Nittaku ドナックルで大会出場

テーマ:卓球


1/8 定例の加治木大会に参戦してきました。

今回は元パラリンピック出場の選手や車椅子の選手も参戦。
この加治木大会は,卓球好きが集まり,開かれるようになったそうです。

懐が深く,社会体育を具現化した温かい大会で,私が一番好きな大会ですね。

私は今回 鬼+魔人級にパート編成され,1勝5敗でした。
1勝は達人級の若者。
5敗は私からみると人外のレベルにある魔人級の高齢者(60over)です。
伝説の元九州チャンピオンと2回目の対戦をしましたが,赤子の手をひねるようにやられました。
魔人級の先輩方同士の戦いは,駆け引きが凄まじく見ていても唸ります。勉強になります。

今回新ラケットとして用意したのは


フォア面 キョウヒョウNeo3


バック面 Nittakuのドナックル(極薄)

です。

キョウヒョウNeo3は,男子世界ランキング1位の馬龍選手や,リオ団体で福原をやぶったドイツ代表の帰化選手,カットマンのハンインがつかっている粘着性ラバー。

Nittakuのドナックル(極薄)は,高校総体で準優勝した女子若手有望のカットマン,橋本帆乃香選手も使っているラバーです。この人のプレイが大好きでYoutubeをよくみています。日本卓球女子は海外のカットマンに弱いので,この子の強化に未来がかかっているような気がします。

フォア面(キョウヒョウNeo3)は私との相性がわるく,2回戦から旧ラケット(テナジー64特厚)に変更しました。

バック面(ドナックル)と私の相性は抜群です。

ドナックルは,購入意欲を削ぐふざけた名前をしていますが,性能は抜群で,強いドライブに対するバックカットが自然におさまります。いろいろ試した中でかなりの好印象ラバーです。

(↑いろいろ試しています^^)

現在,バック面に愛用している,マテリアルスペシャリストのSuperwallを表に近づけた印象があり,かなり使いやすいラバーです。価格も安く入手しやすいので乗り換えようか迷っています。

ただし,私が出場している社会人卓球においては,大学生なみに強ドライブをかけている選手は少ないので,厚さ中の方がレシーブにスピードがでていいのかも?と思いました。

私の場合は,戦型も守備9攻撃1より,攻撃9守備1のチョッパーの方勝率があがるようですし,バック面のラバー選択は今後の課題です。

マテリアルスペシャリストのHellcatが手に入れば試してみたいものです。





コメント

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/11      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

ブログバナー