お年玉の行方を語る(学校HPコラムより)

テーマ:学校ホームページ
さてさて、学校HPの方でも「ひっそり」とコラムの連載を始めました。

こちらにも投下します。

以下

第3回の話題は『お年玉』

最近の子どもって、いくらぐらいもらっているのでしょう?

少し気になったので、昼休み、パソコン室に遊びにきた子どもたちに聞いてみました。

結果は「2000円~10万円」

幅広すぎです。

使い道を聞いてみると、「貯金」、「保護者に預ける」という答えが多かったようです。

十万円と答えた子どもも「保護者に預ける」という答えでした。


私が「お母さんに預けたお年玉って返ってこないのが相場だよね?」

・・・・・・と、"あるあるネタ”をふってみると、その子もにやりと笑いました。

「それだけ高額のお年玉をもらっているということは、親の方もそれだけ多くお年玉をあげているってことだよね?  結構、負担だと思うから、たくさんもらった人は親の方に管理を任せたほうがいいかもよ?」

・・・と、その男の子に話すと、 「うんうん」と笑顔で頷いていました。

よくできた子どもだなあ、と感心するとともに、そのキャラがわかっているだけに私もついつい上のような会話をしてしまうのですが・・・。

先輩の先生に、つぎのようなことを言われたことがあります。

「私は、高学年生の担任をすることが好きだ。高学年になると少し大人の話ができるようになるよ」

(たしか、その先輩の先生は、人生を語れるようになると続けたような記憶があります)


上のような冗談をいうのは、まだまだ底が浅いですが、いつか深い話ができるようになりたいものです。

以上


終業式前のパソコン室の開放。

遊びにきた子どもたちに、Xmasのプレゼントやお年玉などをちょっと聞いていたのです。

10万円といった子は、一緒に東京に行った放送・情報委員会のメンバーなのですが、すごいもらっているねえ!と答えると「ひょっとしたら5,6万かもしれません」とほほ笑んでいました。

草食系のなかなかの好青(少?)年です。



コメント

  1. 2010/12/27 17:32
    相場がわからないんですよねぇ。小学生までは500円「札」があったから親もさぞ便利だったろう(笑)あぁ実家に帰るのが怖い…

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/dennou/trackback/17765

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/04      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログランキング

ブログバナー