デジタル教科書関連

テーマ:先生日記
デジタル教科書関連でネットで見かけた言葉を紹介。

■Twitter豊福准教授の発言
デジタル教科書は紙を使わぬ教科書ではない、単なる情報提示装置でもない、レスポンスアナライザでも、ゲーム機でもない。とってつけたような陳腐な使い方で、可能性を汚してはいけない。何事も本質を見出すには時間がかかるものだ。

以下、同教授のHPより

■ 電子教科書(デジタルガジェット)5つの原則
電子教科書(デジタルガジェット)構想のために次の5原則を提唱します。

子どもの領分
ガジェットも、蓄積される情報も、子どもの所有権は最大限尊重される。たとえ教育的意義であっても、所有者の承諾なくして、所有する領域へのアクセスや機材を用いた監視を行うことはできない。
共に成長する知的伴侶
提供されるサービスや機能は子どもの発達段階に対する配慮がなされる。子ども自身がガジェットを鍛え、個性化する。
知性と創造性を刺激する
学びの本質をとらえ、子どもの知的活動を適切に記録・支援・拡張すること。
公共社会に対する知恵の還元
学びの成果を共有化し、公共社会に対して広く還元すること。
シンプルかつスマート
誰にとっても自然で使いやすいこと

以上。

この夏電子黒板活用講座に出席したけど、もう少し、掘り下げて考える必要はあるのだと思う。

鹿児島は、情報提示装置の域をでていないと痛感するし、私自身もそのような活用しかできていない。
(少しでもその域をでているのは、それに伴う指導方法の改善を試行していることぐらい?)

Ditt 「みんなのデジタル教科書教育研究会」 など、全国ではいろいろなブレーンが議論を重ねている。


11月の鹿児島の研究会にはぜひ参加したいものだ。


追記

電子黒板活用とデジタル教科書は別にして考えないといかんかも^^

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010/08      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

ブログバナー