無償配布のポケモンCDが意外にすごい件

テーマ:学校生活
学校に「無償でポケモンCDを配布します」という配達物が届いたのが,一週間ほど前だったでしょうか?しかも,市教委に許可をとってあるということ。

サンプルCDを試してみて,市教委が許可した理由がわかりました。
インストールを必要としない,CDのみで起動するソフトです。

内容的によかったので校長に見せ,本校でも申し込むことにしました。


低学年にはかなりいいですね。
低学年に難しいダブルクリックやドラッグの練習などできます。
このような基本的な操作を低学年向けに楽しく教えるコンテンツってなかなかないんですよ。
とくに,5匹のポケモンを一度に池にいれるレッスンは秀逸。
高学年でも戸惑います。

「サーバーにいれてもよい」という手紙がついていたので,現物(60枚申し込みました。PC室+各教室+予備))が届くまでに,キューブサーバーのポケットに共有しました。

2,3人の1,2年生にやり方を教えたところ・・・


数日後には,昼休みのパソコン室開放が満室状態に。
全員にやり方を教えたわけではありません。
口コミであそび方って広がるんですね。
おそるべきは,子どもたちの順応力!


真っ先にクリアした女の子が得意げに攻略方法を語っている様子です。


「ゼクロム,ゲットしたあ」の声に,子どもたちが集まりました。
難しいレッスンをクリアするごとに,ポケモンをゲットすることができます。


CD単体で起動するソフトなので,セーブができません。
子どもたちは,ひみつの暗号を記録して,つづきをすることになります。

ひみつの暗号を大切に保管する(委員会で管理して渡すなど)ことに,気をつけさせれば,ID,パスワードを自分で管理するという,情報モラルのはじめの一歩にも近づきそうです。

どうやって儲けているのだ? この会社?
ポケモンの宣伝なのか?とも訝しげな表情にもなります。

でも,高学年向けには,ネイティブのアルファベットの発音を聞きながら,キー入力をするというレッスンもあるので,結構いいかんじ。
6年生の男の子は,アイ(I)とアール(R)の発音が聞き取れず苦労していました。

本校では,しばらく,昼休みのパソコン室開放のコンテンツにしようと考えています。

キーボー島(小学生キーボード検定)との2大コンテンツになりそう。

本校では,3年生以上は,キーボー島で13級にならないと,NHKゲームすらできないルールですからね^^;

追記
このソフトのひみつのあんごう,ドラクエのふっかつのじゅもんみたいでしょ?といったら,みんなキョトンとした顔をしました。そりゃそうか。



プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2012/12      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

ブログバナー