相続人と遺族の違い698

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

今月はブログ更新を結構怠ってます(><)。

すみません。単なるサボりです。

最近のテーマは法律婚と事実婚の違いでした。その前に遺族年金の改正があったので前回まで取り上げました。

社会保険(年金等や健康保険など)の場合、相続とは異なり実態をかなり見てくれます。即ち事実婚であっても事実婚配偶者が亡くなれば生計維持関係にある限り遺族年金の受給権などは発生します。(但し男女差別が残っている物については前回紹介したとおり)生計維持関係とは一方の所得に頼る関係ではなく、一方が高額所得者でない限り共働きでも共に生活=所帯を持っている限りと言う意味です。

短いですが今回はここまでにして、次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

相続人と遺族の違い697

テーマ:ブログ
藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!
前回から遺族年金の改正点をみていきました。

今回もその続きです。

久しぶりの更新です。(単にサボっていました)

さて遺族基礎年金における男女差別は無くなり、夫であっても未成熟の子(18歳を過ぎて最初の3月31日までの子)があれば遺族基礎年金は支給されることになりましたが、遺族厚生年金等の2階建ての部分(労災等も同じ)についてはいまだ改正までは至っていません。しかし、私見ですがおそらく近い将来男女差別は撤廃されることになるでしょう。その理由として、何度も紹介していますが女の人の社会的地位が向上したのではなく男の社会的地位が低下していて、男女差別(女の人を手厚くする)ことに合理性が無くなっているからです。例えば以前は労災において顔にやけど等の障害が残っていた時には女の人の方が等級が高かったけれど(逆に言えば男の等級は低かった)、現在は女性の等級に引き上げられています。このように徐々にではありますが、変更が加えられています。

次回はテーマを変えます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

相続人と遺族の違い696

テーマ:ブログ
いよいよG.W.も後半に突入! 藤原司法書士事務所では、連休中でも法律相談を受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!

前回から遺族年金の改正点をみていきました。

今回もその続きです。

大阪地裁に憲法違反と判断された共済組合の規定。(事実上の労災と同じです)しかし相手方の控訴もあり、未だ男女間の差別規定の改正には至っておりません。しかし、基礎年金である国民年金の方は今年の4月から改正に至っています。

即ち、今年の3月までは「夫」を亡くした「未成熟の子」を育てなければならない「妻」が支給対象となっていましたが、4月からは男女に関係なく被保険者が無くなった場合「未成熟の子」がいれば支給されることになっています。ちなみに未成熟の子とは、高校卒業時までの年齢の子(18歳に到達してから最初の3月31日まで)≠18歳ではありません。(私の頃は18歳で打ち切られていましたから、私みたいに4月生まれだとかなり損をすることになり、母が(父を亡くしていたので支給対象となっていましたが)大変だと言っていたのを思い出します)

次回もこの続きです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2014/05      >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

フリースペース

★藤原司法書士事務所 なんでも相談室★
法律相談予約専用ダイヤル フリーコール 
0120-996-168
※平日はもちろん土日祝も営業しております!!
また県内各地出張相談にも応じております!!
これを機に法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご連絡ください!どんなお悩みでも対応します!フリーコールを設置しておりますのでご遠慮なくどんどんお電話して悩みをすっきりしてください!!

出張料(交通費
※相談料は別途かかる場合がございます
・旧鹿児島市(除く桜島)、その周辺旧自治体(旧吉田・郡元・喜入・松元・伊集院・川辺・金峰等)→無料!!
・日置市の一部(除く旧伊集院・吹上)、南九州市の一部(旧知覧)、南さつま市(旧加世田地区)、いちき串木野市
 姶良市→1,500円
・南さつま市(旧大浦・坊津・笠沙)、南九州市の一部(旧頴娃)指宿市、枕崎市→2,000円
・薩摩川内市、阿久根市、出水市、伊佐市、さつま町、霧島市、湧水町→3,000円
・長島町→3,500円+フェリー代(かかる場合のみ)
・大隅半島等(含む桜島、除く肝付町・錦江町・南大隅町)→4,200円
・肝付町・錦江町・南大隅町→5,250円
・離島→フェリー代+5,250円(但し離島により別途宿泊代等料金がかかる場合があります)
・県外→応相談!
http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/index.html

HTMLページへのリンク

ブログバナー

プロフィール

鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士

鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士

藤原司法書士事務所は、司法書士業務全般を通じて鹿児島の法律問題でお悩みの方のお手伝いをしたいと願っております。借金問題や離婚問題、相続遺言に関するお悩み、土地に関するトラブルなど様々なお悩みを抱えているお客様への少しでもお力になれたらと思いますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。県下一円出張にも応じております。(離島など県本土の一部では交通費として出張料を頂く場合がございます)
鹿児島の皆様に信頼される法務事務所を目指してまいります。
事務所所在地 
鹿児島県鹿児島市樋之口町8-2-5F
松岡総合法務事務所内
法律相談予約ダイヤル
☎0120-996-168
その他 ☎099-837-0440
Fax   ☎099-837-2424
営業時間 平日8:40~21:00
   土日祝9:00~19:00
※平日はもちろん土日祝も営業しております!!
これを機に法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご連絡ください!どんなお悩みでも対応します!フリーコールを設置しておりますのでご遠慮なくどんどんお電話して悩みをすっきりしてください!!

藤原司法書士事務所は土日祝も対応しております!

藤原司法書士事務所 なんでも法律相談室 借金問題、過払金返還、債務整理、自己破産、遺産分割、相続遺言、離婚問題損田法律問題でお悩みなら藤原司法書士事務所へご相談ください

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧