田上小設営レプリカ

テーマ:先生日記

図1 田上オリジナルデータの縮小版

 鹿児島大学教育学部代用附属 鹿児島市立田上小学校の研究部長の先生から,掲示物のデータを譲っていただきました。

経緯は,
1 本校で環境整美班の仕事を任される。
2 田上小の研究公開でいいものがあったと提案する。
3 栄養教諭が田上小の栄養士に知り合いがいるので,写真で送ってもらおうという話に。
4 その様子を見かけた研修主任の先生が「国分北」ならデータで送りましょうか?と提案
5 御好意に甘えて,メールで送っていただく
…という感じです。

図1はオリジナルデータを縮小表示したものです。
さすがにオリジナルデータをそのまま掲載するのは憚れますので,データを基にレプリカを作成しました。


図2 田上レプリカの縮小版

田上レプリカはA3サイズ,解像度144dpi,ファイルサイズ約1.5MBで作成。
天ぶろサーバーの制限上,レプリカデータ(全6枚)は,こちらのサイトに掲載しました。
興味のある方はアクセスください。

自校化するには,田上オリジナルにかかれている文言の根拠を研究する必要があるかと思います。

以下は,「小学校学習指導要領解説 国語編 – 文部科学省」に掲載されている指導事項です。

■ 話すことに関する指導事項 
(注:田上オリジナル画像の背景オレンジに関わると思われます)
低学年では,相手に応じて,話す事柄を順序立て,丁寧な言葉と普通の言葉との違いに気を付けて話すこと,
中学年では,相手や目的に応じて,理由や事例などを挙げながら筋道を立て,丁寧な言葉を用いるなど適切な言葉遣いで話すこと,
高学年では,目的や意図に応じて,事柄が明確に伝わるように話の構成を工夫しながら,場に応じた適切な言葉遣いで話すことや,共通語と方言との違いを理解し,必要に応じて共通語で話すことを示している。

音声については,相手や場に応じて音声や言葉の調子を整えて適切に話すことを低学年と中学年で示している。
低学年では,姿勢や口形,声の大きさや速さなどに注意して,はっきりした発音で話すこと,
中学年では,相手を見たり,言葉の抑揚や強弱,間の取り方などに注意したりして話すことを示している。

■ 記述に関する指導事項 
(注:田上オリジナル画像の背景ブルーに関わると思われます)
低学年では,語と語や文と文との続き方に注意しながら,つながりのある文や文章を書くこと,
中学年では,書こうとすることの中心を明確にし,目的や必要に応じて理由や事例を挙げて書くこと,文章の敬体と常体との違いに注意して書くこと,
高学年では,事実と感想,意見などとを区別するとともに,目的や意図に応じて簡単に書いたり詳しく書いたりすること,引用したり,図表やグラフなどを用いたりして,自分の考えが伝わるように書くこと


この夏は,以上の指導事項と教科書,田上の先行研究を組み合わせて,自校バージョンを作成する予定です。

大人買い

テーマ:食べ物

写真1 Amazonギフト

先日,Amazonから中途半端な額(686円)のギフト券が届きました。

せっかくなので,今まで買うことのできなかったものをネットで購入しました。


写真2 ヤガイ おやつカルパス 50本

ネットで540円。
近くの量販店だと400円ほどで購入できます。
でも,子供に見られるのが恥ずかしくて買えないんですよね。


写真3 50本のカルパス

…健康に悪そうです^^

仕事が山積みしていると,どうも逃げてばかりです。

つまみながら頑張ります。







1万6千円のWin8タブレット

テーマ:その他


 中国Livefanが、約1.6万円という格安のWindowsタブレット「Livefan F8C」を7月10日午前10時より発売すると発表。

 Microsoftが「9インチ未満のタブレットに供給するWindowsを無料にする」と発表したので,このような製品の発売は予想されていたことです。

 ただ,このような製品を日本発で発売できないことは残念です。

 私は教室でAsus製のWin8タブレット(デジタイザペン付)を使用していますが,教育現場で活用する可能性は大きいと感じています。

 インテルWidiによるディスプレイの無線転送を複数の端末で切り替え,教室の大型スクリーンに映すことのできる新たな機器が開発されると,子供がタブレットをもつ意義はさらに大きなものになるはずです。
 そのような機器の開発も遠くない未来に実現されると思います。
 それほど難しい技術には思えません。
 今のところ需要がないから存在しないだけです。

 教育現場でのタブレット普及には,そのような技術の発展とタブレット端末の低価格化が必要です。

 さて,中国産低価格タブレットのスペックを以下に転載します。

■スペック
画面サイズ8インチ(1280x800/アス比16:10)IPS液晶
CPUにはIntel Baytrail Atom T3735Dプロセッサ 1.33Ghz~1.8GHzクアッドコア、RAM 2GB。
内部ストレージ32GB/64GB(microSDカードスロット最大128GB対応)。
OSはWindows 8.1。
カメラは背面500万画素、前面200万画素。
通信はWi-Fi 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0に対応。
本体サイズは203x121x7.9mm、重さは340g
バッテリー容量は5000mAh、駆動時間は約8~10時間
インターフェイスはHDMIx1基、microUSBx1基(充電兼用)、3.5mmイヤホンジャック、2.5mm電源コネクタ。

スペックは十分,信頼性は未知数。

インターフェースに,HDMIを搭載しているのは大きいです。
インテルWidiに不具合が発生したときに,直接大型スクリーンに接続することができます。

・・・日本のメーカーにも頑張ってもらいたいものです。

ルーターボックスの自作

テーマ:その他
最近,流行っているようなのでルーターボックスの自作をしました。

リビングに,IP電話やルーターの配線がごちゃごちゃしているのがどうも気になっていたからです。


まず,適当な木箱2つを買ってきます。
*ハンズマンで1つ660円程度。


次に,蝶番をつけます。


最後に,上下につけて,一つの箱にします。
これで完成。


取っ手の部分から配線を通し,ルーターをしまいます。


すっきりしました。

材料費は,約1400円。

私はハンズマンで木箱を買いましたが,100円ショップで木箱を買うと総額300円でルーターボックスができあがるようです。

某通販で買うと,5000円~9000円かかりますので,しばらくはこれで我慢します。

追記
この後,熱対策に上下の箱の間に隙間を空けました。(念のため)

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2014/07      >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブログランキング

ブログバナー