1  |  2  |  3  |  4    次>    

ELIMINATION EXTRA LONG カットマン レビュー (メタボおっさん向け)

テーマ:卓球





ドイツから国際郵便が届き,ELIMINATION EXTRA LONGが手元にきました。
メーカー発送から10日後,送料込で5388円でした。

早速,昨日,試打をしたのですが,一言でいうと
「粘るカットマン向け」
に尽きます。
バックカットの守備力は今までのラバーに比べて桁外れに高いです。
今まで使った粒の中では最高級の使いやすさ。

ただ,現在カットマンとバック粒攻撃のハーフ戦型の私が試合で勝てるかは疑問。
完全カットマンになれるかが鍵。

■当方のスペック
アラフィフ・メタボ・チョッパー
 卓球のためにダイエットはじめ,7月から-13kg減量中。
 〇中学時代
 →全国大会(団体)に出場。
 〇20代
 →県教職員大会でシングル準優勝。
 →奄美大島シングルA級でベスト4。
 〇30代後半
 →体重100kgオーバーが確定。卓球引退。
 〇40代半。
 →社会人卓球に復帰。裏裏カットマンからバック粒カットマンに転向。
 〇40代後半。
 →0.1トンチョッパーは腰痛,膝痛きついんで,ダイエット開始。
  

■使用用具
 旧
 →ラケット:朱世赫
  ラバー:Fテナジー64(厚) BカールP1-R
 現在:
 →ラケット:フレイタス
  ラバー:FMazepro硬度48 B:ELIMINATION EXTRA LONG(OX)
 →サブラケット:銀河エボニー
  ラバー:Fアレス B太陽PRO皮付きブルー
 *サブは粒高を嫌がる練習相手用。
 
■バック粒使用遍歴



カールP1-R
FeintlongⅢ
SuperWall 1.0mm
SuperWall OX
GRASS.D.TECS 0.5mm
リベリオン OX
リベリオン 1.0mm
スキュラ 0.5mm

(その他:表系)
閃霊
DOナックル

■ELIMINATION EXTRA LONG(OX)の使用感(練習ver)

〇SuperWall(OX)のバックカットとの違い
 打球感がほんのわずかだけ柔らかめ。
 Superwallが「カツッ」,ELIMINATION EXTRA LONGが「コンッ」
 …てな感じ。
 同じOXシートでも後者が厚め。
 Superwallがナックルスライダー,ELIMINATION EXTRA LONGは低弾道バックスピン。
 Superwallの方が,アラフィフチョッパーにありがちな,時々バック粒攻撃&ストップ型選手に向いているし,勝ちやすいと思う。
 ELIMINATION EXTRA LONGは,バックカットで防御に徹し,隙あらば牙をむく,現在カットマン向きだと思う。

 ただ,その戦型に世のメタボ50代チョッパーの肉体が耐えきれるのかは甚だ疑問

〇リベリオン(OX)とのバックカットとの違い
 打球感はやや硬め。
 リベリオンは「クニュッ」,ELIMINATION EXTRA LONGが「コンッ」
…てな感じ。
 同じOXシートでも後者が厚め。
 リベリオンは変化自在なカットが可能だが,スキルを要する。
 SuperWallと同様,リベリオンの方がアラフィフチョッパーにありがちな,時々バック粒攻撃&ストップ型選手に向いている。
 その傾向は,リベリオン>SuperWallだと思う。
 実際,私はリベリオンのハーフカットマン戦型で,ジャイアントキリングを達成した。


 ただ,ELIMINATION EXTRA LONGは実戦投入しないとわからないですね。
 12月末までに,三大会は出場するので,そのまで使ってみたいと思います。


 

ドイツから卓球ラバー「ELIMINATION EXTRA LONG」の個人輸入

テーマ:卓球
der-materialspezialist社の卓球ラバー「ELIMINATION EXTRA LONG」の個人輸入に挑戦中です。

さて,ドイツから日本への空輸(自宅着)に何日かかるのでしょうか?

■ドイツのラバーは優秀
der-materialspezialist社はドイツにある卓球メーカーです。
高性能な異質ラバー(粒高やアンチ)を手掛けることで有名です。
日本では,WRMやトランスポーツ,きゃんすぽーつで取り扱いをしていますが,WRM系列では日本販売までに1年弱のスパンがあるようです。(きゃんすぽーつは現在品切れ)
追記:なんたる偶然か,この記事をUP後,WRMで11/12から取り扱うことが11日に告知されました。リベリオンのときは,半年以上遅れたのになあ。WRMは粒選手がペンに偏っているので,カットマン用の販売はかなり遅れると思っていました。



ELIMINATION EXTRA LONGは,ネットでカットマン向けではないかと噂されている粒高ラバーです。
私のようなカットマンとシェイクバック粒異質攻守型の中間選手にはもってこいのラバー…のはずです。

先日,ドイツで19%引きフェアをしていたので,思い切って通販することにしました。

PaypalPLUSからの請求では,送料込で5388円でした。

■ドイツから日本までの郵便
以下,郵便の追跡の様子です。

注文日は11/3日。

11/6…メーカーから発送したのメールが届きました。
ドイツポストの追跡では以下のように表示されます。

ブラウザ(グーグルクローム)の翻訳機能をつかえば,日本語で表示されます。



そして,4日後の11/10。shippedのステータスが変化しました。

『Die Sendung wurde am 09.11.2017 im internationalen Logistikzentrum Frankfurt zur Weiterbeförderung nach Japan übergeben. Weitere Informationen stellt auch das Postunternehmen des Ziellandes auf der eigenen Homepage zur Verfügung』
↓(日本語訳)
『この貨物は、日本へのさらなる輸送のために、2011年9月11日にフランクフルト国際物流センターに引き渡されました。さらに詳細な情報は、行き先国の郵便会社が独自のホームページにも提供しています。』

2011年9月11日は,2017年11月9日の誤訳でしょうね^^

ここからは,日本の郵便局のホームページと連携しているので,そちらでも確認することができます。


すごい!

ELIMINATION EXTRA LONGの個人輸入に挑戦

テーマ:卓球
ドイツのder-materialspezialist社のラバーに変えてから,勝率がぐんとアップしました。



初代購入のSuperWallで姶球で上位パートへ。
2代目REBELLIONで,上位達人にジャイアントキリング(まぐれです)
いろいろなメーカーの表&粒高&アンチを試しましたが,私にはder-materialspezialist社の製品が一番あっているようです。

ですが,上達するとスポンジ厚や硬度,種類で調整が必要になってきます。

SuperWallは鉄壁を誇りますが,代わりに単調になりがち。
REBELLIONは変化は効きますが,どちらかといえば,ペン粒向き。
私のようなカットマン寄りのオールラウンダーという中間戦型には少し合わないのです。

der-materialspezialist社のカットマン向けと思われるラバー「ELIMINATION EXTRA LONG」は,日本ではまだ販売されていません。
(通販サイトのWRMは,最新のラバーを取り扱うまでに約1年弱のタイムラグがあります)

そこで,個人輸入に挑戦してみました。
(der-materialspezialistのサイトでJapanの選択肢があり,支払いもPaypalPLUSが使えます)



ちょうど19%OFFの期間でしたので,ドイツからの送料込でも,日本での販売サイトの価格に近くなりそうです。

ちゃんと届くかが心配…。


アラフィフなのに,真空断熱保冷水筒2.5L!

テーマ:卓球
Amazonで注文していた水筒(スポーツジャグ)が届きました。



サーモス社の真空断熱保冷2.5Lの大型水筒です。


2Lのものも販売されているのですが,氷+アクエリ2L用に購入しました。(氷入れると2Lでは容量が足りません)
試合のたびにがぶ飲みしているからです。


サーモス社の真空断熱シリーズはかなり優秀で,私の通勤用水筒もこのメーカーのものを使っていますが,出勤から帰宅まで氷が溶けていません。

さらに愛用のタンブラーも・・・

サーモス製です!
職場と自分の部屋用に2個購入。
氷は長持ちしますし,水滴がつかないので机に輪染みもできません。
(Amazonのベストセラー1位商品!)

この夏は,7月,8月はほぼ毎週大会出場し,練習も週1日から3日に増やす予定。

我々雑草プレイヤーをせせら笑う上位ランキングの選手たちに一泡吹かせるために・・・

オッサン・プレイヤーは,歯を食いしばって頑張るのです。

熱中症にならないよう気をつけます。

アラフィフ卓球,カットマンの限界域(戦型転向?)

テーマ:卓球


社会人卓球に復帰して二年半。
ブランクの間に得点は21点制から11点制になり,球はセルからプラに変わりました。

何より一番変化したのは,私の肉体です。

全中に出場してから30年以上たち,私の体はカットマンについていけなくなってきました。

ここ2年で姶球では8パートから1パートに躍進(多分ここまでのランクアップは参加者の中で私一人です),姶良ピンポンでも左コートから右コートに編成されるようになりました。

相手が強くなるに従い,私の肉体がついていけなくなり,腰と膝が悲鳴を上げるようになってきました。
老化と肥満の進んだ私の体では,中学時代の超後陣型カットマンという戦型についていけなくなってきたのです。(足つるし,すぐ病院おくりになりますし・・・)

国分の卓球仙人で60overの現役カットマンはたったの2人です。
高齢になるにつれ,カットマンは厳しい戦型であることを実証してるかのような現状です。

私の卓球復帰の目的は,「老後の充実」ですから,一旦弱くなっても,(カットマンよりは)腰に負担の少ない戦型に転向し,息の長いプレイヤーを目指した方がいいのか,かなり悩みどころです。

ググっても,なかなか同じ悩みのプレイヤーってでてこない。

追記
遅ればせながら,先週から筋トレ始めました^^;
負けるの嫌ですから。


1  |  2  |  3  |  4    次>    

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/12      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

ブログバナー