どうして?朝ごはんを食べる理由
このページでは、朝ごはんを食べると
どんな良いことがあるのか?その理由や、
朝ごはんに関する豆知識を紹介していきます。

「鹿児島の朝ごはんを食べよう!」キャンペーンメインページはこちら

第3回「朝食べるから朝ごはん?」

テーマ:ブログ
おはようございます!
今回の「鹿児島の朝ごはんを食べよう!」キャンペーンブログの
管理人「朝 ごはん」です。

さて、第3回目の今回は、
「どうして朝早くごはんを食べるのが大切なのか」
を詳しく説明しましょう!

朝食べた「ごはん」が、
脳のエネルギー源であるブドウ糖に変わるのには、
食後30分から1時間ぐらいかかるそうです。
そして食べたものが消化されるのは、
健康な成人男女であれば、だいたい3時間ぐらい。

そうすると、消化が終わってしまう3時間後ぐらいからは、
ブドウ糖の濃度はだんだんと下がっていくんですね。

「ごはんをいっぱい食べとけばいいんじゃない?」
と思う方もいるかもしれませんが、
第1回でも説明したように、ブドウ糖は体の中には
大量に貯蔵しておくことが出来ないので、
やっぱり1日3食、しっかり食事を取る事が大切。

お昼ごはんって、だいたい12時くらいに食べますよね。
すると、遅くても朝 9時までに「ごはん」を食べれば、
良い間隔でブドウ糖の補給が出来るって事になりますね。

学校や会社が始まる前に食べるのが朝ごはん、

休み時間の早弁は朝ごはんにはならないんですね!

皆さんも朝ごはんを食べて元気に一日をすごしましょう!

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/asagohan4/trackback/3292

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/11      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

朝ごはんロゴ

~どうして?朝ごはん~

鹿児島で作られた
素材や食品を食べて
鹿児島のみんなが
元気になることを目指した
鹿児島を食べる、
鹿児島のための
キャンペーンのブログです。