「この星にSpark JOY その30」 ~「ラストチャンス」~

テーマ:ブログ


リペアショップ鹿児島店の坂元です。



今回は、ひすいこたろう●名言セラピー「この星にSpark JOY その30」 ~「ラストチャンス」~です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最も大切なことは
最も大切なことを
最も大切にすることである
スティーブン・R・コヴィー
The main thing is to keep the main thing the main thing. 





その男は知りたいことが山のようにありました。
読みたい本が山のようにあった。

そこでその男は食事は1日1食と決めた。
会社に来ていくスーツは10年間同じ1着で通した。
そして残ったお金で本を買い続けた。

それでもまだまだ知りたいことは沢山ありました。

その男は、あろうことか、本を買うために消費者金融に頼り、
ずっと欲しかった博物学の古書に手を出しました。
古書は高い。
その男は古書のために1億4000万円の借金を背負いました。

しかし神様は、その男を見捨てなかった。

膨大な知識量は、
テレビや雑誌、その男を各メディアに登場する機会を作りました。
そして、書き上げた『帝都物語』に
印税1億5000万円が振り込まれました。
ほぼ、ピッタリ古書の借金分です!

宇宙はよくできています。
これで、めでたく借金を返済!

彼の名前は、荒俣宏さんです。

今まで書籍に費やした費用は約5億円だそうです。


荒俣宏さんにとって
「知りたい!」
そのためならスーツは1着でいいんです。


「知りたい!」
そのためならご飯も1日1食でいいんです。


荒俣宏さんは、
自分にとっての「トップ・プライオリティ」(最優先事項)
がはっきり見えていたんです。

荒俣さんにとって、「知りたいことを知ること」こそ、
人生で最も大切にしたい優先順位の高いものでした。
そして、人は、最も大切にしたものから大切にされるのです。



ちなみに荒俣宏さんは、
仕事でロンドンへ行った際に、ロンドンから電話をかけて、
元客室乗務員の原泰子さんにプロポーズしようとしたそう。
しかし、原さんは不在だった。
で、留守電にはこう入ってたそう。
「プロポーズしようと思って電話したんですが、いらっしゃいませんでした」って。
留守電でプロポーズ……。

最も伝えたいことを、最も早く伝えたかったんでしょうね(笑)。


このお話、今回も下記の本から引用しました。
出典「3秒でハッピーになる超名言100」ひすいこたろう
http://amazon.co.jp/o/ASIN/9784799322178/nicecopy-22


というわけで、
1ヶ月連続配信のメルマガ
今日まで1ヶ月お付き合いありがとうございました。

10数年ぶりの1ヶ月連続配信
で、原点を思い出しました。

と同時に
年も感じたな(笑)
16年前はきっちり真夜中0時配信を5年間も続けられたのにね。
今回は、ゼーゼーはーはー配信でした(笑)

明日が最後になりましから、
このあたりで
僕が感じてることをストレートにお伝えしようと思います。


最後だから、真面目に語ってもいいかな(笑)

じゃあ書くね。


今回のコロナウイルスで
僕らが今、問われているのは、
最も大切なことを
最も大切にすることじゃないか
と感じているんです。

最も大切なことを
最も大切にしたら、
荒俣宏さんの例のように
それはそれは大きな変化を引き出せるのです。

今、改めて
最も大切なことは何かというと、
いうまでもなく、
「いのち」であり、
「地球環境」ですよね。

もしコロナが蔓延しなかったら……

ひょっとして
人類規模として見ると
もっと最悪な未来が待っていたのではないか
そう感じることがあるんです。

コロナが未来の地球のために
なかなか変われなかった人類のために
いま、ワールドシフトを促してくれているんじゃないか。
いまを生きる僕らとしては、
大変な痛みが伴いますが、
未来の地球のためには
ここで一気に方向転換する必要があるのではないかと。
こんな大変な時代に、
今日、生まれてきてくれた子どもたちのために……。

フィンランドの独立研究機関であるCREAの分析によると、
経済が減速した影響で中国だけでも
2億トン分の二酸化炭素(CO2)が
大気中に排出されなくなったそうです。

CNNによれば、
深刻なレベルに達していたインドの大気汚染物質も激減し
(PM2.5の濃度は、3月20日から27日にかけて71%も低下)、
青空が戻っているのだそうです。

インド北部では、これまで見えなかった
200キロ先のヒマラヤ山脈が30年ぶりに見えるようになったといいます。
コロナ対策で、大気汚染が劇的に改善している面もあるんです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-35152184-cnn-int

僕も含めて
自分だけが良ければいいことを
最優先してきたのが
これまでの社会だったと思います。
それがもうギリギリのところにきてしまったのではないか……。

これからは
未来の地球にとっていいことを
100年後の子どもたちにいいことを
最優先にして
価値観
働き方
ライフスタイル
全てをシフトさせていくことが、
いま問われているのだと感じます。


僕ら現代人は、もっともっとを追求してきました。
「もっと儲かるために」
と進めてきた個人の幸福追求が、
地球環境の破壊にまで至ってしまっています。

いま、憲法13条で保障されている個人の幸福追求が、
全体の不幸をもたらすところまできてしまったわけです。

「自分さえよければいい」の結果、
いま、地球が悲鳴を上げている。

ゲリラ豪雨や異常気象は天災じゃなくて、
きっと環境破壊による人災の部分もあると思うんです。


きっと僕らが想像する以上に
地球はギリギリのところにきていたんだと思うんです。


未来から見たら、
コロナは、
ここで人類がシフトできるかどうかの
ラストチャンスなのかもしれません。

いまならまだ素晴らしい未来を人類はギリギリ選べるんです。


僕が心理学を学んだ衛藤信之先生は、
ネイティブ・アメリカンの人たちと1年間一緒に暮らしたことがあります。

彼らは、儀式で使う1本の木を切り倒すのに、
どの木を切れば、7代先の子孫たちが困らないか、
喧々諤々の話し合いをしていたそうです。

たった1本の木を切るのにそこまで子孫たちのことを真剣に考えるのです。

そして1本切ったら、1本植えるのです。

でも、考えてみてください。
この決断が100年後の未来まで変えているのです。


僕らは1秒の決断で
100年後まで変えられるのです。


それができるのは……
人間だけです。


100年後の子どもたちがワクワクするような現実をいまこそ選ぼうよ。
地球環境と共存できる生き方を探し始めようよ。
人類が本気出したら、すごいと思うんだ。

だって地球環境を
ものすごく破壊できるってことは
ものすごい素晴らしい創造もできるってことだから。

いまこそ、未来の兆しをつかみとろう。
共存共栄の新価値を作り出そう。

100年後の教科書を見る子どもたちは
胸をときめかして、
この時代の歴史を勉強すると思うんです。

100年後の子どもたちは、
先生にきっとこう質問するよ。

「先生、どうして令和の時代は、あんなにヒーローが続出したんですか?」って。

幕末に吉田松陰や高杉晋作、坂本龍馬などヒーローが続出したように。

いつの時代も
試練が魂を磨いてくれるからです。

NO RAIN NO RAINBOW
瞳に涙がなければ魂に虹はかからない。

コロナという「壁」を
優しい未来の「扉」に変えよう。


僕は知っています。
君はそのために生まれてきたことを。



ではではまた。
ひすいこたろうでした。
UniverseThankyou
▲▲▲アリガ島▲▲▲

追伸

サムライの語源は「さぶらう」で
「大切なものを守る」という意味です。

幕末のサムライは、
自我を超えて
主君を超えて、
日本の未来を
愛してくれた人たちです。
それが僕らの先輩たちです。

公(おおやけ)に生きるとは、
大切な何かのために、この命を使う生き方です。
この世界を生まれてきたときよりも、
少しでも良くなるように。

公とは、もともと「大きな屋根のもとで」という意味です。
公こそが本当は一番楽しく、
公こそが本当は一番清々しいのです。

そのために書いた物語が、今度の新刊です。
思いのたけをブログに書いたので読んでもらえたら嬉しいです。
https://ameblo.jp/hisuikotarou/entry-12589688955.html

ハッピーニューアース男・川島孝一さんが
僕の幕末魂を60分インタビューしてくれたので
よければお聞きください。
ひすいこたろう&川島孝一 
新刊発売記念。緊急オンライン対談!
https://youtu.be/xkF8QYb-9C8


たっちゃんとのpodcastラジオ
We have a dream!でも、
じっくり新刊について語っています。
第187回YouTube版
https://youtu.be/kHMBZT8gv_c



さーーて
今日は最後
真面目に語っちゃったな。

ラストは、
ゆるいやつでしめようかな。
まあそれは明日考えよう。

ではではまた明日。

ひすいこたろうでした。

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/04      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧