Nittaku ドナックル とりあえず1勝

テーマ:卓球


期待の変化系表ソフトラバー,ドナックル極薄使ってみました。
今日,初使用。試しに隼人のA級選手(シェイク裏裏)と練習試合をしてみましたが,セットカウント3-1で私の勝ち。
相手いわく「やりにくい」とのことでした。

私にとっては意外な回答。使っている分には素直で弱い球しか飛んでいかないからです。

一応今までのラケットと比較すると,
旧ラケ

バタフライの「朱世赫」
フォア面にテナジー64(特厚)
バック面にSuperWall(1.0mm)

新ラケ

バタフライの「朱世赫」
フォア面にキョウヒョウNeo3(硬度39 厚さ2.2mm)
バック面にドナックル(0.5mm)

同じベースのラケットですが性能,打感は全くの別物です。

スペック比較
攻撃 旧ラケ>>>新ラケ
スピン 旧ラケ=新ラケ
守備性能 旧ラケ<<<新ラケ
変化度 未知数
ドナックルは自分で変化をコントロールする必要があります。
いやらしさは,SuperWallが上。
ただ,ナックルがきれいに入ると,ドナックルの球はかなり打ちにくいそうです。

対スマッシュは,圧倒的にドナックルが上。
ラバーの厚さが多分に影響していると思いますが,すんなりとラケットにおさまります。

バックハンドは,Superwallが上。
イボ高が表ソフトより上なのが不思議です。ラバーの質より厚さが影響していると思います。

これは甲乙つけがたい。
ドナックルでフリックやミート打ちができるようになると,また変わってくるかもしれません。
大会にでて感触を確かめようと思います。

これで,私の変体ブレードも整ってきました。

コレクションの中で,攻撃力ナンバーワンは

フレイタス&テナジー裏裏
後陣からのバックドライブも楽々入ります。


守備力ナンバーワンは
今度の新ラケ
朱世赫+キョウヒョウNeo3&ドナックル

何気にキョウヒョウの守備力も高いです。


中間に旧ラケ
朱世赫+テナジー&Superwall


トリッキー度ナンバーワンは,
デフプレイセンゾー+Grass.D.Tecs&トランスフォーマー


といったところでしょうか。

あとコレクションで欲しいのが,反転式ペンホルダー。

スピピブルーと,Feintlong3を合わせて楽しみたいですね。








コメント

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/11      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

ブログバナー