正しい歯磨きをする

テーマ:ブログ
力を抜いて歯ブラシをする

歯垢を取り除くのに、強い力はいりません。歯にブラシを当てる時、ブラシが広がらないくらいの力がちょうど良い力加減です。力を入れると、ブラシの毛が広がってしまうため、歯に毛の先端が当たらず、歯垢を落とすことができません。普段力を入れて、ブラッシングしている方は逆効果になっているので、力を入れず磨くようにして下さい。(歯科実習用模型

歯は丁寧に1~2本ずつ磨くようにしましょう

歯ブラシを小刻みに動かすようにして、1回に磨く歯は1~2本程度とイメージしながら磨いてください。小刻みにブラシを動かすことで、歯の生えている向きや、凹凸など、汚れがたまりやすい箇所も、残さず磨くことができます。

歯の境目を磨く

歯と歯の間や、歯と歯肉の間にも、歯垢は溜まります。忘れずに歯ブラシを当ててください。こういった歯ブラシの届きにくい境目にこそ、歯垢や汚れがたまります。注意して磨くようにしましょう。(超音波スケーラー用チップ

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/hanikate/trackback/28863

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧