鹿児島の身近な法律家
藤原司法書士事務所は、債務整理や個人再生・自己破産などの借金問題、過払金返還請求、会社設立や企業法務、相続や遺産分割における紛争、遺言書の作成、相続放棄の手続き、財産分与・養育費などの離婚問題、土地建物の権利名義変更その他法律相談・紛争解決・手続代理を専門とする法務事務所です。
お気軽にお問い合わせくださいませ
鹿児島の皆様に信頼される法務事務所を目指してまいります。
☎0120-996-168
【電話・メール相談は0円】【フットワークの軽さが自慢】【力をいれて取り組んでいるのは借金問題・相続遺言・会社設立でお困りの方の問題解決】【料金体系はリーズナブル】【信頼して頂けるように精一杯頑張ります!】【出張OK※出張料はかかりません!(但し離島及び一部県本土、県外は出張料がかかる場合がございます)】【借金問題の相談は初回無料!!】【土日祝も対応しております!】【借金問題は必ず解決法があります。】
当事務所をお選びいただく方にお約束したい11のポイント
【1】お客様の情報は秘密厳守を約束いたします。
【2】徹底したお客様目線を心掛けています。
【3】細目な進捗報告
【4】分かりやすい説明
【5】どんなに些細な質問でも受付けています。
【6】電話相談、メール相談は0円です。
【7】年齢的にもまだまだ若くフットワークは軽いほうだと思います。
【8】取立てはすぐにストップします
【9】マイホームを残して借金問題の解決も可能です。
【10】何が何でもお客様の笑顔をお守りします。
【11】費用に関して不安がある方はまずは電話でお問い合わせください。フリーコールですのでそこまでは無料です。
常にお客様目線を大事に努めてまいります。また説明もなるべく解り易い表現となるよう心掛けております。分からないことがありましたら、どんどん質問してください。親切丁寧にご説明いたします。
地域の方々に愛される司法書士事務所を目指してまいります。
<<最初    <前    103  |  104  |  105  |  106  |  107    次>    最後>>

相続人と遺族の違い378

テーマ:ブログ
3連休中も法律相談を受け付けておりますので、どんな些細なお悩みでも藤原司法書士事務所へご連絡いただき、そのお悩みをスッキリさせてください!



前回から脱線をして信用情報機関を見ています。

今回もその続きです。

この信用情報機関に登録されている個人情報は、会員は利用することができますが、当然目的外には利用できません。またある程度当然と言えますが、本人も開示請求することが可能です。その方法として直接信用情報機関に出向くか(九州では福岡のみにしかない場合が多いです)、郵送で請求することになります。もちろん手数料もかかります。(詳しくは各信用情報機関のHPを参照)この本人開示の延長上として「本人申告情報」の制度があります。これは①本人確認資料としての運転免許証、印鑑登録証などを紛失した場合それらを悪用されることを防止するため、信用情報機関に紛失情報として登録しておく場合と②浪費癖があるものがこれ以上の融資を受けることを自粛されることを目的とし手予め信用情報機関に登録している場合の2つがあります。

長くなりそうなので次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

明日からの3連休も法律相談を受け付けます!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では平日のお忙しいお客様のご要望にお応えして、明日からの3連休中でも法律相談を受け付けます!借金問題や離婚問題、土地に関するトラブルから戸籍の見方、不動産謄本の見方など些細なものでも構いませんのでどしどしお問い合わせくださいませ!また出張相談にも応じております。(鹿児島市近郊以外では申し訳ありませんが交通費等の実費分のご負担をお願いします。料金表はhttp://fujiwarahoumu.lolipop.jp/ryoukinn.html

皆様からのお問い合わせお待ちしております。



藤原司法書士事務所 なんでも相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

相続人と遺族の違い377

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所は週末3連休中も営業を行います!!法律問題でお悩みならこの機会を利用してぜひご連絡くださいませ!出張相談にも応じております!!



前回は少し脱線をして信用情報機関をみています。

今回もその続きです。

信用情報機関は分かりやすく言えば個人の与信力を把握し、その情報を会員(金融機関、消費者金融系、クレジットカード会社等)にそれを提供することで会員の融資の判断材料とするものです。そしてこの情報に事故情報として掲載されることがいわゆる「ブラックリスト」に乗ったと一般的に言われていることです。(実際には「ブラックリスト」なるものは存在していません)事故情報に乗る=融資が受けられなくなると言うわけではないですが、事故情報に載ると融資はかなり困難になると思われます。(実際には各金融会社等の判断になるので全て一律にこうなるとは言えないのです)日本での代表的な信用情報機関としておもにノンバンク系が加盟しているJICC,CICや銀行系のKSCの3つが代表的な機関であると言えます。

次回までこの続きです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

出張費の基準を設けました!!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では原則鹿児島市およびその近郊自治体への出張費は頂いていないのですが、その他の地域ではどうしても交通費等の実費がかかるため出張費をいただくことになります。鹿児島県下がどうしても広いためご了承願いたいと思います。

出張費の基準→

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/ryoukinn.html

そのかわりご連絡・ご予約をいただければ県内随時出張相談可能となっております!また土日祝日も対応しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。



よくあるご相談

・相手方のいたずらで怪我をさせられた。治療費を払ってほしい

・離婚を検討していて子供の親権を手に入れたいが専業主婦なので何か不利になりはしないか?

・借金が多く自己破産を申し立てたいが、マイホームは残したい

その他法律問題でお悩みならどんな些細なことでもご相談ください。親切丁寧にお答えいたします!



お問い合わせ先

藤原司法書士事務所 なんでも法律相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

営業時間 平日9:00~20:00 

       土日祝9:30~18:00

※上記以外の時間、県外の方及び電話でのご相談なら

  ☎099-837-0440へ

相続人と遺族の違い376

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では毎日法律相談を受け付けております!年末に向けて不安を解消したいとお考えの方がおられましたら、一度ご連絡いただいてそのお悩みをスッキリさせてください!



前回は保佐制度を見ていきました。

今回もその続きですが少し脱線します。

準禁治産者制度では浪費者も開始原因の一つとなっていましたが現行制度では開始原因ではありません。そこでたまに相談を受けるのですが家族から本人の借金を止めさせる制度がないのか?を受けることがあります。その時にアドバイスをするのが、「信用情報機関への本人申告制度」を行ってはどうでしょうか?と言う提案をすることがあります。これはどのようなものでしょうか?

まず「信用情報機関」とはどのような機関なのでしょうか?まず「信用情報機関」は国の機関ではなく民間の私的な機関であり個人の信用情報の収集と提供を行う機関でその機関に加盟しているもの等に個人の信用情報等を提供することで融資等を実行する判断を行う材料の一つとなるものです。

長くなりましたので次回へ続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

出張法律相談にも応じております!!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では鹿児島にお住まいの方の利便性向上のため県内出張法律相談にも応じております!借金問題や離婚問題、相続関連その他様々なお悩みでお困りなら藤原司法書士事務所へご相談してみませんか?秘密は厳守!出張料も無料の地域もございます!(鹿児島市及び周辺自治体)その他でも交通費の実費しか頂きません!お気軽にお問い合わせくださいませ※但し要予約




藤原司法書士事務所  法律問題なんでも相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

営業時間 平日9:00~20:00

       土日祝9:30~18:00

多数のお問い合わせお待ちしております。

相続人と遺族の違い375

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では県内各地出張相談に応じております!!法律問題でお悩みならこれを機にご利用くださいませ!!



前回から「保佐人」の制度を見ていきました。

今回もこの続きです。

この補佐の制度は平成12年より改めてスタートしました。それ以前は準禁治産制度と呼ばれる制度でその開始原因が「心神耗弱者及び浪費者」となっていました。この「心神耗弱者」は差別的要素を持つとして「精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者」に改められましたが、「浪費者」については廃止されました。逆に言えば改正前は浪費を行うものは準禁治産者として行為能力が制限できたことを意味します。話が少しずれますが、相談でたまにあるのが「本人に借金をやめさせる制度はないのか?」と言うことを家族から受けることがあります。改正前であればこれを利用することもありでしょうが(但し審判が開始されるかどうかは別)今の制度の中で何か手を打つことができないのでしょうか?

次回みていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

鹿児島県内出張相談にも応じております!!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所ではわざわざお客様に当事務所までお越しいただかなくてもこちらからお役様のところへ足を運んで法律相談を行っております。これを機に法律問題でお悩みならぜひご利用くださいませ!



よくある相談(実際に当事務所へのご相談内容から)

・いたずらで怪我を負ったけれど、治療費の請求をしても構わないだろうか?

・借金が多く、毎日不安な生活をおくっている

・離婚を考えているけれど何を準備すればいいか分からない

・以前サラ金からお金を借りていたけど、払いすぎた利息があるのでは?

・その他

など何でもお答えします!ぜひこれを機にお気軽にお問い合わせくださいませ!

出張料の基準→

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/ryoukinn.html

※原則は無料ですが当事務所から距離がある場合上記基準で交通費の実費をいただく場合がございます。不明な点がありましたらお問い合わせくださいませ



藤原司法書士事務所 なんでも法律問題相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

相続人と遺族の違い374

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では県内出張相談にも応じております!!お気軽にお問い合わせくださいませ!!



前回は補助人の制度を見ていきました。

今回から保佐人の制度を見ていきます。

補佐の制度は10数年前までは準禁治産者と呼ばれる制度でしたが、その差別的用語のため発展的に変更されました。

「保佐人」の制度は本人の意思能力が「精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である」場合、補助人と同じ請求権者が請求により家庭裁判所の審判により開始するもので、意思能力は有しているけれど財産管理を行う能力が通常人より著しく低いものを保護する制度です。被補助人の場合は自身でも法律行為は単独でも行うことはできますが、被保佐人の場合法定されている「特定の法律行為」については保佐人の同意が必要となり、保佐人の同意がなくその法律行為を行えば、保佐人により取り消されることもあり得ることになります。

次回もこの続きです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

本日も法律相談に応じております!!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では平日のお忙しい方のご要望にお応えして土日祝でも法律相談を受け付けております。どんな些細なお悩みでも真摯にお答えします。また出張相談にも随時応じておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!



よくある相談

・いたずらで怪我を負ったけれど、治療費の請求をしても構わないだろうか?

・借金が多く、毎日不安な生活をおくっている

・離婚を考えているけれど何を準備すればいいか分からない

・以前サラ金からお金を借りていたけど、払いすぎた利息があるのでは?

・その他

など何でもお答えします!ぜひこれを機にお気軽にお問い合わせくださいませ!



藤原司法書士事務所 なんでも相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

本日の営業時間 9:30~18:00

上記以外でも受付可能な場合もありますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

時間外の受付番号☎099-837-0440
<<最初    <前    103  |  104  |  105  |  106  |  107    次>    最後>>

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/05      >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブログランキング

フリースペース

★藤原司法書士事務所 なんでも相談室★
法律相談予約専用ダイヤル フリーコール 
0120-996-168
※平日はもちろん土日祝も営業しております!!
また県内各地出張相談にも応じております!!
これを機に法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご連絡ください!どんなお悩みでも対応します!フリーコールを設置しておりますのでご遠慮なくどんどんお電話して悩みをすっきりしてください!!

出張料(交通費
※相談料は別途かかる場合がございます
・旧鹿児島市(除く桜島)、その周辺旧自治体(旧吉田・郡元・喜入・松元・伊集院・川辺・金峰等)→無料!!
・日置市の一部(除く旧伊集院・吹上)、南九州市の一部(旧知覧)、南さつま市(旧加世田地区)、いちき串木野市
 姶良市→1,500円
・南さつま市(旧大浦・坊津・笠沙)、南九州市の一部(旧頴娃)指宿市、枕崎市→2,000円
・薩摩川内市、阿久根市、出水市、伊佐市、さつま町、霧島市、湧水町→3,000円
・長島町→3,500円+フェリー代(かかる場合のみ)
・大隅半島等(含む桜島、除く肝付町・錦江町・南大隅町)→4,200円
・肝付町・錦江町・南大隅町→5,250円
・離島→フェリー代+5,250円(但し離島により別途宿泊代等料金がかかる場合があります)
・県外→応相談!
http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/index.html

HTMLページへのリンク

ブログバナー

プロフィール

鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士

鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士

藤原司法書士事務所は、司法書士業務全般を通じて鹿児島の法律問題でお悩みの方のお手伝いをしたいと願っております。借金問題や離婚問題、相続遺言に関するお悩み、土地に関するトラブルなど様々なお悩みを抱えているお客様への少しでもお力になれたらと思いますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。県下一円出張にも応じております。(離島など県本土の一部では交通費として出張料を頂く場合がございます)
鹿児島の皆様に信頼される法務事務所を目指してまいります。
事務所所在地 
鹿児島県鹿児島市樋之口町8-2-5F
松岡総合法務事務所内
法律相談予約ダイヤル
☎0120-996-168
その他 ☎099-837-0440
Fax   ☎099-837-2424
営業時間 平日8:40~21:00
   土日祝9:00~19:00
※平日はもちろん土日祝も営業しております!!
これを機に法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご連絡ください!どんなお悩みでも対応します!フリーコールを設置しておりますのでご遠慮なくどんどんお電話して悩みをすっきりしてください!!

藤原司法書士事務所は土日祝も対応しております!

藤原司法書士事務所 なんでも法律相談室 借金問題、過払金返還、債務整理、自己破産、遺産分割、相続遺言、離婚問題損田法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご相談ください

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧