1  |  2    次>    

実情を無視した消費税軽減税率は かえって消費を減退させ、 経済を更に冷え込ませる

テーマ:ブログ


リペアショップ鹿児島店の坂元です。

本年も「靴修理店 店長ブログ」をお読み頂き、誠に有難うございました。
皆様、良い年末年始をお迎えください。


今回は、『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2019年10月15日より、「実情を無視した消費税軽減税率は かえって消費を減退させ、 経済を更に冷え込ませる」です。




台風19号は東海地方、関東甲信越地方、東北地方等に多くの被害をもたらしました。中でも河川の氾濫は、本稿執筆段階の情報で14河川にも及び、なんと二子玉川駅付近でも多摩川の水が溢れ出すという被害に見舞われました。
こうした被害は、言うまでもなく、日本だけが使っているプライマリーバランスの黒字化という奇妙奇天烈な財政規律に振り回され、緊縮財政を推し進めてきた結果にほかなりません。これだけ自然災害に脆弱な国になってしまっては、経済や社会の成長どころか、国防・安全保障にも支障をきたすことになるでしょう。(もっとも、安倍総理は日本が攻撃されたらアメリカが反撃してくれると本気で信じているようですから埒があきません。そもそもそんなこと日米安全保障条約のどこにも書いていないんですけどね。条約を読めない人が総理大臣では、諸外国からはやられたい放題、カモにされ放題。自然災害もその口実に使われてしまうでしょうね、災害援助と称して資源や権利を奪われる開発途上国のように。)

さて、日本をこのような状況に貶めている元凶といえば、緊縮財政や新自由主義「改革」と、これも言うまでもなく、消費税増税ですね。残念ながら去る今月1日に10%に増税されてしまいました。

その消費税、食料品等については軽減税率が適用されて8%に据え置かれています。消費者にはいい話、ホッとする話、事業者にとっても売上が落ち込まずに済む話のように聞こえますが、実態はそうでもないといいますか、むしろ真逆に作用していることもあるようです。

この軽減税率、食料品の場合、お店で買って自宅で食べるといった場合には適用されますが、お店にイートインコーナーが併設されている場合にそこで食べていくといった場合には適用されず、10%の税率が課されることになっています。

どちらになるのかは、支払い時に店員が確認し、それに対するお客さんの自己申告によるわけですが、持ち帰りと言っておいてやっぱりイートインコーナーで食べていくというお客さんも、当然中にはいるわけです。こうしたお客さんを、ネット上では「イートイン脱税」と呼んで揶揄し、そうしたお客さんの行為を店員に知らせる「良心的」な人のことを「正義マン」と呼ぶようになっているようです。

本来非難されるべき対象は、「イートイン脱税」をした人ではなく、2度もの増税を強行した現政権であり、財政健全化を金科玉条に、そうせざるを得ない状況に追い込んでいった財務省であり、先の参院選で増税反対を掲げられなかたどころか、緊縮脳、増税やむなし脳にいつまでも縛られている多くの野党のはずです。ところが重箱の隅をつつくかのように一般庶民を別の庶民が揶揄する。新たな分断が生じていると言ってもいいかと思いますが、そんな状況を創り出した財務省の増税推進プロパガンダは、皮肉をたっぷり込めて、お見事としか言いようがありませんね。

それに「正義マン」って、その正義いずくにありや。単なる自己満足のための密告者ではありませんか。冷戦下の旧東側の密告者か、はたまたナチスドイツ占領下のフランスにおけるナチスへの密告者、「正義マン」なる連中はそれと同じだ、というレッテルを、剥がれないようにしっかりと貼ってあげましょう。

そして、軽減税率、お店で買った食品やお酒を、その場で味わえるし、すぐに追加で買って楽しむことができることをウリにして、比較的広いイートインコーナーを設けているお店などでは、10%の税率適用を敬遠してイートインコーナーの利用率が減り、ということはその場で追加購入という消費行動も減るので、売上が激減しているようです。

そもそもイートインコーナーは、家まで持って帰らなくてもその場で楽しめる、友人たちなどと、良い食材を、飲食店で食べたり飲んだりするよりも手軽な値段で気軽に楽しめる、夏には暑く冬には寒い屋外に行かなくても買ったものを手軽に食べることができる、そんなある種庶民のための場所であるはずです。

今回の増税は、お店にとっての収益の機会と、庶民にとっての便利な機会のいずれも奪おうとしているというわけです。

今回の消費税増税は百害あって一利なし。直ちに一律引き下げに向けた検討を始めるべきです。

しかし、それを主張しているのは、与党では少数の自民党の良識派議員たち、野党ではれいわ新選組と、れいわ新選組の躍進を受けて気が変わった共産党だけ。

統一会派結成で調子に乗る立憲民主も国民民主も緊縮脳や増税脳が支配的のようですから期待薄です。緊縮脳、増税脳の議員たち、特に野党のそうした議員たちについては徹底してその姿勢を批判するとともに、「お前なんかに投票するもんか」とそっぽを向くというのが、頭を転換させる、つまりピボットには一番有効かもしれませんね、まあ数は多いですが。

生産性を上げることが日本再生につながる

テーマ:ブログ


リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、小西美術工藝社社長、デービッド・アトキンソン氏の心に響く言葉より…「生産性を上げることが日本再生につながる」です。


私が「新しい日本」にとってもっとも必要だと考えているのは、「中小企業崇拝」の廃止です。

日本にとって最大の問題は生産性が低いことですが、「生産性問題は中小企業問題」だと考えるからです。

日本では、技術がありながら、社員が少ない小規模の「町工場」のような中小企業を応援することが、日本経済を元気にするのだと語られています。

先ごろ人気を博したドラマ「下町ロケット」などはその典型例です。


ただ、残念ながらこれは1975年に始まった旧グランドデザインに基づいた古い考え方と言わざるを得ません。

これからの「人口減少社会」では「すべての中小企業を守る」「中小企業護送船団方式」という考え方は通用しません。

むしろ、「すべての中小企業を守る」ことに固執するようでは、中小企業を救うどころか、逆に多くの人を不幸にしてしまうのです。


この「中小企業崇拝」ともいうべき思想が、日本経済の低成長、さらには日本社会の様々な問題の根底にある。

これこそが、私が日本のデフレや生産性の低さを分析していく中で、最近たどり着いた結論なのです。

そう言うと不愉快になる方もおられるでしょう。

しかし、グランドデザインというのは基本的に、これまでの制度のすべてを検証し、根本から再検討して、これまでの常識とは異なる新しい姿をつくっていくということです。


具体策ですが、そもそも、日本経済は世界第3位なのに、あまりにも世界で戦える大企業が少なすぎますので、それを増やす必要があります。

そのような大企業は、リーディングカンパニーとして生産性向上を牽引するのはもちろんですが、世界から最先端の技術や考え方を日本国内へと持ち込む「伝道師」の役割も果たします。

同時に、小さい規模の企業があまりに多すぎることが産業構造を非効率にしていますので、それらを統合して零細企業で働く労働者を集約しなくてはいけません。

生産性を2060年までに1.7倍も上げなければ、日本の社会保障システムが破綻してしまうからです。


以上のことからも、中堅企業で働く労働者を集約して、企業規模を大きくしなければいけないのは明らかですが、そのようにすると、企業の数が大きく減ることになります。

企業の数を減らすと、失業者も増えるのではないかと心配する人が出てきます。

しかしそれは明らかに論理が飛躍しています。


1998年、私がまだゴールドマン・サックスにいた頃、当時19行ほどあった主要銀行について、「日本の主要銀行、2~3しか必要ない」という過激なタイトルのレポートを出しました。

このレポートを出した当時、私とゴールドマン・サックスには凄まじい批判が寄せられました。

ただ、事実としてこのレポートを出した後に19行あった銀行は現在は大手3行にほぼ集約されました。

当時、日本の主要銀行のシステム投資は売り上げの1割でしたが、19行がまったく同じ基幹システムをつくってもきわめて非効率で低次元なシステムしか作れません。

これを集約することによって、設備投資の効果を飛躍的に上げることが狙いであり、事実そうなりました。


『国運の分岐点』講談社+α新書





デービッド・アトキンソン氏は、本書の中でこう語る。

◆生産性を見てみると、1990年は世界9位でしたが、いまは28位まで下がって、先進国として最低水準となっています。この20年間、先進国の給料は約1.8倍となっているのに対して、日本は9%の減少です。

◆これから日本の総人口は31.5%減ります(2015年から2060年までの予測値)が、さらに15歳以上64歳以下というもっとも大事な生産年齢人口に目を向けると42.5%も減ります。日本の減少ペースはどの先進国よりも速く、どの先進国よりも大きな減り幅となっています。

◆先進国の場合、GDP総額のランキングは人口のランキングによって決まっています。日本のGDP(2018年)はドイツの1.28倍の規模ですが、これは日本の技術や勤勉性がドイツより優れているからではなく、単純に国民の数が約1.5倍だからなのです。

(以上、本書より)


日本の中小企業は約358万(99.7%)で、うち小規模事業者は305万(87.9%)。

一方、大企業は1万1千(0.3%)《2016年中小企業庁調べ》となっていて、圧倒的に小規模事業者が多い。

小規模事業者の定義は、製造業では従業員20人以下で、商業・サービス業では従業員5人以下だ。

ちなみに、中小企業者の定義は、製造業では資本金が3億以下又は従業員300人以下で、サービス業では資本金が5千万以下で、従業員100人以下。


生産性を上げるにはある程度、企業規模を大きくするしかないというデータが出ているという。

銀行の合併のように、何社かが一緒になれば、本部費等が低減でき、システム開発費とかが捻出できるようになるからだ。

そして、直接的には最低賃金を上げること。

このことに耐えきれない会社は市場から消えるか、どこかと合併するしかない。


生産性を上げ、日本再生に寄与したい。


細胞が活性化するあかし

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。




今回は、かめおか ゆみこさんの ★今日のフォーカスチェンジ♪「細胞が活性化するあかし」です。




セッションをしていると、

しばしば、言われることがあります。

「〇〇したいけど、先が不安で…」


「〇〇」には、

「転職」だったり、
「離婚」だったり、
「独立」だったりと、

さまざまですが、

要は、いまのポジションを
離れる、という点では同じです。


まあ、「脳はヘタレでビビリ」の
原則からいけば、不安は当たり前。

ここで、まったく不安がないと、

かえって「大丈夫か~?」と
心配になりますが(笑)、


逆に、不安が強すぎて
身動きできないひとを見ると、

「あ~あ、もったいない」

と思ってしまいます。


それって、遊園地にきて、

ジェットコースターも
メリーゴーランドも、巨大迷路も、
ゴーカートも、みーんな

怖いから見てるだけ…
というのと、同じじゃないかって

思っちゃうのです。


でも、案外、そういうひとは、
遊園地は平気だったりもします。

人生と遊園地のちがいは、

安全が保障されているかいないか、
ということでしょう。

まあ、遊園地もごくごくまれに
事故はありますけどね。


けれど、ひとが遊園地に行くのは、

「非日常」を
味わいたいからだと思うのです。


つまり、「日常」だけだと、
つまらなくなっちゃうのですね。

(ちなみに私は、日常が遊園地
 みたいなものですから、

 わざわざ遊園地に行きたいとは
 思いませんが)(笑)


そう。ひとは、本当は、
楽しむことが好きなんです。

だからこそ、わざわざ
人間として生まれることを選んで、

人生を遊びにきたのです。

お楽しみにきたのです。


なのに、うっかりかんちがいして、

安心・安全第一と思いこみ、
または、思いこまされて、

せっかくの遊具の前で、指をくわ
えて、人生を終えていくのです。

ねっ? もったいないでしょう?


とはいえ、うっかり身につけて
しまった、不安や心配を、

いきなり完全になくすのは、
むずかしいでしょう。

だったら、まずは、パターンを
くずしてみましょうよ。


いつもは当たり前と思って、
考えずにやってしまうことを、

ちょっとだけ立ち止まって、
ちょっとだけ変えてみるんです。

そして、そこで感じる「楽しい」と
いう感覚を、大切にしてみるんです。


どきどきするかもしれません。

その「どきどき」を、
いつもは「不安」と解釈して、

ストップをかけてしまったかも
しれません。


でもね、「どきどき」は、
不安なときだけじゃないですよ。

恋するときだって、「どきどき」
するじゃありませんか♪♪♪


心臓の鼓動が速くなって、
きっと、体温もあがってます。

生命活動が活発になります!

細胞も活性化してますよ♪


そう。これまで「不安」だと
思っていた感覚は、

本当は、細胞が活性化する、
あかしだったんです。

あなたの生命活動が、活発に
なっているのに、かんちがいして、

ブレーキをかけてただけなんです。


どうですか?

いつものパターンを変える。

どきどきする。

これは不安ではなく、
細胞が活性化している状態だと、
インプットする。


これを繰り返していると、
脳も、だんだんその気になって、

受け入れられるようになります。


そしたら、どんどん、
パワーアップしちゃいますから、

ますます、先が
お楽しみになりますね!

人生は「2周目」からがおもしろい

テーマ:ブログ


リペアショップ鹿児島店の坂元です。



今回は、明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より…「人生は「2周目」からがおもしろい」です。


かつて「人生50年」と言われていた時代がありました。

ただし、今は「人生100年」と言われていて、50代に入ってからの人生がじつに長い。

人生の「1周目」が50歳くらいまでだとすると、「2周目」がそこから始まります。


いまや多くの企業で役職定年制が採用されています。

多くの企業では60歳で定年となるのが現状ですが、それを迎える前に、多くのビジネスパーソンが役職を解かれ、収入が減ってしまいます。

そこで仕事の目的とモチベーションを失ってしまう人が少なくありません。

55歳前後に大きく職場環境が変わってしまう。

同時に家庭でも子供が手を離れ独立したり結婚したりして、状況が変わる時期でもあります。

ビジネスパーソンだけでなく、家庭の主婦にしても自営業の人にしても、50代半ばが一つの人生の転換期のような気がします。


歳を重ねるのは怖いことだと思うかもしれません。


しかし、少し余談になりますが、不思議なことに、美男美女とその他大勢の人の間に大きく開いていた格差が一気に縮まるのも事実です。

学年一のモテ男も、その他の人も、あまり変わらくなってくるのです。

それどころか、昔いまひとつパッとしなかった人が年月を経て、いい感じのナイスミドルに変身している。

同窓会に出席するとそのような見事な逆転劇を目にすることもあります。

こういうのも2周目の人生のアヤであり、おもしろさのひとつです。


だから…

結論から言いましょう。

「人生は2周目からがおもしろい!」

2周目こそ本番なのです。


たとえば、一般的には、男性に比べて、女性は社会的な地位や肩書にそれほどこだわりません。

キャリアのある女性は、それほど地位や肩書に依存している感じがしない。

男性の方が組織のポジション、肩書や地位にこだわる傾向が強いのです。


私は社会人相手の市民大学などでも講義をしていましたが、受講生が自己紹介などをする際、職場での自分の肩書や経歴を滔々(とうとう)と話す男性に遭遇します。

そんな時、他の女性受講者たちがどんどん「引いて」いくのが手に取るようにわかります。

「そういう話はしないほうがいいだけどなぁ」と思ってしまいます。


一般に男性は2周目で肩書を外され、ラインから外れたときのショックが大きい。

女性は比較的立ち直りやすい。

ですから男性は特に50歳少し前、40代後半から、会社などの属している組織での肩書やポジションがなくなった時のことをシミュレーションしておくことをお勧めします。


会社の仕事は、続けたくてもやがて限界が来る。

そこからの自分をどう方向づけ、マネジメントしていくか?

今の会社で専門職として身につけたスキルを活かして、転職あるいは独立するのか?

それとも本業に差し障らない範囲で副業を始め、定年後はそちらにシフトするのか?


インターネットの発達した今の社会では、思わぬものが仕事に変わる可能性があります。

趣味で始めたものが仕事になり、2周目の収入源になったりすることだってあるでしょう。


人生の2周目は「自己承認」によって真に自立した人生を取り戻す周回だと言えます。

多くの人が1周目をすごしてきた「会社」というのは、成果がすべて。

もちろんビジネスですから、これは良い悪いの問題ではなく、必要なことでしょう。


しかし2周目に入ったら、もう自分という存在、人生のすべてを一元的な「会社からの評価」「ビジネスにおける有用性」だけで値づけする必要はありません。

むしろ私など、市民大学で過去の役職について滔々と語り、場を白けさせる「2周目ランナー」を見ていると、「いつまで会社や上司からの評価に依存して生きていくのですか?」と言いたくなることがあります。

私は人生の2周目には他者評価=他者承認は要らないとは考えていません。

他人に認められること、受け入れられること、「他者承認欲求」は、やはりいくつになってもモチベーションとして必要で、侮れない力を持っています。

地域貢献やボランティア、趣味のサークルの中で、他者から認められるということは大きな生きがいになります。

いくつになってもやはり、多少の競争心や色気というのが生きるエネルギーにつながります。

自分の得意分野で人より一歩先んじることで他者から認められ評価されるということが、2周目を前向きに生きるポイントでもあります。


1周目は、他者評価を基準にして他者からの承認欲求を満たすのがモチベーションでした。

2周目は軸足をずらし、自己評価を基準にして自己承認欲求を満たす、つまり1周目をしっかりと走り、客観的な評価眼を養ってきた自分自身に求められ、ほめられるような毎日をすごすことに重心を置く。

評価をこれまでのような会社一辺倒、ビジネスに一元的に託すのではなく、評価基準を多角的に増やしていくことがポイントになると思います。


『人生は「2周目」からがおもしろい』青春出版

美しい所作」は、心とからだにいい

テーマ:ブログ



ペアショップ鹿児島店の坂元です。






今回は、東京大学名誉教授、矢作直樹氏の心に響く言葉より…「美しい所作」は、心とからだにいい」です。


残心(ざんしん)、という言葉をご存知でしょうか?

弓道、剣道、柔道などの武道、さらに伝統芸能の世界でもよく使われる言葉です。

意味としては「それを終えた後、力をゆるめる、あるいはくつろぎながらも、まだしっかりと注意を払っている状態」です。

気持ちが途切れていない状態、とも言えるでしょうか。


日常生活でも、残心を生かしてみたらいかがでしょう。

ドアや襖(ふすま)は、静かに、最後まで閉める。

湯飲み、コップ、食器は、静かに置く。

静かに歩く。

無用な音を立てない。


これらは所作としても美しく見えます。

食事を済ませた途端、パタパタと立ち上がらない。

余韻を大事にしてください。

お茶を飲み、落ち着いてから片付けましょう。


食べ物を箸(はし)でちゃんとつまめるか、外出の際に階段を踏み外さないか。

こういう動作への注意も、年を重ねてくると大事なことです。

食べ物を箸でちゃんとつまめるというのは、脳機能はもちろん握力と視力がしっかりと機能している証拠です。

階段を踏み外さないというのは、同様に脳機能、脚力(腰、太もも、膝、ふくらはぎ、足首、足指など下肢全体の総合力)と視力がしっかりと機能している証拠です。


常に緊張する必要はないのですが、自分に注意を払う。

ここが大切です。

加齢で少しずつ難しくなりますが、なるだけ気持ちが途切れないよう、その動作を意識してください。

加齢によるからだの変化を知ることもできるでしょう。

すべては「今の自分」を意識することからです。


『自分を休ませる練習』文響社




たとえば、柔道においては、技を掛け、決まったと思った一瞬、気を抜き油断した隙(すき)に、相手に逆襲されるようなことがある。

そこで必要なのが「残心」。

技が決まったと思っても、勝負が決まるまで決して気を抜かず、意識の集中を切らさないこと。

しかし、昨今のスポーツ化された柔道では、「残心」はなくなり、勝った瞬間にガッツポーズをしたり、ピョンピョン飛び跳ねたりする。

所作としても静謐(せいひつ)さに欠け、美しくない。


現代人は、すべての動作において、急ぎすぎる。

急げば急ぐほど、忙(いそが)しくなる。

「いそぐ」から「いそがしい」が生まれたという。


残心には余韻が残る。

「美しい所作」を身につけたい。

1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/12      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧