鹿児島市西千石町の「フレッセ厚生市場」にある靴修理・鞄修理・合鍵作製のお店です。
 

店 名   リペアショップ鹿児島店
住 所   鹿児島県鹿児島市西千石町13-11
電 話   099-223-1766 
店舗URL http://ebisusama2322.on.omisenomikata.jp/


この星にSpark JOY その1

テーマ:ブログ

リペアショップ鹿児島店の坂元です。





今回は、ひすいこたろう●名言セラピーより「この星にSpark JOY その1」です。

-------------------------------------

ひすいこたろうです。
ブログ、メールマガジンを5年間毎日書いて配信していた時期があります。
16年前です。
あれからだいぶ時間が経ったんだなー(遠い目)

で、最近、とてもお世話になる方が僕にこう言ってくれたんです。


「ひすいさん、今こそまた毎日配信を復活させる時じゃないですか?
日本はいま、コロナでみんな不安になっている。
ひすいさんの文章にはホッとさせる力がすごくあるから、
今こそ、ひすいさんの出番です」

その方が僕に何かを頼んでくれるのは初めてのことだし、
この時期に僕ができることがあるなら
よし、やってみようか……。


というわけで、
今日から1ヶ月間、メールマガジンの毎日配信をスタートします。

かつてのように毎日真夜中0時配信にします。

真夜中0時。
今日でもなく
明日でもないような狭間の時間
真夜中0時。

あえてメールマガジンで再開します。
君のご自宅のポストに手紙をお届けするって想いで送りたいから。
(最近はメールアドレス使ってないって方もいるから、翌日、同じ内容をブログにアップしますね)

では今日がその一回目の配信。
なんだかあの頃が懐かしいな。


ベストセラーになった、
「人生がときめく片ずけの魔法」は全米でも1位になり、
著者のこんまりさんは、アメリカのタイム誌でも、
「最も影響力のある100人」に選ばれています。

この本が英語に訳されるときに、
「ときめき」
という日本語に該当する言葉がなかなか見当たらなかったのだそう。
そこで生み出された言葉が
「Spark joy」です。


「Spark」は「火花」とかキラキラしたものに使われる言葉で
「joy」は「喜び」「幸福感」という意味。
2つ合わせて、
「Spark joy」(ときめき)です。




今、この星にいちばん足りないのが
「努力」ではなく
「根性」でもなく
「ときめき」です。



世界的に権威のある世論調査会社ギャラップ社が50年以上かけて
150カ国で調査した幸せに関するデータをまとめた「幸福の習慣」によると、

日々接する家族や友人が幸せを感じていると、
その周りの人が幸せを感じる可能性が15%高まるという研究結果が出ています。

コロナウイルスも人に感染しますが、
幸福も人に感染するってことなんです。
ときめきも人に感染するってことなんです。


だからこそ、僕は、今こそ、この星に「ときめき」を増やしたい。
ときめきを感染させたい。
この星の、ときめき担当大臣になりたい(笑)

というわけで、今日から
どうしたらこんな不安に溢れる時代の中で
ときめきを生きれるか、
ひすい式の秘策を1ヶ月間毎日配信したいと思っています。



題して
「この星にSpark JOY」


秘策その1は、
不安にいい子いい子
「自分の不安を受け入れ、認め、ゆるすことです」


話はそこからだ
と、言ってもいい。

チーターよりめちゃめちゃ足が遅くて
ライオンよりめちゃめちゃパワーが弱くて
鳥のように空も飛べない、ひ弱な人類が
10万年以上も生き延びてきたのは、
人類の「不安力(不安になる力)」
がズバ抜けて高かったからです。

不安だからこそ、最悪に備え、
体力的には超ひ弱な人類が10万年以上も生き延びてこれたのです。
自分の不安を敵にする必要はない。
不安は人類の才能(武器)の一つです。
「今、めっちゃ不安だぜ俺。えっへん」って
むしろ、誇っていい(笑)


「でもひすいさん、不安は不安を引き寄せるっていうじゃないですか。
 例えば、ガン保険に入ると、ガンになることが前提だから、
 ガンを逆に引き寄せるという考え方をする人もいます。
 この場合は、どう考えればいいんですか?」

「大切なのは、自分の中にある不安をなかったことにしようとするのではなく、
 ちゃんとみてあげること。
 自分の中に、ガンになる不安があるなら、その不安を無視せず、
 ちゃんと保険に入るなどいまできることを冷静に対処しておけば、
 そこからは、逆に気にせず生きることができる。
 自分が安心する方を自分で選ぶことが大切だと思う」

受け入れたら味方になり、
拒否したものが敵になるのが宇宙ルール。
不安も受け入れたら味方になるし、拒否したら敵になる。


今、食料の確保など、非常事態に対する備蓄をすすめる人も多いから、
「それをどう受け止めたらいいのか心がモヤモヤしてしまいます」
と先日も相談されたんですが、
モヤモヤしてる時点で、本当は不安を感じてるってことだから、
「わたし、不安なんだ」と認めてあげて
しっかり冷静に対処したほうがいいよね。

今、できることを今、やっておけば、心に少しスペースが生まれるから、
そのスペースに今度は「ときめき」を満たしていける余地が生まれる。

不安を不安だけで終わらせず、
不安対処をしっかりした上で、
ときめきに向かえるのが
人類の底力です。
人類をなめんなよ(笑)

車で考えるとわかりやすくなります。
どこかに行きたいと思ったら
カーナビで、心がときめく行き先「目的地」を入力するよね。
でも「目的地」を入れるだけでは目的地につかないんです。
「目的地」に着くには
「現在地」も入力しないといけない。
「現在地」とはあなたの現在の本当の心の状態です。
本音、本心ともいえます。
不安なら、不安な自分をちゃんと認めてあげて、
今、できる対処をちゃんとする。
それが「現在地」を入力するってことです。

すると、心に余白が生まれるからその余白に今度は
「ときめき」という「目的地」を入力して行くんだ。

「現在地」=「自分の本音をありのままに認めて、今、できることをやる」
「目的地」=「ときめく未来を描く」

というわけで、ときめく未来の描き方は次回お伝えするよ。

ホピの預言では、
地球が病む時に
「虹の戦士」が現れると言われてるんだそう。

うん。
あんたのこと。
だから、あんたのことだって!
もーーーーー薄々気づいてたくせに!!!(笑)

「虹の戦士」=「あなた」です。


あなたの担当する持ち場で、
幸せ、とめききという虹を
増やしていってな。


こんな感じで1ヶ月
毎日配信していくよ。
1ヶ月よろしくね。





「明るい日」と書いて「明日」
ではまた明日ね。

ひすいこたろうでした。
UniverseThankyou
▲▲▲アリガ島▲▲▲


おまけ-------------我が家の虹の戦士「息子の名言コーナー」

時々「今日は高校を休む」と
宣言する高校生の息子くん。
理由は……


「心のメンテナンス」
だそうです。


そう言われたら
もはや「ノー」は言えないよね(笑)


でも、とうちゃんは薄々気づいてるよ。

君が「今日は高校を休む」と宣言する日は
いつも雨の日だってこと……。

No Rain No Rainbow

うちの息子の伝説集
まだの方はぜひ読んでみてね。
https://ameblo.jp/hisuikotarou/entry-12465294273.html
肩の力がめっちゃ抜けますよ。



ではまた明日ね。







コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/2322/trackback/29400

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/04      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

招き猫

靴修理店 店長ブログ!

鹿児島市西千石町のフレッセ厚生市場内にある靴修理・鞄修理・合鍵作製の店「リペアショップ鹿児島店」です。

ホームページ

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧