1  |  2  |  3  |  4    次>    

情報モラル全体計画の作り方(熊本県版)

テーマ:先生日記
10月に、市の生徒指導部会の視察で、熊本県に情報モラルの研修視察にいってきました。

県教委主導でうらやましかったので、こちらも紹介します。


【情報モラル全体計画の作り方(熊本県版)】

(1)各学年の目標を設定する。 
 ⇒もとになったのはCECが発表している情報教育モデルカリキュラム案
 ⇒大目標・中目標 小目標
  熊本では県教委レベルで有識者を招いてこれを協議し、よりシンプルな形に作り直しています。

(2)目標達成のための単元策定
 目標を達成するための単元を「意識化」「関連付け」「題材化」の段階に応じて、各教科、総合的な学習の中なから洗い出す作業を開始。
 県教委主導で、小・中・高のワークショップを開催し、作業を行ったそうです。

(3)実践校に研究授業を依頼 
 情報モラルの授業の実践を各学校に依頼し、指導案の回収⇒県全体にフィードバック
 という取り組みをされていました。

 県教委主導でトップダウン方式で取り組まれているのがうらやましい。



 3月1日までに作成して、提出ください。

  とか

 「とにかく悩むより前にやってみてください!」(それも間違いではないのですが)
 
 …という上の方々よりは、ついていこうという気にはなれます。
 
 (また嫌われるようなことを書いてしまった)

次回は、作成中のワードデータも公開しちゃいますので、お楽しみに!

ライオンがもらったもの(学校コラムより)

テーマ:先生日記
学校HPに連載しているコラムをこちらにも投下します。

実はMIXIにも投下していますので、話のリサイクル活動だったりします^




以下




現在、学校は「やったね月間」中です。

毎年、1月終わり~3月初めの約一か月実施されています。

私の前の前の生活指導主任が始めたようで、子どもがいいこと、がんばったことをすると、やったねカードが先生から手渡されます。

10枚たまると、校長室で表彰という取組です。

子どもたちも記事にしていますね。

こちら や こちら

今回の話題は『やったねカード』です。


■先生たちも賛否両論

実は、やったねカードの取組は、職員室でも賛否両論です。

・カードのためによいことをするのか? 

・物でつるのはおかしいのではないか?

 そんな話し合いもあったのですが、今年も結局取り組むことになりました。

 以下は、私なりの解釈なので、学校全体の考えではないのですが、ちょっと紹介したいと思います。



■外発的動機付け

例えば、

「九九の到達の度にシールがもらえる」

「いいことをするとやったねカードがもらえる」


 これは動機付けでいうと、「外発的動機付け」の部類に入るものです。

 わりと、私たちの世界では、批判の多い動機付けのような気がします^^;

 すなわち、

 ・より強い対価(物)を求めるようになる。

 ・賞や罰がなければしないという傾向が助長されやすいという問題性がある。

 ・一時的なもので他律的、依存的なやる気しか生まれない。

 …などなど、そのような批判を受ける方法じゃないかなと思います。
 (詳しく専攻された方がいらしたら補足してくださいね)
 
 あまり多用したり、強調したりしてはいけないと思います。

 だから、内発的動機付けと両輪の必要があると私は気をつけています。



■ライオンがもらったもの

 このような話がでたとき、私はジュディ・ガーランド主演の映画「オズの魔法使い」を思い出します。

 あらすじを紹介しますね。

 主人公ドロシーが竜巻に家ごと巻き込まれて、飼い犬のトトと一緒に不思議な「オズの国」へと飛ばされてしまいます。
 
 かしこくなるために脳みそをほしがるカカシ
 
 心がほしいと心臓をほしがるブリキの木こり

 臆病だからと勇気をほしがるライオン

 と出会います。

 それぞれの願いを叶えてもらうため「エメラルドの都」にいるという大魔法使いの「オズ」に会いに行く。

 
 というストーリーです。

 
 
 古い映画ですから、本で読んでも、映画をみた方は少ないのではないでしょうか?

 ラストで明かされるオズの魔法使いはインチキで、魔法などもっていないただのおじさんです。

 
 ですが、オズの魔法使いの正体を知り落胆したドロシーの仲間の願いは全て叶います。

 映画の感動的なシーンです。

 オズの魔法使い(実はただのおじさん)は、かかしとブリキの木こりに、脳みそと心臓をつくってあげ、いれてあげます。
 
 二人とも大喜び!
 
 
 幼い私は、

 「次はライオンだ。勇気など見えないものをほしがるライオンはどうやってごまかすのさ!」
 
 と首をひねりました。(ひねくれた子どもですね^^)

 
 オズの偉大なる魔法使いは、

 「ライオンくん、君は旅の中でドロシーを守って勇気のある行動をしてきたじゃないか! それを讃えて、偉大なるオズの勲章をあげよう!」

 ・・・といって立派な勲章を授けます。

 ライオンも大喜びです。

(なるほど、これはきっとライオンの勇気になる!)

 と幼い私は大感動しました。


 実は、カカシも木こりもライオンも、苦しい旅の中で賢さも思いやりも勇気も発揮しています。

 成功した達成感を強化するために、物を与えることも(それが妥当であるならば)、教育的効果は高いのではないでしょうか。
 (繰り返しますが、心理を専攻された方は補足してくださいね!)



■私のやったねカード

 さて、私です。

 私の教室は少人数教室(特別教室)なので、配置された掃除当番は6人。

 ですが、普通教室なみに、机・椅子の数は40、しかも、廊下掃除つきと、結構ハードな掃除区域です。

 5,6年生の6人はものすごくがんばってくれています。

 何もいわずとも掃除5分前には集合して(すごい!)、机ひきを開始しています。

 そうじ時間は15分しかないので、前後ろ、大忙し。
 
 みんなで声をかけあいながら、本当に一生懸命取り組んでくれています。

 そこで「やったねカード」です。

 先週の金曜日。

 私は、カードに「いつもありがとう」と心をこめて(!)メッセージをかき、手作りの篆刻で私の印を押し、そうじにきてくれるみんなに渡しました。

 もう高学年です。

 冷めた目でみないかなーと、こちらもドキドキ。

 「ただの紙かもしれませんが、本当にいつもありがとう」

 そういって渡すと子どもたちも

 「わあ、何だか、お年玉みたーい」

 ・・・と喜んでくれました。(よかった。・・・気を遣ってくれたのかな^^)




■今回のオチ

 口だけではなく、あらためてお手紙を渡したようで、こちらもいい感じかなと実感できました。

 ご家庭でも、たまには、「お手伝い、ありがとう」のメッセ―ジカードを渡してもいいかもしれませんよ?

 あくまで、強調したり、多用したりしないという前提のもとでですが・・・^^
 

 さて、今回のオチなんですが、今日(金曜日)出張でした。

 週末に「一週間ごくろうさまでした」と子どもたちに渡すはずのメッセージカードが手元にあります。

 ダメダメです。

 月曜日のそうじ時間が終わったら、先週はありがとう。いつも一生懸命で助かっていますと渡したいと思います。



 ですから、私は偉大なるオズの魔法使いには、到底かないそうもありません。


以上です。


この試みも私が転勤したらなくなりそうですねー^^

この取り組みを始めた先生って多分私の先々代の生活指導主任じゃないのでしょうか。

始めた経緯が残っていないので、話を聞きたいものです。

6年比例 ことばの式を求めるプリント(今日余ったヤツ)

テーマ:先生日記
どうせ使うものですから、ちょくちょく更新。

今日の学習でこっちの方は大量に!余ってしまった、比例の練習プリントです。

ことばの式をつくるための基本問題です。

習熟度別にプリントを作成すると、あまりがでるので、エコ的にはよろしくないです。


ことばの式 きまった数がちょっといじわるなプリント


天ぶろは、Htmlのタグの制限が厳しくて、PDF提供サイトのタグを貼ることができませんので外部にとばしますね。

またしても、解答は配布していません。わはは。

6年生 比例 ことばの式の練習

テーマ:その他
どうせ使うものですから、ちょくちょく更新。

今日の学習で余ってしまった、比例の練習プリントです。

ことばの式をつくるための基本問題です。

習熟度別にプリントを作成すると、あまりがでるので、エコ的にはよろしくないです。


ことばの式 基本問題


天ぶろは、Htmlのタグの制限が厳しくて、PDF提供サイトのタグを貼ることができませんので外部にとばしますね。

例によって、解答は配布していません。わはは。

6年生、比例のプリント配っています

テーマ:その他
鹿児島が採用している、学校図書の算数の教科書に準拠した「算数プリント」を無料配布するサイトをつくってみました。

別に、宿題をネットで配るという意味ではなく、PDFサービスをつかいたかっただけです^^

天ぶろに貼ろうかと思ったのですが、ここのブログは、Htmlのタグの制限が厳しくて、PDF提供サイトのタグを貼ることができませんでした^^

で、タグ利用なこちらのサイトに公開しています。

第一弾は、比例です。

回答まで配布していないのがイジワルです^^

わはは。

サイト名は、開発中です
http://sansuuprint.blog10.fc2.com/
1  |  2  |  3  |  4    次>    

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011/01      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

ブログバナー