1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

壁掛けテレビDIYできないときには?

テーマ:その他






壁寄せテレビ台を注文してみました。
http://amzn.to/2oxAZhA
壁に穴を開けたくないけど,壁掛けテレビみたいに周辺をすっきりさせたいので購入。

テレビは国内メーカーの激安6万切り50インチテレビ
スペーサーが付属していましたので,壁掛けキットの取り付けができました。

また,普通の激安モデルとは違いHDMI端子が3つついているので,複数の外部機器の接続ができます。

ということで



Nintendo Switch,我が家も接続しました。


ラザンターR42&Superwall0.5mmが初~中級者に通用しない謎?

テーマ:卓球
鹿児島県社会人卓球の頂点,卓球仙人の桃源郷『ベテラン会』に新ラケットで潜入してきました。
入会10年待ち!の伝説の大会ですよ!

今回私は棄権者の代わりに,参加者170人全22パート中10パートに編成されました。

結果は7勝0敗の1位(非会員のため記録には残らず)

今回の新ラケットはこれ



新ラケット:ラザンターR42&superwall0.5mmは扱いが難しい。

上級者相手には強く,初~中級者には弱い…,なんじゃこのラケット。

結局,2試合めから,旧ラケット:テナジー64&Superwall1.0mmで勝ち進みました。

問題は,バック面です。

バック面の粒高Superwallは0.5mm薄くなっただけで,初~中級者にはボコボコにされます。

これが強いドライブマン相手なら,OXもしくは0.5mmの方が回転を利用できるのですが,初~中級者のフォアうちに対しては棒球しか返球できません。

会場にいた,OXマスターの70歳代県代表のカットマン師匠に聞きに言ったところ,

「ツッツキの練習が足りない」

の一言でした。



ちなみにこんなのも貼ってみたのですが↑

はっきりいって,アラフィフ・チョッパーにとっては,V47はテナジー64の代替品としては使えません。

某有名Webサイトの対応表は,若い上級者にとっての感覚だと思います。

卓球モラトリアム

テーマ:卓球


隼人大会シングル戦に出場してきました。

高校生2人と社会人1人と私の計4人パートに出場。

結果は,1勝2敗。高校生2人(隼人工業,加治木工業)に負けました。

試合をみていた先輩チョッパーから辛辣なアドバイスを頂きました。

「軸がぶれているよ。このままでは,勝てないよ?」

・・・見抜かれていましたか! さすがです。

Nittaku ドナックルで大会出場

テーマ:卓球


1/8 定例の加治木大会に参戦してきました。

今回は元パラリンピック出場の選手や車椅子の選手も参戦。
この加治木大会は,卓球好きが集まり,開かれるようになったそうです。

懐が深く,社会体育を具現化した温かい大会で,私が一番好きな大会ですね。

私は今回 鬼+魔人級にパート編成され,1勝5敗でした。
1勝は達人級の若者。
5敗は私からみると人外のレベルにある魔人級の高齢者(60over)です。
伝説の元九州チャンピオンと2回目の対戦をしましたが,赤子の手をひねるようにやられました。
魔人級の先輩方同士の戦いは,駆け引きが凄まじく見ていても唸ります。勉強になります。

今回新ラケットとして用意したのは


フォア面 キョウヒョウNeo3


バック面 Nittakuのドナックル(極薄)

です。

キョウヒョウNeo3は,男子世界ランキング1位の馬龍選手や,リオ団体で福原をやぶったドイツ代表の帰化選手,カットマンのハンインがつかっている粘着性ラバー。

Nittakuのドナックル(極薄)は,高校総体で準優勝した女子若手有望のカットマン,橋本帆乃香選手も使っているラバーです。この人のプレイが大好きでYoutubeをよくみています。日本卓球女子は海外のカットマンに弱いので,この子の強化に未来がかかっているような気がします。

フォア面(キョウヒョウNeo3)は私との相性がわるく,2回戦から旧ラケット(テナジー64特厚)に変更しました。

バック面(ドナックル)と私の相性は抜群です。

ドナックルは,購入意欲を削ぐふざけた名前をしていますが,性能は抜群で,強いドライブに対するバックカットが自然におさまります。いろいろ試した中でかなりの好印象ラバーです。

(↑いろいろ試しています^^)

現在,バック面に愛用している,マテリアルスペシャリストのSuperwallを表に近づけた印象があり,かなり使いやすいラバーです。価格も安く入手しやすいので乗り換えようか迷っています。

ただし,私が出場している社会人卓球においては,大学生なみに強ドライブをかけている選手は少ないので,厚さ中の方がレシーブにスピードがでていいのかも?と思いました。

私の場合は,戦型も守備9攻撃1より,攻撃9守備1のチョッパーの方勝率があがるようですし,バック面のラバー選択は今後の課題です。

マテリアルスペシャリストのHellcatが手に入れば試してみたいものです。





無垢階段の塗装DIY だって,手垢やシミが心配!

テーマ:その他
■無垢材の階段は保護が心配!


正月,家内がいないので散らかっていますが,写真右が我が家のHEIG階段です。



アップにすると,この通り。
無塗装です。
カッコいいけど,暮らしてみて心配なことがあります。

それは,無塗装のままでは,手垢がついたり,こぼれた液体がしみになったりするのではないか?ということです。

なぜなら,職場は無垢材がたくさんありますが,それは長年経過すると,手垢で黒く汚れます。また,この家の設計の元になった国分のモデルハウスでは,無垢材床にインクジェットプリンタのインク(青)を落としてとれなくなっていました。(粒子細かいですからね)

どう保護をすればいいのか?
ウレタン(ニス)系の塗装ですとせっかくの無垢材が冷たくなりますし,オイル系の仕上げですと階段が滑りやすくなるのではという心配があります。
いろいろ調べてみた結果,このような記事を見つけました。どうやら,オイル系の仕上げでも大丈夫そう!
この塗料は私も検索していて知っていた塗料です。今回は,これをつかって無垢材の階段を塗装することにしました。

■OSMOカラー フロアクリアー

使ったのは,「オスモカラーのフロアクリアー(艶消し)#3062」です。
鹿児島のハンズマンでは6980円。Amazonでは6480円で購入できるようです。


公式サイトによりますと,「自然の植物油と植物ワックス由来なので,安全。また,撥水性、防汚性を付与、表面の耐久性の向上が期待できるようです。まさしく,私が望んでいたものです。

■紙やすりがしんどい!
作業は結構骨でした。

何がきついって,表面の研磨です。
公式サイトでは,紙やすりの240番で整えることが推奨されています。私はその上400番で仕上げました。
(後日談:240番で十分でした。400番は滑りそう。手すりが400番,床は240番)


多分,サンダーがあると便利。写真は某所からお借りしてきたもの。
実際には,あまり使用しませんでした。…粉塵がすごいんですよ。
調べてみると,ネットのおすすめはマキタのサンダー!集塵機能がついているものです。DIY好きな同僚によると,「工具収納のための小屋が必要になってくるよ」と言われたので,今後も借りまくることに決定。

私は掃除機片手に作業しましたので,両手がパンパンになりました。

■乾燥に12時間の2度塗り!
オスモカラーのフロアクリアは,2度塗りが推奨されている製品です。
家内が帰省しているので,2階を封鎖し,一挙に作業することにしました。
まずは,手垢がつきやすいと思われる手すりからとりかかりました。

角度は悪いのですが,↑が未塗装。

↑塗装,2度仕上げ後。
自然な光沢で,なかなかいい感じ!お店の木工製品のようですよ。
やる気がでてきました。

普通のタオルでは毛が残るので,塗装では,メリヤスウェスが必需品です。
ハンズマンで1kg372円。Amazonでは500円オーバー。
刷毛でオスモカラーを塗り,しばらくして,余分なオスモカラーをウェスで拭くの繰り返しです。
*ふき取ったウェスは自然発火のおそれもあるので,必ず水につけてから廃棄します。


上が塗装1度塗り。下が未塗装です。

オスモカラーの公式サイトでは,塗料を塗るための専用のコテも売られています。
塗る範囲が狭いときは,普通の刷毛とメリヤスウェスで十分のような気がします。
刷毛を洗う専用の洗浄剤もうっていますが,刷毛を使い捨てにしたほうが安かったので今回は却下。


1月4日から作業をスタートし,1月7日に作業終了しました。
自然な仕上がりで満足。手垢汚れやシミの心配が軽減されました。
後は定期的にメンテナンスかな?

後日談
HEIG階段で検索してみると,次のような写真(広島イシン)を発見!

鉄骨部分が白と鉄の差があるのですが,我が家と全く同じモデルの階段。
ですが,ステップ部分に塗装が施されている!
しかも,アンティーク仕上げ??
ひょっとして,もともと塗るための素材階段が設置されていたのでしょうか?
要望をだしたら,ここまで仕上げてくれたのでしょうか?

謎が深まるばかりですが,次は,アンティーク仕上げの道が控えているようです。

ワトコオイル
BRIWAX

…などなど,最近のDIYブームで様々な塗料がでています。
色落ちや床材につかっていいのかを検索してからのチャレンジかな。





1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/04      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

ブログバナー