1  |  2  |  3  |  4    次>    

心肝戦

テーマ:他に学ぶ
もしも、この記事に本記事タイトルの検索で入っていらした方は

鹿児島中央郵便局の前の通り、
一条通 さけ咲
のかなりの通の方ではないでしょうか。

 黒薩摩鶏を様々な調理法で提供していて

 黒薩摩鶏のにぎりも裏メニュー。品切れの際はご容赦ください。

店員さんの感動を与える接客とともに、印象的なオススメの居酒屋です。


ここで
【備忘録】
  島津斉彬も飼っていたと言われる薩摩鶏は、
  勇敢でとことん戦い抜く気性から薩摩武士の士風を高めるための
  闘鶏の主役を担っていたそうです。

  そこで負けた鶏をつぶしていたところから、
  鳥の刺身を食べる薩摩独特の文化となっていったそうです。

  やはり食文化は歴史と深い関わりがあるようです。
 



泣こよっか、ひっとべ!

テーマ:他に学ぶ
ちょっとしたきっかけやなりゆきやめぐりあわせを

どう捉えるか?

そう、

鹿児島に伝わる

泣こよっか、ひっとべ!

の精神で。



身近なところに、縁ありて...

笑われるかもしれませんが

   シューズも揃えてしまったし ↑ はじめてみようかと思います?


全く未経験のただのオヤジなんですが...大丈夫かな?



そう! うじうじ考えないで、


(精神力も鍛えなければ短気にもなっちゃうし!!)


 「泣こよっか、ひっとべ!」


とさっき言ったばかりでした(反省)





OGの訪問

テーマ:他に学ぶ
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】> お宿の舞台裏

一昨年の年末のことです。ゲートイン鹿児島OGの訪問を受けました。
以下は当時書いた記事ですが、公開するのを忘れていましたので本日公開とします。

 → 余談ですが、今日は暦通りいいいい~(1111・・・)日になりますように。
    今年の11月11日はもっといい日が待っているのでしょうか?




全室完備となっている携帯充電器にびっくりしている様子。




さすが! 見るところが違います。




デュベにもびっくりして...えぇっ!そこまで見るの~!?




今回リニューアルした新しいカーテン生地も高評価



「私の新居にも欲しーい」
の一声

もちろん、これは「要望」ではなく「賞賛」と迷わず解釈して解消。



さりげなく新しい提案のようなお言葉も頂きました。




本流

テーマ:他に学ぶ
九州新幹線全線開業 という本流は



いくつもの

  
  

鹿児島魚市場体感ツアー


支流となり

 
 
「美味のまち鹿児島」の
薩摩美味(ぅんまか)維新



議論され




試され




大好きなこの地で


本流に戻る



そう、 される。


その最初の日が 11月2日 ということ。


感動

テーマ:他に学ぶ

毎回

敬服いたします。

つきたてのお餅は3種類

修学旅行生で賑わう 鹿児島温泉ホテル 中原別荘 にて


私たちの立ち位置

テーマ:他に学ぶ

とっても勉強になりました。

木綿着のホテル

テーマ:他に学ぶ
随想 木綿着のホテル/鈴木剛 著

 約10年前、建築設計からホテル業に入ると知った両親の知り合い、フランス料理店の経営者から貸していただいた本です。はじめての職種、それこそ、木綿着に袖を通すようなまっすぐな心でひたすら線をひきながら読みました。返すときに、あわててそれらの箇所をコピーをしてから消しゴムできれいに消してお返しした、そんな思い出の書籍。


今は恐らく手に入らないとおもいますが

最初に触れた

「サービスの心」

「ホテル運営の精神」

に関する本でした。



以下、著者の経歴の抜粋です。
(出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
----------------------------

鈴木 剛(すずき こう、1896年7月25日 - 1986年12月16日)は、住友銀行頭取。大阪テレビ社長、朝日放送社長、ホテルプラザ社長を歴任した実業家。住友グループの社長会である白水会の名付け親でもある。

(中略)


(住友銀行)頭取辞任後も会長として残らず1955年、元住友本社総理事古田俊之助のすすめで大阪ではじめてスタートしたテレビ放送会社・大阪テレビの社長となり1959年、朝日放送社長就任。朝日放送社長は1968年5月まで務めたがこの間、意欲的な番組作りを行った。ラジオ部門(ABCラジオ)の地歩固めにも尽力。中之島のビルが手狭になったため1966年、本社を大淀区(現在の北区)大淀南に移転させ本社屋と大阪タワーを建設。さらに広大な土地が余ったため、ホテル建設を思いつく。当時の大阪には東京と比べ国際的に通用するような格調高いホテルはまだほとんどなかった。また大阪万博を控え関係者が頭を痛めていたこと、放送という多くの人々に親しまれるサービス業に隣り合うのに、最もふさわしいサービス業と思ったこと、これまでさまざまな人から受けた快いもてなしをおすそ分けしたい等の理由で、朝日放送の隣接地に住友系のホテルプラザを開設。"プラザ"の意味はスペイン語の"プラッツアー"からきた"広場"の意味だが、名付けた当時は日本人に馴染みのない言葉で"ブラジャーホテル"と呼ばれたりもした。1968年同ホテル社長となり朝日放送社長の職は辞した。同ホテルは地上23階建て、客室数600と大阪で最初の高層ビルであった。これにあたり欧米行脚の旅にでて37の一流ホテルを見て回った。放送を通じ親しかったニールセンの社長が手引きしてくれた。馴れぬホテル業に手を染め、住友銀行の頭取までした者が失敗しては体面も悪い、とまわりからは反対もされた。しかし同ホテルは朝日放送と連携しながら斬新な企画力と高品質のサービスを展開、戦後における日本のホテルの先導者的な役割を担った。その他関西経済連合会常任理事、大阪市教育委員会委員長、関西日墺協会会長などを歴任し、多方面に渡り関西文化振興に尽くした。

----------------------------


              もっと詳しくお読みになりたい方は こちら




カリスマガイド

テーマ:他に学ぶ

カリスマボランティアガイド

of

大分県別府市の

着地型観光・体験イベント

 「 オンパク 」


また時間をみつけて
体験レポートをお届けしたいと思います。


でも、正式なレポートというとなかなか書けないので
単なる写真日記と感想日記になるかもしれませんペコペコ


そして何を隠そう、
鹿児島市にもあるんですよ!! こんな取り組み! 


あくねツーリングSTAYtion

テーマ:他に学ぶ

勉強中!

間寛平さん/アースマラソン

テーマ:他に学ぶ
【トピック(ブログで鹿児島!~ホテル・旅館と鹿児島観光~)】> ここだけのつぶやき

先日から報道されている寛平さんの癌のニュースは
皆様もご周知のところとは思います。

→ アースマラソンに挑戦中の間寛平さん

私は、思わず してしまいました。


それは、
寛平さんが、診察を受けて薬を飲んで治療しながら
走り続けることを答えているインタビュー中でした。


「ここで新ネタ披露!」 といって
自らの癌をネタにして披露されたのです。


元々お笑いタレントであった寛平さん。


誇りとプライド、そして自分がどうあるべきか?
自分が担うべきもの、そういったものを分かっての行動。


涙がこみ上げそうになりました。


円盤王子/マジック でも書きましたが、
エンターティナーとしての心意気がストレートに伝わった
 【一瞬の出来事】 でした。


 「がんばれ寛平さん!」 に一票!

1  |  2  |  3  |  4    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/11      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

総合ランキング
4位 / 497人中 keep
ジャンルランキング
2位 / 112人中 keep
日記

フリースペース

HTMLページへのリンク

ブログバナー

プロフィール

支配人の天ぶろ

支配人

鹿児島のホテルで支配人やっています。
場所は鹿児島市の中心市街地、天文館です。

巡り巡ってやっと踏みしめた愛すべき「祖国」、鹿児島の大地。

鹿児島に骨をうずめよう!

そんな大好きな鹿児島のために
天ぶろで情報発信していきます。

宜しくお願いします。

【鹿児島 ホテル】 ゲートイン鹿児島