<前    1  |  2  |  3    次>    

「くろくま」

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】飲食 ここいっとこ!

先日、念願のなかの念願、

鹿児島特選黒豚しゃぶ「くろくま」

を食して参りました。




2006年11月に開催された
全国お国自慢「鍋コロシアム」 で日本一!  総合優勝!!!!!
の実力をもつ 「くろくま鍋」




前菜のあと



巨大な鉄鍋に特製たれをたっぷり注ぎ



一枚一枚、なでるような手つきでしゃぶしゃぶ~
まずは、肉とタレの絶妙なハーモニーに舌鼓。



続いて芸術的に繰り広げられる



まさに「食の芸術」は目を楽しませ



いつのまにか焼酎もまわってきて夢見心地



最後は大きな鉄鍋に並べられたお茶に見習い、みんなで一つ輪(和)になって至福のひとときをゆっくりと過ごす。



予約制ですが、年中食べられるそうです。

お問い合せ、ご予約先 : ホテル&レジデンス南洲館
                 鹿児島市東千石町19-17
                 TEL 099-226-8188



実はこちらの鍋の「くろくま通販セット」は、
おやどらりー2009の賞品としてもご提供頂いております。

ブログ講習会 in 宮之城

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】観光・行楽 ここいっとこ!

昨日はブログで鹿児島!ブログ講習会でした。
会場はさつま町の宮之城温泉。 → 道中の写真



2時間に及ぶブログ説明会のお話はさておき、
せっかくなので会場となった 手塚ryokan をレポートします。



チェックインはこんな形式でゆっくりと。
ビジネスホテルからは想像ができない世界!



まずは露天風呂へ
さすがに男3人、「裸の世界」の撮影許可は下りませんでした。(笑)



「佇まい」さえ感じるロビー隣接の
ウェイティングコーナーのテーブル
(ハロゲン照明によるライティングの妙)



夜はここで飲みたいね~といいながら
バーを横目に夕食会場へ足を運ぶ男3人!



こちらのお食事、全席個室で豪華!



男三人!至福の時間



まだこんなに出てくるの!!と男3人!



食後に先程のバーへやっぱり来てしましました。
お洒落なバーに男男男。


決して私達が簡単に行けるところではないけれど
これだけの雰囲気・食事・温泉を考えればリーズナブル。

やはりカップル、ファミリー、女性グループ旅行にお勧めです。
つまり、私達はかなりミスマッチでした。


皆様も車で1時間、
温泉の街・宮之城へ
足を運んでみてはいかがでしょうか?

→ 手塚ryokan 公式サイト




今回新たにブログで鹿児島!で情報発信を始めたのは

手塚ryokan さん

旅館ちさと さん

旅館湯田荘 さん

です。 皆様、どうぞよろしくおねがいします。


末吉町 地鶏「愛の里」【行き方編】

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】飲食 ここいっとこ!

お待たせしました。
思ったほど【行き方編】へのご要望がなかったのですが、、、(苦笑)
がんばります!


今回は「愛の里」への行き方編です。
以前の記事を読まれてない方はこちらからどうぞ
          → 末吉町 炭火焼地鶏「愛の里」【お店紹介編】




 ↑ こちらは 帰ってきてから作った略地図。
  全行程で約2時間半です。(鹿児島市天文館より)






さっそくですが...解説します。


桜島を右に見ながら10号線をひた走る。




加治木も隼人も越えて末吉町へ




右側が道の駅末吉です。この交差点を右折




看板の拡大です。(曽於)広域農道を使います。




そおかい道とも呼ばれているようです。




道の駅から11.7kmの地点で左折
(県道71号線へ)




曲がって200m以内にこの標識があれば正解。
見にくいですが「県道71」の標識




10.6km先で右折(県道65号線へ)
※ここを逃すと300m程で国道222号線に突きあたりますので、
 その場合引き返してください。




県道65号線を2kmほど...
左側に「愛の里」が見えてきます。


実はこの300m手前を曲がるとゴーカートやバンガロー宿泊もできる
自然公園 「花房峡いこいの森」 もありますが、
ここは食欲を優先!テレテレ
→ こちらで満腹・満足に なりましたとさ。



岩盤浴「福の癒」/炭火焼地鶏「愛の里」
鹿児島県曽於市末吉町南之郷11137
TEL 0986-78-1441
営業時間、定休日などは公式ホームページをご覧下さい
     → 岩盤浴「福の癒」/炭火焼地鶏「愛の里」 公式HP


末吉町 炭火焼地鶏「愛の里」【お店紹介編】

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】飲食 ここいっとこ!

 【車で2時間半】

鹿児島と宮崎の県境、都城の近く、
ちょっと気合いが要る距離なのですが
逆に マル秘 「とっておきの場所」 マル秘 として
お勧め出来るお店があります。



              それは...


鹿児島県曽於市、末吉町の
   炭火焼地鶏のお店 愛の里  です。







昔ながら雰囲気  で

地鶏炭火焼き





夏場には離れ  で

岩盤そうめん流し




ができるお気に入りのスポットです。




最近できた岩盤浴  「福の癒」 も魅力的!




ただ、特に初めてのドライブでは行きにくいです。
私の車にはナビがついていないので...

ご存知の方も多いかと思いますが、
行き方ご希望の方はいらっしゃいますか?


12/16追記:
行き方はこちらをご覧下さい→ 末吉町 地鶏「愛の里」【行き方編】


奥薩摩のホタル舟

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】観光・行楽 ここいっとこ!

 さつま町の「奥薩摩のホタル舟」をご存知ですか?







 市内から1時間の場所とは思えないのどかな風景

落日を待って...移動




 鶴田 健康ふれあいセンター「あびーる館」に集合・乗船受付

大人1500円、こども1000円(H20年現在)




 特産の「竹灯籠」で作られた門をくぐって乗船場へ

久々に体験する「田舎の真っ暗」
~幻想的な雰囲気!~




いざ、順番を待って
20人余りしか乗れない小舟に乗って川を下っていくと...




ん!何か見えたぞ!



おおっ!



ホタル!




いや、失礼。
実は今年、ホタルはまだ少なかったのです。



行った次期が少し早かったのと、やはり2年前の川内川の氾濫が
ホタル(の幼虫)を流し去ってしまい、ホタルが激減したそうです。


その前には川岸の地形が無数の蛍の光で
きれいに浮かび上がるほどだったそうです。


ホタルの数は年々回復してきているそうです。
来年は更に増えて、私達を楽しませてくれることでしょう。


年々増えていくホタルの様子を見に、来年も行こうと思っています。
シーズンは年によって変わるのでしょうけれど今年(H20)の場合
5月21日から6月7日でした。

<ホタル舟に関するお問い合わせ>
さつま町役場鶴田総合支所
総務管理課 地域振興係
TEL:0996-53-1111
FAX:0996-59-2837


               → 奥薩摩のホタル舟のホームーページ

桜島なぎさ公園の足湯-2

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】その他 ここいっとこ!

先日の記事

 「桜島なぎさ公園の足湯」  の続編です。



前回は

「そしてこの後、現地の方とも遭遇し、
3人はなかなか帰れなくなるのでした...」

で終わっていたと思います。


現地にお住まいの案内人の運転で急遽「天然砂蒸し温泉へ」

えぇ~桜島に本当に砂蒸しがあるの!?

半信半疑のまま、2分で着いたのはこちら





場所はあまり教えられません。

雨天や噴火時は絶対に
近寄らないで下さいね。


雨の日は土石流!


大噴火の時には火砕流や
溶岩流が...


  ...そう言い聞かされて降りていく御一行様。


黄昏れる者もいれば



一生懸命「手堀り」する者もいる



無駄に歩いていると柔らかい砂に黒の革靴が...



それでも頑張って掘っているとぬるま湯が...



でも地元のイカ釣りのおじさんからの一言 



「あっちだよ」








それと、
潮が満ちてくる時間帯(今回)はダメなんですって。




引き潮にお湯が砂浜に引っ張り下ろされてくるそうです。


...現地の方とは語るものですね~♪


で、今回は足湯ならぬ手湯で我慢でした。


尚、ここは
海はストンと深くなっていて絶対遊泳禁止ですし、
雨の日は土石流注意だし、観光地としてはお勧めしません。



...地元の方の穴場でしょうか。



それじゃあ、つまらない。
  では、何処に行けばよいのか?



...私達の場合、現地ガイドもしてくださった桜島シーサイドホテル

     の



     へ



     な感じで



     になるまで。




 帰りのフェリーにて食事を済ませ、

          帰り着いたらホテル、特に駐車場が大忙し!


息つく間もなく(当然ですよね!)
駐車場の手伝いをしていた支配人でした。



            〈 桜島なきさ公園足湯オープンのレポート 〉 
                              完

桜島なぎさ公園の足湯

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】温泉 ここいっとこ!



昨日23日にオープンの桜島の足湯に
同業者3名で...調査!?



雨上がりで雲に隠れた桜島




フェリー乗り場(右端)から
なぎさ公園、桜島ビジターセンターの方へ



なぎさ公園の入り口



全長100mの足湯!



絶景のもと



団体様用



カップル用


など...







こちら向いて足湯に入れば




後ろは溶岩と海が織りなすこの絶景




夏場の日よけも考えられており





季節のいい時期には
ここにちょっとした茶屋ができて...



心地よい景観の元
茶菓子でも食したいな~




なんて夢想しながら






温泉(足湯)三昧!....のあとは





歩いてそのまま




桜島ビジターセンターへ



体験学習!






全員の 「時間が許した」 ので


さらに奥へ進むこととなりました...




そしてこの後、現地の方とも遭遇し、
3人はなかなか帰れなくなるのでした...



つづく





篤姫展@黎明館

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】観光・行楽 ここいっとこ!

先日、
黎明館で開催されていた「篤姫展」に行って来ました。
只、開催は昨日までペコペコ



今頃レポートすることの意味にがあるのか?
些か疑問を感ぜずには居られませんが
黎明館のご紹介にもなればと...





黎明館は鹿児島市の文化ゾーンとも言うべき、エリアにあります。
近代文学館・メルヘン館、市立美術館、県立図書館の並びです。
 
   ↑ クリックで拡大
(地図は鹿児島県のホームページの黎明館のページより引用)


鶴丸城跡のお堀を渡って緩やかな坂を上りきると...





会場はこのとおり、観覧者で賑わっておりました。





さて、本題の篤姫展の展示の内容は(撮影NG)順路が
時系列的に展示されており、このころはまだ...
などと楽しみながら観ることができました。



特に、篤姫の余生といいいますか、
どんな思いで過ごされていたのだろう?

「子供の教育に熱を入れられたとのことですが...」
と思いを巡らしたり、感慨深いものがありました。


今回、音声案内の装置も借りたのですが、ドラマでもおなじみの
「幾島」の声による案内で、とっても好感の持てる趣向でした。




蛇足ですが、よせばいいのに~と思いつつ受付のきれいなお姉さまを遠くから...
はい、手ぶれ...だからよせば良かったのに!
でもフロントと同じようなお仕事なので...
案内に熱心なその忙しい姿を見ているとつい...って訳分かりません!



帰り、
傾きかけた太陽に照らされた”城壁”が綺麗でした。


以上、ちょっとつたない篤姫展&黎明館紹介レポートでした。

いずみ観光牛車【出水市】

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
熊本県との県境にほど近い、
北薩地方、鹿児島県出水市へ...


ホテル・旅館業組合の会議でした。
会場にも続々とスーツ姿の方々が集まってきました。


まずは基調講演、会場提供下さったホテルキングの代表より

いずみ観光牛車の「発起~実現」までの長く険しい道のりを
体験談としてご説明頂きました。

実は昼過ぎには牛車体験ツアーがあったのですが、
そんなに皆様が苦労されて実現したものだとは...




「牛が道路に糞をしたらどうする?」

「突然公道で暴れ出したら...?」

「牛の年間のえさ代は賄えるのか?」

「牛の世話はだれが?」




実に長く険しい道のり...やはり信念だと思いました。

こちらの写真は、牛を何ヶ月にもわたって調教している様子です。
ひとつのものをみんなで実現するまでのエネルギーには本当に
敬服致しました。

皆さんも秋の天気のいい週末は、この いずみ観光牛車 に
出掛けてみませんか?
たまにはゆっくりと田舎道を...牛に揺られてリフレッシュ!?





続いて、会場では出水地区での宿泊の実態などについて
地元のお宿、観光施設様を交えて意見交換会。


残念ながら、九州新幹線開通以降は鹿児島と30分以内で結ばれ、
出水に出てきていても鹿児島市内に帰るケースが増えたそうです。
結果、宿泊数は減少。


この後、懇親会、2次会と進みましたが私も含めほぼ全員、
自らのお宿に日帰りされました。


宿泊貢献しなかったこと、


後から


反省...


秋の鹿児島

テーマ:鹿児島、ここいっとこ!
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】秋イベント(9~11月)

これから迎える秋、
鹿児島には秋の魅力もいっぱいです。

ドルフィンポートにある篤姫館 (→ 公式HP ) は好調!
開館7ヶ月余りで入館者30万人を超え、
当初予定の平成21年1月12日までだった開館期間は
平成21年3月31日までに延長されることになりました。


全国から参加者が集まる
ねんりんピック鹿児島2008 (→ 県の特設HP ) は間近に迫り、
平成20年10月25日(土)~28日(火)


そのあとすぐの
おはら祭 (→ 公式HP ) も見逃せません。
11月2日(日) 夜まつり ~ 11月3日(月・祝) 本まつり



味覚では

地元小学校ではどこでも(?)芋植えに象徴されるように
美味し~い さつま芋 が採れる季節。

    【最近の小学校でのサツマイモ】      文章/協力: 電脳ケンさん

 本校は校庭のすみに小さな畑があり、そこに生活科の学習の一環で二年生が芋を植えます。
(中略) 市内の学校では、芋植え・芋の収穫は、二年生の生活科の教育課程に組まれていることが多いと思います。学校によっては、保護者の協力を得ながら、秋祭りの中で芋をふかして食べるなどの取り組みをします。  
  

                      →もっと詳しく: 小学校で芋畑!


薩摩地鶏 (→ wiki ) も脂がのってきますし、
春先から初夏の産卵前が旬のきびなごではありますが
やっぱり鹿児島に来たらきびなごは外せません!


養殖の生産量は全国1位の カンパチ
「鹿児島もの」として評価が高まっています。
ブリは冬場ですが、カンパチは夏から初秋にかけてが旬なのです!
刺身にして食べるのが一番でしょう!


若輩者、そして鹿児島歴の浅い私では力不足です(汗);
まだまだ 「鹿児島の秋」 は沢山あると思います!

思いついた方、コメントにどんどん追記してください!
お願いしま~す。

<前    1  |  2  |  3    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/01      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログランキング

総合ランキング
4位 / 497人中 keep
ジャンルランキング
2位 / 112人中 keep
日記

フリースペース

HTMLページへのリンク

ブログバナー

プロフィール

支配人の天ぶろ

支配人

鹿児島のホテルで支配人やっています。
場所は鹿児島市の中心市街地、天文館です。

巡り巡ってやっと踏みしめた愛すべき「祖国」、鹿児島の大地。

鹿児島に骨をうずめよう!

そんな大好きな鹿児島のために
天ぶろで情報発信していきます。

宜しくお願いします。

【鹿児島 ホテル】 ゲートイン鹿児島