1  |  2    次>    

天文館の食パン専門店へ

テーマ:食べ物

写真1 pane dolce(パーネドルチェ)天文館店

天文館の食パン専門店へ行ってきました。

試食して,ドルチェデニッシュが気に入ったので,1斤購入。
何もつけずに,美味しくいただけました。


写真2 ドルチェデニッシュ

家内はレーズン入りの食パンを追加。
私はレーズンが苦手ですので,多分,1人で食べるつもりなのかもしれません。

京都が発祥らしいデニッシュ系食パンは,どのお店もわかりやすい味です。
店ごとの違いを出すのは難しいかもしれません。
また,私は日頃食パンを食べませんので,味の違いがよくわかりません。
ですので,「このお店のデニッシュ食パンは他店より美味しい」と断言はできません。

でも,「ドルチェデニッシュ」については,家内が止めなければ,一人で一斤食べる自信はありますね^^

それぐらい,じんわりと病み付きになりそうな味をしています。


写真3 天然パン工房 パルマ&カフェ

pane dolceから徒歩数分のところに,銀行を改装したパン屋さん「パルマ&カフェ」があります。
ここでは,チーズ入りのパンを購入。


写真4 どの店にもあります

お店の中はネカフェや学食に近い雰囲気で,パン屋さんの店構えとしては私は苦手です。
これは好みの問題でしょう。

天然酵母が特長のパンのようです。

この2店舗はとても近い場所にあるので,パン好きの方はめぐるのも楽しいかもしれません。

伊敷にも新しくパン屋さんができたという情報がありましたが,今回はいけずじまい。

また,機会があれば,いろいろまわりたいですね。

絵本を描きたい (1)

テーマ:絵本を描きたい
 平成7年に奄美大島に赴任し,子供たちと海で過ごすうちに,趣味で絵本を描いてみたいと思うようになりました。
 元気な子供たち。奄美のきれいな海。うっそうとした森。めずらしい生き物。そして,けんむんをはじめとする奇妙な話。豊かな自然の中で躍動するすべてが,とても魅力的だったからです。
 ひまを見つけて,夜な夜な学校敷地内にあった築うん年の鍵の付いていない教員住宅で,一人絵コンテを仕上げました。(鍵がついていないというのは比喩ではなく,ぼろぼろな旧校長住宅に住んでいたのです)

 そうして,絵コンテが形にならないまま,離島から鹿児島市内に転勤。
 
 そこでは初めて,学校ホームページ作成を任されました。
 その中で低学年向けコンテンツとして,奄美大島をテーマとしたWeb絵本を公開。絵コンテの第1話をもとにしたコンテンツは,思いがけず好評で,当時「小三教育技術」という月刊誌に紹介されました。

 現在,絵コンテをきってから約20年経過しました。

 その間に,若者の間でCGのテクニックの情報交換をするPixivというサイトがオープン。
 PCで絵を描くためのさまざまなスキルが公開されました。
 さらに,今年になって,コンピュータ絵師垂涎のワコムのペンタブレットの技術を応用した,格安のWin8.1タブレットが発売されました。
 ボーナス時の小遣いをあてにして,すぐ購入。

 時間さえつくれば,絵をかく環境が整ってきました。
 テレビの紙兎ロぺや離島の様子を描いた漫画の手法を観察することで,私の中でもなんとか再現できそうな気になってきました。

 下のイラストは,今までの経験に新たなアイディアを結び付けて,描いてみた「奄美の海」です。


 絵1 海



 絵2 海

 自分の中では,合格点。

 ひまをみつけて,ぼちぼち描いていきたいですね。
 (奄美にも戻らないといけないですね)

なぜ,4年生に発芽条件を教えなかったのか

テーマ:先生日記

写真1 へちまの発芽

 前回,四苦八苦していたへちまの現在の様子。



写真2 車内栽培

 へちまの発芽適正温度は25℃~30℃です。
 霧島は寒いので,どこかいい場所はないかなと考えていましたところ,いい場所を見つけました。
 それは,車内です。
 車内は,温度が上がりすぎるため,30℃以上にならないよう,発泡スチロールである程度断熱してみました。
 夜には保温が効くのかなと期待。


写真3 発根

 発泡スチロール内の種子の発芽率はよかったので,土日に芽がでていない黒ポッドへ予備の種子を播きました。

 さて,前回,『発芽しないことを逆手にとり,「なぜ発芽しないのか=発芽の三条件」の学習をしようとも思ったのですが第5学年の内容でした。』と書いたところ,知り合いの中・高の先生から,(どうして教えないの?)との声が届きました。
 それは,4年生の教科書に載っていないからという理由からではありません。
 発達段階に応じた学習にそぐわないからです。

 以下は,悩んだあげくの私の考えです。

 発芽の三条件を「空気,水,温度」と教えることは簡単ですがそれは情報を与えているだけで,学習とは異なります。
 (発芽の条件に関しては,好光性種子などありますけど,ここでは説明を省きますね。参考


 発芽の三条件を確定させるためには,その条件を仮定して実験する必要があります。
 そのためには,児童が「仮想の問題や事実に反する事態や想定などについても論理的な思考ができる」必要があるのですが,それができるようになる年齢は,小学校5~6年生頃だと言われています。

 ですから,その年齢に満たない4年生の一斉指導の中で,発芽の条件を取り扱うには早いかなと考えたのです。

 もちろん,児童一人一人の発達段階は異なりますので,お子さんによっては「なぜ,室内で育てた友達の黒ポッドと,外で育てたぼくのものとは発芽が違うのだろう」と疑問をもつかもしれません。
 そんなお子さんには,個別に対応します。
 
 小学校は,思考が発達する途上の6年間で,各段階に応じた学びを提供する場です。
 その辺りの感覚は,ほぼ完成している中・高・大,社会人を対象とした学びとは異なるはずです。

ネットは怖い

テーマ:その他



マンガ・イラストクラブの児童に見せるために,一時,公開した過去の恥ずかしい記事のRSSが流出していました。
(過去に下書き(非公開)にしたブログ記事を一時公開すると,現在の日時に書き換えられるみたいです)

さらに,このRSSはFacebookやTwitterに連動させているために,自分で拡散してしまっていたようです。

先ほど気付いて,慌てて下書きモードに変更。

ネットで油断すると取り返しのつかないことになることを実感したところです。

後悔先に立たず。

ネットは怖い。

そば屋のパンを買いに

テーマ:その他

写真1 がまこう庵

高千穂牧場を通り過ぎた先にある,そば屋「がまこう庵」

天然酵母のパンが名物だそうです。


写真2 一つ108円のパン

焼き立てのパンに出会えました。
舌先がびっくりするほどあつあつの餡が入ったパンは,酵母の香りがする優しい味でした。
きんかんジャムのパンもいい感じ。
チョコと合わせたい,ビターさを含んだ甘酸っぱさが最高です。
むしろ,合わせてほしい…。


写真3 とろろそば

肝心のそば。
こしのある蕎麦です。
出汁は「椎茸」の味が効いていました。
椎茸は私が最も苦手とする食材…,大弱り。
こればかりは,好みですからねえ。



写真4 キリシマ・ストリート・ベーカリー

帰りにいつもの熊さんに会いに行きました。
我が家十八番のパン屋めぐり。
昼過ぎは棚のパンも少なく残念。
行くなら,開店直後がねらいめです。



1  |  2    次>    

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2014/05      >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

ブログバナー