鹿児島市西千石町の「フレッセ厚生市場」にある靴修理・鞄修理・合鍵作製のお店です。
 

店 名   リペアショップ鹿児島店
住 所   鹿児島県鹿児島市西千石町13-11
電 話   099-223-1766 
店舗URL http://ebisusama2322.on.omisenomikata.jp/


愚直に、素直に、トライして

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。



本日は、かめおかゆみこさんの★今日のフォーカスチェンジ♪
「愚直に、素直に、トライして」です。




アルベール・カミュの「誤解」は、

20年ぶりに帰郷した男が、

それと気づかない母と妹の前で、
「ぼくだよ」と名乗ることができず、

金品目当てに殺されてしまうという、
悲劇をあつかった作品です。


なぜ、
そのひとことが言えなかったのか。

母親なら、20年ぶりであろうと、
きっとわかってくれるだろうという、
期待があったからです。

もっと言えば、自分から告白すると
いう、「勇気」をふるうのではなく、

相手にわかってもらいたいという、
甘えがあったのです。


そのために、いのちを落としてしまう
というのは、極端な話だけれど、

言うべきことを言わずに(言えずに)
終わったために、

あとあと、ずっと後悔するというケー
スは、日常にもあるような気がします。


もちろん、言ってしまったために、
人間関係で傷つくことがあったり、

自分に不利益になることがあったりし
て、後悔することもあるとは想います。

ただ、それって、たいていの場合、
事前に予測できないと想うのです。


そもそも、予測できる場合は、

そうならないために、
策を練らなきゃいけません。

やみくもに、ぶつかることが
いいわけではありませんから。


それでも、100%うまくいくとは
かぎりませんが、

少なくとも、そこから検証して改善
していくヒントにはなってくれます。


私たちは、どんなことも、未体験の
ことについては、初心者なのです。

初心者は、初心者らしく、

何かをショートカットして、うまく
やろうなんて、姑息なことは考えず、

愚直に、素直に、トライしていく
ほうがいいのです。


一回もころばずに、自転車に乗れるよ
うになったひとは、いないでしょう?

中学・高校時代の部活。

一度も悔し泣きせずに、試合に
勝てたひとは、いないでしょう?

そのほか、社会に出て、
あたらしい仕事をおぼえるときだって、

何もかも、すいすいと、こなせちゃっ
たなんてことは、ないでしょう?


それが、「量稽古」なんです。

私たちは、ちゃんと、そうやって、
今日まで生きてきたんです。


傷つくことにフォーカスをして、
トライすることをやめてしまえば、

あたらしい地平はひらけません。

だまって、相手がわかってくれる
のを、待っていた男のように、

ほしいものは永遠に得られないのです。


今日は、ちょっと、辛口の
メッセージになったかもしれません。

けれども、けっして、
批判や否定の気持ちではありません。


いつも書いていますが、

全宇宙で、ただ一回かぎりの人生を、

燃やせるかぎり、燃やし尽くして
みたいと想いませんか?

世界で、たったひとりしかいない自分
を、使い倒して、楽しみましょうよ!


そう。

ジェットコースターもお化け屋敷も、

スリルやどきどきがあるから、
おもしろいんです。

人生だって同じです。


大丈夫。

終わりよければすべてよし!

おしまいはすべて、ハッピーエンド!

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/2322/trackback/28969

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2018/11      >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧