仏になろう! その②

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”仏になろう! その②” 如来の見分け方です。

前回のブログで、大乗仏教では4種類の仏さま(如来・菩薩・明王・天部)がおられると話いたしましたが、
今回はその各如来(にょらい)さまの見分け方や各如来さまのイメージを代表的な仏像や絵画を掲載してみました。

如来は、形を見ればわかるようになります。

一般的に、天然パーマで、装飾品を一切つける必要が無く、悟りをひらいた人間は裸のままでよろしいというのが如来さまですが、大日如来だけは、王様の冠をかぶり、天衣(てんね)を着てたり、装飾品をまとっています。


大日如来だけが、釈迦如来・薬師如来・阿弥陀如来と違んですね。



釈迦如来 釈迦如来(しゃかにょらい)


如来さまの元は、「お釈迦さま」。お釈迦さまの能力は人間の苦しみを救うことです。

掌(てのひら)を外にして右手をあげ、左手も掌を外にして前にしています。


これは、与願施無畏(よがんせむい)という印で、右手は「おまえは苦しんでいるけれども、大丈夫だ」と、よしよしとなだめる形の施無畏印、おそれのない状態を与える印です。

左手は、あなたにこれをさしあげましょうと、ものを与える形での与願印です。
このような手の形をしている仏さまがあったら「お釈迦さまの仏像」と思ってください。





薬師如来    薬師如来(やくしにょらい)


衆生の病気を治し、安楽を与える仏とされます。


このため仏像もしばしば掌に薬壺(くすりつぼ)を載せているのは「薬師如来」です。
薬壺が無い場合もありますが、載っている場合が多いです。

この仏は菩薩であったころ、十二の大願を立てたとされ、その七番目の願いに「病のものも私の名前を聞けば患いが除かれる」とあって、これが薬師信仰の根拠とされています。





阿弥陀如来       阿弥陀如来   (あみだにょらい)

死の苦しみを救うのが 「阿弥陀(あみだ)さま」。人間が死んでから往く極楽浄土の仏さまです。

阿弥陀如来は両手の親指と人差し指でそれぞれ丸をつくっています。
これには三種類あって、
この丸をつくった両指を前で組み合わせたものを定印(じょういん)と言い、阿弥陀さまが瞑想している姿をしめしています。そして両手を上にあげる形は阿弥陀さまが説法している姿をしめします。
右手をあげて、左手を下げた姿は来迎(らいごう)印といって、阿弥陀さまが往生する人間を極楽浄土にいまお迎えに来た姿をしめします。





大日如来        大日如来    (だいにちにょらい)

密教の崇拝する、宇宙の中心にいらっしゃるのが「大日(だいにち)さま」です。

左手の人差し指あげて、それを右手でつつむ忍術使いのような印をしています。これを智拳印(ちけんいん)といい、智の力をあらわす形で、金剛界(こんごうかい)の大日如来の印です。
胎蔵界(たいぞうかい)の大日如来の印は右手の指と左手の指を丸く組み合わせる印です。


今度、お寺に行く機会がございましたら、この方法で如来さまを見てみてください。









記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2014/10      >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧