1  |  2  |  3  |  4    次>    

日曜日でもご相談ください!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では日曜日も鹿児島で法律問題でお悩みの方からのご相談をお待ちしております!

借金問題や相続に関するご相談、会社設立、損害賠償その他様々なお悩みを抱えておられればお気軽にお問い合わせくださいませ。

また鹿児島県下出張相談も致しますのでご遠慮なくお申し付けください!



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

本日9:00~19:00

相続人と遺族の違い551

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では土曜日も相続に関する相談を受けて受けております。

お気軽にお問い合わせくださいませ!



前回は遺産の内容を見ていきました。

今回もその続きです。

取得時効に必要な占有の時間は継続している必要があります。つまりその途中で占有が中断したりするとその時点で時効の効果が消滅します。但し期間の前後において占有の事実があれば継続されたものと推定が働きます。

この取得時効に必要な期間は、所有権と言う権利を取得できるものとはいえ相当に長い期間を必要とします。

他人の物と知らずにかつそのことに過失がなくても10年、他人の物と知っていたまたは知らないことに過失があった時は20年間の継続の占有はよく考えると大変長い期間を要します。そこで相続が絡んでくる余地が生まれます。

どう言うことか?

次回以降見ていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

相続人と遺族の違い550

テーマ:ブログ
相続以外のお悩みでも藤原司法書士事務所は受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!



前回は遺産の内容を見ていきました。

今回もその続きです。

さて、時効制度を前回取り上げましたがそれがどう相続と絡んでいくのか?

まず「取得時効」と言う制度を取り上げると

①「所有の意思をもって」

②「平穏かつ公然に他人の物を占有した」場合

③その者が悪意(=他人の物と知っていた)のときは20年

④その者が善意(=他人のものと知らなかったとき)かつ無過失の時は10年

で物の所有権を取得することができます。

ポイントは①の所有の意思及び②平穏かつ公然に「占有」を始めたことが必要となっています。

つまり①が欠ける=借りている物は所有の意思に欠けるので自分の物になることはなく、②平穏かつ公然とは当然訴訟になっている場合などは該当しません。

次回もこの続きです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

お気軽にお問い合わせください!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では借金問題をはじめ相続に関するお悩み、離婚、その他法律問題でお悩みの方からのご相談をお待ちしております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

また鹿児島県下出張も致しますのでご遠慮なくお申し付けください。




藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

鹿児島で借金問題でお困りなら!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所へご相談ください!
藤原司法書士事務所では債務整理に関する相談は毎日無料で受け付けております!
また気になる費用についても丁寧に説明いたします。
(とてもわかり易いとご好評いただいております!)
鹿児島県下出張も可能!
お気軽にお問い合わせください。

藤原司法書士事務所 債務整理相談センター
http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/saimuseiri.html
☎0120-996-168

相続人と遺族の違い549

テーマ:ブログ
鹿児島で相続に関する疑問をお持ちなら藤原司法書士事務所へ!

土日も対応しております!



前回は遺産の内容を見ていきました。

今回もその続きです。

占有権と言う物を事実上支配している状態を保護する権利がどのように相続と絡んでいくのか?

「時効」と言う制度があります。

これはある事実状態が長く続くと本来ある(=存在しているはずの)権利義務にその事実状態が反していたとしてもその事実状態に権利義務を合わせようとする制度です。

つまりある義務を負っていても権利者がそれを請求しない状態が長く続いたときはその権利が消滅する「消滅時効」と所有する意思を持って物を支配し、その状態が長く続くと所有権者でないのにその物の所有権を取得できる「取得時効」の二つの制度があります。(刑事事件の時効とはまた別の制度です)このうち「取得時効」から相続が大きくからんでくる場合がありますので次回以降詳しく見ていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

相続人と遺族の違い548

テーマ:ブログ
鹿児島で相続に関するご相談は藤原司法書士事務所へ!

出張相談も行っております!



前回は遺産の内容を見ていきました。

今回もその続きです。

「占有権」と言う権利があります。

この権利は法律の専門家以外はほとんど知られていない権利ですが、この権利も相続の対象となります。

この権利は文字通り物を占有している状態、つまり物を支配しているものはその物に対して適法な権利を有していると推定される権利、もう少し噛み砕いてみると例えば私が財布を有しているとします。その有している財布が私の物かそれとも家族の物かは他人からは分かりません。が他人からすれば持っている財布は当然持っている者の物であると思うでしょう。この物を支配している事実状態に権利を与えることが「占有権」なるものです。

少し解りにくいかとは思われますが、これが相続とどう絡んでいくのかを次回以降見ていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

日曜日でもご遠慮なく!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では日曜日も法律相談を受け付けております!

借金問題はもちろん親族問題の代表格である相続に関するお悩みや離婚問題、会社設立や売掛金の回収その他様々な問題でお悩みならお気軽にお問い合わせください。

また鹿児島県下出張も可能となっておりますのでご遠慮なくお申し付けくださいませ。



藤原司法書士事務所 お悩みなんでも相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

本日9:00~19:00

是非土日をご利用ください!

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では鹿児島にお住まいの方の利便性向上のため土日も法律相談を受け付けております!

借金問題をはじめ相続や遺言、離婚などの親族問題から会社設立その他幅広く法律相談を受け付けております。

どんな些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

また鹿児島県下出張も可能ですのでご遠慮なくお申し付けください!



藤原司法書士事務所 お悩みなんでも相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

法律相談予約専用ダイヤル

☎0120-996-168

本日9:00~19:00

相続人と遺族の違い547

テーマ:ブログ
本日は台風接近のため、状況によってはご希望通りの時間での法律相談を受け付けられない場合もありますのでご了承くださいませ。



前回は遺産の内容を見ていきました。

今回もその続きです。

具体的にどのような財産が相続されるかと言えば現金や預貯金、財産性の高い動産や不動産など、あるいは借金などが思いつきますがその他にも相続できる権利義務などが存在します。その一例として「占有権」というものがあります。法律の専門家以外縁のないこの権利も相続の対象となり、ある場面では重要な機能を発揮するのですが、これらの権利を相続することでどのようにかかわってくるかまた占有権以外の権利義務もどのように相続とかかわってくるかを次回以降紹介していきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
1  |  2  |  3  |  4    次>    

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/06      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

フリースペース

★藤原司法書士事務所 なんでも相談室★
法律相談予約専用ダイヤル フリーコール 
0120-996-168
※平日はもちろん土日祝も営業しております!!
また県内各地出張相談にも応じております!!
これを機に法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご連絡ください!どんなお悩みでも対応します!フリーコールを設置しておりますのでご遠慮なくどんどんお電話して悩みをすっきりしてください!!

出張料(交通費
※相談料は別途かかる場合がございます
・旧鹿児島市(除く桜島)、その周辺旧自治体(旧吉田・郡元・喜入・松元・伊集院・川辺・金峰等)→無料!!
・日置市の一部(除く旧伊集院・吹上)、南九州市の一部(旧知覧)、南さつま市(旧加世田地区)、いちき串木野市
 姶良市→1,500円
・南さつま市(旧大浦・坊津・笠沙)、南九州市の一部(旧頴娃)指宿市、枕崎市→2,000円
・薩摩川内市、阿久根市、出水市、伊佐市、さつま町、霧島市、湧水町→3,000円
・長島町→3,500円+フェリー代(かかる場合のみ)
・大隅半島等(含む桜島、除く肝付町・錦江町・南大隅町)→4,200円
・肝付町・錦江町・南大隅町→5,250円
・離島→フェリー代+5,250円(但し離島により別途宿泊代等料金がかかる場合があります)
・県外→応相談!
http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/index.html

HTMLページへのリンク

ブログバナー

プロフィール

鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士

鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士

藤原司法書士事務所は、司法書士業務全般を通じて鹿児島の法律問題でお悩みの方のお手伝いをしたいと願っております。借金問題や離婚問題、相続遺言に関するお悩み、土地に関するトラブルなど様々なお悩みを抱えているお客様への少しでもお力になれたらと思いますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。県下一円出張にも応じております。(離島など県本土の一部では交通費として出張料を頂く場合がございます)
鹿児島の皆様に信頼される法務事務所を目指してまいります。
事務所所在地 
鹿児島県鹿児島市樋之口町8-2-5F
松岡総合法務事務所内
法律相談予約ダイヤル
☎0120-996-168
その他 ☎099-837-0440
Fax   ☎099-837-2424
営業時間 平日8:40~21:00
   土日祝9:00~19:00
※平日はもちろん土日祝も営業しております!!
これを機に法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご連絡ください!どんなお悩みでも対応します!フリーコールを設置しておりますのでご遠慮なくどんどんお電話して悩みをすっきりしてください!!

藤原司法書士事務所は土日祝も対応しております!

藤原司法書士事務所 なんでも法律相談室 借金問題、過払金返還、債務整理、自己破産、遺産分割、相続遺言、離婚問題損田法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご相談ください

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧