鹿児島市西千石町の「フレッセ厚生市場」にある靴修理・鞄修理・合鍵作製のお店です。
 

店 名   リペアショップ鹿児島店
住 所   鹿児島県鹿児島市西千石町13-11
電 話   099-223-1766 
店舗URL http://ebisusama2322.on.omisenomikata.jp/


面白いとは何か?

テーマ:ブログ
リペアショップ鹿児島店の坂元です。





今回は、森博嗣氏の心に響く言葉より…「面白いとは何か?」です。


人間は、そもそも「新しい」ものが好きだ。

これは「好奇心」と呼ばれる性質でもある。

見たことがないものに近づき、手を出して、触りたくなる。


多くの動物にも、好奇心はあるにはあるが、人間ほどではない。

自然界の動物は、新しいものをむしろ避ける。

危険なものかもしれない、と判断するためだ。


好奇心旺盛なのは、子供や若者であるが、人間の場合は、かなり老年になっても、それを持っているようだ。

なかには、もう新しいものはいらない、今のままで良い、と頑なになる老人もいるようだが、いくつになっても、自分の好きな分野では、新しものに手を出したがる。

ただ、比較をすれば、そういった傾向は、やはり歳とともに衰えるように観察される。


「新しい」ものの「面白さ」に若者は敏感であり、年寄りは鈍感だといえるだろう。

この傾向からすれば、歳を取るほど、「面白い」ことは減っていく道理になる。

これはある意味しかたがない。

なにしろ、経験を重ねるほど、その人にとって「新しい」ものが減っていくことは必然であり不可避だからだ。

「それは、もう知っている」「試したことがある」という境地に達してしまう、ということだろう。


若者や子供は、新しいものに目を輝かせる。

「面白い」というよりも、「可能性」のようなものに惹(ひ)かれているのかもしれない。

つまり、「面白そうだ」という感覚である。

面白いかどうかは、試してみないとわからない。

だから「試してみたい」との欲求である。


子供が、何を見ても、「やらせて」とせがむのを、大人は知っている。

逆に、大人になるほど、手を出してみても、自分の得にならない、という悟りを開いてしまうのだろう。

子供は「無知」であるから、知らないことが周囲に沢山ある。

それらを知ることが、「面白い」のだ。

おそらく、知識を得ることで自身が有利になれるとの「予感」があるためだろう。


知らないよりも知ることは有利だ。

他者との競争にも勝てるし、自身の将来の可能性を広げるだろう。

つまり、好奇心とは自分が「成長」するイメージを伴うものである。

この自身の「成長」が「面白い」と感じられるのは、躰を鍛えたり、技を磨くための練習が「面白い」ことにもつながる。

いずれ得られる満足を予感させる「面白さ」といえるものだ。


「意外性」とは、その人が思い描いていない未来が訪れることだ。

これは、普通は「面白い」ことではない。

もし、ビスケットがもらえなかったら、犬はがっかりする。

いったい何が起こったのか、と途方に暮れる結果になるだろう。

人間の場合も、想定しない事態が発生することは、歓迎できない場合が多い。

特に、予期せぬトラブルなどは困る。

というよりも、想定外の悪い事態をトラブルと呼ぶのである。


ところが、その意外性が、「面白さ」になる。

ここは、さすがに犬ではなく人間だから、といえるかもしれない。

すなわち、「意外性」の「面白さ」を理解するには、或る程度の思考力や知性が要求される。


突拍子もないことが起こると、人はまずは驚く。

意外なことに対しては、びっくりするのが最初の反応だろう。

しかし、それが「面白さ」に変化する。

たとえば、ギャグの中には、この意外性がある。

変なことを言うな、という驚きがある。

もちろん、定番になって、来るぞ来るぞと期待したところへ出てくるギャグもあるが、慣れてしまうと、普通は笑えなくなるものだ。

これは、意外性がなくなるからにほかならない。


『面白いとは何か?面白く生きるには?』ワニブックス「PLUS」新書





「面白がる人には、どんどん面白いことが降ってくる」(小林正観)

小林正観さんは、宇宙の法則として、「投げかけたものが返ってくる(投げないものは返ってこない)」というものがあるという。

これはつまり、物理学でいう「作用」「反作用」と同じことで、言葉を換えて言うなら、「愛すれば愛される」「愛さなければ愛されない」「感謝すれば感謝される」「感謝しなければ感謝されない」「嫌えば嫌われる」「嫌わなければ嫌われない」「憎めば憎まれる」「憎まなければ憎まれない」ということ。

そして、自分に返ってくるものについて「宇宙は倍返し」という方程式があるともいう。

投げかけたものがまだ返ってこない間に、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を一切言わなければ、二倍のものが返ってくるという法則。


つまり、面白がる人には、どんどん面白いことが起こり。

逆に、つまらなそうな人には、ますますつまらないことが起こるということ。


二度とない人生、面白がって生きていきたい。










コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/2322/trackback/29336

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/12      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧