保険内のクリーニング

テーマ:ブログ
検査・診断

保険内でクリーニングを行うには歯周病の検査・診断が必要です。歯と歯茎の間に針のような計測器具を刺し、歯周ポケットの深さを測ります。(歯科治療機器

歯茎に異常が見られたら歯周病の治療の一環として歯石除去を行います。歯科によってはレントゲンで詳細な歯の状態を検査することや唾液検査で歯周病菌の存在を確認することもあります。

スケーリング

まず歯肉縁上歯石(しにくえんじょうしせき)と呼ばれる歯茎の見える部分についた歯垢や歯石の除去を行います。主に超音波スケーラーという器具を使い、歯石を破壊して落としていきます。

独特の機械で削るような頭に響く音や感覚がありますが、超音波ですので歯を傷つけることなく歯石のみを除去していくことが可能です。

超音波スケーラーが届きにくい細かい部分には、ハンドスケーラーを用いて手作業で除去を行います。

ルートプレーニング

目に見える部分の歯石を除去してもまだ歯石が歯茎の中に入り込んでいるような場合には、スケーリングの後、歯肉の中の歯石を除去するルートプレーニングを行います。

スケーリングと異なり歯周ポケットの奥まで行いますので局所麻酔の使用が一般的です。キュレットタイプと呼ばれるスケーラーを用いて手作業で歯石を取り除いていきます。

歯石を取ったばかりの歯は表面が凸凹になっており、そのままにしておくと歯垢(プラーク)が溜まりやすい状態です。(歯科用マイクロモーター

そこで歯石を取った部分を平らに研磨することによって、歯垢や歯石の原因となるプラークがつきにくい歯に仕上げます。この段階で歯についたステインと呼ばれる歯の着色汚れもある程度落とす場合もあります。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/hanikate/trackback/28705

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧