鹿児島市西千石町の「フレッセ厚生市場」にある靴修理・鞄修理・合鍵作製のお店です。
 

店 名   リペアショップ鹿児島店
住 所   鹿児島県鹿児島市西千石町13-11
電 話   099-223-1766 
店舗URL http://ebisusama2322.on.omisenomikata.jp/


漢字が教える物事の本質!!

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”漢字が教える物事の本質”です。


文字、特に漢字は子供が自由画を描くように、原始人が自然に生み出したものです。
そして、漢字は我々の絵画的趣味や心境を表現しようという要求により、複雑に働き統一含蓄されていきました。






漢字の「囚」を例に説明していきます。


人間を檻の中に入れると囚人になります。
原始的感情から言うと、まことに憎むべきで、殺してしまえばいいものを、囚人にご飯を食べさせます。

だから、囚人の「囚」という字の下に「皿」という字をつけ、更に湯茶・水も飲ませてやりますので、三水編(さんずいへん)をつけます。

そうすると「溫」、 ”あたたかい” という文字になります。

そうして、その囚人に溫い茶や食事を与えるだけでなく、”何故こういう悪いことをし罪を犯したのか”とその「溫い心」から尋ねてやる。
そこで、この「溫」という字を 「たずねる」 と読みます。

「温故知新」(ふるきを溫ねて新しきを知る)というように「たずねる」と読みます。

即ちこの「溫」という一字が、
犯罪とはなんであるか!
刑罰とは何であるか!

何のために犯罪者に刑を課すのかという刑法学の根本にふれているのです。

我々が普段なにげに使っている漢字に、このような非常な深い意味合いがあるんですね!






字統   白川静/著


教育漢字、常用漢字、人名漢字など、日常使う漢字6838字の文字の成り立ちをさぐった漢字字源辞典。
漢字といえば白川静、この方に尽きます。

親字を五十音順に配列。
字音索引:同音の文字の形や意味の共通性がわかる
常用字形のほか旧字・異体字・俗字が見出しに
甲骨文・金文等のその文字の原初の形を掲載。
字訓索引、部首索引付き。



コメント

  1. よがわ
    2012/07/22 18:05
    アルファベットやカナと違い、漢字には奥深いものが有りますね。
    拘置所に住んでいる、刑が確定した囚についても、相応な人権が守られています。
    とても勉強になりました。
    2012/07/23 10:34
    コメント、誠に有難うございます。
    漢字は人間が生活する中で出来上がった文字なので、ほとんどの漢字が深い意味を持っているのではないかと思います。




トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/2322/trackback/22473

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/12      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧