休日はマンガを読む

テーマ:先生日記
幼い頃から本を読むのが好きだ。

母親にはよく市立図書館に連れて行かれ,はじめは星新一の本を借りたと記憶している。

生まれて初めて図書館で借りた本のタイトルは,「きまぐれロボット」

挿絵とタイトルに惹かれて手に取った本だった。

もっともそれから,のらくろの漫画ばかり借りるようになってしまうのではあるが。

小学生になってクリスマスにダンボール一箱の本を父親からプレゼントされ,夢中で読んだ。

祖父母の家に遊びにいった時,洗面台に鉄腕アトムのプリントされたプラスチックのコップがあった。
初めてみる少年ロボットの姿に興味をもち,それから手塚治虫という漫画家を知り,漫画を買いあさるようになった。

中学校にあがるころには蔵書も1000冊に届こうとして,父親が私の部屋を増築するとき,壁一面を本棚にしてくれた。高校になると,それでも足りなくて,コミックの前にコミックを並べるという事態にまで陥った。

それほど,私は,本や漫画が大好きなのだ。

漫画好きが昂じて漫画を描くようになり,そのために,コンピュータもいじるようになり,職に就いてから,絵を描くスキルとPCスキルが学校ホームページ作成にいかされるようになったので,世の中分からないものだ。

創造は無からはうまれない。というのが私の持論だ。

世の中のありとあらゆる情報が頭の中にとびこんできて,それが融合して新しい何かがうまれる。

だから,とにかく頭の中に情報を仕入れる。

ネット,教育の専門書,流行の本,漫画,映画,・・・,が休日の愉しみ。

知らなかった名作などに出会うと,うれしくってうれしくってしょうがない。


「式の前日」 作:穂積


これは,深夜のテレビで紹介されていて,興味をもった。
・・・なんだか,すっごくよい。
文学作品のような雰囲気をもっている。
「式の前日」は本のタイトルにもなった短編。
表紙の絵,タイトルともいい感じで読み手の想像をさわやかに裏切ってくれる。
この一冊は珠玉の逸品。



「3月のライオン」 8巻 作:羽海野チカ


これはもう,よすぎ。
宗谷名人と桐山くんの感想戦。いいですねえ。

前巻までは,教師が読むには胸が痛い場面が多かっただけに。

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2012/12      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

ブログバナー