<前    1  |  2  |  3  |  4  

第9回 霧島市民卓球大会

テーマ:卓球
今年は,約200人という大人数の参加となった「霧島市民卓球大会」


鹿児島市民の私は,国分卓球協会の一員として,A級団体とシングルに出場してきました。


私が所属する国分卓球協会Bチームは,平均年齢60歳の猛者です。

『1回戦 現役高校生チームに2-1で勝利』
加治木高校Bチームと対戦
現役高校生卓球部相手でしたが,2-1で私たちが勝利し2回戦へ。
一番手を任された私もシェイク攻撃型のM選手に3-0で完封勝ち。

高校生も油断したのかもしれませんね。
我々見かけはオッサンですが,
三番手の先輩は,オッサン卓球界では国分最強の称号をもつ名カットマン。
ダブルスの60&70コンビは,卓球協会入会時に若者に洗礼を与える卓球仙人のうちの2人です。
オッサンたちを侮ってはいけません。

『2回戦 第一シードに0-3で完敗』
第一シードの鹿児島ファイトクラブと対戦し,ここには0-3で完敗。
やはり強い!


『シングル戦の反省』
京セラのK選手には,0-3で完敗。
加治木高校のS選手には,3-1で勝利。
1勝1敗で,今大会終了


『反省』
個人の通算成績は2勝2敗でした。

〇団体戦
ファイトクラブの助っ人Y選手…異質反転攻撃系カットマン
0-3で完敗
6-11
6-11
6-11
の完敗。勝てるイメージがわかない。鬼強

〇シングル
京セラの20代の選手…バック表攻撃型
0-3で完敗
11-9
11-9
11-9
完敗です。
ブロックとスマッシュの腕を磨けばなんとか戦えそうな気がします。
練習あるのみ。


加治木高校のMくんもSくんも,普通にプレイすれば私より技術は上でした。
ただ,私の方が老獪なだけです。


鹿児島ファイトクラブの中高年プレイヤーチームは,その後,県5位の加治木工業高校を2-1で撃破していました。

オッサン・パワーおそるべし!

卓球はやはり楽しいです。



卓球ライフ チョッパーの終焉 

テーマ:卓球
台風が近づく中,年4回開催される「姶良卓球大会」に参戦してきました。

全18パート。

強くなればなるほど,上のパートにあがるシステムです。

2年ほど前,8パートに参戦し,少しずつランキングをあげ,今日は2パートに編成されました。

結果は,5勝1敗でパート優勝でした。
(優勝賞品がハウスうまかっちゃん久留米風とんこつなのは御愛嬌)



この大会は私が一番好きな大会です。
なぜなら,家族ぐるみで参加される方もいて,社会体育のよさを感じることができるからです。

…ですが,上位パートは「健康」卓球というよりは,「競技」卓球。

今日はたまたま勝ったもののおそらく次は勝てない。

今日の試合で得たものは,自分の「限界」でした。


それは,先月の大会でも自覚しつつありました。

もう一つ,私の好きな大会に月1である加治木ピンポン大会があります。

これは,社会人卓球界の魔人や仙人が集う魑魅魍魎の世界です。私の理想である,老いて活躍する人物が多くいます。

その下位パートでわたしは3カ月以上負けたことがありませんでした。

ところが,先月,たまたま,その大会の上位パートに組み込まれた途端に「全敗」

下の写真が,その大会の様子なのですが・・・




写真に写るのはただの御高配にあらず。
卓球魔人・仙人の類(たぐい)の,人ならざる(達人を超えた)戦士で,ぼくの目標です。

この方々と戦うには,今の私のチョッパーという戦型では,戦いにすらなりません。

35年以上前に培ったスキルは,35年前の肉体に宿っているもので,アラフィフの肉体には荷が重すぎます。

無理して動かした結果,卓球に復帰してから2年の間に,腰痛で9か月(6カ月+3か月)休養しています。

広範囲で守備をし,その間前傾姿勢を要求されるチョッパーという戦型に,ぼくの肉体(腰&膝)は悲鳴をあげつつあるのです。

歳を経たら,それなりのプレイスタイルを模索する必要があると,少し悲しい自覚を感じますね^^


↑新プレイスタイルのためのラケットです。

一旦弱くなるかもしれませんが,挑戦です。










アラフィフカットマン,バック粒に悩む!

テーマ:卓球
松下浩二選手いわく,
「卓球の70~80%は用具で決まる」

…激しく同意します。

社会人卓球に参戦して,2年。
とうとう,勤務地の40歳代の地区代表メンバーの一人として,大会に参加することできるようになりました。

ですが,現在,ラバー選びに四苦八苦中。

大会前にして大スランプ中です。

一年前に,裏裏カットマンから裏粒カットマンに転向し,バックの粒がまだ決定していません。

バック粒の変遷

◆初期 ~全敗時代~
Superwall OX
Curl P1r(1.7mm)
ツッツキ打ち込まれ病にかかり,大会全敗

◆中期 ~連勝時代~
Superwall(1.0mm)
カット技術が安定し,最高19連勝をマーク。
しかし,上位パートでは,攻撃力に欠ける。⇒勝てない。

◆試行錯誤期:現在
Spectol RED
閃霊
…表ソフト:バックハンドは鬼のような攻撃力。
しかし,カットが単調になり使いこなせない。

Feint LONGⅢ
抜群の安定感。
しかし,バック面の攻撃力が極端に低下。ふにゃふにゃ。
対戦相手いわく「フェイントロングに怖さはない」

GrassDTecs(0.5mm)
練習相手によると,変化が素直すぎて対応しやすい。…だそうです。
ネットの評判とは逆の結果に・・・。

テンション系の粒で攻撃力アップをはかりつつ,変化に富んだカットをしたいのですが・・・,難しい!

しばらく,ラバー探しの旅は続きそうです。
<前    1  |  2  |  3  |  4  

プロフィール

電脳ケンさん

H7-H9 文部省指定
僻地高度情報通信設備活用方法研究事業に従事

2003第1回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2004第2回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)

2005第3回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト8入賞(西陵)
文部科学大臣賞受賞


2006第4回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2007第5回全日本小学校ホームページ大賞
全国ベスト10 デジタルイメージ賞入賞(城南)

2008第6回全日本小学校ホームページ大賞
鹿児島県優秀校入賞(城南)

2008 第8回週刊アスキーこどもホームページコンテスト 準グランプリ作品プロデュース

2009 第7回全日本小学校ホームページ大賞
特別推薦枠選出(県代表)
同賞
全国ベスト8入賞

2009 第16回マイタウンマップコンクール
上月スポーツ・教育財団賞受賞

2010 第8回全日本小学校ホームページ大賞鹿児島県代表選出

九州ウェブサイト大賞2010最優秀賞受賞

プロフィールのつづきはこちら

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/01      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログランキング

ブログバナー