[解決] kernelPower41問題 ~SSDが原因~

テーマ:その他
ようやく、Kernel-Power41問題が解決しました。

午前5時から作業して現在午前8時。
作業自体は5分もかかりませんが、検証のためPCを起動したままにしています。
今まで1時間ほどで再起動を繰り返していたので、3時間経過して無事なら解決とみなしていいと思います。

■原因 SSDの不具合
うちのケースは、自作PCで使用しているSSDのファームウェアの不具合でした。
*SSDは、Crucial M4及びMicron C400が該当します。


■症状
使用時間累計が5184時間を越えると、SSDを認識しなくなる。
(コンピュータ側からはシステムが消失したようになるため、突然、ブラックアウトする)

■対策
メーカーのホームページからファームウェアを更新するプログラムをダウンロードし、実行する。
ここから、Crucial m4 2.5-inch SSD を選択し、DownloadFirmWAREのボタンをクリック。



図1:更新用プログラム

以前は、難しい手順が必要でしたが、現在は簡単なユーティリティ(図1)が公開されているので、数回クリックするだけで完了します。

自作PC界では、当該SSDの5148問題はかなり有名だったようで、私の情報不足により右往左往してしまいました。

■更新後
更新後は、ブラックアウト現象がなくなりました。
また、転送速度が改善されます。



■総評
厳密にいえば、巷のKernel-Power41問題とは異なるかもしれません。
(Kernel-Power41対策は、SSDのファームウェアも含むので、41病の一種かも?)

・・・にしても、ひどい不具合でした。
結果的にはクリーンインストールと内臓HDDの外付け化は不要。
今回は、原因の切り離しに時間がかかりました。
パーツ自体の不具合によるシステムダウンは初体験です。

いい方に考えると、汚れたシステムの洗浄のため、数年に1度はクリーンインストールするので、いいきっかけにはなりました。
内臓HDDの外付け化についても、タブや新PC(Haswell機)購入への備えができたと前向きに考えよう。

転送速度の大幅改善もうれしいところです。

今から、Officeのインストールに取り組みます。

ようやく安心して大画面で仕事ができます。

主任から分担された、研究紀要の一部にとりかからないと・・・。

コメント

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/04      >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

ブログランキング

ブログバナー