<前    1  |  2  |  3  |  4    次>    

休日はマンガを読む

テーマ:先生日記
幼い頃から本を読むのが好きだ。

母親にはよく市立図書館に連れて行かれ,はじめは星新一の本を借りたと記憶している。

生まれて初めて図書館で借りた本のタイトルは,「きまぐれロボット」

挿絵とタイトルに惹かれて手に取った本だった。

もっともそれから,のらくろの漫画ばかり借りるようになってしまうのではあるが。

小学生になってクリスマスにダンボール一箱の本を父親からプレゼントされ,夢中で読んだ。

祖父母の家に遊びにいった時,洗面台に鉄腕アトムのプリントされたプラスチックのコップがあった。
初めてみる少年ロボットの姿に興味をもち,それから手塚治虫という漫画家を知り,漫画を買いあさるようになった。

中学校にあがるころには蔵書も1000冊に届こうとして,父親が私の部屋を増築するとき,壁一面を本棚にしてくれた。高校になると,それでも足りなくて,コミックの前にコミックを並べるという事態にまで陥った。

それほど,私は,本や漫画が大好きなのだ。

漫画好きが昂じて漫画を描くようになり,そのために,コンピュータもいじるようになり,職に就いてから,絵を描くスキルとPCスキルが学校ホームページ作成にいかされるようになったので,世の中分からないものだ。

創造は無からはうまれない。というのが私の持論だ。

世の中のありとあらゆる情報が頭の中にとびこんできて,それが融合して新しい何かがうまれる。

だから,とにかく頭の中に情報を仕入れる。

ネット,教育の専門書,流行の本,漫画,映画,・・・,が休日の愉しみ。

知らなかった名作などに出会うと,うれしくってうれしくってしょうがない。


「式の前日」 作:穂積


これは,深夜のテレビで紹介されていて,興味をもった。
・・・なんだか,すっごくよい。
文学作品のような雰囲気をもっている。
「式の前日」は本のタイトルにもなった短編。
表紙の絵,タイトルともいい感じで読み手の想像をさわやかに裏切ってくれる。
この一冊は珠玉の逸品。



「3月のライオン」 8巻 作:羽海野チカ


これはもう,よすぎ。
宗谷名人と桐山くんの感想戦。いいですねえ。

前巻までは,教師が読むには胸が痛い場面が多かっただけに。

図書室でPC用ソフトの貸し出しを企画した件

テーマ:先生日記

司書と校長に相談し,PC用のCD-ROMを図書室で借りることができるようにしてみました。
インストール不要のCD-ROM起動のソフトなのでできることです。
(メーカーもOKということ)

図書の本と同じようにバーコードで借りることができるようにしてもらいました。
(これは司書の先生にしていただきました)

レンタル期間は短めの3日間。
本の貸し出し冊数に入らないので,これを借りたからといって,その分,本が読めないということはありません。
裏面には,保護者といっしょに取り組みましょうとか時間を決めて・・,複製禁止など,注意書きや起動方法のレーベルを添付しました。

ちょっとでも,基本的な操作スキルの向上につながればよいと思う。

冬休みの貸し出しもOKですので,子どもたちにはチャレンジしてほしいものです。

無償のポケモンPCチャレンジCDが60枚届いた件

テーマ:学校生活

ポケモンPCチャレンジver2.0が低学年にかなり好評。
PC室が満員御礼状態であることは,前回の記事で紹介した通り。


昨日,出張している間に,ポケモンPCチャレンジのCDが60枚届いていました。
(パソコン室40枚+教室用7枚+予備&貸出用)
これが郵送料とも無料というのはすごいですね。
内容もよくつくりこまれていて,低学年が基本的な操作を覚えるにはちょうどよいです。




コツコツとテプラで番号をつけているところ。
付属資料の教員向けの説明書も細かい。
計画にどのように組み込むか等の資料付き。

実践して判明することもいくつか。

○ノートPCのCDトレイにメディアをはめ込むことは,1年生にとって,(はじめは)難関であること。(カチッと音が鳴るまではめられない)
○日本語入力切替が「半角キー」でするように表示されるが,キューブの日本語入力「DANGO」では通用しない。
○↑これらのトラブルは,子どもたちは試行錯誤ですぐ解決してしまうことも判明^^

結論
子どもには体験させることが一番だ。

ガラケー女子の家内がスマホに買い換えた件

テーマ:その他
家内がガラケーからスマホに買い換えました。


生意気なことに,
クアッドコア搭載のGalaxySⅢα
です。
(左がシングルコアのGalaxyS,右が今回購入したGalaxySⅢα)

以前から,私のおさがりのGalaxySにちょくちょくSIMカードを入れ替えてつかっていたのですが,まさか家内が国産機ではなく,Galaxyを選ぶとは思いませんでした。

しかも,私がデュアルコア(GalaxyNOTE)であるに対し,クアッドコアです。

嫌韓ムードが高まりつつある中,韓国企業のスマホを購入するのは国益に反することかもしれませんが,悔しいかな性能はよい・・・。
(韓国企業(Galaxyはサムソン)は,Sonyなどの技術者を引き抜いているという噂もあります)

さて,デュアルコア(私の愛機GalaxyNOTE(初代))とクアッドコア(嫁機GalaxySⅢα)を比べてみたのですが,体感速度が明らかに違います。かなりキビキビ動きます。

昨日も夜遅くまで,ルンルン気分でスマホをいじっていたので,かなりうれしそう。

(・・・喜んでいるんだったらいいか。)

これで,昨年家内にプレゼントしたiPadも外出先でテザリングして使うことも可能になることでしょう。

昨日の記事同様,ICT活用の一歩はさわることということを痛感しますね。

追記
買い換えるとき,ちょっとしたトラブルがありました。
メールアドレスの引き継ぎができていなかったのです。
店員さんのミスですが,家内がレアな契約をしたために手順を間違ってしまったそうです。
家内がスマホとガラケーでSIMを入れ替えるために,SPモードとiモードの両方を契約していたせいです。
(料金は変わらないのです。)
同様な契約をしている方は店員さんに注意を呼びかけた方がよいかもしれません。
うちの場合は,一旦iモードを復帰してから,再移行措置をとってもらい,前のメールアドレスに戻してもらいました。

無償配布のポケモンCDが意外にすごい件

テーマ:学校生活
学校に「無償でポケモンCDを配布します」という配達物が届いたのが,一週間ほど前だったでしょうか?しかも,市教委に許可をとってあるということ。

サンプルCDを試してみて,市教委が許可した理由がわかりました。
インストールを必要としない,CDのみで起動するソフトです。

内容的によかったので校長に見せ,本校でも申し込むことにしました。


低学年にはかなりいいですね。
低学年に難しいダブルクリックやドラッグの練習などできます。
このような基本的な操作を低学年向けに楽しく教えるコンテンツってなかなかないんですよ。
とくに,5匹のポケモンを一度に池にいれるレッスンは秀逸。
高学年でも戸惑います。

「サーバーにいれてもよい」という手紙がついていたので,現物(60枚申し込みました。PC室+各教室+予備))が届くまでに,キューブサーバーのポケットに共有しました。

2,3人の1,2年生にやり方を教えたところ・・・


数日後には,昼休みのパソコン室開放が満室状態に。
全員にやり方を教えたわけではありません。
口コミであそび方って広がるんですね。
おそるべきは,子どもたちの順応力!


真っ先にクリアした女の子が得意げに攻略方法を語っている様子です。


「ゼクロム,ゲットしたあ」の声に,子どもたちが集まりました。
難しいレッスンをクリアするごとに,ポケモンをゲットすることができます。


CD単体で起動するソフトなので,セーブができません。
子どもたちは,ひみつの暗号を記録して,つづきをすることになります。

ひみつの暗号を大切に保管する(委員会で管理して渡すなど)ことに,気をつけさせれば,ID,パスワードを自分で管理するという,情報モラルのはじめの一歩にも近づきそうです。

どうやって儲けているのだ? この会社?
ポケモンの宣伝なのか?とも訝しげな表情にもなります。

でも,高学年向けには,ネイティブのアルファベットの発音を聞きながら,キー入力をするというレッスンもあるので,結構いいかんじ。
6年生の男の子は,アイ(I)とアール(R)の発音が聞き取れず苦労していました。

本校では,しばらく,昼休みのパソコン室開放のコンテンツにしようと考えています。

キーボー島(小学生キーボード検定)との2大コンテンツになりそう。

本校では,3年生以上は,キーボー島で13級にならないと,NHKゲームすらできないルールですからね^^;

追記
このソフトのひみつのあんごう,ドラクエのふっかつのじゅもんみたいでしょ?といったら,みんなキョトンとした顔をしました。そりゃそうか。



<前    1  |  2  |  3  |  4    次>    

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2012/12      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

ブログバナー