鹿児島市西千石町の「フレッセ厚生市場」にある靴修理・鞄修理・合鍵作製のお店です。
 

店 名   リペアショップ鹿児島店
住 所   鹿児島県鹿児島市西千石町13-11
電 話   099-223-1766 
店舗URL http://ebisusama2322.on.omisenomikata.jp/


「こんなときだからこそ伝えたいことその①」

テーマ:ブログ



リペアショップ鹿児島店の坂元です。


今回は、●致知出版社の人間力メルマガ 2020.3.9より、
【特別企画】 「こんなときだからこそ伝えたいことその①」です。
───────────────────

いつも人間力メルマガをご愛読いただき、
ありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
全国の小中学校に3月2日から
春休みまでの間、臨時休校をするように
政府が要請を出しました。


そんな中、
『ビジネスリーダーのための歴史失敗学講義』
などの著書がある、作家の瀧澤中(あたる)先生から
一通のメールが届きました。

「休校中の子どもたちを
 何かで元気づけられないか?
 不安を和らげてあげられないか?」

そんなふうに、いろいろと考えてくださった結果、
「人間力メルマガ」にて、
特別にこんな記事を寄稿してくださることとなりました。

テーマは、

休校中の子どもたちに贈る
「こんなときだからこそ伝えたいこと」


3月9日(月)から13日(金)までの
5日間限定で、毎日正午にシリーズで
配信いたします。

お読みになりましたら、ぜひお子さまやお孫さまにも
このお話を共有していただけましたら幸いです。


………………………………………………

学校にかよっているみなさんへ。
これから5日間、
あなたにあてて、手紙を書きます。

なにを書くのか。
あなたが不安なとき、
あなたが勇気をほしいとき、
きっと役に立つ5つのことを書きます。

なんだかわからないけど、危険が迫っているらしい。
お店からモノがなくなっていて、不安。
いつ、ふつうの生活にもどれるのか、わからない。

恐怖や不安で気をつけることは、
そのことで心がいっぱいになり、
自分の大切な時間をムダにしてしまうことです。

あなたが与えられた、思ってもいなかったお休み。
恐怖や不安でムダにすることなく
有効に使える1つ目の方法を、お教えします。

「たった2年半で、
総理大臣2名と大臣7名、
大学の創始者を2名つくった塾。
入塾試験、なし。
成績、関係なし。
授業料、無料。
年齢、10歳でもOK」

そんな塾があったら、
行ってみたいと思いませんか?

ただ入塾のとき、1つだけ聞かれます。
「何のために学ぶのか」、と。

このとき、
「成績がよくなりたい」
なんて答えでは、だめなんです。

塾の先生は、

「成績よりも、学んだことを世の中のために実行すること、
それが大事です。
本を読んだり、勉強することは誰でもできる。
成績を上げるのも、誰でもできる。
大事なのは
世の中のために、勉強したことを活かすことなのです」

なんだか、むずかしいですねぇ。
でもこれ、実はすごく勉強をするきっかけになるんです。

この塾には、もともと勉強のできる子もいましたが、
タバコばかり吸う、どうしようもない不良少年や
正規の学校では怠けてばかりの子も、たくさんいました。

でも、入塾したあと、彼らは一所懸命勉強するんです。
それは、
「世の中のために役立ちたい」、
そういう気持ちを持ったから。

もっとわかりやすく、言い換えましょう。
たとえば。
あなたがひまつぶしにコンビニに行くときは、
べつに急がず、だらだら歩くかもしれない。
でも、
家族が急病で、お医者さんを呼びに行くとなったら、
あなたは、だらだら歩きますか?
きっと一所懸命、走るのではありませんか?

だらだら歩けば、10分。
一所懸命走れば、3分。

これが、
「自分以外の人のために役立ちたい」
ということの、時間的な違いなのです。
たった7分の差。
でも、これが毎日だったら、どれほど大きな差になるでしょう。
実は人間は、他の人のためなら、走れるのです。

塾の名前は、「松下村塾」。
聞いたことがあるかもしれませんね。
先生の名は、吉田松陰。
吉田松陰は、わずか29歳で、刑死します。

吉田松陰が松下村塾をやっていた時期は、
松陰は仮釈放中だったので
いつまた牢獄につながれ、死ぬかもしれない。
そういう「恐怖」の中にいました。

でも彼は、恐れません。
なぜなら、彼は
「自分以外の人のために役立ちたい」
と思っていたから。

他の人のために生きる人間は、
自分がどうなるか、ということは後回し。
だから、不安も後回し。

そして、自分のためではなく
世の中のために頑張らなければいけなかったから、
サボってなんかいられません。

塾にいた生徒たち、
不良も、貧しい家の子も、怠け者も、
「なんのために勉強するのか」、を問い、
「世の中のために役立ちたい」、そう考えたから、
わずかな時間で大きく成長します。

だって、自分のためなら、サボっても自分が損するだけだけど、
世の中のためなら、サボったら、世の中が悪くなってしまいます。

たとえ自分の生活のすべてでなくてもいい。
そういう気持ちを、ほんの少し持つだけで、
人は強く、そして勤勉になれるのです。

まあそうは言っても、人間は弱いものです。
どうすれば、
「世の中のために役立ちたい」
なんて気持ちになれるのか。
明日は、そこからお話ししましょう。
けっして、むずかしい話ではないんです。



※3月13日(金)まで、
 全5回にわたってシリーズで配信いたします。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/2322/trackback/29395

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/04      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧