消しゴムと一円玉

テーマ:学校生活
「だれの消しゴムが重いと思う?」

まずは,大きさや持った感じで予想を立てます。

「どうやって調べたらいいだろう?」

いろいろ調べる方法を考えさせて・・・



グループごとにてんびんをつかい,消しゴムと消しゴムを直接くらべました。

授業の最後。

「自分の消しゴムが何番目に重いか,ひとめでわかる方法ないかな?」

・・・・?
・・・・?

「ヒント。担任の先生,何か準備しなさいって言ってなかった?」






男の子『一円玉,何まい分で調べたらいいと思います』

ここまでが昨日の学習。


・・・・本日の学習。

一円玉1枚をもった後に,自分の消しゴムが一円玉何まい分が予想をたてて・・・



自分の消しゴムが一円玉何まいとつりあうか実験。

予想とかなりくいちがったり,1まいしかちがわなかったり。

ここで教科書で1グラムのお勉強。

さらに,

スパルタ的にgのかきとりの練習プリントもさせる^^ (大きい画像PDF


「○○くんの消しゴムは1円玉19まい分で,19gです。」

重さを数で表すと,だれとだれの消しゴムが同じ重さなのかもわかります。

次回の予告。

「今度は,筆箱の重さを調べよう!」

『てんびんにのりませぇぇん!』

ノリのいいクラスは教えやすいです。

次回は「はかり」をつかった学習ですね。

コメント

  1. 渡辺謙でごわす
    2013/01/30 18:52
    おひさしぶりです。重さの導入は楽しいですねえ。代々一円玉が、教具として受け継がれているところはいいですね。最低でも千枚は必要(*^_^*)
    2013/02/01 17:33
    三年生はノリがよいです。
    担任の先生が何かもってきて・・・の発問は正直反則。
    長さの学習を想起させようとしてうまくいかなったので,ウラワザをつかいました。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/dennou/trackback/23882

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/02      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログランキング

ブログバナー