さよなら、絶望先生

テーマ:先生日記
まあ、何ですか。

“先生”という職業に就く人は、世間とずれてくるところがありまして、どこかで自分を客観視する必要があるわけです。


以前紹介した

『先生の話は長い。人前で話すときは30秒以内』

と訓示した、人生と教職の師匠であるウチの親父にいわせれば、



『坊主と教師は、つかえねえ』




…と一刀両断するところです。

(その父が、なぜ、息子に教職をすすめたのか、深~く考えると


すっげえ怖ろしいですが。)



特に小学校教師の場合、学級王国や子どもの精神年齢の世界に浸ってしまうのが、大人としての平衡感覚を鈍らせてしまうのかもしれやせん。


そうこんな感じ↓

21p


22p


23p

(参考文献:久米田康治著『さよなら絶望先生』第3巻 第二十五話より引用)


「私たちはいくどとなく(自称)アイディア先生に被害をうけてきたんです!」


「(自称)アイディア先生のろくでもないアイディアに!





イタイ…




イタすぎる…



心当たりあるだけに、 笑えねぇ…


学校のセンセって、どこかこんなところあるよね?

すごく鋭いところをついていると思います。

世の教師には、自戒として一人百回は、この話を読んで欲しい。




…まあ、何ですか。

“先生”という職業に就く人は、世間とずれてくるところがありまして、どこかで自分を客観視する必要があるわけです。



私の場合、それを、漫画から教訓を得るあたりが、もう


ダメダメ感漂っていますし、


次回のブログは、委員会活動の

アイディアを紹介しよう

と考えているあたりが、もう手遅れって感じ?


追伸
そして、この記事URLを教職員のメーリングリストに流してみた。
嫌われ者必至って感じ?


プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2008/03      >>
24 25 26 27 28 29 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

ブログバナー