あなたなら、何を入れますか?

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。

ブログをご覧の皆様、リペアショップ鹿児島店へご来店ください。
お待ちしております。


本日は、かめおかさんの★今日のフォーカスチェンジ♪より、「あなたなら、何を入れますか?」です。




「人生に必要なことは、
 すべて、〇〇から学んだ」

みたいな言いかた、
聴いたことありませんか?


あれね、実は、「〇〇」って、
いろいろ言い換えができるんですよ。

もっと言うと、そのひとが
本気でかかわっていること、
長くかかわっていることが、その

「〇〇」になると、私は思っています。


私にとって、この「〇〇」は、
「演劇」です。

中学校で演劇と出会い、
人生が変わりました。


プロの俳優にも演出家にも
なら(れ?)なかったけど、

脚本家だけはプロの端くれかな。

でも、映像の脚本は書かないので、
それだけでは生活できませんが!

(余談です)(笑)


もとい。

たとえば、このメルマガのテーマ
である「視点を変える」

これって、実は演劇の発想なんです。


お芝居では、
さまざまな登場人物がいます。

その登場人物ごとに、
性格や立場がちがい、

当然ながら、視点も変わります。


日常では、つい、
自分の視点でものごとを見てしまい、

そうではないひとにたいして

「なぜそうなるの!」
と腹が立ったりしますが、

お芝居の視点で考えると、

「なるほど~、この性格(立場)なら、
 こうなるのもわかる!」

と、客観的な見かたもできるのです。


逆に言うと、めっちゃワルいキャラが、
突然イイひとになっちゃったら、

お客さんは、納得しませんよね。

ひとのこころが変化していくためには、
必要なプロセスがあります。

そう思えたら、日常でも、ひとに
たいする見かたが変わりませんか?


また、ことばについても、
お芝居から受ける影響はおおきいです。

どんなことばが、
ひとのこころを癒すのか。

どんな言いかたが、
すれちがいを生みやすいのか。

これがわからなければ、
脚本は書けませんからね。


さて。

今日書きたかったことは、
演劇がサイコーって話ではありません。

(私にとっては、サイコーですけど!)


私たちは、
「△△が正しい」と言われると、

「△△」だけが正しいと思って
しまいがちなのですが、

「△△」は、ひとによって
変わりますよ、ってことなんです。


もしも、何かで悩んだりしたときに、
こたえがほしいと思ったら、

自分が、
これまでずっとかかわってきたこと、
本気で打ちこんでいることに、

照らしてみてもらいたいのです。


こたえは、坂元さんの外がわではなく、
内がわにあるはずです。

少なくとも、坂元さんのなかにある
こたえだけが、
坂元さんを納得させるはずですから。


「人生に必要なことは、
 すべて、〇〇から学んだ」

坂元さんなら、何を入れますか?

そこに、坂元さんの価値観や、
ミッションが
かくされているかもしれませんよ♪

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/06      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧