鹿児島市西千石町の「フレッセ厚生市場」にある靴修理・鞄修理・合鍵作製のお店です。
 

店 名   リペアショップ鹿児島店
住 所   鹿児島県鹿児島市西千石町13-11
電 話   099-223-1766 
店舗URL http://ebisusama2322.on.omisenomikata.jp/


宗教と道徳 その②

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。
今回は、”宗教と道徳 その②”です。

前回のブログで宗教と道徳を純文学と大衆文学に例えて書きましたが、理解不足だったので、その②を追加しました。


ひろ ちさや氏の「禅入門」からの話です。

ある大正生まれの少女が、明治生まれの父と列車に乗った時(大阪~東京)のエピソードです。

行きの列車の車内は三等車で、車内はゴミだらけだったので、彼女は鼻をかんで座席の下にポンと捨てました。その時は、お父さんはなにも言わなかったそうです。
帰りの列車は一等車で、まわりに一つもゴミが落ちていなかったので、彼女は鼻をかんでそのゴミを捨てづにポケットに入れました。

すると、それを見ていた父が彼女を叱りました。
「おまえは、まわりがゴミだらけだとゴミを平気で棄て、まわりが綺麗だとすてられない。そんな主体性のない子供なのか」と。

お父さんは、娘に道徳を教えようとしたわけではありません。
”道徳”であれば、彼女がゴミを捨てた時に怒ったはずです。そうでなくて、彼女が周囲に動かされている。そういうだらしない人間であることに怒ったのです。

”これが宗教と道徳との違いなんだ” と父は教えてくれたのではないかと思ったといいます。


ひろ氏曰く、

つまり、宗教(仏教:禅)が何を教えているかといえば、 ”こだわるな” なんです。
わたしたちは、ゴミを汚いとこだわっています。その汚いと思う、おまえの心がが汚いぞ!と禅は教えています。

つまり、ものをきれい・汚いに分けて考えていると、人間までもきれい・汚いと差別して見るようになります。
みんな仏様の子であり、仏の子にきれいも汚いもないことを忘れてしまいます。
それが一番恐いことなんだと!

だから、禅は「差別するな!」 「きれい・汚いにこだわるな!」 「ゴミを気にするな!」と教えているのです。
道徳のように、「ゴミを棄てるな・ゴミを拾いましよう」という言葉は一切出てきません。
汚いそのままでいいんです!と。

また、ひろ氏は、仏教(禅)の基本原理を要約すると、下記のようになると言っています。

1、莫妄想(まくもうぞう)  …… 余計なことを考えるな!
2、一得一失         …… なんだっていい!
3、自灯明(じとうみょう)  …… 他人のことはほっとけ!
4、放下著(ほうげじゃく)  …… 常識を捨てろ!
5、竿頭進歩(かんとうしんぽ)… がんばるな!     


私もそうなんですが、今まで教えられた道徳(儒教)=世間の物差しで考えると、なかなか上記エピソードは理解できないと思います。(私もいまいちピーンときてません)
仏教(禅)は、道徳や世間の物差しでなく、仏様の物差しで見ていくしかないようです。

再度、宗教と道徳に挑みましたが、やっぱり表現するのは難しいですね!




コメント

  1. 南薩隼人
    2012/10/31 06:15
    奥深い話です。
    修業不足を感じました。
    2012/10/31 11:03
    コメント有難うございます。
    取りあえず、「宗教と道徳 その④」まで作成しましたが、
    自信の力不足を痛感しました。難しいテーマです。

    現在その流れで、神道・仏教・儒教が日本人にどのような影響を与えたのかを探究したいと思って、資料を探しています。



トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/2322/trackback/22845

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/03      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧