乳酸菌の特徴

テーマ:ブログ
消費したブドウ糖の50%以上に相当する乳酸をつくりだす

乳酸菌は「ブドウ糖を乳酸に変える」という働きを持った細菌のことです。乳酸だけを生成する乳酸菌を「ホモ乳酸菌」、乳酸のほかに酢酸・アルコールといった副産物を生み出す乳酸菌を「ヘテロ乳酸菌」と呼びます。(手術用LED照明灯

「桿菌(かんきん)」または「球菌」

これは細菌の形状です。「桿菌」は細長い棒状の細菌、「球菌」は球状の細菌です。乳酸菌は、これらのうち、いずれかの形状をしていなければなりません。

「グラム陽性菌」

細菌の分類方法に「グラム染色」というものがあります。色素染色したときに、紺色・紫色に染まる細菌を「グラム陽性菌」と呼んでいます。乳酸菌に分類されるためには、グラム陽性菌であることが条件になります。

「芽胞(がほう)」を形成しない

一部の細菌は、耐久性の高い細胞構造を形成することがあり、この構造を「芽胞」と呼びます。乳酸菌は、芽胞を形成しない細菌です。

運動性を持たない

「細菌の運動性」というのは「自力で動くことができる」という意味です。乳酸菌は運動性を持たない細菌なので、自力で移動することはありません。(歯科手術用LED照明灯

ナイアシンを必要とする

乳酸菌は、生長のために「ナイアシン」を必要とします。ナイアシンは「ビタミンB3」とも呼ばれ、ニコチン酸・ニコチン酸アミドの総称です。



コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/hanikate/trackback/28740

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧