいました。

DVDのレンタルを郵送で行う事業でスタートしたネットフリックスは、2001年にドットコム・バブルがはじけると業績が悪化し、全従業員の約3分の1を解雇する倒産寸前まで追い込まれました。

ところがここで、彼らに神風が吹きます。

DVDプレーヤーの価格が下がり、その年のクリスマスプレゼントとして大人気になると、誰もがプレーヤーで再生するDVDを借りようとしはじめたのです。

こうして事業はふたたび軌道に乗ったのですが、こんどは3分の2の人員で2倍の仕事量をこなさなければならなくなりました。

しかしここで、マッコードは奇妙なことに気づきます。

仕事はものすごく大変だったのですが、みんな前よりずっとハッピーだったのです。

その頃マッコードは、経費節約のためCEOのヘイスティングスと車を相乗りして職場に通っていました。

その車の中で、彼女はヘイスティングスに訊きます。

「どうしてこんなに楽しいの?毎朝職場に行くのが待ちきれないくらいよ。夜になっても家に帰りたくない。みんなあんなに大変そうなのに楽しそう。いったいなにが起こっているのかしら?」

「よし考えてみよう」と、ヘイスティングスは答えました。

彼らが発見したのは、とびきり優秀なエンジニアだけをそろえた小さなチームの方が、仕事熱心なエンジニアの大きなチームよりもよい仕事をしていたことでした。

大規模な人員整理で中間管理職をごっそり解雇して以来、いちいち意見を聞いたり承認を得ずにすんでいるせいで、全員が前よりずっと早く行動していました。

リストラによって、「最高の結果を出せる人だけが会社に残っていた」のです』


日本人にとって、終身雇用という言葉には否定しがたい大きな価値を感じる。

それは、そのことにより日本の企業が伸びて来たという従来からの強い思い込みがあるからだ。


平成元年の世界時価総額ランキングがあるが、そのときの1位から5位は上から順に、NTT、日本興業銀行、住友銀行、富士銀行、第一勧業銀行で、やっと6位にアメリカのIBMが入ってくるという日本の総勝ち状態だった。

しかし30年後の、平成30年のランキングでは、1位から6位までがアメリカ企業となり、上から順に、アップル、アマゾン、アルファベット、マイクロソフト、フェイスブック、バークシャー・ハサウェイ。

しかも、その時価総額は30年前の日本の企業の10倍以上になっていて、35位にようやくトヨタが入ってくるが、中国企業や台湾やスイスの企業にも抜かれている。

失われた20年と言われるゆえんだ。


日本の企業は総崩れ状態になっているという事実を我々はもっと知らなければならない。

従来からの価値観を大きく変えていかなければ、日本はこれから、もっともっと沈んでしまう。


本書の巻頭の言葉には、『「昭和と平成の常識」をぶち壊し、生き延びる』と、ある。

今一度、一人一人が、仕事の仕方や働き方を見直し、もう一度、世界に伍して戦っていけるような国にしていきたい。


一緒に未来を見る

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。




今回は、亀岡さんの★今日のフォーカスチェンジ♪より、「一緒に未来を見る」です。




多くのひとは、

家族がふきげんだったりすると、
その感情に反応してしまいます。


いらいらをぶつけられたりすると、

同じモードの感情を
返してしまいがちになるのですね。

これ、基本的に、
火に油をそそぐパターンです。


実は、感情、とくに
怒りなどのはげしい感情は、

エネルギーを必要としますから、
長つづきしないものなんです。

また、意識がちょっとそれるだけで、
急速に冷めてしまいます。


たとえば、夫婦げんかをしている
最中に、ぐらっと地震がきたら、

たいてい、いったん、
けんかをやめるでしょう。

(地震の最中にもけんかしつづける
 なら、それはそれですごいです)


同調しないというのは、
けっこう大切なポイントなのです。

だから、昨日も書いたように、
「なまあたたかく」見ることで、

まず、自分のテンションを
平常に保ちます。


そうして、

感情の嵐が過ぎ去ったあたりで、
お茶でも出してあげてください。

相手の気持ちが落ち着いたのを
確認してから、おだやかに、
自分の気持ちを伝えるんです。


「気持ちはわかるけど、聴いてると、
 こちらがつらくなるんだよ」

「あんなことばをぶつけられると、
 かなしいし、さびしくなる」

「誰もいい気持ちにならないことを
 繰り返すのではなくて、解決する
 方法を一緒に考えようよ」


そう。ポイントは、
おだやかに気持ちを伝えること。

そして、一緒に未来を見ることです。


「なんで私が、そんなことまで
 しなきゃならないんだ!」

って声が聴こえてきそうですが。(笑)


もちろん、やりたくなければ、
やらなくてかまいません。

ただ、これから先も、家族関係を
つづけていきたいと思うなら、

お互いのこころに、
橋をかけあうことが必要になります。

そして、どんなことも、気づいた
ひとからしかはじめられないのです。


それからね。本当は、
もっと大切なことがあります。

いらいらをぶつけあったり、

あるいは、一方がひたすら
がまんしているような関係のとき、

日常のなかに、感謝やいたわりの
ことばが足りない場合があります。


夫婦であれ、親子であれ、
この75億を超す世界の人口のなか、

不思議な縁に結ばれて、
家族は出会っているのです。

家族であるというだけで、
すでに特別な関係なのです。


その縁あるひとにたいして、
愛のあることばを伝えていますか?

いたわりやいつくしみ、やさしさを、
ちゃんと伝えていますか?

日々のちいさな事柄にたいして、
「ありがとう」を伝えていますか?


家族の関係が満ち足りていると、
ひとは、こころがいやされます。

むやみに感情が荒ぶったりは
しないものなのです。


今日は、家族に、
感謝のことばを伝えてみませんか?

そこから、家族の関係を、
スタートしなおしてみましょ♪

【後ろ姿を見せること】

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。


ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。




精神科医・医学博士、斎藤茂太氏の心に響く言葉より…【後ろ姿を見せること】です。


「父親不在」と言われてだいぶ経ちます。

しかし、「母親不在」という言葉はあまり聞きません。

仕事で忙しい父親が帰宅したときには、小さな子どもはすでに就眠しており、子どもが朝、目が覚めたときには、父親はすでに出勤して家にいない。

父親が、子どもとお互いに顔を合わせるのは、休日くらい。

その休日に、父親が「接待ゴルフ」で外出してしまっては、子どもは、父親の実像を知らないまま成長することになってしまう。


バブル経済期の、ごくありふれたサラリーマン家庭の日常風景です。

10年程前になると思うが、『父性の復権』(林道義・中公新書)という本がベストセラーになりました。

これは、現在、日本では健全な父の権威が家庭から消滅の危機に瀕しているので、ここで取り戻しておかないと、将来面倒なことになる、そんな問題提起が多くの読者に支持された結果でしょう。


いまでも、父親の実像を知らないということでは、そんなに変わっていないのではないか。

実像を知らない子どもは、父親の勤める会社の名前を知るのが、精一杯というところでしょう。

子どもにとって、父親は極めて不透明な存在なのです。


家族のなかから、会話などのコミュニケーションが欠ければ、どんなことになるか、もはや言うまでもありません。

指針となるべきお手本がなければ、苦労するのは子ども自身です。

父性の復権から察すれば、母親が健在なだけに、どうやら父性が、家族をしっかりさせるキーポイントのような気がします。

男女平等の社会と言っても、父親の役割は、きわめて重要なのです。


こういう状況では、父親を尊敬しなさい、と言ってもとうてい無理で、現実を見失ってこころに傷を負っている子どもたちが、後を絶たない訳を垣間見るような気がしました。

やはり父親の真の姿をきちんと子どもに伝えるべきなのです。

そのためにも、父親は、機会を見つけて、自分の仕事の話をしてやるべきです。

実際に我が子を職場に連れていければ最高ですが、そうそう簡単にはできない、日本の特殊事情もありますので、まずは、仕事の内容、仕事で苦労するとき、嬉しいとき、やりがい、などいろいろあるはずです。

子どもは、父親の本当の姿を知って、家族の一員として自分を実感するはずです。


『人生に必要な100の言葉』青春出版社




松下幸之助氏は成功する人が備えていなければならないものとして次の3つをあげたそうだ。(大事なものは見えにくい・鷲田清一)より

それは、「愛嬌」と「運が強そうなこと」と「後ろ姿」。


愛嬌とは、可愛(かわい)げのあることであり、これは男女を問わず必要なこと。

可愛げがなければ、上の人が引っ張り上げてくれない。

また、運がなさそうな人に、大事な仕事を任せる人はいない。

そして、人は「後ろ姿」を見て育つ。

100の言葉で説明するより、その人の後ろ姿を見せるほうが説得力がある。

リーダーは後ろ姿で決まるからだ。


後ろ姿を見せる必要があるのは、家庭でも同じ。

父親の生きざま、母親の生きざまを見せること。

ロールモデルとは、お手本になる人のことだが、子どものロールモデルが両親だとしたら、これは親にとって最高のほめ言葉だ。




「が」はポジティブになれる!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。



志賀内泰弘氏の心に響く言葉より…「が」はポジティブになれる!です。


こんな経験はありませんか。

奥さんに、「夕食は、カレーがいい?それともシチューがいい?」と聞かれて、「カレーでいいよ」と答えたところ、何だか奥さんの機嫌が悪くなった…。

恋人とデートをしたとき、彼に「イタリアンにする?それともフレンチにする?」と聞かれて、「ランチは簡単でいいわ」と言ったら、「せっかく考えてきたのに」と不満げな顔つきになった…。


原因はどこにあるのでしょう?

それは、「で」の1文字にあります。

「で」は、「どっちでもいい」というネガティブな気持ちを表す象徴的な言葉です。

例えば、会社で仕事をしているとき、上司から、「誰にやってもらおうかな~、あっ、君『で』いいからやっておいて」

なんて言われたら、やる気が起きませんよね。


「〇〇『で』いい」と言われたほうは、なんとなく投げやりな感じに受け止めてしまいます。

それだけではありません。

言葉は、人の心を映す鏡です。

ほんの一言にも、その人自身の心の声が反映されているのです。

だから、「で」を使う本人の心も、知らず知らずにネガティブになっているのです。


これに対して、「が」は、強い意志表示が伝わります。

「夕食は、カレー『が』いいな」とか、「イタリアン『が』食べたい」と言うと、相手も作りがい、奢(おご)りがいが出てきます。

「が」を使うと、自分の意志がしっかりと明確になります。


そうです。

「が」の裏側には、「一番」とか「ベスト」、「でなければいけない」という気持ちが秘められているのです。

「で」と「が」は、たった1文字の違いですが、口癖にするとポジティブになれます。


『ポジティブ練習帳』同文館出版




「『で』いいよ」、という言葉と同じくらいがっかりさせる言葉が「どっちでもいいよ」とか「どこでもいいよ」。

「どっちでもいいよ」・「どこでもいいよ」には、「どうでもいい」とか「関心ない」とか、「関係ない」という投げやりなニュアンスがある。

一緒にいる人が、「どうだっていい」というような関係性を否定するような言葉を使えば、関係性は壊れていく。


傾聴の三動作という言葉がある。

「話し三分に聞き七分、うなずき、あいづち、驚きの表情」(田中真澄)

人は、相手に最大限関心を持ってもらたいし、自分を認めてもらいたいと渇望する生き物だ。

この傾聴の三動作は、「あなたに関心がありますよ」、「あなたが大事ですよ」、というポジティブな気持ちを動作で表したもの。


「で」ではなく、「が」を使うことも同じで、相手を大切にすることにより、自分の気持ちもポジティブになれる。

「が」を積極的に使ってポジティブに生きたい。



王さまと仏教

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店下さい。
お待ちしております。



今回は、ひろさちや氏の心に響く言葉より…「王さまと仏教」です。


こんな仏教説話がある…。

狩猟を趣味とする王さまがいた。

政務のあいだをぬって、よく狩猟に出かける。

一方、この王さまは仏教の信心に厚い。

日ごろから仏教教団に布施し、しばしば聖地への巡礼もする。


この王さまを家臣たちは笑う。

仏教の禁じる殺生(せっしょう)をさんざんやっておいて、聖地巡拝(じゅんぱい)はおかしいではないか…というわけだ。

その家臣たちの声が王さまの耳に入った。


王さまは家臣を集めて話す。

「ここに大きな鍋があって、湯がぐらぐら沸きたっている。中に金塊が入っているが、おまえたちはその金塊を取り出せるか」

「できません。火傷(やけど)します」

「しかし、わしにはできる。どうするかといえば、冷水をそそいでやるといいのだ。そうすると、熱湯もさめて、手を入れても火傷をしない」


さらに王さまはつづける。

「わしは国王であって、武人である。狩猟は武人にとって大事な鍛錬だからやめるわけにはいかん。そこでわしは、罪をつくった熱湯をさますために、聖地への巡拝をするのだ」


わたしたちの職業も同じである。

われわれが職業に専念すればするほど、悪行をつくり、他人に迷惑をかけることが多い。

大事なことは、そのとき、生きていくためにはやむをえないと開き直らずに、素直に「すまない」と詫(わ)びる気持ちを持ち、反面において少しでも宗教心を持つことだ。

ほんの少しでも熱湯の温度を下げるようにすればいいのである。

そうすれば、「ほとけ心」という金塊が得られるであろう。


『捨てちゃえ、捨てちゃえ』PHP研究所





人は殺生はいけないと思いつつ、生きているものを殺(あや)め、それを食べる。

それは、植物であろうが動物であろうが、たくさんの命の犠牲の上に自分がいるということ。

それゆえ、生きていくことは矛盾の積み重ねだ。


その意味では、潔癖すぎる人は、生きずらい。

黒か白か、右か左かと極端に走りやすいからだ。

本当は、黒も白も、右も左も、という選択もある。

それは、殺生した食物を食べるとき、「ありがとう」「いただきます」と、自然の恵みに感謝する選択。


そしてさらに、そこで必要なのが、祓(はら)えだ。

神道においては、6月末に「夏越の祓え」という祭祀(さいし)があり、12月末には師走の大祓式がある。

半年の間に身についた罪や穢(けが)れを祓う。

祈りではなく、祓えなのだ。

すると、熱湯の温度が下がる。



稲盛和夫氏は、「相反する矛盾することを、平然とやってのけることができる人を名経営者という」と言った。

そして心の奥底に、『素直に「すまない」と詫びる気持ちを持つ』こと。


人は、年齢を重ねれば重ねるほど、あの世に近づいていく。

言い変えれば、神さまに近づいていく。

だからこそ…

ある程度の年齢からは、宗教心を持ったほうがいい。




1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/07      >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧