8年前のデジカメ補修作業

テーマ:デジカメ修理
8年前のデシタルカメラの補修作業,続きです。

前回まで
・ラバーコーティングが経年劣化の加水分解をおこし,べた付くようになった。
・シール剥がしスプレーの液&激落ちくんで,劣化したラバーコーティングの除去を行った。
前回の記事URL
 
 夜は中央駅で飲み会でしたので,ほろ酔いしながら作業の続きに取り組みました。
 背面の劣化したラバーコーティングの除去作業です。

 シール剥がしスプレーの溶液を綿棒につけ,細かい箇所をこすっていると


写真1 異変


写真2 確定

 なんと,背面のパネルがとれてしまいました。
 プラスチックの保護パーツです。


写真3 両面テープで固定

 この時代のデシタルカメラの背面パネルは両面テープでとめられていたようです。
 工業用両面テープまで剥いでしまうとは,シール剥がし溶液が思ったより優秀だったようです。

 家内の新型と比べてみました。


写真4 新型の背面

 新型にはそもそも旧型のような背面を保護するパネルのパーツ自体存在しません。

 スマホやタブレットの台頭で,ゴリラガラスに代表される強化ガラスも発展してきたので,旧型のようなパーツは不要になったのかもしれません。

 このパーツを取り寄せようにも,メーカーの補修用性能部品の保有期間を過ぎています。また,8年前のデジカメに必要以上のお金をかけるなんて,安くなった新型を買った方がましです。

 同じようにPET用の両面テープ(工業品)ぐらい買おうかなとも思ったのですが,耐水を考えると心もとない。
 (テープに継ぎ目があると,そこから水が入ります)
 しかも,職場で子供たちに自由に使わせる予定のデシカメなので,耐久性も大事です。
 廃棄予定のデジカメでしたので,いっそ接着剤で固めることにしました。



写真5 プラスチック専用アロンアルファ

 難接着樹脂ですらくっつけてしまう,専用のアロンアルファを使用します。
 ブロワーで中のゴミをとばしたあと,水の入る隙間のないように接着!


写真6 大丈夫そう

 十分つかえそうです。

 来週から,子供用に教室に常備します。

コメント

  1. 出席番号23
    2014/05/31 21:49
    6/2~の時間割りのUPをお願いします☆
    2014/06/01 06:01
    6/2(月)

    1 国語
    2 算数 
     (三角定規,分度器,コンパス)
    3 体育:水泳学習開始
      *水泳大会ではございません。
     (水着,水泳帽子,バスタオル,ビーチサンダル)
    4 図工
     のり,はさみ,ホチキス
     木工用ボンド(未完成のお子さんのみ)
    5 音楽

    …です。


  2. 23
    2014/09/08 21:12
    9/3の時間のUpお願いします。


    2014/09/08 21:39
    9/9なら
    国語 算数 国語 社会 体育 体育です。

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/03      >>
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

ブログバナー