跳べないノミ 逃げない象

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。

 今回は、「跳べないノミ、逃げない象」になってはいけないです。

清水英雄氏の著書「ありがとう戦略」より、これまでできなかったことは、これからもできないという「固定観念」に騙されてはいけないという話です。

 

 人生の本質は、現状を打破し、進歩発展を遂げることにある。

これまでできなかったことができるようになる。これまで見えなかったものが見えてくる。そこから得られる達成感や満足感にこそ、生きる喜びがあるのだ。
 だが、いざ現状打破に向かおうとするとき、そこに障害が立ちはだかる。「固定観念」という名の大きな壁だ。


 ノミを使った有名な実験がある。


 まずノミを箱に入れてガラスの蓋をする。初めのうち、ノミは箱から出ようとして跳びはねる。しかし何度挑戦してもガラスの蓋が邪魔して外に跳び出せない。

くり返しながらノミは「学習」していき、やがて蓋を外してやっても、外に跳び出そうとはしなくなっていく。ノミの中に「いくら頑張っても跳び出せない」という固定観念が身についてしまうからだ。

 

 象を使った実験もある。

象の足に頑丈な鎖を結びつげ、太い杭につなぐ。初めのうちは何とか逃げようとして鎖を結んだ足を引っ張るのだが、さすがの象も鎖と杭には歯が立たない。

そのうちあきらめの気持ちが芽生えてくる。そこで段階的により細い杭に替えていき、最後に小枝のような
細い杭にしても、もう象は杭を抜いて逃げようとはしなくなってしまう。

 

 自分の中に形づくられた固定観念の力が、いかに恐ろしいかということだ。


 この固定観念が自己否定まで進んでしまうと、さらに恐ろしいことになる。

「どうせ自分はダメな人間なんだ」「どうせ自分にはできっこない」といったように、何でも「どうせ……」で片づけるようになってしまうからである。

   

私が思うに、

「新しい事」や「初めての事」を始める時や「自分に都合の悪い事が起こる」等々、どうしても過去の経験を参考にして考えてしまいがちです。

そして、人間の脳みそは「新しい事」や「初めての事」や「自分に都合の悪い事」等々に対して、

”身勝手だったり”  ”臆病であったり” との特性がありますので、自分の都合の良い方に考えたり、出来ない理由ややらない理由を勝手に考え始めます。

その「脳みその特性」と「過去から来る固定観念」が見事なまでにマッチして、「跳べないノミ」「逃げない象」生み出しているように思われます。

そこから脱却するには、意識的にそれぞれの人の発想の転換が必要だと思います。 

 

例えば、

私が「新しい事」や「初めての事」「自分に都合の悪い事」にぶつかった場合に勝手に思うことは

 

こんなことに挑戦させてもらえるなんて、なんと有り難いことなんだ!(感謝の念を持つ)とか。

これに挑戦したら新しい自分と逢えるんだとイメージする!(ポジティブ思考)とか。

 ”ピンチはチャンス! ピンチはチャンス!” これは何かいいことがあるんじゃないのか(発想の転換)とか。

 俺にはご先祖様がついているから大丈夫!ご先祖様は俺の味方だ(先祖崇拝)とか。

 

などなど勝手に思っている次第ですが、共通することは、「絶対肯定&ありがとう」です。

 

とにかく、何でもいいから自分なりの「絶対肯定の信念と感謝の気持ち」をもって、固定観念&臆病な脳みそと対峙すれば、「跳べないノミ」「逃げない象」にならないのですむのではないかと考えています。

 

名づけて、「心の受信機を鍛える」作戦です。

 

 

 

 

           

 

 

 

 

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2014/10      >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧